サポートページ aero-right

PieSyncを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは?

PieSyncはアプリケーション間の双方向同期を提供し、入力情報を即座に他のサービスに反映させることができるソフトウェアです。 Benchmark EmailとCRMを簡単な手順で接続することができ、連絡先をすべて一つの場所にまとめておくことが可能です。 Benchmark Emailアカウントで必要な情報 Benchmark Emailアカウントから必要なものはAPIキーのみです。取得方法は以下の通りです。 1. ダッシュボード右上の「アカウント名」をクリックの上、「連携」を選択します。 2. 「APIキー」をクリックし、表示されたAPIキーをコピーして使用してください。こちらからもAPIキーの取得が可能です。   ここでは、PieSyncを使ってGoogle ContactsとBenchmark Emailを連携させる方法をご紹介します。他のアプリとBenchmark Emailも簡単に連携させることができます。 第1ステップ 接続を作成する 1. PieSyncアカウントにログインします。お持ちでない方は右下の「Sign up for a 14-day free trial」(14日間の無料トライアルに登録)をクリックし、アカウントを作成してください。 2. 新規の接続を作成します。 「+ New Connection(新規接続)」をクリックします。 3. 双方向に同期化したいアプリを検索します。右の検索ボックスに「Google Contacts」を入力し、表示されたアイコンをクリックします。 4. 次に「Benchmark」と入力し、アイコンが表示されますのでクリックします。   第2ステップ 認証 双方のアカウントを認証することです。この手順は、PieSyncに同期の権限を与えていることを確認するためのものです。 1. Google Contactsの「Authorize(権限を付与する)」をクリックします。 2. Googleアカウントを選択し、「許可」ボタンをクリックして認証完了です。 3. Benchmark Emailの「Authorize(権限を付与する)」をクリックすると、以下の画面が表示されます。コピーしたBenchmark EmailのAPIキーを貼り付けて「Next」をクリックします。 4. ドロップダウンメニューから同期するリストを選択し、「Next」をクリックします。(作成したばかりのリストが選択肢にない場合は更新アイコンをクリックし、少しお待ち頂くと表示されます。) 5. 双方にチェックが表示され、認証完了です。次に「Configure the sync between Google Contacts and Benchmark(GoogleコンタクトとBenchmark Emailの同期化を設定する)」をクリックします。   第3ステップ 設定 1. Connection Rules(接続ルール=同期化のルール)を設定します。初期設定では「双方に連絡先が追加されたら、双方向に同期化される」となっています。(一方向のみ同期化したい場合は、右のいずれかのスライドボタンをOFFにしてください。) 2. 連絡先リストのフィールドマッピング(項目の統一)ルールを設定します。Default field mappings(初期設定されたフィールドマッピング)では、同期化するアプリによって異なりますが、Benchmark Email定番のフィールド項目(名前やメールアドレスなど)が表示されます。 またフィールドマッピングのカスタマイズも可能ですが、フィールドタイプに互換性がなければなりません。詳しくはこちら(英語表記)   3. 設定が完了しましたら、「Start Syncing Now!」をクリックして連携完了です。 設定した連携を確認するには、画面左上のpiesyncアイコンをクリックしてダッシュボードメニューを開きます。 左下にActive(有効)の同期化されたアプリが表示されます。緑のボタンでRunning(稼働中)と表示されていれば問題なく同期化されています。 ご注意: すでに別の連携がある場合は、重複を作成しない為にその連携を無効にする必要があります。重複を削除するオプションを選択することも重要です。これにより重複が追加されなくなります。 最初の同期には、リストのサイズに応じて10〜30分、またはそれ以上かかります。これは初期の同期では正常ですが、いずれかのリストの更新は3-5分後に表示されます。 何か問題があれば接続を確認し、必要に応じて再接続してください。それでも解決しない場合は、Benchmark Emailサポートチームにお問い合わせください。 PieSyncの使い方の詳細については、以下のPieSyncウェブサイトをご参照ください。 英語表記:PieSyncにBenchmark Emailを連携する方法   ご不明な点がございましたら、サポートチームまでお問い合わせください。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 10月 8, 2020

Zapierを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは?

Zapierはワークフローを自動化させる為のツールです。ご利用のCRMにBenchmark Emailの連携がない場合は、Zapierを使用して接続が可能です。 ここでは例として、Zapierを利用してGoogle ContactsとBenchmark Emailを連携させる方法をご紹介します。 用意するもの: Benchmark EmailのAPIキー(こちらから取得可能) Zapierアカウント(無料で作成可能) Benchmark Emailアカウント Googleアカウント   まず、Zapierアカウントにログインします。 アカウントをお持ちでない方はこちらから無料で作成可能です。Zapierでは、連携のことを"Zap"と呼びます。 1. ダッシュボード画面が表示されますので、中央の検索ボックス①「Connect this app...」と「with this one!」にそれぞれ連携したいアプリ名を入力します。 2. ②「When this happens...」で、トリガーの「New or Updated Contact 」を選択し、「then do this!」でCreate Contact を選択し、③「Use Zap」をクリックします。 3. Googleアカウントを選択します。 4. 選択したGoogleアカウントへZapierがアクセスできるように「許可」をクリックします。   5. アカウントが接続されたらZapierアカウントに戻りますので、「CONTINUE(続ける)」をクリックします。 6. 「Test trigger(トリガーをテストする)」を選択すると、連絡先が正しく取得されたことを確認するための簡単なテストが実行されます。 連絡先の取得に成功した場合は、以下のようなメッセージが表示されます。「CONTINUE(続ける)」をクリックします。   次にBenchmark Emailへ接続します。   1. Benchmark Emailで何をするか(Choose Action Event)を設定します。Benchmark Emailの場合、選択肢は「Create Contact(コンタクトの作成)」のみとなります。 2. 設定完了しましたら、「CONTINUE(続ける)」をクリックします。 3. Benchmark Emailへのログイン(連携)を要求されるため、「Sign in to Benchmark Email」をクリックします。 4. Benchmark Emailとの連携には、ログインではなくAPIを使用します。そのためAPIキーの入力画面が表示されますので、Benchmark EmailのAPIキーを追加し、Yes, Continue(はい、続けます)をクリックします。 ※Benchmark EmailのAPIキーは、こちらから取得できます。 5. 元の画面に戻りますので、「CONTINUE(続ける)」をクリックします。 6. Benchmark Email コンタクトリストを設定します。こちらで、どのリストに情報を追加するのかなどを設定します。コンタクトリスト、メールアドレスおよびオプトインの設定は必須項目です。 7. 設定が完了しましたら(必要な項目だけでもOK)、「CONTINUE(続ける)」をクリックします。 8. 設定が正しく作動しているか確認するため、「TEST & CONTINUE(テスト&続行)」をクリックします。 9. テストが成功すると以下の画面が表示されますので、「TURN ON ZAP」をクリックして連携を起動させます。こちらで完了です! テストが失敗した場合は、項目などご確認いただき「 TEST & REVIEW(テスト&確認)」で試してみてください。 また、テスト完了に時間を要している場合は、ページの再読み込みを行なってみてください。 詳しいZapierのアカウント作成方法やGoogleフォームとの連携方法については以下のブログ記事をご参照ください。 関連ブログ記事:Zapierを使ってGoogleフォームとBenchmark Emailのリストを連携させる方法 ご不明な点がございましたらこちらからサポートチームにお問い合わせください。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 顧客リスト 10月 8, 2020

KickBoxとBenchmarkを連携する方法は

KickboxはSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)を使用してメールアドレスを確認します。これはBenchmarkメールを配信する際に使用されるプロトコルでもあります。 Benchmark アカウントとKickBoxを連携するには、以下の手順に従ってください。 1.    Kickboxアカウントを確認してください。アカウントをお持ちでない場合は、こちらをクリックしてKickboxに登録してください。 2.    登録手続きが完了したら、登録したメールアドレスにて受け取ったリンクをクリックし、アカウントを有効にします。 3.    確認ページへ進みます。   4.    右上隅の緑色のAdd Listボタンをクリックします。 5.    Connect to ESP (ESPに接続)をクリックし、Benchmarkを選択します。 6.    BenchmarkアカウントのAPIキーをコピーします。このAPIキーは、Benchmarkアカウントのアカウント設定ページで確認できます。   7.    KickBox連携モジュールにAPIキーを貼り付け、Add Integration(統合の追加)をクリックします。 8.    これにより、KickBoxで認証用のリストをインポートし、認証済みリストをBenchmarkにエクスポートできる双方向連携が作成されます。 9.    APIキーを使用してBenchmarkアカウントを承認したら、認証する既存のリストをインポートできます。 10.  連絡先がインポートされ、認証にかけられます。 11.  Start(開始)をクリックしてリストを確認します。 12.  リストが確認されたら、右側のパネルにレポートの下に2つのオプションが表示されます。 Export(エクスポート)ボタンを使用すると、認証済みリストをBenchmarkアカウントにエクスポートできます。 Download(ダウンロード)ボタンをクリックすると、確認済みのリストをコンピュータにダウンロードできます。     13.  必要なフィルタを使用してリストをエクスポート/ダウンロードします。基本設定では、配信可能として選択されています。(推奨)   注:BenchmarkはKickBoxとアカウントの認証情報を共有しておりません。 ご不明な点がありましたらこちらよりサポートチームにお気軽にお問い合わせください。  

連携機能 顧客リスト 8月 7, 2019