サポートページ aero-right

効果的な件名を作成するヒントとは?

メールマーケティングにおいて件名はメールが開封されるかどうかに大きな影響を与えるとても重要な要素です。下記のルールに従い開封率の向上を目指しましょう。 簡潔に:件名は55字以内に収めます。Yahooなど大抵のメールクライアントでは55字を超える件名は表示しきれず途中で切れてしまいます。伝えたいことを購読者にすべて伝えるためにも、件名は簡潔にまとめることを心がけましょう。 スパム用語を避ける:ISPメールフィルターは数種の言葉やフレーズをスパム用語として認識し、該当するキーワードが件名に1つでも含まれていれとメールをブロックするようになっています。「¥¥¥」、現金報酬、稼ぐ、バイアグラ、などが挙げられます。しかし、フィルターには引っかからないもののキャンペーンの効果に悪影響を及ぼすものもあります。自分がメールを開封したくなるような件名、大げさでなく購読者の興味を引く内容を作成するようにしてください。 質問を投げかける:質問を投げかけることで興味を引き、メールを開封してもらうことができます。質問の内容も季節やターゲット層に合ったもの、配信コンテンツに関連するもので作成しましょう。例:「あなたの体調管理は?冬の風邪予防にはこれが効果的!」等。エンゲージメントを高めメールの開封率が上がるだけでなく、購入へと繋がる可能性が高まります。 ランキング形式の活用:一般に人々はランキングに惹かれやすく、件名に取り入れることで購読者の注意を引くことが出来ます。アイスクリームショップなら「今年流行りのフレーバートップ5」、また「3つの人気冬コート」などがその例です。 A/Bテスト・効果比較:効果的な件名が何かを決定するには試行錯誤と調査が必要です。A/Bテストで異なる件名を試し、レポートを比べ最も効果があるものを見つけます。試行錯誤することによって購読者へのアプローチ方法を絞ることができ、開封率の増加が期待できます。A/Bテスト機能の詳細は以下をご覧ください。 FAQ:「A/Bテスト」のまとめページ また効果的な件名の作成について以下のブログ記事もご参照ください。 ・開封率が上がる件名とは?『ザ・コピーライティング』から学ぶ見出し作成ルール ・【事例4選】メルマガ開封率upに効く!読まれるタイトル施策まとめ   絵文字の利用 いまや絵文字はメッセージ送受信においてスタンダードになっています。すべての件名に絵文字を利用することが適しているとは限りませんが、メッセージに絵文字を結びつけることで、購読者がメールにより親近感を抱き、その結果開封率の向上につながる場合があります。 文字を絵文字で置き換えることは避けましょう。選択した絵文字が購読者の受信環境でうまく表示されない場合がありますので、絵文字を使用する際はテキストの補足的要素として使用することをお勧めします。   メール到達を確実なものに近づけるため、送信前に必ずスパムチェックを行うことをお勧めします。 他にご不明な点がございましたら、お気軽にこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

メール配信 初めての方はこちら 10月 12, 2020

メールを開封した顧客をリストとして抽出することはできますか?

・メールを開封した顧客のメールアドレスを表示する方法 ・開封した顧客をリスト化する方法 ・開封していない顧客をリスト化する方法   メールを開封した顧客のメールアドレスを表示する方法 メールを開封した顧客のメールアドレスはレポートにて確認可能です。以下の情報と共に表示されます。 ・コンタクトリストに登録されている姓名 ・開封デバイス ・開封日時(複数回開封している場合は、最新の時間が表示されます) メールを開封した顧客のメールアドレスの表示方法: 「メールレポート」ページへ移動します。 確認したい配信メール名をクリックします。 「開封数」をクリックします。 レポート結果が表示されます。メールアドレス一覧を出力するには「・・・」ボタンをクリックし「ダウンロード」を選択してください。 *リストに保存をクリックすると、表示されているアドレスでリストを作成できます。 *「開封数」の部分を変更することで「クリック」「未開封」「エラー」「転送」などに該当するアドレスも確認できます。同様に一覧ダウンロードが可能です。   そのほかのレポート機能については、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:レポート機能とは何ですか?   開封した顧客をリスト化する方法 1. 前回のメールのレポートを開き、開封数の数字をクリックします。 2. メールを開封したコンタクト詳細情報が表示されます。 ページ右側の「・・・」をクリックし、「リストに保存」を選択します。 3. リストとして保存されます。リスト名は「Open Report: ~(前回のメール名)」と表記されます。 このリストに対しメール配信を行ってください。 また、複数のメールの開封、クリックなどを基にリストを作成できるエンゲージメント機能も御座います。 詳細は以下をご参照ください。 FAQ::エンゲージメント機能の開封・クリックリストとはなんですか FAQ: リンク別クリックとはなんですか?   開封していない顧客をリスト化する方法 メールの再配信を検討している場合は、迷惑メールと認識されてしまう可能性が高いので推奨致しかねます。 「レポート」タブをクリックし、該当のメールを選択します。 レポートページ下段の「未開封」のボタンをクリックします。 「リストに保存」ボタンをクリックします。 リスト数が多い場合、未開封リストの作成には多少お時間を要する場合がございますのでご了承ください。     >>「レポート」のまとめページに戻る

効果測定レポート&到達率 顧客リスト 10月 12, 2020

購読者別の過去3ヶ月におけるメール開封とクリック履歴を確認する方法は?

  メール開封とクリック履歴は顧客リストのセクションで表示することができます。 アカウントページ左上の「コンタクトリスト」をクリックして、表示されるタブから「コンタクトリスト」を選択します。 対象の顧客が属する「コンタクトリスト名」をクリックします。 履歴を確認したい「メールアドレス」をクリックします。 メール開封とクリック履歴はページ下部に以下のように表示されます。   注意)受信者がメールを開封していないにも関わらず「開封」とカウントされる場合があります。 ・受信サーバーでスパムフィルタを使用している場合 スパムフィルタによりメールがスキャンされることで、開封とカウントされます。 ・受信デバイスでアンチウイルスソフト、あるいはファイアウォールを使用している場合 上記と同様、アンチウイルスソフト及びファイアウォールによってメールがスキャンされ、開封とカウントされます。 ・プロキシサーバの利用 GmailやYahoo!などのISPではプロキシサーバからメール内の画像情報を呼び出して表示しています。これにより複数のメールアドレスで同時に開封とカウントされることがあります。 >>「レポート」のまとめページに戻る

効果測定レポート&到達率 9月 28, 2020

未開封のアドレス宛にメールを再送信するには?

必要のないメールを再度送信することは、購読者の負担となります。 そのため、未開封のリストへの再送は迷惑メール報告を受けてしまう可能性があることを忘れないでください。しかしながら、たまたまメールを見落としていたという方、もしくは受信していなかったという方に対しては再度メールを配信する価値はあります。 使用条件 1度使用するとこのオプションは使用できなくなります。(1つのメールにつき、1回だけ未開封のコンタクトへ再送が行えます) オリジナルのメールが配信されて48時間後に再送がご利用可能となります。 再配信の設定をされますとキャンセルや変更ができなくなります。 手順 アカウントにログインします。 ダッシュボードよりメールをクリックします。 該当のメールをクリックします。 右上の「・・・」ボタンをクリックし、「メール再送信」を選択します。 「未開封のコンタクトに再送する」を選び、次へをクリックします。※使用条件を満たしていない場合は、画面から選択肢が消えます。 スケジュール詳細欄にて、送信オプションを選びます。   >>「レポート」のまとめページに戻る

メール配信 10月 30, 2019

メール配信後の結果をGoogle Analyticsを使って分析できますか?

はい、分析できます。貴サイトでGoogle Analyticsを利用している場合、Benchmark Emailで作成し配信したメールがクリックされてから貴サイト上での購入までのプロセスをトラッキングする事が可能です。 まずはじめに、Google Analyticsアカウントをお持ちでない方は作成から行います。作成済みの方は、Google AnalyticsのトラッキングID(例:UA-000000-01)を取得し、そのコードが貴サイトに設定されているかを確認します。 次に、コンバージョントラッキングが設定されているかをご確認ください。設定については、以下のブログをご覧ください。 ブログ:Googleアナリティクスを使ってメールマガジンの1歩踏み込んだ効果分析しよう! Google Analyticsでコンバージョントラッキングの設定が完了しましたら、下記のステップに沿って設定を行います。 Benchmark Email  Benchmark Emailのアカウントにログインします。  メールの新規作成または未送信のメールを選択します。  メール作成時の「チェックリスト」画面にて「Google Analytics™ 連携」のラジオボタンを有効にします。  Google Analytics 用タイトルを編集もしくはデフォルトの「メール名」を利用します。(こちら忘れずに!) 記入した文言が「キャンペーン名」として設定されます。参照元(BenchmarkEmail)とメディア(email)は自動で追加されます。 こちらの設定でGoogle Analytics上でメールからの動向が確認できます。Benchmark Emailでは自動的に全てのURLにコードが追加されます。   Google Analyticsで分析結果を確認するには、下記のステップに従ってください。 Google Analytics  Google Analyticsにログインします。  対象のホームページを選択します。   左側ナビゲーションコラムの「集客」カテゴリーより「キャンペーン」をクリックし「すべてのキャンペーン」を選択します。  メール作成時にBenchmark Email側で設定したGoogle Analytics 用タイトルを確認します。 Google Analyticsと連携する事でBenchmark Email側で確認できない貴サイト上での動向やコンバージョンを確認する事ができます。 重要:キャンペーンが表示されない場合は、キャンペーンの検索をすることも可能です。その際は日付の範囲にご注意ください。Google Analyticsはデータが処理されるまでに24~48時間かかります。 実際にGoogle Analytics連携を使われてた事例を紹介している弊社のブログもご参照下さい。 ブログ:メルマガの先にあるゴールを意識する!活用支援事例:シアタープロダクツ様(第2回)   Google Analytics用のキャンペーン名確認方法 レポートからメールプレビュー画面を開きます。 設定リンクをクリックします。 遷移先のwebサイトURLの「utm_campaign=」と「utm_medium=」の間がキャンペーン名となります。   ご不明な点がございましたら、お気軽にサポートチームまでお問い合わせください。     >>「レポート」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ メール配信 1月 7, 2021

稼働中のEMAのメールを更新または変更することはできますか?

目次 稼働状態のままメールを編集する方法 新規メールを作成し、差し替えをする方法 メールレポートについて 稼働中のEMAのメール内容(リンクの更新や画像の変更など)を更新または変更することができます。また、新規のメールを作成して、稼働中のメールを新規メールに差し替えることも可能です。   稼働状態のままメールを編集する方法 稼働中のメールを更新または変更するには、以下のステップに従ってください。 1. Benchmark Emailアカウントにログインし、メールが保存されているEMAにアクセスします。 2. 編集したい「メール送信ノード」を選択します。 3. 編集オプションを選択します。 a. 詳細:メール詳細の変更や更新が可能です。修正後「保存」ボタンをクリックします。 b. エディター:メールの編集画面に移動します。編集後、画面右下の「保存&次へ」ボタンをクリックします。変更内容は更新され、EMAキャンバスに戻り編集完了です。 新規メールを作成し、差し替えをする方法 メールの新規作成または以前のメールの再利用(コピーして編集オプション)を選択して、新しいバージョンを作成することができます。 1. 編集したい「メール送信ノード」を選択します。 2. 「メール作成」をクリックします。 3. 「コピーして編集」または「新規作成」を選択します。 コピーして編集: 既存のメールから詳細やコンテンツ全てがコピーされます。ポップアップ画面が表示されますので「保存」をクリックします。 メール送信ノードに戻りますので、編集オプション(詳細またはエディター)を選択して変更など行なってください。編集が終わるまでは「このシナリオを稼働する」はクリックしないでください。 新規作成: 一からメールの詳細や新規コンテンツ(デザインを含めテキスト、画像やリンクなど)を追加してメールを作成します。 4. 新規メールの作成が完了しましたら、メール編集画面右下の「保存&次へ」ボタンをクリックします。 5. キャンバスのページに遷移しますので、作成した新規メールに差し替えたい場合は「このシナリオを稼働する」ボタンをクリックします。 6. ポップアップ画面が表示されますので、メールを稼働するには、「はい、稼働します。」をクリックします。   レポートについて メールレポートはメール送信ノードを使用して稼働されたすべてのメールに反映されます。レポートは各メールごとに別々に保存されます。レポートを閲覧する方法は以下の通りです。 1. メール送信ノードの右上のアイコンをクリックします。 2. 右上の「メール選択」ドロップダウンメニューより以前のメールを閲覧することができます。 注意点: シナリオ内においてノードの追加や変更を行った際には、必ず「保存」をクリックしてください。 下書きを稼働すると現在稼働中のメールへは戻すことができません。前回のメールはメールレポートにアーカイブされます。 ワークフローに特定のメールを開封済みまたは未開封のコンタクトをターゲットとした条件が含まれる場合、その条件は自動的に最新の稼働中のメールに更新されます。 メールの特定のリンクをターゲットとした条件が含まれるワークフローで、メールを新規作成する場合、EMAワークフローはそのまま稼働し続けます。新規作成するメールには同じメールリンクを使用する必要があります。 Jump Toノードを用いて購読者にメールを送信するアクションへと導く際には、1日に送れるメール数は最大3通であること、また1度稼働させたシナリオにおいては最大9回まで繰り返す事が可能です。 EMA内で作成したメールのみがメールセクションに表示されます。EMAではなく通常配信したメールを使用したい場合は、過去のメールを再利用することが可能です。詳しくは以下のFAQでご確認ください。 FAQ:EMAにおいて通常配信で使用した過去のメールを再利用できますか?   他にご不明な点がございましたら、お気軽にメールにてサポートチームまでお問い合わせください。     >>「EMA」のまとめページに戻る

EMA 10月 16, 2020

Download Email Reports

Measure how effective your email was and prepare how to improve for future emails by downloading your email reports. Once you have sent your email campaign, you can download a detailed report from within the Reports section in your account. Reports Available Opens Clicks Forwards Complaints Bounces Unsubscribes Unopens To learn how to see your email reports, please follow the steps below. From the left menu, click on Reports. Select Email Reports. Select the email campaign for which you want to download the reports. You can download an Overview of the report by clicking on the More options menu  on the right top corner and select Download Excel or PDF file. For the Detailed Reports such as Opens or Clicks, select Activity Details from the left menu. Click on the dropdown menu to select the details you want to download and then click on the 3 dots on the right corner to save. You can save the reports as a New List or Export it as a File. Once selected, you will get an option to select the field types to be included in the export file. Select the details you want to be included and select the file format. Benchmark Provides an option to download CSV and Excel file format.   You can also access email reports from the email dashboard. Please follow the steps below to learn how: From the left menu, click on Emails. Then select Emails, you will get a list of emails in your account. Locate the already sent campaign to access the email report. Click on the name of the sent campaign. The email reports page will now appear, please follow the above steps to download your reports. If you have any questions regarding your Email Reports, please feel free to contact our Support Team via Email, LiveChat or by phone.

効果測定レポート&到達率 6月 2, 2019

エラー率が高くなってしまう原因は何ですか?

エラーを起こす確率に大きく影響する要因がいくつか挙げられます。高いエラー率の原因を解明するのに役立つ注意したい項目をご紹介します。 リストは正しいフォーマットでアップロードされていますか? Benchmark Emailへのアップロード時にリスト形式がExcel形式または.txtファイルでない場合、ほとんど全てのコンタクトは「エラー」となってしまいます。ドメイン名が正しく表示されているか、またそれぞれのコンタクトのメールアドレスがきちんと分かれているかを確認しましょう。メールアドレスの初めだけに引用符がついている(例:”email@benchmarkemail.com)、ファイルが1つのコラムにすべてを詰め込むよう変更してしまうケースがよくあります。これが原因であれば簡単なオンライン検索でファイルを正常化するヒントを見つけることができます。 注意:.txtファイルは文字化けの可能性がある為、Excelファイルを推奨しています。 同意を得たリストですか? そのリストは以前にも使用したことがありますか?それとも初めてですか?もし初回送信で複数のメールアドレスが「エラー」として表示されるのであれば、メールアドレスの取得方法の問題を疑いましょう。メールアドレスが有効であるかの確認無しに複数の異なる場所から得られたリストである場合、多数のコンタクト情報が偽造であり、売買、貸し出し、また回収されるリストのみに記載されている可能性があります。高いエラー率を防止し、Benchmark Emailのコンタクトリストに関する制限を超えないためにも、同意を得たリストの重要性を今一度ご確認下さい。 いつ獲得したリストですか? エラーが起こる原因の1つとして、メールアドレスがすでに有効でなくなっていることが挙げられます。リスト内のコンタクトが登録したメールアドレスの使用を止め、新たなメールアドレスを作成しているのはよくあることです。この場合、出来ることはそうありません。これらのコンタクトはすでに有効でなく、連絡を取るのは不可能です。これは日頃から購読者とやり取りをすることで防ぐことができます。多量のメールを送信したり関連性の無いコンテンツで不快にさせることなく良い関係を築くことができたならば、購読者はメールアドレスの変更をきちんと知らせてくれるでしょう。 Benchmark Emailにはリストクリーニング機能があり、過去5〜30回のキャンペーンでメールを開かなかった人、ソフト/ハードエラー、エラー確認済みのコンタクトを削除できます。 エンゲージメントの低い購読者を排除することで、エラー率の改善も見られます。 それに加えて、Benchmarkアカウントにリストをアップロードする前に、リスト照会のご利用を強くお勧めします。 無効なメールアドレスがリストから削除されるため、これは高いエラー率の防止に役立ちます。 リストの検証により、正規の電子メールアドレスにキャンペーンが送信される際の開封率とクリック率が向上します。 また、無効メールアドレスを削除することで適切なプランが明確になり、コストを削減するのに役立ちます。 無料ドメインのアドレスを使用していますか? YahooやAOLなどのサービスは、無料ドメインを使用している大量配信メールを受け入れないようにDMARCポリシーを変更しています。 したがって、Benchmark Emailなどの配信サービスを使用していて、@ gmail、@ yahoo、@ hotmail.comなどの電子メールアドレスを使用している場合、電子メールは一部のサービスに到達しません。 残念ながら、これは配信サービス側の努力では回避することができません。 メール配信にはオリジナルドメインを使用し、SPFレコードとDKIM情報を設定することをお勧めします。 Benchmark Emailではメールを正常に届けるため、無料ドメインをオリジナルドメインに変換して送信しています。 この場合、Benchmark Emailのオリジナルドメインを使用しています。   その他ご質問がございましたら、お気軽にサポートチームへご連絡ください。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

到達率 顧客リスト 9月 8, 2020

ホットリード

ホットリード機能は、購読者のエンゲージメントレベルに合わせてメール配信を行うために役立つ便利なツールです。 このツールは選択したメールマガジンを分析し、開封やクリックなどの特定条件を元に該当するコンタクトのリストを作成します。分析は開封、クリック、又は特定のURLのクリックを基準に行います。 ホットリードリストを選択すると、2種類のオプションが表示されます。計測する項目を決定後、分析したいメールマガジンを選択します。選択したら抽出条件に沿った顧客リストを作成頂けます。 エンゲージメントレベルが高い購読者様にメール配信する事は、メールマーケティングの有効性を高める(向上)ことになります。 ホットリード機能の使用方法: Benchmarkアカウントへログイン ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」をクリック 「新規リストの作成」ボタンをクリック ホットリード機能を選択し「次へ」をクリック 開封・未開封、あるいは特定のURLクリックをもとにリストを抽出するかを選択   開封及びクリックで抽出: 「次へ」をクリック 抽出元となるメール名を選択し「次へ」をクリック エンゲージメント、メールの条件とエンゲージメント種類を選択 抽出コンタクトの保存先リストを作成し「保存」をクリック 特定URLクリックで抽出: 「次へ」をクリック リスト抽出の基準となるURLを選択し、「次へ」をクリック エンゲージメント条件を選択 抽出コンタクトの保存先リストを作成し「保存」をクリック   注: ホットリードメールは有料機能となっておりますので、機能を活用したい場合はこちらをクリックしてアカウントをアップグレードしてください。 リストサイズによって抽出完了までにかかる時間が異なります。 RSS配信、ステップメール、EMAで配信したメールはホットリード機能では選択不可となります。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。

顧客リスト 8月 27, 2020

1 2