サポートページ aero-right

A/Bテストの作成方法は?

以下の手順に従ってください。 A/Bテストを作成するには、あらかじめメールを作成し「下書き」として保存をする必要があります。手順は以下の通りです。 アカウントにログインします。 配信するメールを「メール」にて作成します。 「チェックリスト」に全てを選択しが入っているか確認します。全てチェックされたら下書き保存されます。 メール一覧に戻るボタンをクリックします。 メールトップページのダッシュボードから「メール」をクリックし、A/Bテストを選択します。 右上のA/Bテスト作成ボタンをクリックします。 ステップ1:詳細 テスト名を入力。 テストタイプを選択。 比較するグループ数を指定。 テストを行うコンタクト数の比率を入力。(任意) 保存&次へをクリックします。 ステップ2:比較項目の設定(このページのオプション/フィールドは、選択したテストタイプによって異なります) 保存&次へをクリックします。 ステップ3::リスト選択 A/Bテストメールを配信するリストを選択。 スライダを動かし、A/Bテストを送信するリストの割合を確認。(テストグループの横にある連絡先の数は自動的に選択されます) 保存&次へをクリックします。 ステップ4:ルール決め  採点基準を、開封数、クリック数、または開封数とクリック数の中から選択。 1回のアクションを何ポイントとして計算するか選択。 優勢のメールをリストの残りのコンタクトへ配信する方法を選択します。 ①A/Bテスト配信後の本メール配信までの時間を設定:指定時間が経過した後、良いスコアを記録したメールが、自動で残りのコンタクトへ配信されます。 ②本メール配信スケジュール設定:指定日時になると、良いスコアを記録したメールが、自動で残りのコンタクトへ配信されます。 ③マニュアルモード:A/Bテスト結果を自分で確認した後で、本メール配信するメールを選びます。自身で操作を行うまで本メール配信はされませんのでご注意ください。 送信オプション:A/Bテストメールを配信するスケジュールを選択。すぐに送信・配信スケジュールを設定・下書きとして保存のどれかを選びます。 前項でマニュアルモードを選んだ場合は、本メールとして配信するメールを自分で選んで配信する必要があります。以下の手順で配信します。 ツールへカーソルを合わせ、ドロップダウンメニューよりA/Bテストをクリック テスト中のA/Bテストメール名を選びクリック。 本メールとして配信するメールを選択してください。 すぐに送信、もしくは配信スケジュールを設定してください。 マニュアルモード以外を選んだ場合は、指定時間に沿って自動的に本メールが配信されます。 本配信の完了を確認するには、A/Bテストダッシュボードからメールのステータスをご覧頂けます。 「送信済み」と表示されている場合、テストは終了しています。 「A/Bテスト」と表示されている場合はまだテスト途中であり、テストグループ以外の購読者への配信は行われておりません。 メールダッシュボードからも同様に、メールのステータスが確認できます。 「送信済み」と表示されている場合、テストは終了しています。 重要:テストメールの配信から、本メールの配信までは時間差があります。この差は結果を比較するために必要な時間なので、省略することは出来ませんが、6時間、12時間、24時間と設定が可能です。 長くテスト期間を設けることで、より結果の信頼性が高まります。 無料プランにはA/Bテスト機能は含まれておりません。有料プランにアップグレードする事ですぐに開始が可能となります。   旧UIでの操作方法 1.    まず配信するメールを作成しましょう。 (作成方法についてはこちら) 2.    ステップ4(配信スケジュール)まで進んだら、下書き保存をクリック。 3.    カーソルをツールメニュー上へ置きます。 4.    ドロップダウンメニューより、A/Bテストを選択。 5.    右上青色のA/Bテストを作成ボタンをクリックします。 6.    ステップ1:詳細 a)    テスト名を入力。 b)    テストタイプを選択。 c)    比較するグループ数を指定。 d)    テストを行うコンタクト数の比率を入力。(任意) e)    保存&次へをクリック。     7.    ステップ2:比較項目の設定(このページのオプション/フィールドは、選択したテストタイプによって異なります)     a)    保存&次へをクリック。       8.    ステップ3: リスト選択     a)    A/Bテストメールを配信するリストを選択。 b)    スライダを動かし、A/Bテストを送信するリストの割合を確認。(テストグループの横にある連絡先の数は自動的に選択されます) c)    保存&次へをクリック。       9.    ステップ4:ルール決め     a)    採点基準を、開封数、クリック数、または開封数とクリック数の中から選択 b)    1回のアクションを何ポイントとして採点するか選択。 c)    優勢のメールをリストの残りのコンタクトへ送信する方法を選択。 d)    スケジュールの設定 - 保存、今すぐ送信、または別の日時にスケジュール。 重要:テストメールの配信から、本メールの配信までは時間差があります。この差は結果を比較するために必要な時間なので、省略することは出来ませんが、6時間、12時間、24時間と設定が可能です。 本メールの配信まで時間を置くことは、より信頼性の高いテスト結果をもたらします。 A/Bテストをまだご利用でない場合は、有料プランにアップグレードする事ですぐに開始が可能となります。 注:無料プランにA/Bテストは含まれません。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「A/B テスト」のまとめページに戻る

メール配信 9月 27, 2019

A/Bテストのテストグループおよび本メール配信について

A/Bテストでは、配信リストからランダムに抽出した一部のグループにAメールとBメールを配信します。その後、結果が良いほうのメールを残りの購読者へ配信します。 このFAQではテストグループ・本メール配信の条件設定についてご説明します。   テストグループとは   テストグループ:AメールとBメールを配信した上で、開封などのスコアが算出されるグループ。最大20%まで設定可能です。 テストグループにおいて、結果が良かったほうのメールが残りのコンタクトに本メール配信されます。 テストグループの割合を設定する方法は、下記FAQの項目7または項目11をご確認ください。2箇所のどちらでも設定ができます。 FAQ:A/Bテストの作成方法は?   本メール配信の条件設定   条件設定では、自動と手動を選択できます。 A/Bテスト配信後の本メール配信までの時間を設定:指定時間を経過した後、良いスコアを記録したメールが、自動で残りのコンタクトへ配信されます。 本メール配信スケジュール設定:指定日時になると、良いスコアを記録したメールが、自動で残りのコンタクトへ配信されます。 マニュアルモード:A/Bテスト結果を自分で確認後、本メール配信するメールを選びます。自身で操作を行うまで本メール配信はされませんのでご注意ください。 本メール配信条件の設定方法は、下記FAQの項目13と項目14をご確認ください。 FAQ:A/Bテストの作成方法は?   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。 >>「A/B テスト」のまとめページに戻る

メール配信 9月 27, 2019