サポートページ aero-right 違い

無料トライアルとは何ですか?

・Benchmark Emailのほぼ全ての機能を無料でお試しいただけます。 無料トライアルアカウントはBenchmark Emailにおけるメール配信に必要なほぼ全ての機能をご利用頂けるサービスとなります。 ただしA/Bテスト機能・アクションメール機能・EMAの稼働・サブアカウント・ランディングページの稼働に関しては、有料プランの方へのご提供となっております。また画像ホスティング機能は10MBまでとなります。 無料トライアルアカウントへの申し込みはクレジットカードの情報なども記入する必要ございませんので、料金が発生することは一切ございません。 無料トライアル中のお客様へのステップメールサポートは行なっておりませんのでご了承ください。   ・トライアルプランには配信数の制限があります。 無料トライアルでは毎月250通の配信が可能となっております。 250通を超えて配信を行おうとした場合には、配信が自動でキャンセルされます。 (配信するメールの数×配信先のアドレス数で計算されます。) 配信数のカウントは、無料トライアルアカウントの作成日を基準として1ヶ月ごとにリセットされます。 (例:3/20にアカウントを作成した場合、翌月の4/20にリセット) 登録フォームを介して登録可能なアドレス数は75件/日となり、通算2000アドレスまでとなります。 有料プランの契約プランは登録アドレス数によって決まり、月毎の配信数制限はございません。 料金プラン確認ページ:https://www.benchmarkemail.com/jp/pricing   ・有効期限はございません。 ただし作成日より30日毎の更新日に、一時的に「アカウントの有効期限切れ」の表記が発生することがあります。こちらはお待ちいただくことによって自動的に更新されると共に表記も消えますが、ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   ・有料プランにアップグレードした際、データが引き継がれます。 有料プランへのアップグレードはいつでも行えます。有料プランへアップグレードした際には、無料アカウントで利用されていたデータ(アップロード済みのリスト、作成したメール、レポート、画像データなど)は引き継がれますのでご安心ください。移行後は、アップグレードした日付を基準として更新日(請求日)が設定されます。 アップグレード方法はこちらのFAQをご覧ください。 FAQ:無料トライアルからアップグレードする方法   ご不明点なことがございましたら、こちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

アカウント関連 ご請求関連 3月 23, 2021

配信スケジュールページから作成するA/Bテストと、ツールメニューから作成するA/Bテストの違いは?

配信スケジュールページ(メール作成チェックリスト)で作成するA/Bテストは、件名テストのみとなっており比較テスト項目が限られています。   こちらは「編集」ボタンをクリックすることで、テスト期間とテストグループ比率の変更が可能でございます。   件名テストの他、3種類の比較テスト機能をご用意しております。それぞれとても有効なテストで設定も簡単に行って頂けます。 差出人名/件名テスト 異なる送信元名、件名で受信者の反応を比較します。 メールvs.メールテスト コンテンツの異なるメールで比較します。  複数比較テスト 比較対象を複数設定できます。(送信元名、件名、送信元アドレスなど) 配信時間テスト 同じ内容のメールを、異なる配信時間で比較します。どの時間帯でより良い反応が得られるかをテストします。   ツールメニューの「A/B テスト」から上記全てのテスト項目にアクセス可能です。 注:無料プランにA/Bテストは含まれません。有料プランにアップグレードする事ですぐに開始が可能となります。 アップグレードメニューへのクイックリンクおよびアップグレードの方法については以下をご確認ください。 クイックリンク:アップグレードメニュー FAQ:無料からアップグレードする方法/契約途中でアップグレードする方法   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「A/B テスト」のまとめページに戻る

メール配信 4月 1, 2021

A/Bテストのテストグループおよび本メール配信について

A/Bテストでは、配信リストからランダムに抽出した一部のグループにAメールとBメールを配信します。その後、結果が良いほうのメールを残りの購読者へ配信します。 このFAQではテストグループ・本メール配信の条件設定についてご説明します。 ・テストグループとは ・本メール配信の条件設定 ・配信時間テストにおける本メールの配信時間   テストグループとは   テストグループ:AメールとBメールを配信した上で、開封などのスコアが算出されるグループ。最大20%まで設定可能です。 テストグループにおいて、結果が良かったほうのメールが残りのコンタクトに本メール配信されます。 テストグループの割合を設定する方法は、下記FAQの項目7または項目11をご確認ください。2箇所のどちらでも設定ができます。 FAQ:A/Bテストの作成方法は?   本メール配信の条件設定   条件設定では、自動と手動を選択できます。 A/Bテスト配信後の本メール配信までの時間を設定:指定時間を経過した後、良いスコアを記録したメールが、自動で残りのコンタクトへ配信されます。 本メール配信スケジュール設定:指定日時になると、良いスコアを記録したメールが、自動で残りのコンタクトへ配信されます。 マニュアルモード:A/Bテスト結果を自分で確認後、本メール配信するメールを選びます。自身で操作を行うまで本メール配信はされませんのでご注意ください。 本メール配信条件の設定方法は、下記FAQの項目13と項目14をご確認ください。 FAQ:A/Bテストの作成方法は? また、配信完了メールは上記いずれの条件におきましても送信される仕様となります。A/Bテストのメール配信完了時と、本メール配信完了時、それぞれにおいて配信完了メールが送信されますのでご確認ください。   配信時間テストにおける本メールの配信時間   A/Bテストの「配信時間テスト」において、本メールの配信時間は自由に設定可能です。 日時は当日含めいつでも選択可能です。また、A/Bで用いていない時間にも配信が可能です。 (1)A ,Bいずれかの「本メールとして送信」ボタンをクリックします。 (2)送信オプションで「配信スケジュール」を選びます。 (3)配信時間でカレンダーから配信日時を選択します。A,Bの日時に関係なく自由に設定が可能です。   (1)でどのメールを選んでも配信されるメールは変わりませんが、A/Bテストレポートにおいて、選択したものが勝ちメールとして記録されます。     ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。 >>「A/B テスト」のまとめページに戻る

メール配信 7月 29, 2020