サポートページ aero-right

BenchmarkとZapierの連携方法は?

Zapierはワークフローを自動化させる為のツールです。ご利用のCRMにBenchmarkの連携がない場合は、Zapierを使用して接続が可能です。 Zapierとの連携は以下の手順をご参照ください: *APIキーが必要となります。 最初にまずZapierアカウントにログインします。ログインするとZaps(接続)が表示されます。 1. 希望のアプリをZapに接続します。ここではBenchmarkとGoogle コンタクトを例としています。   2. 接続の種類を選択します。ここでは、「Google(またはアプリ)連絡先をBenchmark Emailに追加」を使用しました。 3. 「Create Zap」をクリックして確認します。 次のページで、再度トリガーを確認し続行を確認するメッセージが表示されます。   4. Googleアカウントを選択します。もし選択されていない場合は、Googleアカウントに接続します。 次に「Save and Continue」(保存&次へ)をクリックします。 5. アカウントが接続されたら、Benchmarkに送信するコンタクトのグループを選択します。   「Fetch and Continue」(取得&次へ) をクリックします。 連絡先が正しく取得されたことを確認するための簡単なテストが実行されます。   次にBenchmarkへ接続します   1. アカウントを接続する必要があります。「Connect a New Account」(新しいアカウントを接続) をクリックします。 2. APIキーを追加し、Yesをクリックして続行します。 3. Benchmarkアカウントが表示されたら「Save and Continue」をクリックします。 4. Benchmark Email コンタクトを設定します。   5. すべての設定を確認し、「Create and Continue」(作成&次へ) を選択します 完了したらこのページが表示されます   ご不明な点がございましたらこちらからサポートチームにお問い合わせください。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 顧客リスト 9月 26, 2019

KickBoxとBenchmarkを連携する方法は

KickboxはSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)を使用してメールアドレスを確認します。これはBenchmarkメールを配信する際に使用されるプロトコルでもあります。 Benchmark アカウントとKickBoxを連携するには、以下の手順に従ってください。 1.    Kickboxアカウントを確認してください。アカウントをお持ちでない場合は、こちらをクリックしてKickboxに登録してください。 2.    登録手続きが完了したら、登録したメールアドレスにて受け取ったリンクをクリックし、アカウントを有効にします。 3.    確認ページへ進みます。   4.    右上隅の緑色のAdd Listボタンをクリックします。 5.    Connect to ESP (ESPに接続)をクリックし、Benchmarkを選択します。 6.    BenchmarkアカウントのAPIキーをコピーします。このAPIキーは、Benchmarkアカウントのアカウント設定ページで確認できます。   7.    KickBox連携モジュールにAPIキーを貼り付け、Add Integration(統合の追加)をクリックします。 8.    これにより、KickBoxで認証用のリストをインポートし、認証済みリストをBenchmarkにエクスポートできる双方向連携が作成されます。 9.    APIキーを使用してBenchmarkアカウントを承認したら、認証する既存のリストをインポートできます。 10.  連絡先がインポートされ、認証にかけられます。 11.  Start(開始)をクリックしてリストを確認します。 12.  リストが確認されたら、右側のパネルにレポートの下に2つのオプションが表示されます。 Export(エクスポート)ボタンを使用すると、認証済みリストをBenchmarkアカウントにエクスポートできます。 Download(ダウンロード)ボタンをクリックすると、確認済みのリストをコンピュータにダウンロードできます。     13.  必要なフィルタを使用してリストをエクスポート/ダウンロードします。基本設定では、配信可能として選択されています。(推奨)   注:BenchmarkはKickBoxとアカウントの認証情報を共有しておりません。 ご不明な点がありましたらこちらよりサポートチームにお気軽にお問い合わせください。  

連携機能 8月 7, 2019

Benchmark Email の RESTful API を利用する方法は?

RESTFful API の概要 Benchmark EmailのRESTful APIを利用するにはBenchmark Emailアカウントが必要です。 RESTful API は無料トライアルプランでもアクセス頂けます。 Benchmark Email APIsを利用して自社アプリケーションやウェブサイトから顧客リストの作成、顧客管理、メルマガ配信、配信結果の確認が可能です。これらのAPIメソッドを実施する為にはプログラミング経験を持っている必要があります。API構築作業に関するスキル、知識に関してのサポートは行なっておりませんのでこちらは各自でご対応頂くようお願いします。API 構築に詳しい開発者に依頼することもご検討ください。 RESTful API へのアクセスは以下のURLをクリックします。Legacy APIに関しても同じURLをクリックしページ下部までスクロールして下さい。 資料の入手 API 関連の資料はこちらのURLから: http://www.benchmarkemail.com/API/Library APIキーの入手 RESTful API のご利用には API キー が必要になります。キーの取得は以下の手順に従って下さい。 Benchmark アカウントへログイン 画面右上のユーザー名をクリック、連携を選択します。 画面左手のメニューからAPI キーをクリックします。 Benchmark Email API キーが表示されますので、こちらをコピーしてご利用ください。 ご不明点がございましたらこちらからサポートへご連絡ください。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

API 10月 2, 2019

BenchmarkアカウントとPieSyncを接続させるには?

PieSyncは、アプリケーション間の双方向同期を提供する、時間の節約に有効なソフトウェアです。 BenchmarkとCRMを簡単な手順で接続することができます。 PieSyncのようなソフトウェアを使用すると、連絡先をすべて一つの場所にまとめておくことが可能です。 Benchmarkアカウントで必要な情報 Benchmarkアカウントから必要なものはAPIキーのみです。 APIトークンキーにアクセスするには、マイアカウントから「連携/API」を選択し「APIキー」をクリックしてください。 第1ステップ 接続を作成する PieSyncアカウントにて、新規の接続を作成する必要があります。 まずBenchmarkを検索します。 Benchmarkが選択されました。次にBenchmarkと同期するサービスを選択します。 第2ステップ 認証 次のステップは、双方のアカウントを認証することです。この手順は、PieSyncに同期の権限を与えていることを確認するためのものです。 選択したアプリの手順に従って、BenchmarkにAPIキーを入力します。同期するリストを選択し、「Next」をクリックします。 第3ステップ 設定 これで、連絡先リストの同期フィールドとマップフィールドのルールが設定されます。 「START SYNCING NOW!」をクリックします。   次へ進む前に すでに別の連携がある場合は、重複を作成しない為にその連携を無効にする必要があります。重複を削除するオプションを選択することも重要です。これにより重複が追加されなくなります。 最初の同期には、リストのサイズに応じて10〜30分、またはそれ以上かかります。これは初期の同期では正常ですが、いずれかのリストの更新は3-5分後に表示されます。 何か問題があれば接続を確認し、必要に応じて再接続してください。それでも解決しない場合は、Benchmarkサポートチームにお問い合わせください。 PieSyncの使い方についてより詳しく確認するにはこちらをクリックしてください。   ご不明な点がございましたらこちらからサポートチームにお問い合わせください。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 10月 7, 2019