サポートページ aero-right

ポップアップフォームの編集方法は?

目次 サイト訪問者に一度だけ表示する方法 CSSを使って編集する方法 表示時間を変更する方法 幅を変更する方法   ■サイト訪問者に一度だけ表示する方法 以下の手順で、ページ訪問者に対し初回のみポップアップを表示することが可能です。 *表示はブラウザのクッキー情報をもとに行います。そのため同じユーザーでもクッキー情報を削除した場合や、閲覧履歴が残らないシークレットモードや別のブラウザを利用した場合は、再度表示されます。  ポップアップフォームを作成 ステップ2デザインで、画面左上の「標準設定」をクリック  「表示」>「ページ訪問者に対し初回のみポップアップを表示する」を選択   HTMLコードを編集する場合:  ポップアップフォームのRawHTMLをコピー&ペースト  出力されるHTMLコードから次のコードを検索し、コードの追加行を赤でマークします。削除または変更はせず、コードの追加のみを行ってください。 A、B、C、Dのコードを適用すると、ユーザーがフォームに登録または閉じた場合フォームが再表示されることはなくなります。ユーザーが登録するまでフォームが表示される様に設定する場合は、コードAとDのみを利用してください。 A) document.getElementById('formbox_screen_subscribe').style.display = 'none'; verticalCenter(successScreen); localStorage.setItem("bmePopupFormViewed", "true"); B) signupFormVeil.addEventListener("click", function() { signupFormContainer.style.display = 'none'; localStorage.setItem("bmePopupFormViewed", "true"); }); C) signupFormCloseButton.addEventListener("click", function() { signupFormContainer.style.display = 'none'; localStorage.setItem("bmePopupFormViewed", "true"); }); D) var bmePopupFormViewed = localStorage.getItem("bmePopupFormViewed"); if (bmePopupFormViewed != "true") { setTimeout(function() { verticalCenter(signupFormContainer); }, 3 * 1000); ■CSSを使って編集する方法 "#formbox_screen_subscribe"は登録フォーム画面のcontainer IDです。 "#formbox_screen_success"は登録完了画面のcontainer IDです。 "#closebtn"は登録フォームの閉じるボタンのIDです。 "#btnSubmit" は登録ボタンのIDです。 *既存のフォームスタイリングを無効とするため"!important" というCSSコードの追加を推奨します。 ■表示時間を変更する方法 ポップアップフォームは、訪問者がウェブサイトやフォームが設置されたページを訪れた時、少し遅れて表示されるように時間の指定ができます。登録フォームを作成する際に設定が可能です。以下の指示に従って、ポップアップフォームへの遅延を適用してください。 1. Benchmark Emailアカウントへログイン 2. ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」>「登録フォーム」をクリック 3. 「登録フォーム作成」ボタンをクリックし「ポップアップフォーム」を選択した状態で「次へ」をクリック 4. 登録フォーム名、保存先リストを選択し「保存&次へ」をクリック 5. 画面左上の「標準設定」をクリックし、「ボックス設定」メニューをクリック 6. 一番下の「配信間隔」から適当な設定時間を選択。最大で60秒間、表示までに時間をかけることができます。   ■幅を変更する方法 ポップアップフォームの場合、デフォルト設定で以下のサイズ仕様となっておりますので、幅を変更する際はお気をつけください。 横幅:400px 左右の空白:40px 最大画像領域:320px ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」>「登録フォーム」をクリック ステップ2デザインで、画面左上の「標準設定」をクリック 「ボックス設定」をクリック 「横幅」の数字を変更し横幅を調整 調整完了後、「保存&出力」をクリック *ポップアップフォームにおいては、Googleタグマネージャー(GTM)内に埋め込むことが可能です。ポップアップフォームのHTML出力コードをJavaScriptにて書き出した上、"https://lb.benchmarkemail.com "より始まるJavaScriptリンクをGoogleタグマネージャーに追加することにより、稼働が可能となります。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

登録フォーム 7月 1, 2020