サポートページ aero-right 連携機能

WordPressとBenchmark Emailを連携させる方法とは?

WordPressとBenchmark Emailを連携させることで、以下のことができるようになります。 ブログ記事をそのままメールで配信できます。 登録フォームの設置ができ、WordPress内でフォームの作成や編集も可能です。 WordPressページよりメールの送信(またはテストメール)ができます。 WordPressダッシュボード内でレポートの表示ができ、開封率などを確認することができます。 目次: WordPressとBenchmark Emailを連携させる方法 ブログ記事をメールで配信する方法 登録フォームの設置について まだBenchmark Emailのアカウントをお持ちでない方は、以下のリンクより作成後、下記の手順に従って連携を行なって下さい。 クイックリンク:無料トライアル作成     WordPressとBenchmark Emailを連携させる方法 まずはBenchmark EmailのAPIキーを取得します。その後にBenchmark Email Liteをインストールして、最後にWordPressで取得したAPIを入力します。各手順は以下の通りです。 <Benchmark EmailのAPI キーを取得する方法> 1. Benchmark アカウントへログインします。 2. 画面右上のアカウント名をクリックし、APIを選択します。 3. 左のメニューからAPI キーをクリックします。 4. 「あなたのAPI キーは」というボックス内に表示されたAPIキーをコピーします。   <WordPressプラグイン「Benchmark Email Lite」をインストールする方法> 1. WordPressブログページにログインします。 2. ダッシュボードメニューからPlugins(プラグイン)を選択しAdd New(新規追加)をクリックします。 3. 画面右のKeyword欄に「Benchmark Email Lite」と入力し検索します。 4. 「今すぐインストール」ボタンをクリックします。サイトホストより付与されたFTPあるいはFTPSユーザー名とパスワードを入力する必要がある場合がございます。 5. 「有効化」ボタンをクリックします。 最後に、WordPressページに戻りAPIキーを入力して連携を完了させます: 1. ダッシュボードのサイドバーメニューからBenchmarkをクリックし、Settingsをクリックします。 2. 「Connect  to Benchmark」ボタンをクリックし、Benchmark Emailのログイン名とパスワードを入力します。 3.  API Keyのボックス内にコピーしたAPI キーを貼り付け、Save changes(変更して保存)をクリックします。 4. 「You are connected!」のメッセージが表示されましたら、連携完了です! 今後はWordPressのサイトを離れることなくメールの作成・送信や登録フォームの設置ができるようになります。   トップに戻る     ブログ記事をメールで配信する方法 1. WordPressのダッシュボードの左の投稿にカーソルを合わせ、投稿一覧を選択します。 2. 配信したい投稿のタイトルにカーソルを合わせ、Create email campaignを選択します。 3. Benchmark Interface画面にページが遷移しますので、表示される「Open Benchmark Interface→」ボタンをクリックします。 WordPressで投稿した記事がBenchmark Emailのインターフェースに取り込まれます。   4. 該当記事がメールとして作成され、ページがチェックリストに遷移します。 5. 右上の「すぐに送信」ボタンですぐ配信、または「配信設定」ボタンをクリックして配信時間など詳細設定を行ってください。 なお、メール名はデフォルトで以下のように設定されますが、チェックリストのメール名の右に表示される鉛筆アイコンをクリックすると変更可能です。 例)Benchmark Email Lite +ブログ記事をBenchmark Emailインターフェースに取り込んだ作日付と時間 注意点: メールのフォーマットはブログ記事で使用したものがそのまま反映されます。 「続きを読む」リンクは受信者側の仕様によって表示される箇所が異なります。   <複数の記事を1つのメールで配信する方法> 1. WordPressのダッシュボードの左の投稿にカーソルを合わせ、投稿一覧を選択します。 2. 配信したい投稿にチェックを入れ、「一括操作」で「Create email campaign」を選択し、「適用」をクリックします。 3. Benchmark Interface画面にページが遷移しますので、表示される「Open Benchmark Interface→」ボタンをクリックします。 WordPressで投稿した記事がBenchmark Emailのインターフェースに取り込まれます。この後は上記と同じ操作方法です。   関連ブログ:WordPressプラグインでメルマガ配信する方法を図解してみた トップに戻る     登録フォームの設置について 登録フォームの設置はダッシュボード左のサイドバーメニューから外観を選択し、ウィジェットをクリックします。 必要数の登録フォームウィジェットをセットアップでき、WordPressページ編集画面からメールに挿入したい投稿、ページをいくつでも保存できます。 詳しくは以下のFAQをご確認ください。 FAQ:WordPressブログにBenchmark Emailの登録フォームを掲載する方法 トップに戻る   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 12月 10, 2021

Microsoft Dynamics CRMとBenchmark Emailを連携する方法

Microsoft Dynamics 365はマイクロソフト社が開発したCRMツールです。CRMとは、Customer Relationship Managementの略で「顧客関係管理」を意味し、弊社を含めた多くの企業が利用しているツールです。 このシステムは顧客情報を一元管理できるため、コンタクトリストを簡単に移動させ、営業活動にも役立ちます。 この連携でMicrosoft Dynamics CRMの連絡先をBenchmark Emailのアカウントに同期化することができます。 Dynamics CRMと連携する方法は以下の通りです。 Benchmark Emailアカウントにログインします。 画面右上のアカウント名をクリックします。 「連携」を選択します。 「サービス連携一覧」をクリックします。 「Dynamics 365」を選択します。 サービスURLを入力します。 サービスURLとは、Dynamicsのアカウントで表示されるものです。(例:https://your-site.dynamics.com) 「接続」ボタンをクリックします。 登録するフィールドを選択、Benchmark Emailのフィールドと一致させます。 「保存」をクリックします。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmark Emailではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:グループアドレスなど、「1件ずつ登録」オプションでのみ登録できるアドレスの一覧 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。 今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 4月 28, 2021