サポートページ aero-right 配信

メールが「審査中」や「配信停止」となってしまう原因と対応策は?

Benchmark Emailではメール配信の設定が行われた際、メールの内容に問題がないかスキャニングシステムが自動で確認を行います。スキャンする目的は以下となります。 ・メールの到達率を高く保つため(作成されたメールの内容によっては、メールプロバイダー等によって「迷惑メール」と判断され、メール受信箱に届かない可能性があります) ・メール配信者の皆さまのドメイン評価、またBenchmark Emailのサーバー評価を守るため より細かな調査が必要な場合は、お時間を要する場合があります。 また、審査の結果、メール内容について追加で情報が必要な場合や配信停止となった場合は、Benchmark Emailよりご連絡させていただきます。 「審査中」や「配信停止」となる可能性のあるメールとは?   疑わしいキーワードが含まれているメール 銀行などの金融機関名、ログインIDやパスワードなどの個人情報が記載されているメールです。このような内容のメールは迷惑メールの代表格であり、多くのインターネットサービスプロバイダーが迷惑メールとして判断します。実際にメールの内容が疑わしくない場合でも、迷惑メールと判断されてしまうことがあります。 Benchmark Emailではこういったメールは審査対象となります。メール内には疑わしいキーワードは使用しないことをお勧めいたします。 本文にテキストがないメール テキストが無く画像のみが挿入されているメールは、たいていのインターネットサービスプロバイダーが「迷惑メール」と判断します。編集ソフト(Photoshop等)で画像内にテキストを入れた場合でも、メール内ではテキストとは判断されずただの画像として認識されてしまいます。 また、一般的に利用されているメール(Gmail等)では、メール開封時には画像を表示せず、画像を表示するかどうかを受信者に選ばせるのが一般的です。画像を非表示にしてしまった場合、画像だけのメールを配信してしまうと、閲覧者には空白のみが映ってしまいます。容量の大きい画像や、閲覧不可能なメールは迷惑メールフィルターでブロックされることもあります。 そのため、Benchmark Emailでは画像のみのメール配信を推奨しておりません。また、HTML版にあわせてテキスト版のメールも作成することをお勧めいたします。  テンプレート使用時、デフォルト設定の英語が残ったまま配信されたメール Benchmark Emailでは、500種類以上のHTMLテンプレートを用意しております。テンプレートにはサンプルとして英語の文字が記入されているため、テンプレートを使用してメールを作成するときは、サンプル文字を消した上でご作成ください。サンプル文面を消し忘れたままメールを配信してしまうと、ニュースレターの内容と一致しないため受信者に対して不快感を与えてしまう可能性があります。テキスト版のメールにもサンプル文面が含まれていないかもあわせてご確認ください。 短縮URLが含まれているメール Benchmark Emailのメールにおいては、短縮URLは利用できません。理由としては、使用している短縮URLが悪用されているものと同じようなIPアドレスだった場合、インターネットサービスプロバイダーによってメールがブロックされ、サーバー評価に影響を与える可能性があるためです。 もし上記が原因でメールが拒否されてしまった場合は、短縮URLをメールから削除したうえで、そのメールを新しくコピーしてご利用ください。同じメールを編集して配信しようとすると、システムが再度拒否してしまうためご注意ください。 スパムスコアが高いメール Benchmark Email独自のスパム検知システムにおいてスパムスコアが高くなってしまった場合、メールが配信出来ないことがあります。このシステムでは、「迷惑メール」と判断される可能性の高い単語やフレーズなどからスコアを算出しております。 例えば、「今すぐ購入」や「これを見逃すな」や「ここをクリック」などの用語を多用すると迷惑メールと判断される恐れがあり、一定基準に達すると受信箱ではなく迷惑メールボックスへ直接入ってしまいます。下記のような内容もスパムスコアを高くする要因となります。 ダイエットや健康用品の過剰な広告 お金持ちになる方法関連 成人向けサービス関連 ギャンブル関連 サブプライムローン関連 ※ただし、このスコアが高くなったとしても、お客さまのメールが「迷惑メール」であると断定されたわけではありません。インターネットサービスプロバイダーが「迷惑メール」と判断してしまう恐れがあるというという注意喚起となります。 スパムスコアを低くするためには?: 英数字を使用する場合は全て大文字で記入しない。 クエスチョンマーク「?」エクスクラメーションマーク「!」などを連続して多用しない。 画像とテキストのバランスを取る。 テキスト版および、HTML版両方でメールを作成する。(時間はかかりますが、HTMLメールの受信を拒否しているユーザー宛にはテキスト版のメールが配信されるため有効です。) HTMLのコピー&ペーストは行わない。(特にMicrosoft Wordのアプリケーションからは避けてください。) 迷惑メールと疑われるようなフレーズは利用しない。 これらの項目を修正または削除することで審査基準をクリアした場合、メールを配信することが可能となります。 Spamhausでブラックリストに登録されているURLが含まれるメール Spamhausは世界的に信頼のあるスパムブロックリストです。こちらをクリックしてサイトを開きます。 ■利用しているURLが、Spamhausに登録されているか確認する方法 ・ページ内の「▷Blacklist Removal Center」をクリックします。 ・ページ下部の「Enter a Domain Name」ボックスに、メールに含まれているURLを入力していきます。 ・入力したURLが安全であればこのように表示されます。 ・入力したURLがブラックリストとして登録されているとこのような表示になります。 ブラックリストとして登録されているURLがあった場合は、メールコンテンツから取り除きましょう。 *一度否認となったメールは一度コピーして、別のメールとして編集・配信を行ってください。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

メール配信 到達率 10月 12, 2020

オートメーション(ステップメール)の配信対象・配信タイミングについての詳しい解説

ステップメールではコンタクト情報がリストに追加された日を基準にメール配信日を計算します。(*年次メール、1回メールを除く) 例として、配信設定日を「登録直後」にした場合、コンタクト情報がリストに追加された同じ日にメールが配信されます。 設定日を「5日後」にした場合はコンタクト追加から5日後にメールが配信されるものとなります。 配信対象になるアドレスについて ・ステップメール稼働前にリストへ登録されていたアドレスは、登録日によって配信対象となります。例えば「登録から7日目に配信」というステップメールを稼働した場合、7日以内にリストへ登録されたアドレスはステップメールが配信されます。リストへの登録がステップメール稼働の前か後かは関係なく、そのアドレスが登録されてから7日目にメールが届きます。 ・リストに登録済みのコンタクトを削除し、再登録を行なった場合でも、すでにそのコンタクトへ配信済みのステップメールは配信されません。例えば前回の登録時にステップメール1~3通目が配信されていた場合は、再登録後は4通目から配信がされます。 ・リスト統合を行う際はステップメール設定に注意してください。統合先リストがステップメールの対象となっている場合は、統合によって追加されたアドレスへステップメールの配信が始まります。   配信タイミングについて ・配信日設定で「すぐに配信」にした場合は、登録が確認され次第すぐに配信が行われます。システムの混み具合によってはすぐに配信されない場合もありますが、24時間以内には配信されます。 ・配信不可日を設定された場合、配信不可日に配信される予定だったメールは翌配信可能日にまとめて配信されます。 ・年次メールを利用した誕生日メールなど特定の日時を基準とした配信を設定する場合、設定後配信開始まで24時間を要するため、配信日時の24時間前までに設定を完了させる必要があります。   稼働したのにメールが届かないという場合は、以下のFAQをご参照ください。 FAQ:ステップメールを稼動する方法と、稼働したのにメールが届かない場合の原因について     >>「オートメーション」のまとめページに戻る

よくある質問 3月 4, 2021

メール配信後の結果をGoogleアナリティクスを使って分析できますか?

はい、分析可能です。WebサイトでGoogleアナリティクスを使用している場合、Benchmark Emailで配信したメールがクリックされてからWebサイト上で購入されるまでの過程を追跡することができます。 目次: Googleアナリティクスをメールに追加する方法 Googleアナリティクスについて Googleアナリティクスで分析結果を確認する方法 Googleアナリティクス用のキャンペーン名を確認する方法 <準備するもの> Googleアナリティクスアカウント GoogleアナリティクスのトラッキングID Webサイト Benchmark Emailアカウント まずはじめに、Googleアナリティクスアカウントをお持ちでない方は作成から行います。作成済みの方は、GoogleアナリティクスのトラッキングID(例:UA-000000-01)を取得し、そのコードがWebサイトに設定されているかを確認します。 次に、Googleアナリティクスでコンバージョン設定されているかをご確認ください。設定については、以下のブログをご覧ください。 ブログ記事:Googleアナリティクスを使ってメールマガジンの1歩踏み込んだ効果分析しよう! 設定が完了しましたら、下記のステップに従ってBenchmark EmailでGoogleアナリティクスを追加します。 Googleアナリティクスをメールに追加する方法 1. Benchmark Emailのアカウントにログインします。 2. メールの新規作成または分析したい未完了/下書きメールを選択します。 3. メールチェックリスト画面が表示されますので、スクロールダウンし、リンクのトラッキング&共有を探します。 4. Google Analytics™ 連携をクリックし、トグルスイッチを右にスライドして(灰色→青色)有効にします。 5. ボックス内には初期設定でメール名が記載されますが、Googleアナリティクス用にタイトルを編集することも可能です。(タイトルはGoogleアナリティクスで必要になるため、保管しておいてください。) 設定完了後、Benchmark Emailが自動的に全てのURLに utm_sourceコードを追加します。それにより、Googleアナリティクス上でメール受信者をトラッキングできるようになります。 Googleアナリティクスについて 2020年10月にGoogle アナリティクス 4 プロパティ(旧称「アプリ + ウェブ」プロパティ)が公開されました。従来のユニバーサル アナリティクス プロパティとは異なり、Webサイトのトラフィックとアプリの利用状況の両方を測定することができます。ユニバーサル アナリティクス プロパティは、Webサイトにしか対応していません。既存のプロパティと並行して利用することも可能です。新しいバージョンのご使用方法については、以下のページでご確認ください。 Googleヘルプページ:次世代の Google アナリティクスのご紹介 2020年10月14日以前にGoogleアナリティクスを設定している場合は、従来のユニバーサル アナリティクスが使用されています。最新版に変更されたい場合は、以下のページをご覧ください。ご自身のGoogleアカウントからアクセス可能です。 Googleヘルプページ:GA4設定アシスタント Googleアナリティクスで分析結果を確認する方法 Googleアナリティクスで分析結果を確認するには、下記のステップに従ってください。 1. Googleアナリティクスにログインします。 2. 対象のホームページを選択します。 3. 左側ナビゲーションコラムの「集客」カテゴリーより「キャンペーン」をクリックし「すべてのキャンペーン」を選択します。 [caption id="attachment_298005" align="aligncenter" width="710"] この画像は従来のユニバーサル アナリティクス プロパティのプラットフォームです。Googleアナリティクス4でも、同じように「集客」カテゴリーからキャンペーンのレポートを確認できます。[/caption] 4. メール作成時にBenchmark Email側で設定したGoogleアナリティクス用タイトルを確認します。 Googleアナリティクスと連携する事でBenchmark Email側では確認できないWebサイト上での動向やコンバージョンを確認する事ができます。 重要:キャンペーンが表示されない場合は、キャンペーンの検索をすることも可能です。Googleアナリティクスはデータが処理されるまでに24~48時間かかるため、検索する際は日付の範囲にご注意ください。 実際にGoogle アナリティクス連携を利用した事例を紹介した弊社のブログもご参照下さい。 関連ブログ記事:メルマガの先にあるゴールを意識する!活用支援事例:シアタープロダクツ様(第2回) Googleアナリティクス用のキャンペーン名を確認する方法 1. レポートからメールプレビュー画面を開きます。 2. 設定リンクをクリックします。 3. 遷移先のWebサイトURLの「utm_campaign=」と「utm_medium=」の間がキャンペーン名となります。 ご不明な点がございましたら、お気軽にサポートチームまでお問い合わせください。     >>「レポート」のまとめページに戻る

メール配信 5月 5, 2021

メールを印刷したり、PDFとして保存する方法

Benchmark Emailでは、メールの編集画面またはプレビュー画面から印刷したり、PDFとして保存したりすることができます。 以下の順にご説明します。 メールを作成中に印刷・保存する方法 作成したメールをプレビュー画面で印刷・保存する方法 背景色や画像が上手く印刷・保存できない場合の対処方法 メールを作成中に印刷・保存する方法 ドラッグ&ドロップで作成されるメールの場合は、以下のステップに従ってください: 1. ダッシュボードの「メール」をクリック後、画面右上にある「メール作成」をクリックし、「ドラッグ&ドロップ」を選択します。 2. 背景色や画像が印刷されるようお手持ちのプリンターの設定をご確認ください。(詳しくは最下部の対処法を参照) 3. チェックリストを入力し、編集画面よりページ右下にある「テスト」をクリックし、「印刷プレビュー」をクリックします。 4. 新しいタブが開きます。画面右上にある「Print(印刷)」をクリックします。 5. ここでメールをPDFとして保存したい場合は、表示されるプリントメニューで「PDFとして保存(Save as PDF)」をクリックし、「保存(Save)」ボタンをクリックします。 作成したメールをプレビュー画面で印刷・保存する方法 1. Benchmark Emailにログインします。 2. ダッシュボードメニューから「メール」をクリックします。 3. 「メール」を選択すると、メール一覧が表示されます。 4. PDFとして保存したいメールの右上のをクリックし、「プレビュー」を選択します。 5. スクロールダウンし、「正しく表示されない場合はこちら」のリンクをクリックします。ご注意:このリンクは全てのレイアウトに含まれていますが、メール作成時にリンクを削除した場合はこちらの方法で印刷・保存はできません。 6. ブラウザでメールを開いた後、印刷のショートカットキーである「Ctrl + P 」または「Cmd⌘ + P」を押します。プリントメニューが表示されますので、PDFとして保存または印刷できます。 7. プリント画面が表示されます。「PDFとして保存」をクリックします。 背景色や画像が印刷されない場合の対処方法 プリンター設定のオプション「背景色と画像を印刷する」は、初期設定では通常OFFになっております。各ブラウザでこのオプションをONにする方法は以下の通りです。なお、バージョンによって設定が異なる場合がございますのでご了承ください。   Internet Explore:画面右上の「歯車のマーク」→「印刷」→「印刷プレビュー」→「ページ設定」より、「背景の色とイメージを印刷する」のチェックボックスをオンにし、「OK」ボタンを押します。 Google Chrome:右上の「︙」をクリック→「印刷」→「詳細設定」より、「背景のグラフィック」のチェックボックスをオンにします。 Firefox:「ファイル」をクリックし「ページ設定」より、「背景色と背景画像を印刷」のチェックボックスをオンにします。   ご不明な点がございましたら、こちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

メール配信 3月 27, 2021

ソーシャルメディアのリンクやアイコンを配信メールに挿入する方法

ソーシャルメディアサイトを利用する人はどんどん増えてきています。TwitterやFacebook、LinkedInページへのリンクを挿入することで消費者の注意を引くことができ、コンタクト数の増加にもつながります。 ボタンを挿入するには、以下のステップに従ってください: 1. デフォルトのレイアウトで作成を始めた場合は、初めから最下部にソーシャルメディアブロックが挿入されています。 2. ソーシャルメディアブロックを新たに配置する場合は、ブロック一覧から「ソーシャルメディア」を右側へドラッグしてください。 3. 設置したいソーシャルメディアサービスのボタンを追加します。ソーシャルメディアブロックをワンクリックします。 左側メニューのコンテンツタブをクリックし、「その他のサービスを追加する」から任意のサービスを選択してください。 その後、右脇の「+」をクリックしてください。 4. 不要なボタンの消去・並べ替えを行う場合は、各アイコンにカーソルを乗せてください。 「ゴミ箱ボタン」で消去、「十字ボタン」で移動が可能です。 5. 遷移先アドレスの設定を行います。アイコンをクリックし左側メニューから編集を行ってください。 アイコンの色なども編集できます。 また、Benchmark EmailとFacebookのアカウントを関連付けている場合、Facebookの「いいね!」ボタンをメール上に表示することもできます。以下の手順に従ってください。 1. ダッシュボードのメールをクリックし、編集したいメールをクリックします。 2. メール作成チェックリストの中から、「本文&デザイン」の項目の編集ボタンをクリックします。 3. 「いいね!」ボタンを入れたいテキストブロックを選択します。 4. 右上の「メニュー」>「挿入機能」をクリックし、ドロップダウンより「Facebookいいねボタン」を選択します。 5. ボックス内にはタグの[fb_like]と表示されますが、プレビューで実際のボタンをご確認いただけます。 Benchmark Emailにおいて使えるタグ一覧は以下のFAQをご確認ください。 FAQ: BenchmarkEmailで利用可能なタグ一覧     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ソーシャルメディア ドラッグ&ドロップエディタ 2月 15, 2021

フォント・文字サイズ・行間を調整する方法は?

フォント・色・文字サイズを変更する方法 編集が必要なブロックを選択し、「Edit」ボタンをクリックします。 編集を行うテキストを選択(ハイライト)します。 画面左側のText Formatting Options にて下記のことが行えます。 色の変更:. アイコンをクリック後、ご希望の色を選択し、「Apply」ボタンをクリックし保存します。 フォントの変更:のドロップダウンボックスを選択し、新しいフォントを選択します。 サイズの変更:のドロップダウンボックスを使って、新しいサイズを選択します。 太字、イタリック、アンダーラインなどは、それぞれのアイコンをクリックしてください。   お好みのフォントで作成が可能ですが、配信先で同じように表示されるには配信先の端末において同じフォントがインストールされている必要があります。Benchmark Emailで採用しているフォントは以下の通りです: Hiragino Kaku Gothic Pro / MS Gothic / MS Mincho / Osaka / Arial / Arial Black / Arial Narrow / Baskerville / Comic Sans MS / Courier New / Garamond / Georgia / Helvetica / Impact / Lucia Grande / Palatino / Papyrus / Tahoma / Times New Roman / Trebuchet MS / Verdana / 標楷體 / 新細明體 / Sim Hei 注意1:新しいフォントはすべての端末において使用が保証されているものではありません。もしも選択されたフォントがインストールされていない場合は、すでにインストール済みのフォントが代わりに表示されます。 注意2:お客様がお持ちの画像やロゴを添付される場合は、画像ファイルとしてそのまま表示されますのでご安心ください。 行間を調整する方法 エディタにて行間を調節したいテキストをハイライトし、画面左のコンテンツタブ内、行間のドロップダウンメニューより お好みの幅を選択します。   改行する方法 段落内で改行を行いたい場合はShift+Enterを使用して下さい。 Return/Enterキーは新たな段落をスタートすることになり、改行とは外観が異なります。   テキストを上付き、下付きに変更する方法 文字を基準よりも上、もしくは下に表示させるには、SUP、またはSUBボタンをご利用ください。 メール内の文字を上付きに変更する方法 変更したい文字のあるブロックの編集アイコンをクリック。 画面左下パネル、コード参照ボタンをクリック、もしくはブロックツール内のHTMLボタンをクリック ポップアップ画面にHTMLコードが表示されます。上付き文字に変更したい文字を探してください。 文字の前後を<sup>タグを囲ってください。 例:<sup>テキスト</sup> 例:商標を表示になる場合は <sup>&#8482;</sup>とご入力いただくと™(商標マーク)が本文に表示されます。 「保存&閉じる」をクリック. ブロックの「保存」をクリックし、編集内容を保存してください。 メール内の文字を下付きに変更する方法 変更したい文字のあるブロックの編集アイコンをクリック。 画面左下パネル、コード参照ボタンをクリック、もしくはブロックツール内のHTMLボタンをクリック ポップアップ画面にHTMLコードが表示されます。下付き文字に変更したい文字を探してください。 文字の前後を<sub>タグを囲ってください。 例:<sub>テキスト</sub> 例:商標を表示になる場合は同じく <sub>&#8482;</sub>と入力すると™(商標マーク)が本文に表示されます。 「保存&閉じる」をクリック ブロックの「保存」をクリックし、編集内容を保存してください。 プレビュー、テストメールの送信で変更が正常に表示されているか確認を行いましょう。 特別な文字やシンボルを使用する方法 メールマガジンに特別な文字やシンボルを使用する場合は、HTMLナンバーもしくはネームコードを使用する必要があります: シンボルを挿入したいテキストブロックをクリックし、画面上部の編集オプションからHTMLコードの確認アイコンをクリックします。 コード参照のポップアップ画面に、使用したいHTMLナンバーもしくはネームコードを置き換えて下さい。頻繁に使用される特別な文字例 : シンボル HTMLナンバー HTML ネーム © © © ® ® ® ™ ™ ™ £ £ £ ¢ ¢ ¢ HTMLナンバーやネームはこちらのサイトで参照が出来ます。http://www.webmonkey.com/2010/02/special_characters/ 保存&閉じるをクリック 変更を保存 これでプレビューもしくはテストメールを送信してシンボルが正しく表示されているかの確認が出来ます。   ブロックごとに文字列を「右に揃える」「左に揃える」「中央に揃える」方法 ツールバーより左に揃える, 右に揃える, 中央に揃える両端に揃えるを選択してください。 段落ごとに文字列を「右に揃える」「左に揃える」「中央に揃える」方法 同じブロック内で段落ごとに揃え位置を変更するには、HTMLコードの編集が必要となります。以下の手順で編集を行ってください。なおHTMLの取得方法は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:どのようにHTMLコードを表示しますか? 編集したいテキストブロックをクリックし、HTMLの取得を行います、 表示されるHTMLコードをNotepad,Textpad等のテキスト編集ソフトにコピー&ペーストしてください <br/ >、 を<p> ~ </p>もしくは <div> ~ </div> タグに置き換えてください。 以下スクリーンショットは編集を加えていない状態のコードです タグを<p> ~ </p> に置き換えている場合、以下のスクリーンショットを参照してください タグを <div> ~ </div> に置き換えた場合、以下のスクリーンショットを参照してください 変更したコードをHTMLコピー&ペースト画面に貼り付けて、保存&閉じるボタンをクリック これで各段落、文章ごとに「右に揃える」「左に揃える」「中央に揃える」を指定できるようになります。以下の手順に従って作業を進めてください: 設定を行いたい段落にカーソルを合わせてください ツールバーより左に揃える, 右に揃える, 中央に揃える両端に揃えるを選択してください ブロックの「保存」をクリックしてください これを段落別に行うことで各段落の設定変更が可能です

テンプレート&メールエディタ 8月 7, 2019

1 2