サポートページ aero-right

WooCommerceとBenchmark Emailを連携させるには?

WooCommerceとBenchmark Emailとのプラグインが完成しました。これにより、Benchmark Emailの拡張機能の一つとして、あなたのWooCommerceストアにおける、カゴ落ち客のデータを直接あなたのBenchmarkアカウントへと繋げる事が可能になります。 この機能を利用するにはまずWoo BenchmarkプラグインとWooCommerceプラグインをWordPressアカウントにインストールしてください。インストール方法詳細についてはこちらをクリック。 WooCommerceプラグインがインストールされたら、Benchmarkの拡張機能を設定する必要があります。Benchmarkの拡張機能を追加するには、以下のステップを参考にして下さい。 WordPressアカウントにログイン ページをスクロールダウンし、WooCommerceの設定を選択 Benchmark Emailタブをクリック Benchmark Emailオプションをクリック 利用可能なオプションを確認 ・カートステップをスキップ ・メール項目へと追加 オプトイン項目を確認の上で、ユーザーへ表示させるテキストを追加 Benchmark API Keyを自分のアカウントから貼付け ”Benchmarkに顧客を同期”をクリック 変更を保存を選択 この作業により、あなたのBenchmarkアカウント上に2つのリストが自動的に作成されます。 WooCommerce Customers WooCommerce Abandoned Carts あなたのBenchmarkアカウント上で上記のリストを確認でいた際には、あなたの顧客へと通常のメール配信もしくはEMAを用いてメール配信を行い始める事が可能となります。 注意:Benchmarkアカウントに表示されるのは、こちらの拡張機能をインストール後に新規顧客になられた方のみとなります。 動画もご用意しておりますので是非ご参照ください。 トラブルシューティング: もし拡張機能がうまく起動していない時には、プラグインを一度削除した上で再インストールをお試し下さい。こちらの方法によっても上手く動作しない場合には、WordPressテーマが問題になっている可能性があります。 プラグインやWordPressテーマを稼働  現在使われているテーマを変更、もしくは既存のプラグインを一度全て停止させ、WooCommerceのみを稼働した状態でお試し下さい。 より詳しいトラブルシューティングについては、WooCommerceのトラブルシューティングをご覧下さい。もしBenchmarkアカウント側での問題と思われた際には、こちらよりサポートまでご連絡下さい。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 6月 13, 2019

How do I integrate my Benchmark account with Freshdesk?

Freshdesk is an online cloud-based customer service software providing helpdesk support with all smart automations to get things done faster. With our Freshdesk integration, you can automatically add the customers you support via Freshdesk to your Benchmark list(s). Please follow these steps to integrate your accounts: Log into your Benchmark account.
 Select Integrations from your user menu located at the top-right of the page. Scroll to the bottom of the page and click on Get Started. 
 Go to the Freshdesk integration option. Connect to Freshdesk by entering your Subdomain, Username and Password. Now, click Save & Next. Select a Benchmark list, or create a new one. Select and map the fields you want to be updated. You can view your list by selecting View my Lists. Integrating Benchmark with Freshdesk helps you enhance and simplify your tasks. The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. 22Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

連携機能 4月 3, 2019

Loja Integrada Integration

Our Loja Integrada integration will enable you to easily import your Loja customers into a list in your Benchmark account. The integration is quick and straightforward, push your Loja customers to your Benchmark lists as needed. Note: To integrate with Loja Integrada, you must have a Loja Integrada PRO Plan. Please follow the steps below to integrate: Log into your Benchmark account. Click on your Username and select Integrations. Scroll to the bottom and click Get Started. Select Loja integration. Login to your Loja account and copy your API Key and Application Key. Click Here to learn how to retrieve your API Key and Application Key. Enter your Loja  API Key and Application Key where prompted. Click Save & Next. Choose a list or create a new one to add your Loja contacts to and click Save & Next. Map your fields according to your Loja fields. Click Save & Next. You are done! Your Benchmark account is now integrated with Loja Integrada! The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions regarding the Loja Integrada integration, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

連携機能 3月 25, 2019

How do I integrate Flickr with Benchmark?

Personalize your email marketing campaigns with this simple integration. Add your Flickr photos to any email with just a few clicks of your mouse. Share your photos with your friends and subscribers, publicize company events, enliven your newsletters and spread the fun with one of the most widely used and beloved image hosting sites on the net. Access Flickr via your Benchmark Image Gallery, for free! To integrate: On Step 3 “Editor” of your email creation, double click on the Image Block where you would like to add your Flickr image. Click on the Flickr option form the top-menu. On the Flickr pop-up, log in to your Yahoo account and authorize Benchmark to access your Flickr images. Select the desired image and click the Insert button to add it to your email campaign . Important If you are not able to view the Flickr pop-up, this could be due to a pop-up blocker on the browser you are using. Please locate the “blocked popup” icon on your browser to enable Benchmark’s pop-ups. ◦    You can choose to enable once or continuously. Images must have been added in your Flickr account for them to be visible with the Benchmark Integration. If you have already connected to Flickr (Yahoo) and your images do not load, try toggling to another tab and then back to Flickr tab, this should load the images. The gray “disconnect” bar indicates that you have successfully connected Flickr with Benchmark. If you have already disconnected from Flickr (Yahoo) and the images are still in your gallery, try to toggle to another tab and then back to the Flickr tab, you should again see the non-connected state. To Disconnect the Flickr and Benchmark Integration, please follow steps below. Same as integrating, go to the Step 3 in the email creation process. Then open up the Image Section, and click on Browse for a file Now, click on the Flickr Integration
 In the bottom of the Pop up you will see the following text:
 In case you wish to remove the Flickr integration or disconnect, click here
 Click on Click here
 This will redirect you to Flickr Apps page. Select Remove Permission?
 Then agree to revoke permissions to the Benchmark Email application, and select REVOKE PERMISSIONS If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone. Previous Interface On Step 4 of your Email Editor, click on the Image option in your Insert Additional Elements panel In the Insert Image screen, select the Insert from Flickr tab Log in to your Yahoo account and authorize Benchmark Email to access Flickr images Select the desired image and click the Insert button to add it to your email campaign

連携機能 3月 14, 2019

PieSync連携を利用してEventbriteコンタクトをBenchmarkアカウントへインポートするには?

PieSync連携の活用でEventbriteコンタクトを直接Benchmarkアカウントへインポートすることが可能です。登録者のコンタクト情報を自動で配信リストへ登録するよう設定しましょう。 2ウェイ同期でデータが自動的に反映されるため、新イベントのお知らせやアップデート情報の配信も手軽にできるようになります。 必要条件: Benchmarkアカウント Shopifyアカウント PieSyncアカウント PieSync連携のご利用方法詳細については以下のFAQをご確認ください。 FAQ:BenchmarkアカウントとPieSyncを接続させるには? 同期設定が完了したらBenchmarkアカウントとEventbriteはリアルタイムで同期を行います。 PieSync連携の活用にあたって知っておきたいこと Benchmarkの無期限トライアルアカウントであればコスト不要! PieSyncも14日間の無料トライアルでコスト不要(同期作成数も無制限) Benchmarkユーザーに対しPieSyncでは無期限無料プランを提供しているためコスト不要(Benchmarkアカウントから登録を行ってください) 2ウェイ同期で手作業によるデータ管理不要 すでにPieSyncアカウントをお持ちの場合、既存アカウントでそのままご利用いただけます。PieSyncアカウントをお持ちでない場合、Benchmarkアカウント内のサービス連携ページから直接ご登録いただけます。 PieSyncに関するより詳細な情報に関しては直接PieSyncサポートへお問い合わせください。 お問い合わせ先(英語):support@piesync.com 連携方法に関するご質問などはこちらよりBencmarkサポートへご連絡ください。

連携機能 3月 7, 2019

ZendeskをBenchmarkアカウントと連携させるには?

Zendeskは、顧客とのエンゲージメントをより深めるためにデザインされたビジネス向けのサポートプラットフォームです。 Zendeskアカウントを持っていてBenchmarkアカウントと連携をする場合は、以下の手順で可能です。  Benchmarkアカウントにログインします。 クイックリンク:Benchmarkログインページ  右上の名前をクリック  API/連携を選択します。  画面を一番下までスクロールし、サービス連携一覧をクリックします。  Zendeskを選択します。  Zendeskのサブドメイン、メールアドレス、アクセストークンを入力し、保存&次へをクリックします。アクセストークンの取得方法については、以下のリンクをご参照ください。参照外部リンク: APIダッシュボードの使用(Zendeskサポートサイト)  Benchmarkのコンタクトリストを選択または新たに作成し、保存&次へをクリックします。  登録するフィールドを選択、一致させ、保存&次へをクリックします。 Zendeskアカウントにコンタクトを追加し、連携が完了しているか確認をしましょう。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 6月 10, 2019

FacebookイベントとBenchmark Emailを連携するには?

Facebookは利用者がプロフィールを作成したり、写真やビデオのアップロード、友人同士でメッセージのやり取りを行えるSNSです。Benchmark EmailのFacebookイベント連携テンプレートを使って、イベント参加者を増やしましょう。1つのイベントから複数のイベントまで宣伝することができます。   連携の手順は、以下の通りです。 アカウントにログインします。 ダッシュボードより、メールを選択します。 メール作成ボタンをクリックします。 メール作成ページより通常メール配信を選択し次へをクリックします。 ドラッグ&ドロップ形式を選択、次へをクリックします。 ステップ1詳細を全て入力し、保存&次へをクリックします。 ステップ2リストにてリストを選択肢、保存&次へをクリックします。 上部のメニューバーよりテンプレートを選択します。 左側のフィルターメニューより連携をクリックし、Facebookを選択します Facebookイベントテンプレートをクリックします。 Connect to Facebookでイベントへのアクセスを許可します。その後連携させるイベントページを選択してください。 また、ここで接続したFacebookアカウントとの切断は、アカウントのサービス連携一覧ページにて可能です。 切断の方法は、以下の通りです。 右上のユーザーメニューより、API/連携を選択します。サービス提携一覧が表示されます。 Facebookの横にあるオプションボタンをクリックします。 切断をクリックします。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。

連携機能 4月 23, 2019

BenchmarkアカウントとPieSyncを接続させるには?

PieSyncと連携する事で、Benchmarkと連携不可なサービスもご利用可能です。PieSynceが提供している2-way同期も活用できます。 PieSyncとの連携を利用すれば、外部サービスからBenchmarkアカウントに連絡先を追加をするだけでなく、Bechmarkのリストに変更があった際は外部サービスアカウントも更新することができます。連絡先を手動でインポートする時代はもう過去の事です。全て私たちの連携機能にお任せください。 連携を利用できるのは? Benchmark無料トライアル、有料プランユーザー様共にPieSync連携をご利用頂けます。 利用規約 新規登録をして連携サービスを利用する際、PieSyncは外部サービスとなるので別途PieSyncの利用規約に同意する必要があります。PieSyncの既存アカウントにログインするか新しいアカウントを作成してください。 初期設定 PieSyncアカウントを作成頂くと自動的に14日間無料トライアルプランが適用されます。トライアル期間中、無数の接続(2-way同期)を作成でき連絡先を制限なく同期できます。トライアルプランが終了するとフォーエバープランか有料プランにアップグレードするまで連携(2-way同期)は停止します。フォーエバープランだと月に2000件の連絡先を無料で同期する事ができます(通常19ドル)。このプランはBenchmarkのインターフェースを利用してPieSyncに申込をしたBenchmarkユーザー向けに提供されています。 コンタクトを2000件以上保有している場合、PieSyncアカウントを適切なプランにアップグレードしてください。コンタスト数がプラン制限を超えた場合、次回請求で自動的にプランがアップグレードされる仕組みとなっています。 PieSyncアカウントはいつでもご解約可能です。 BenchmarkとPieSyncの連携方法は? PieSync連携を利用するにはBenchmarkアカウントにログインする必要があります。連携を利用するには2通りのアクセス方法があります。サービス連携ページか「新規リスト作成」を選択頂き各種サービス連携から選択してください。 サービス連携ページからの連携方法 右上の名前をクリックし、API/連携を選択します。 サービス連携パートナーを選択します。 「稼働する」をクリックします。 Benchmarkアカウントに関連したメールアドレスに基づいたポップアップが表示されます。同じメールアドレスでPieSyncアカウントに登録があるか、確認します。 PieSyncアカウントが未登録の場合ポップアップと共に利用規約が表示されます。続けるには「I Accept」を選択します。 PieSyncアカウントに登録があれば、アカウントを新規作成するポップアップが表示されます。 メールアドレスを入力して「Next」をクリックしてください。 入力したメールアドレスに認証コードが届きますので、コードを入力します。 「Next」をクリックします。 これで新しい接続を作成できます。 「Add Connection」をクリックします。 Benchmarkと同期するアプリを選択します。 接続を作成していなければ、アプリを認証する必要があります。ポップアップが表示されるのでステップに従ってください。Microsoft Exchangeなど幾つかのアプリは「AUTHORIZE」を選択後に新たなポップアップが表示される事もございます。 連絡先のタイプを選択します。接続したアプリが異なる連絡先の種類を持っている際のみ表示されます。 接続を設定します。1-way同期か2-way同期、接続ルール、連絡先リストのマップフィールドを設定します。ルールはいつでも変更できます。 「Start Syncing」を選択して同期を始めます。 接続が完了しました!Benchmarkアカウントに戻りメールを作成しましょう。 連絡先を同期するにはどのくらい時間がかかりますか? 初めの同期は5分から15分程かかりますが、その後は数秒程で瞬時に行われます。 接続は削除できますか? 削除は可能ですが、元に戻すことが出来ないので前に同期された連絡先は影響を受けません。 Benchmarkアカウントで確認できる項目 ・接続詳細 ・接続ステータス アカウントステータス一覧 「画像」 ・Incomplete-接続が完全に設定されておりません。 ・Paused-接続は現在同期されておりません。 ・Active-接続は現在有効で連絡先を同期しております。 ・Suspended-接続が停止されており、操作を行う事ができません。アカウントが有効期限切れになるとこの状態になり、PieSyncが行動を取るまで接続は停止されます。 ・Connection Error-接続先アカウントの一つにアクセスする事ができません。改善するにはポップアップを開いて指示に従ってください。 現在PieSync連携を利用しているのであれば、切替をせずそのままご利用ください。 PieSyncで可能なBenchmark連携 現在、Piesyncでも確認できる連携先をBenchmarkで提供しています。Benchmarkのみだと1-way同期のみの提供となるところ、BenchmarkとPiesyncを利用すれば継続的且つ2-way同期を活用できます。下記がPirsyncでも利用可能な弊社が提供している連携先です。 「画像」 トラブルシューティング ・メールアドレスつきの連絡先のみ同期されます。 ・データ同期が正常に行われない原因となるため、2つの同期サービスを同時に使用しないでください。 PieSyncの使い方についてより詳しく確認するには下記のリンクをクリックしてください PieSync Dashboard PieSync Connections Why are fields mapped one-way only?

EMA 連携機能 3月 12, 2019

How do I integrate Acuity Scheduling with Benchmark?

With our Acuity Scheduling integration, you can automatically add contacts to a Benchmark list. Create and automate customer journeys from the moment an appointment is made and a contact is added to your list. Please follow the steps below to integrate: Log in to your Benchmark account.
 Click on your username and select Integrations. Scroll to the bottom of the page and click Get Started.
 Go to the Acuity Scheduling integration option.
 Note: You must have an Acuity Scheduling account with a Powerhouse Player plan to be able to set up this integration. Log in to your Acuity Scheduling account on their website. Go to the Business Settings in the left-hand menu and select Integrations. Scroll down to the API tab, under the API option click View Credentials. 
 A pop-up will appear on the top right-hand side of the page. Copy & paste the User ID into the Username section in your Benchmark account and the API Key into the Password section where prompted. Select the list (or create a new one) to which you would like to add contacts and click Save & Next.
 Map Acuity Scheduling fields according to the data fields in your Benchmark list. Click Save & Next.
 The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.    

EMA 連携機能 2月 15, 2019

How Do I Import My List from Highrise CRM?

Highrise is a customer management online service for business of all types. Highrise helps you connect with your customers and build better engagement. With this integration, you can add contacts from your Highrise CRM account into a new or existing Benchmark list. To integrate, follow these steps: Log in to your Benchmark account. Click on Contacts, from the Dashboard menu. Select Create New List. Choose the Regular List option and click Next. Select Import From A Service option, then click Next. On the Third-Party Integration page, scroll to the bottom and select the Highrise integration option. You will access the Connect to Highrise page. Leave this page open, you will need it to input your Subdomain and Highrise Api Key. Log in to your Highrise account. Let’s locate your Subdomain. Your Subdomain is what shows before the ".highrisehq.com" when accessing your account from the web. For example, this account: https://demo.highrisehq.com The Subdomain is demo. Copy your Subdomain and paste it on your Benchmark account on the Connect to Highrise page. On your Highrise account, click on Account and Settings from the bar menu at the top-right of the Home page. Select My Info. On the menu bar, select the Integrations tab. Below Authentication token, you will find your Highrise API Key. Copy the API Key. Copy your Highrise API Key and paste it on your Benchmark account on the Connect to Highrise page. Click Save & Next. Select the list (or create a new one) to which you would like to add contacts and click Save & Next. Map Highrise fields according to the data fields in your Benchmark list. Click on Go to My Lists to view your list or Import Another to import another list. You’ve successfully integrated Benchmark with Highrise! The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

EMA 連携機能 顧客リスト 1月 22, 2019

1 2