サポートページ aero-right

WordPressとBenchmarkを連携する方法は?

連携でできること WordPress連携を使用するとブログ記事をメールで配信、カスタマイズ登録フォームの設置、WordPressページからメールを送信またはテストすることができます。また、ワードプレスダッシュボード内からレポートを表示することもできます。 Benchmark Emailのアカウントをまだお持ちでない方は以下のリンクから作成後、下記ステップをお進み下さい。 クイックリンク:無料トライアル作成 連携手順 Benchmark Email の API キーを取得するには以下のステップに従います: Benchmark アカウントへログインします。 画面右上のユーザー名をクリックし、連携を選択します。 左のメニューからAPI キーオプションを選択します。 あなたのAPI キーはのボックス内をコピーします。   インストールの手順: WordPressブログページにログインします。 ダッシュボードメニューからPluginsを選択しAdd Newをクリックします。 Benchmark Email Liteを検索します。 Install Now オプション(必須の場合もあります)をクリックし、サイトホストより付与されたFTPあるいはFTPSユーザー名とパスワードを入力します。 Activateオプションを選択します。   WordPressページに戻ります: AdministrationサイドバーメニューからBenchmark Email Liteをクリックし、更にSettingsをクリックします。 API キーが正しく設定されているか確認します。 正しく設定されていれば、Appearance, Widgets Administrationページにて必要数の登録フォームウィジェットをセットアップできます。またWordPressページ編集画面からメールに挿入したい投稿、ページをいくつでも保存できます。   関連ブログ:WordPressプラグインでメルマガ配信する方法を図解してみた ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 11月 7, 2019

BenchmarkアカウントとPieSyncを接続させるには?

PieSyncは、アプリケーション間の双方向同期を提供する、時間の節約に有効なソフトウェアです。 BenchmarkとCRMを簡単な手順で接続することができます。 PieSyncのようなソフトウェアを使用すると、連絡先をすべて一つの場所にまとめておくことが可能です。 Benchmarkアカウントで必要な情報 Benchmarkアカウントから必要なものはAPIキーのみです。 APIトークンキーにアクセスするには、マイアカウントから「連携/API」を選択し「APIキー」をクリックしてください。 第1ステップ 接続を作成する PieSyncアカウントにて、新規の接続を作成する必要があります。 まずBenchmarkを検索します。 Benchmarkが選択されました。次にBenchmarkと同期するサービスを選択します。 第2ステップ 認証 次のステップは、双方のアカウントを認証することです。この手順は、PieSyncに同期の権限を与えていることを確認するためのものです。 選択したアプリの手順に従って、BenchmarkにAPIキーを入力します。同期するリストを選択し、「Next」をクリックします。 第3ステップ 設定 これで、連絡先リストの同期フィールドとマップフィールドのルールが設定されます。 「START SYNCING NOW!」をクリックします。   次へ進む前に すでに別の連携がある場合は、重複を作成しない為にその連携を無効にする必要があります。重複を削除するオプションを選択することも重要です。これにより重複が追加されなくなります。 最初の同期には、リストのサイズに応じて10〜30分、またはそれ以上かかります。これは初期の同期では正常ですが、いずれかのリストの更新は3-5分後に表示されます。 何か問題があれば接続を確認し、必要に応じて再接続してください。それでも解決しない場合は、Benchmarkサポートチームにお問い合わせください。 PieSyncの使い方についてより詳しく確認するにはこちらをクリックしてください。   ご不明な点がございましたらこちらからサポートチームにお問い合わせください。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 10月 7, 2019