サポートページ aero-right APIキー

PieSyncを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは?

PieSyncはアプリケーション間の双方向同期を提供し、入力情報を即座に他のサービスに反映させることができるソフトウェアです。 Benchmark EmailとCRMを簡単な手順で接続することができ、連絡先をすべて一つの場所にまとめておくことが可能です。 Benchmark Emailアカウントで必要な情報 Benchmark Emailアカウントから必要なものはAPIキーのみです。取得方法は以下の通りです。 1. ダッシュボード右上の「アカウント名」をクリックの上、「連携」を選択します。 2. 「APIキー」をクリックし、表示されたAPIキーをコピーして使用してください。こちらからもAPIキーの取得が可能です。   ここでは、PieSyncを使ってGoogle ContactsとBenchmark Emailを連携させる方法をご紹介します。他のアプリとBenchmark Emailも簡単に連携させることができます。 第1ステップ 接続を作成する 1. PieSyncアカウントにログインします。お持ちでない方は右下の「Sign up for a 14-day free trial」(14日間の無料トライアルに登録)をクリックし、アカウントを作成してください。 2. 新規の接続を作成します。 「+ New Connection(新規接続)」をクリックします。 3. 双方向に同期化したいアプリを検索します。右の検索ボックスに「Google Contacts」を入力し、表示されたアイコンをクリックします。 4. 次に「Benchmark」と入力し、アイコンが表示されますのでクリックします。   第2ステップ 認証 双方のアカウントを認証することです。この手順は、PieSyncに同期の権限を与えていることを確認するためのものです。 1. Google Contactsの「Authorize(権限を付与する)」をクリックします。 2. Googleアカウントを選択し、「許可」ボタンをクリックして認証完了です。 3. Benchmark Emailの「Authorize(権限を付与する)」をクリックすると、以下の画面が表示されます。コピーしたBenchmark EmailのAPIキーを貼り付けて「Next」をクリックします。 4. ドロップダウンメニューから同期するリストを選択し、「Next」をクリックします。(作成したばかりのリストが選択肢にない場合は更新アイコンをクリックし、少しお待ち頂くと表示されます。) 5. 双方にチェックが表示され、認証完了です。次に「Configure the sync between Google Contacts and Benchmark(GoogleコンタクトとBenchmark Emailの同期化を設定する)」をクリックします。   第3ステップ 設定 1. Connection Rules(接続ルール=同期化のルール)を設定します。初期設定では「双方に連絡先が追加されたら、双方向に同期化される」となっています。(一方向のみ同期化したい場合は、右のいずれかのスライドボタンをOFFにしてください。) 2. 連絡先リストのフィールドマッピング(項目の統一)ルールを設定します。Default field mappings(初期設定されたフィールドマッピング)では、同期化するアプリによって異なりますが、Benchmark Email定番のフィールド項目(名前やメールアドレスなど)が表示されます。 またフィールドマッピングのカスタマイズも可能ですが、フィールドタイプに互換性がなければなりません。詳しくはこちら(英語表記)   3. 設定が完了しましたら、「Start Syncing Now!」をクリックして連携完了です。 設定した連携を確認するには、画面左上のpiesyncアイコンをクリックしてダッシュボードメニューを開きます。 左下にActive(有効)の同期化されたアプリが表示されます。緑のボタンでRunning(稼働中)と表示されていれば問題なく同期化されています。 ご注意: すでに別の連携がある場合は、重複を作成しない為にその連携を無効にする必要があります。重複を削除するオプションを選択することも重要です。これにより重複が追加されなくなります。 最初の同期には、リストのサイズに応じて10〜30分、またはそれ以上かかります。これは初期の同期では正常ですが、いずれかのリストの更新は3-5分後に表示されます。 何か問題があれば接続を確認し、必要に応じて再接続してください。それでも解決しない場合は、Benchmark Emailサポートチームにお問い合わせください。 PieSyncの使い方の詳細については、以下のPieSyncウェブサイトをご参照ください。 英語表記:PieSyncにBenchmark Emailを連携する方法   ご不明な点がございましたら、サポートチームまでお問い合わせください。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 10月 8, 2020

Zapierを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは?

Zapier(ザピアー)はお好みのワークフローを作成し、日々の業務を自動化できるツールです。プログラミングの知識がなくても簡単に作成できます。 Zapierで使われる"Zaps"は「連携」を意味し、アプリやウェブサービスの双方向のコミュニケーションを実現します。例えば、Benchmark Emailアカウントの情報を他のサービスに送信したり、他のアプリからの情報をBenchmark Emailアカウントが受け取ったりすることができます。このようなサービスを利用することで、リストを最新の状態に保つことが可能になり、メルマガに最も興味を持っている読者を逃さず、到達率の向上に役立ちます。 目次: Benchmark 2.0について Zapierを使ってBenchmark Emailと他のアプリを連携させる方法 アクション:検索および更新機能について トラブルシューティング Benchmark2.0について 2021年3月11日に、Benchmark 2.0をリリース致しました。Zapierを使ってBenchmark Emailと他のアプリの連携を行う際に選択肢が増え、使いやすくなりました。 2021年3月10日以前に作成した全ての連携にはBenchmark1.0を使用しておりますので、新バージョンBenchmark 2.0に移行するにはこれまでの連携を再作成してください。現在稼働中の連携には今のところ影響はございませんが、2022年3月10日付でBenchmark1.0のサポートが終了致します。Zapierより、Benchmark1.0のバージョンをお使いのお客様にはメールでお知らせしておりますので、そちらも併せてご確認くださいませ。 トップに戻る Zapierを使ってBenchmark Emailと他のアプリを連携させる方法 他のアプリと連携するには、Benchmark Emailをトリガー(Trigger)、またはアクション(Action)として使う2つのオプションがございます。トリガーとは、ワークフローを開始させる条件を指します。アクションは、アプリに実行させる行動のことです。 Benchmark Emailをトリガーとして選択した場合、以下のオプションをお選び頂けます: New Contact(新規コンタクト) New List(新規リスト) Email Opened (開封済メール) 新 Link Clicked (リンククリック) 新 New Unsubscriber (新しい配信停止購読者) 新 New Contact in Segment (セグメントの新規コンタクト) Benchmark Emailをアクションとして選択した場合、以下のオプションをお選び頂けます: Add Contact to a List(コンタクトをリストに追加する) Update Contact(コンタクトをアップデートする) 新 Unsubscribe a Contact (コンタクトを配信停止する) 新 Find a Contact (search)(コンタクトを検索する) メールを元にコンタクトを探して見つからなかった場合に「Create a new contact(新規コンタクトを作成する)」オプションがご利用になれます。 ここでは例として、「Google Sheet(Googleシート)とBenchmark Emailを連携させる方法」をご紹介します。この方法は他のアプリとの連携方法と類似しているため、ご参考にお役立てください。 用意するもの: Benchmark EmailのAPIキー(こちらから取得可能) Zapierアカウント(無料で作成可能) Benchmark Emailアカウント Googleアカウント Google Sheet(Googleシート)とBenchmark Emailを連携させる方法 Step 1:Trigger(トリガー)の設定 Zapierアカウントにログインします。アカウントをお持ちでない方はこちらから無料で作成可能です。 1. ログイン後、左のメニュー「MAKE A ZAP」ボタンをクリックします。Zapierでは、連携のことを"Zap"と呼びます。 2. Trigger(トリガー)に使用するアプリを選択します。「Google Sheets(Googleスプレッドシート)」をクリックします。 3. Trigger Event(トリガーイベント)では、New or Updated Spreadsheet Row(Team Drive)を選択し、「Continue」ボタンをクリックします。  ZapierでGoogleアカウントに接続したことがない場合は、「Sign in to Google Sheets」ボタンが表示されます。クリックし、Googleアカウントを選択して下さい。 4. 選択したGoogleアカウントへZapierがアクセスできるように「許可」ボタンをクリックします。 5. アカウントが接続されたらZapierアカウントに戻りますので、「Continue」をクリックします。Google Team Drives(共有ドライブ)についての詳細は、テキストリンクをクリックしてご確認ください。 6. トリガーの詳細設定(Set up trigger):以下の各項目の設定を行います。 Drive:ドロップダウンメニューよりMy Google Driveを選択します。 Spreadsheet:ドロップダウンメニューより任意のスプレッドシートを選択します。 Worksheet:ドロップダウンメニューより任意のワークシートを選択します。 Trigger Column:トリガーとなる列の指定ができますが、シートへの全ての更新や変更がトリガーとなるように any_columnを選択することをお勧めしております。設定完了後、「Continue 」ボタンをクリックします。 7. 「Test trigger(トリガーをテストする)」ボタンをクリックすると、連絡先が正しく取得されたことを確認するための簡単なテストが実行されます。 連絡先の取得に成功した場合は、以下のようなメッセージが表示されます。「Continue」ボタンをクリックします。 テストに失敗した場合は、項目をご確認いただき「 Test & Review」で再度連携をお試しください。また、こちらのトラブルシューティングをご確認くださいませ。 Step 2:Action(アクション)の設定 8. 次にActionでBenchmark Emailを選択します。(パソコンの画面サイズによっては、Actionステップまでスクロールダウンする必要があります。) 9. Action Event (アクションイベント)をクリックし、利用したいアクションを選択します。ここでは、Add Contact to List(コンタクトをリストに追加する)を選択します。選択後、「Continue」ボタンをクリックします。 10. ZapierでBenchmark Emailに初めて接続する場合は、「Sign in to Benchmark Email」ボタンが表示されますのでクリックします。 11. Benchmark EmailのAPIキーをボックス内に入力し、「Yes, Continue」ボタンをクリックします。APIキーの入力は初回接続時のみです。**Benchmark EmailのAPIキーは、こちらから取得できます。 すでに接続されている方は、ドロップダウンメニューより任意のBenchmark Emailアカウントを選択し、「Continue」ボタンをクリックします。 12. アクションの詳細設定(Set up action):各項目の設定を行います。 List:ドロップダウンメニューより、Benchmark Emailのリストを選択します。リストが見つからない場合は、Load Moreオプションをクリックしてリストを探してください。 Email Address: ドロップダウンメニューより、トリガーのアプリ(Googleスプレッドシート)からメールアドレスを1つのみ選択します。複数選択すると、連携が中断する可能性があります。ご注意:メールアドレスの項目でサンプルが表示されます。このサンプルアドレスはBenchmark Emailのリストに新しいコンタクトを作成後、連携テストに使用されます。リストにすでにサンプルアドレスが入っている場合は、テストに失敗する可能性がありますので、空のリストに接続することをお勧めしております。それが難しい場合は、リストから使用するサンプルアドレスの削除をお願い致します。 13. Googleのフィールド項目をBenchmark Emailのフィールド項目に合わせます。各項目のボックスをクリックすると、選択肢が表示されます。できるだけ項目を一致させることで、のちのセグメントやメール内のタグの使用に役に立ちます。完了後、「Continue 」ボタンをクリックします。 14. 設定が正しく作動しているか確認するため、「Test & Continue」ボタンをクリックします。テストが必要ないと思われる方は、「Test & Review」ボタンをクリックすることもできますが、テストを行うことをお勧めしております。 テスト完了に時間を要している場合はページの再読込を行なってください。 テストが成功すると、以下の画面が表示されます。「Turn on Zap」ボタンをクリックして連携を起動させます。 こちらで連携完了です!起動後、以下のようなポップアップ画面が表示されます。ここで、「Copy link」ボタンを押して共有することもできます。詳しくはこちら(英語表記) トップに戻る アクション:検索および更新機能について 上記の連携方法では、アクション「Add Contact to List(コンタクトをリストに追加する)」を使用しました。 ここでは、アクション「Update Contact(コンタクトを更新する)」と「Find Contact(コンタクトを検索する)」について詳しく見ていきます。 「Find Contact」は、コンタクトのメールアドレスを検索するアクションです。この検索結果次第で次のアクションが変化します。 メールアドレスが見つかった場合は、アクション「Update Contact」を使って、コンタクト情報が更新されます。 メールアドレスが見つからなかった場合は、アクション「Create a new contact」を使って、新規コンタクトが追加されます。 Step 2:Action(アクション)の設定 1. 上記の連携ステップ1〜7 まで同じです。ActionのアプリはBenchmark Emailを選択します。 2. Action Event: ボックス内をクリックし、Update Contact(コンタクトを更新する)を選択します。「Continue」ボタンをクリックします。 3. Choose account:ボックス内をクリックし、使用するBenchmark Emailアカウントを選択します。選択後、青くなった「Continue」ボタンをクリックします。 アクションの詳細設定(Set up action):各項目の設定を行います。 4. List:ボックス内をクリックし、Benchmark Emailのコンタクトリストを選択します。トリガーを元に更新されるリストのことです。 5. Contact:ボックス内をクリックして、左上に表示されるCustomタブをクリックします。「Add a search step(検索ステップを追加する)」ボタンを表示されますので、クリックします。 6. ポップアップ画面が表示されますので、「Add Search Step」ボタンをクリックします。連携が起動す

連携機能 顧客リスト 4月 19, 2021

KickBoxとBenchmark Emailを連携する方法は?

Kickboxと連携することで、Kickboxのインターフェースから直接Benchmark Emailのコンタクトリストを照合することができます。メールを本配信する前に、Kickboxによるリスト照合で、判定結果を確認する事ができます。 このようなリスト照合は、配信評価を下げる可能性のある不適切な(エラー配信となる可能性の高いもの)メールアドレスを取り除くことができるため、到達率の向上に役立ちます。 リスト照合完了後は、Benchmark Emailアカウントに配信可能なリストを保存(エクスポート)することが可能です。 また、リスト照合はBenchmark Emailのサポートでも承っております。詳しくは以下のFAQをご覧くださいませ。 FAQ:リスト照合サービスって何ですか? 連携を始める前に、Kickboxの有効なアカウントが必要となります。アカウントをお持ちでない方は、まずはこちらから登録を行なってください。   KicboxとBenchmark Emailを連携させるには、以下の手順に従ってください: 1. Kickboxアカウントにログインします。 2. 左のダッシュボードメニューの「 + ADD INTEGRATION(連携を追加する)」ボタンをクリックします。 3. ポップアップ画面が表示されますので、Benchmarkを選択します。 4. Benchmark EmailアカウントのAPIキーを入力し、「Add Integration(連携の追加)」ボタンをクリックします。(APIキーを取得するには、こちらのクイックリンクをご利用ください。) 画面右上に「Your Benchmark account is now connected」(Benchmarkアカウントと接続しました)というポップアップメッセージが表示されます。 左のダッシュボードメニューをご覧いただくと、INTEGRATIONS(連携)にBenchmarkが追加されているのが確認できます。 5. Benchmarkをクリックし、照合したいリストのチェックボックスにチェックを入れて、右上の「Import(インポート)」ボタンをクリックします。 6. Kickboxへリストのインポートが完了すると、リスト名の右側に「START LIST(リストを開始)」ボタンが表示されます。ボタンをクリックし、リスト照合分析をスタートさせます。 7. リスト照合が完了すると、判定結果(ステータス)が右側に表示されます。(リスト照合完了メールが届きます。)リストの出力は、以下のエクスポートまたはダウンロードの2つのオプションからお選び頂けます。 Export(エクスポート)ボタン:照合済のリストをBenchmark Emailアカウントに保存(エクスポート)できます。 Download(ダウンロード)ボタン:照合済のリストをパソコンにダウンロードできます。 8. 必要なフィルタを使って、リストをエクスポート/ダウンロードしてください。初期設定では、Export Deliverable(配信可能なメールアドレスをエクスポート)が選択されており、こちらを強くお勧めしております。 9. 「EXPORT(エクスポート)」ボタンをクリックして完了です。 10. リストは、Benchmark Emailアカウントにリスト名「Kickbox Verified-既存のリスト名-日時」と記載され、新規リストとして自動的に追加されます。 こちらでKickboxによるリスト照合が完了し、チェック済みのリストをBenchmark Emailアカウントへエクスポートすることができました!このリストを使って本配信を行なってください。 なお、Benchmark Emailアカウントにリストをアップロードする前にKickboxのリスト照合を選択した場合は、ダウンロードオプションを選択してください。その後、ダウンロードしたリストを新規リストとしてBenchmark Emailアカウントにアップロードしてください。リストをアップロードする方法については、以下のFAQでご確認ください。 FAQ:顧客リストのファイルをBenchmark Emailへアップロードする方法は? また、Kickboxについての詳細は以下のブログをご覧ください。 関連ブログ記事:Kickboxを使って配信前に使えないアドレスを簡単にチェック 関連ブログ記事:米国Kickbox社が語る(1)メール到達率を守るための基本の仕組みと最新動向 ご不明な点がありましたらこちらよりサポートチームにお気軽にお問い合わせください。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 顧客リスト 3月 19, 2021