サポートページ aero-right berichte

リンクのトラッキング機能とは何ですか?

メールに追加したハイパーリンク/URLには、デフォルトでリンクのトラッキングが設定されています。これにより、購読者の反応(リンクのクリック)を確認することができます。 目次: リンクのトラッキング機能とは? 会社のドメインを追加する方法 注意事項   リンクのトラッキング機能とは? リンクのトラッキング機能とは、購読者がいつ、何回メール内のリンクをクリックしたかを確認することができる機能です。この機能はドラッグ&ドロップエディタおよびHTMLコードでご利用可能です。しかし、テキスト版では画像や特別なフォントまたはハイパーリンクがサポートされないため、ご利用になれません。 メール内のリンクをクリックすると、Benchmark Emailのサーバーを通してリダイレクトされ、メールのユニーククリック数と全体のクリック数を報告することができます。   トップに戻る   会社のドメインを追加する方法 Benchmark Emailのアカウントを初めて作成する際に、会社のドメイン名を追加する箇所がございます。このドメイン名はサブドメインとして、配信メールの全てのリンクをトラッキングするのに使用されます。 会社のドメイン名(ウェブサイトのURL)を追加できる箇所は2つあります。 <ログイン後に表示されるポップアップ画面から追加する方法> Benchmark Emailに初めてログインすると、ポップアップ画面が表示されます。そこでウェブサイトのURLを入力することができます。完了しましたら、「保存」ボタンをクリックします。   <アカウント設定画面から追加する方法> 会社情報を入力する画面でドメイン名を追加することができます。以下の手順に従ってください。 1. Benchmark Emailアカウントにログインします。 2. 右上のアカウント名をクリックし、アカウント設定を選択します。 3. 会社情報で、ウェブサイトのURLのボックス内にドメイン名を入力します。 4. 右上の「保存」ボタンをクリックして設定完了です。   例:会社のドメイン名に yourdomain.com を入力した場合は、トラッキングリンクのサブドメインは  yourdomain.com となります。   ドメイン名が入力されていない場合は、初期設定のドメインがメールのリンクトラッキングに使用されます。     ドメイン名を追加することで送信元の評価を高め、購読者やメールサービスプロバイダーとの信頼関係を構築することができます。   トップに戻る   注意事項 SPFまたはDKIMレコードのようなメール認証を追加しても、自動で会社のドメイン名がリンクのトラッキング機能に追加されることはありません。新しいレコード設定により、ドメインを変更したい場合は、リンクのトラッキング目的として使用するドメイン名を明記の上、サポートチームにご連絡ください。 SPFまたはDKIMレコードと同じドメイン名を必ず使用する必要はございませんが、全てのメールのリンクのトラッキング機能には同じドメインをお使いになることを推奨しております。 SPFやDKIMに関する詳細は以下のFAQでご確認ください。 SPFレコードについての詳しい解説 DKIM(CNAME / ドメインキー認証)についての詳しい解説 SPF設定の他、ドメイン認証についてはこちらの動画でも詳しく説明しておりますのでご参照ください。 Youtube動画:メール配信前の送信ドメイン認証が重要!SPF・DKIM・DMARCって何? ご不明な点がございましたら、こちらまでご連絡ください。     >>「到達率」のまとめページに戻る

到達率 7月 30, 2021

購読者別の過去3ヶ月におけるメール開封とクリック履歴を確認する方法は?

  メール開封とクリック履歴は顧客リストのセクションで表示することができます。 アカウントページ左上の「コンタクトリスト」をクリックして、表示されるタブから「コンタクトリスト」を選択します。 対象の顧客が属する「コンタクトリスト名」をクリックします。 履歴を確認したい「メールアドレス」をクリックします。 メール開封とクリック履歴はページ下部に以下のように表示されます。   注意)受信者がメールを開封していないにも関わらず「開封」とカウントされる場合があります。 ・受信サーバーでスパムフィルタを使用している場合 スパムフィルタによりメールがスキャンされることで、開封とカウントされます。 ・受信デバイスでアンチウイルスソフト、あるいはファイアウォールを使用している場合 上記と同様、アンチウイルスソフト及びファイアウォールによってメールがスキャンされ、開封とカウントされます。 ・プロキシサーバの利用 GmailやYahoo!などのISPではプロキシサーバからメール内の画像情報を呼び出して表示しています。これにより複数のメールアドレスで同時に開封とカウントされることがあります。 >>「レポート」のまとめページに戻る

効果測定レポート&到達率 9月 28, 2020

エラーアドレスとは何ですか?

  せっかくメールを送ったのにエラーで届いていない、というケースがあります。そのようなメールアドレスは、「エラーアドレス」となり、コンタクトリスト内の「無効アドレスリスト」に登録されます。各リスト内で「エラー確定済み」となったアドレスは無効アドレスリスト内の「エラー確定」タブに表示されます。「無効アドレスリスト」に含まれるアドレスは、今後の配信では自動的に配信対象外となります。Benchmark Emailではこのようにして、エラーアドレスを取り除く対策を行なっております。 エラーアドレスとなる原因は様々で、受信サーバーの一時的な障害、コンテンツブロック、受信箱の容量制限超え、存在しないメールアドレスなどが挙げられます。エラーとなる要因によって「ハードエラー」「ソフトエラー」「エラー確定済み」の3つに分類されます。それぞれ対応方法が異なりますので、以下の目次に従って、詳細をご確認ください。   目次: ハードエラー ソフトエラー エラー確定済み 無効アドレス   ハードエラー 永続的な原因でメール受信ができない場合に生じるのがハードエラーです。今後配信を継続しても受信可能になる確率は極めて低いアドレスになります。原因の1つとして、「受信者のメールアドレスが無効である」ことが挙げられます。また、稀に送信ドメインの評価が低い、DKIM設定が正しく行われていないため送信者不明と判断され受信サーバーで弾かれた場合、ハードエラーと表示されることもあります。 ハードエラーとなる理由: 受信箱が存在しない 受信箱が非アクティブである ユーザー不明 ドメインが存在しない 迷惑メールフィルターにより、メールがハードエラー扱いになる場合がある 有効なはずのメールアドレスがハードエラーと表示された場合の原因については、以下のFAQでご確認ください。 関連FAQ:有効なはずのメールアドレスがハードエラーと表示されます。なぜですか? トップに戻る   ソフトエラー 一時的な原因でメールの受信ができない場合に出るエラーです。このタイプのエラーのアドレスはリストのアクティブコンタクトとして残り、今後も受信できる可能性があります。 ただし、ソフトエラーのアドレスに配信したメールは、一時的な配信遅延、または永続的なエラーになる可能性があります。 高いエラー率が出てしまう場合には、リスト照合を利用してアドレスが有効であるかどうかをご確認頂けます。 ソフトエラーとなる理由: 受信箱の容量がいっぱい セッション回数が多すぎる 受信サーバーの一時的な障害 不在時の自動返答設定 トップに戻る   エラー確定済み Benchmark Emailでは連続でエラー(ハード2回、ソフト3回)となったアドレスは、「エラー確定」となります。このようなアドレスは該当リストで配信対象外となり、アクティブコンタクトには含まれません。ただエラーと判断された過去に配信済みの配信メールで開封があった場合、自動でアクティブコンタクト数にカウントされるようになります。 エラー確定アドレスは、コンタクトリストの「エラー確定済み」項目にてご確認いただけます。 このようにエラーアドレスに対するシステムでの対策がすでに起動しているため、エラーが出たからといってアドレスを削除したり、リストの入れ替えを行わないようにしてください。 「エラー確定」ステータスはリストに紐付く仕様となっているため、エラー確定となったアドレスは他のリストへ登録しないよう注意しましょう。 また、エラー原因が明確で今後も永続的に受信が不可と判断された場合には、1回の配信でも「エラー確定」となります。エラーコードの例として、以下が挙げられます。 550 5.1.1 No such user (xxx@xxxxxxxxxxxx) : ユーザーが存在しません。 550 5.1.1 unknown or illegal alias: xxxx@xxxxx: 不明、あるいは無効なコマンド 550 5.1.1 Recipient address rejected: User unknown: 送信先のメールアドレスが存在しません。 エラーコードについての記事は以下をご覧ください。 関連ブログ記事:メール配信が失敗した時のエラーコード一覧!エラー内容を把握して配信リストの質を高めよう トップに戻る   無効アドレス ISPにより「無効アドレス」であると判断された場合、Benchmark Emailアカウントの「無効アドレスリスト」に追加されます。こちらは「アドレスが存在しない」や「メールを配信しても到達しない」などが含まれます。 「無効アドレスリスト」に登録されたアドレスは、アカウントから配信する全てのメールにおいて配信対象外となります。 システム上からリスト自体を削除することはできません。 リスト内のアドレスは、ご契約プランの基準となるアクティブコンタクト数にカウントされません。 リスト内のアドレスはご自身で削除を行って頂けます。 無効アドレスの詳細については、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:無効アドレスリストとはなんですか? なお、配信前に予め無効アドレスを取り除くにはBenchmark Emailのリスト照合をご利用ください。事前に無効アドレスを検出し排除することで、送信ドメインや送信サーバー評価の向上にとても効果があり、高い到達率を達成します。 そのほかのレポート機能については、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:レポート機能とは何ですか?     >>「レポート」のまとめページに戻る

到達率 顧客リスト 6月 11, 2021

稼働中のEMAのメールを更新または変更することはできますか?

目次 稼働状態のままメールを編集する方法 新規メールを作成し、差し替えをする方法 メールレポートについて 稼働中のEMAのメール内容(リンクの更新や画像の変更など)を更新または変更することができます。また、新規のメールを作成して、稼働中のメールを新規メールに差し替えることも可能です。   稼働状態のままメールを編集する方法 稼働中のメールを更新または変更するには、以下のステップに従ってください。 1. Benchmark Emailアカウントにログインし、メールが保存されているEMAにアクセスします。 2. 編集したい「メール送信ノード」を選択します。 3. 編集オプションを選択します。 a. 詳細:メール詳細の変更や更新が可能です。修正後「保存」ボタンをクリックします。 b. エディター:メールの編集画面に移動します。編集後、画面右下の「保存&次へ」ボタンをクリックします。変更内容は更新され、EMAキャンバスに戻り編集完了です。 新規メールを作成し、差し替えをする方法 メールの新規作成または以前のメールの再利用(コピーして編集オプション)を選択して、新しいバージョンを作成することができます。 1. 編集したい「メール送信ノード」を選択します。 2. 「メール作成」をクリックします。 3. 「コピーして編集」または「新規作成」を選択します。 コピーして編集: 既存のメールから詳細やコンテンツ全てがコピーされます。ポップアップ画面が表示されますので「保存」をクリックします。 メール送信ノードに戻りますので、編集オプション(詳細またはエディター)を選択して変更など行なってください。編集が終わるまでは「このシナリオを稼働する」はクリックしないでください。 新規作成: 一からメールの詳細や新規コンテンツ(デザインを含めテキスト、画像やリンクなど)を追加してメールを作成します。 4. 新規メールの作成が完了しましたら、メール編集画面右下の「保存&次へ」ボタンをクリックします。 5. キャンバスのページに遷移しますので、作成した新規メールに差し替えたい場合は「このシナリオを稼働する」ボタンをクリックします。 6. ポップアップ画面が表示されますので、メールを稼働するには、「はい、稼働します。」をクリックします。   レポートについて メールレポートはメール送信ノードを使用して稼働されたすべてのメールに反映されます。レポートは各メールごとに別々に保存されます。レポートを閲覧する方法は以下の通りです。 1. メール送信ノードの右上のアイコンをクリックします。 2. 右上の「メール選択」ドロップダウンメニューより以前のメールを閲覧することができます。 注意点: シナリオ内においてノードの追加や変更を行った際には、必ず「保存」をクリックしてください。 下書きを稼働すると現在稼働中のメールへは戻すことができません。前回のメールはメールレポートにアーカイブされます。 ワークフローに特定のメールを開封済みまたは未開封のコンタクトをターゲットとした条件が含まれる場合、その条件は自動的に最新の稼働中のメールに更新されます。 メールの特定のリンクをターゲットとした条件が含まれるワークフローで、メールを新規作成する場合、EMAワークフローはそのまま稼働し続けます。新規作成するメールには同じメールリンクを使用する必要があります。 Jump Toノードを用いて購読者にメールを送信するアクションへと導く際には、1日に送れるメール数は最大3通であること、また1度稼働させたシナリオにおいては最大9回まで繰り返す事が可能です。 EMA内で作成したメールのみがメールセクションに表示されます。EMAではなく通常配信したメールを使用したい場合は、過去のメールを再利用することが可能です。詳しくは以下のFAQでご確認ください。 FAQ:EMAにおいて通常配信で使用した過去のメールを再利用できますか?   他にご不明な点がございましたら、お気軽にメールにてサポートチームまでお問い合わせください。     >>「EMA」のまとめページに戻る

EMA 10月 16, 2020

Download Email Reports

Measure how effective your email was and prepare how to improve for future emails by downloading your email reports. Once you have sent your email campaign, you can download a detailed report from within the Reports section in your account. Reports Available Opens Clicks Forwards Complaints Bounces Unsubscribes Unopens To learn how to see your email reports, please follow the steps below. From the left menu, click on Reports. Select Email Reports. Select the email campaign for which you want to download the reports. You can download an Overview of the report by clicking on the More options menu  on the right top corner and select Download Excel or PDF file. For the Detailed Reports such as Opens or Clicks, select Activity Details from the left menu. Click on the dropdown menu to select the details you want to download and then click on the 3 dots on the right corner to save. You can save the reports as a New List or Export it as a File. Once selected, you will get an option to select the field types to be included in the export file. Select the details you want to be included and select the file format. Benchmark Provides an option to download CSV and Excel file format.   You can also access email reports from the email dashboard. Please follow the steps below to learn how: From the left menu, click on Emails. Then select Emails, you will get a list of emails in your account. Locate the already sent campaign to access the email report. Click on the name of the sent campaign. The email reports page will now appear, please follow the above steps to download your reports. If you have any questions regarding your Email Reports, please feel free to contact our Support Team via Email, LiveChat or by phone.

効果測定レポート&到達率 6月 2, 2019

配信から7日以内はリストの削除が不可なのはなぜですか?

メールが配信されると、Benchmark Emailではトラッキングリンクを使ってそのメールの効果測定をしています。このトラッキングはリスト内のコンタクトそれぞれに行われます。リストの削除や統合をすると効果を測定するためのデータが失われ正確なレポートが生成されないため、配信時から7日間はリストの削除・統合が行えません。ステップメール配信に利用しているリストにも同じルールが適用されますので、削除したい場合には7日以内にステップメールが配信されていないかをご確認下さい。なお、コンタクトの移動も7日以内は不可となります。 リスト全体の削除や統合、コンタクトの移動は不可となりますが、一人一人のコンタクトを削除することは可能です。特定のコンタクトを削除したい場合には以下のステップに従って下さい: Benchmark Emailアカウントへログイン メニューから「コンタクトリスト」をクリック 削除したいコンタクトが登録されたリスト名をクリック 削除したいコンタクトを検索し、メールアドレスをクリック 顧客情報の編集ページにて「コンタクトを削除」ボタンをクリック もう1つの削除方法は、以下の手順に従ってください。 メールアドレスの左のボックスにチェックすると、上部にメニューが表示されますので、中央の「削除」をクリック、もしくは右の「•••」をクリックし、ドロップダウンで「削除」を選択 ポップアップ画面で、「現在のリストから削除」または「選択した顧客情報を全ての顧客リストから削除」のいずれかを選択し、「削除」ボタンをクリック     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 9月 24, 2020

苦情(Abuse)とは何ですか?

苦情(Abuse)とは通常「迷惑メール報告」の事を指します。 この報告にはいくつか異なる種類があり、それぞれがメールマーケティング担当としての評判に影響を与えます。 通常、迷惑メール報告はユーザーが受信したメールを迷惑メールとして報告、もしくは迷惑メールボックスに移した際に発生します。 これが起こると弊社にレポートとして記録され、そのユーザーは自動的に配信停止となりこれ以上のメール配信がなされないよう配信停止リスト(Master Unsubscribe List)へ追加されます。 この種類の報告は、メールのフッターに記載される「迷惑メールとして報告」リンクをクリックされたメールにも適用されます。 これらの苦情件数は、送信したメール数に対しての迷惑メール報告件数率を表す「苦情発生率」としてカウントされます。 弊社で許される苦情発生率は0.05、メール2000件につき1つとなっております。 この数値を超えた場合には、リストクリーニングを実行し、迷惑メール報告を減らすために出来る限りのアクションを起こしましょう。 この苦情発生件数があまりにも多い場合、アカウントは一時停止、また程度によっては解約していただくことになります。 ISPの迷惑メール報告は、メールをスパムトラップ(SPAM trap)のアドレスへと送信してしまうと発生します。 このスパムトラップ(SPAM trap)はオプトインでないコンタクトへのメールを感知する仕組みとなっています。 これにかかるとブラックリストへの登録など、非常に最悪な結果を招きます。 弊社の規定ではすべてのコンタクトはオプトインしてあることが前提であり、スパムトラップにかかることはアカウントの一時停止、解約へつながる可能性があります。 オプトイン登録フォームの活用やレポート結果に基づくリストクリーニングを行う限り、このスパムトラップには簡単に回避することができます。

効果測定レポート&到達率 9月 15, 2020

1 2