サポートページ aero-right

コンタクトリストのフィールド項目名を編集する方法は?

コンタクトリストで名前、住所、誕生日などの情報を管理することが可能であり、各項目を「フィールド項目」と呼びます。 既存の項目名から、自由に変更することが可能です。 フィールド項目名を変更する手順  Benchmark アカウントにログインします。  画面左のメインメニューから「コンタクト」をクリックします。  項目を編集したいリストをクリックします。  右上にあるボタンの中から、「編集」をクリックします。 注:画面を全画面にしないと表示されませんのでご注意ください。  「フィールド項目の設定」の四角枠内に、現在登録されているフィールド項目が表示されます。  右にスクロールし、「フィールドタイプ」が未設定の変更可能な項目を探します。   追加したいフィールド項目を選び、その下の「フィールドタイプ」をドロップダウンから選択します。一部のフィールド項目は、任意の名前へ変更可能です。(例:日付1→メルマガ登録日へ変更)フィールドタイプは「全角半角文字/数字」「数値」「True/False」「日付」から選択します。  右上の「保存」をクリックします。 フィールド項目を追加・編集することでリストがより整理され、分かりやすくなります。 注:「メールアドレス」「姓」「名」の3項目は編集不可   フィールド項目を設定したら、各コンタクトの情報を追加します。 コンタクト情報を追加した後でフィールド項目名を変更することも可能です。 なお、こちらで設定された日付項目は、ステップメールの基準/パーソナライズ機能の要素としてもご利用いただけます。 FAQ:オートメーション(ステップメール / アクションメール)の作り方は? FAQ:受信者の名前をメールや件名に差込む方法   (パーソナライズ機能)     ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。 >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 7月 29, 2019

Googleドライブから顧客リストへインポートする方法は?

以下の手順に沿ってGoogleドライブから顧客リストへアップロードを行ってください。     Benchmarkアカウントにログイン  ダッシュボードからコンタクトリストに移動  右上の新規リストの作成をクリック  通常リストを選択して次へをクリック  サービスからインポートするを選択し次へをクリック  各種サービス連携よりGoogleドライブのインテグレーションアイコンをクリック  連携ボタンをクリックしてGoogleに接続  アップロードを行うGoogleアカウントを選択  アクセス許可をクリック  ページがBenchmarkへと自動で戻ります。 アップロード元としてGoogleドライブスプレッドシート及びワークシートを選択、アップロード先として既存のBenchmarkコンタクトリストを選択するか新規リストを作成してください。  保存&次へをクリック。  フィールドを選択&一致させて保存&次へをクリックします。   注意点: シートの1行目には必ずフィールド項目を入力するようにしてください。(Email、姓、名、誕生日、等) またメールアドレス項目については項目名を「Email」と英語表記で入力するようにお願いします。日本語での表記ですと認識せずアドレスがインポートされません。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 連携機能 顧客リスト 9月 20, 2019