サポートページ aero-right

PieSyncを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは?

PieSyncはアプリケーション間の双方向同期を提供し、入力情報を即座に他のサービスに反映させることができるソフトウェアです。 Benchmark EmailとCRMを簡単な手順で接続することができ、連絡先をすべて一つの場所にまとめておくことが可能です。 Benchmark Emailアカウントで必要な情報 Benchmark Emailアカウントから必要なものはAPIキーのみです。取得方法は以下の通りです。 1. ダッシュボード右上の「アカウント名」をクリックの上、「連携」を選択します。 2. 「APIキー」をクリックし、表示されたAPIキーをコピーして使用してください。こちらからもAPIキーの取得が可能です。   ここでは、PieSyncを使ってGoogle ContactsとBenchmark Emailを連携させる方法をご紹介します。他のアプリとBenchmark Emailも簡単に連携させることができます。 第1ステップ 接続を作成する 1. PieSyncアカウントにログインします。お持ちでない方は右下の「Sign up for a 14-day free trial」(14日間の無料トライアルに登録)をクリックし、アカウントを作成してください。 2. 新規の接続を作成します。 「+ New Connection(新規接続)」をクリックします。 3. 双方向に同期化したいアプリを検索します。右の検索ボックスに「Google Contacts」を入力し、表示されたアイコンをクリックします。 4. 次に「Benchmark」と入力し、アイコンが表示されますのでクリックします。   第2ステップ 認証 双方のアカウントを認証することです。この手順は、PieSyncに同期の権限を与えていることを確認するためのものです。 1. Google Contactsの「Authorize(権限を付与する)」をクリックします。 2. Googleアカウントを選択し、「許可」ボタンをクリックして認証完了です。 3. Benchmark Emailの「Authorize(権限を付与する)」をクリックすると、以下の画面が表示されます。コピーしたBenchmark EmailのAPIキーを貼り付けて「Next」をクリックします。 4. ドロップダウンメニューから同期するリストを選択し、「Next」をクリックします。(作成したばかりのリストが選択肢にない場合は更新アイコンをクリックし、少しお待ち頂くと表示されます。) 5. 双方にチェックが表示され、認証完了です。次に「Configure the sync between Google Contacts and Benchmark(GoogleコンタクトとBenchmark Emailの同期化を設定する)」をクリックします。   第3ステップ 設定 1. Connection Rules(接続ルール=同期化のルール)を設定します。初期設定では「双方に連絡先が追加されたら、双方向に同期化される」となっています。(一方向のみ同期化したい場合は、右のいずれかのスライドボタンをOFFにしてください。) 2. 連絡先リストのフィールドマッピング(項目の統一)ルールを設定します。Default field mappings(初期設定されたフィールドマッピング)では、同期化するアプリによって異なりますが、Benchmark Email定番のフィールド項目(名前やメールアドレスなど)が表示されます。 またフィールドマッピングのカスタマイズも可能ですが、フィールドタイプに互換性がなければなりません。詳しくはこちら(英語表記)   3. 設定が完了しましたら、「Start Syncing Now!」をクリックして連携完了です。 設定した連携を確認するには、画面左上のpiesyncアイコンをクリックしてダッシュボードメニューを開きます。 左下にActive(有効)の同期化されたアプリが表示されます。緑のボタンでRunning(稼働中)と表示されていれば問題なく同期化されています。 ご注意: すでに別の連携がある場合は、重複を作成しない為にその連携を無効にする必要があります。重複を削除するオプションを選択することも重要です。これにより重複が追加されなくなります。 最初の同期には、リストのサイズに応じて10〜30分、またはそれ以上かかります。これは初期の同期では正常ですが、いずれかのリストの更新は3-5分後に表示されます。 何か問題があれば接続を確認し、必要に応じて再接続してください。それでも解決しない場合は、Benchmark Emailサポートチームにお問い合わせください。 PieSyncの使い方の詳細については、以下のPieSyncウェブサイトをご参照ください。 英語表記:PieSyncにBenchmark Emailを連携する方法   ご不明な点がございましたら、サポートチームまでお問い合わせください。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 10月 8, 2020

WordPressとBenchmark Emailを連携する方法は?

連携でできることは? ・ブログ記事をそのままメールで配信できます。 ・登録フォームの設置ができ、WordPress内でフォームの作成や編集も可能です。 ・WordPressページよりメールの送信(またはテストメール)ができます。 ・WordPressダッシュボード内でレポートの表示ができ、開封率などを確認することができます。 ここでは連携手順とメール送信手順をご紹介します。 まだBenchmark Emailのアカウントをお持ちでない方は、以下のリンクより作成後、下記の手順に従って連携を行なって下さい。 クイックリンク:無料トライアル作成 連携手順 まず、Benchmark EmailのAPI キーを取得します: Benchmark アカウントへログインします。 画面右上のアカウント名をクリックし、API/連携を選択します。 左のメニューからAPI キーをクリックします。 「あなたのAPI キーは」というボックス内に表示されたAPIキーをコピーします。 次に、WordPressプラグイン「Benchmark Email Lite」をインストールします: WordPressブログページにログインします。 ダッシュボードメニューからPlugins(プラグイン)を選択しAdd New(新規追加)をクリックします。 画面右のKeyword欄に「Benchmark Email Lite」と入力し検索します。 Install Now(今すぐインストール) をクリックします。サイトホストより付与されたFTPあるいはFTPSユーザー名とパスワードを入力する必要がある場合がございます。 Activate(有効化)をクリックします。 最後に、WordPressページに戻りAPIキーを入力します: ダッシュボードのサイドバーメニューからBenchmark Email Liteをクリックし、Settingsをクリックします。 「Connect  to Benchmark」ボタンをクリックし、Benchmark Emailのログイン名とパスワードを入力します。  API Key(s) from your Benchmark Email account(s)にコピーしたAPI キーを貼り付け、Save changes(変更して保存)をクリックします。 「You are connected!」のメッセージが表示されましたら、連携完了です!今後は、ダッシュボードの左のBenchmark Emailを選択しInterfaceをクリックします。WordPressのサイトを離れることなくBenchmark Emailの登録フォームの設置やメールの作成・送信ができるようになります。 また、登録フォームの設置はダッシュボードのサイドバーメニューからAppearance(外観)を選択し、Widgets(ウィジェット)をクリックします。必要数の登録フォームウィジェットをセットアップでき、WordPressページ編集画面からメールに挿入したい投稿、ページをいくつでも保存できます。 詳しくはこちら:WordPressブログにBenchmark Emailの登録フォームを掲載する方法 メール送信手順: 「投稿」画面にて、配信する記事を作成します。 投稿メニューに該当の記事が表示されます。 記事から配信を選択頂くと、Benchmark Emailのページに移動し、ここで配信時間など詳細設定ができます。 注意点: メールのフォーマットはブログ記事で使用したものがそのまま反映されます。 「続きを読む」リンクは受信側の仕様によって表示される箇所が異なります。 関連ブログ:WordPressプラグインでメルマガ配信する方法を図解してみた ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 10月 1, 2020

Microsoft Dynamics CRMとBenchmark Emailを連携する方法

Microsoft Dynamics 365はマイクロソフト社が開発したCRMツールです。CRMとは、Customer Relationship Managementの略で「顧客関係管理」を意味し、弊社を含めた多くの企業が利用しているツールです。 このシステムは顧客情報を一元管理できるため、コンタクトリストを簡単に移動させ、営業活動にも役立ちます。 この連携でMicrosoft Dynamics CRMの連絡先をBenchmark Emailのアカウントに同期化することができます。 Dynamics CRMと連携する方法は以下の通りです。 Benchmark Emailアカウントにログインします。 画面右上のアカウント名をクリックします。 「連携」を選択します。 「サービス連携一覧」をクリックします。 「Dynamics 365」を選択します。 サービスURLを入力します。 サービスURLとは、Dynamicsのアカウントで表示されるものです。(例:https://your-site.dynamics.com) 「接続」ボタンをクリックします。 登録するフィールドを選択、Benchmark Emailのフィールドと一致させます。 「保存」をクリックします。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmark Emailではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:グループアドレスなど、「1件ずつ登録」オプションでのみ登録できるアドレスの一覧 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。 今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

インポート / 出力 顧客リスト 12月 1, 2020