サポートページ aero-right

Googleドライブから顧客リストをインポートする方法は?

以下の手順に沿ってGoogleドライブから顧客リストへアップロードを行ってください。   Benchmark Emailアカウントにログインします。  ダッシュボードからコンタクトリストに移動します。  右上の「新規リストの作成」をクリックします。  通常リストを選択して「次へ」をクリックします。  外部サービスから登録を選択し「次へ」をクリックします。 各種サービス連携より「Googleドライブ」のインテグレーションアイコンをクリックします。  「連携」ボタンをクリックしてGoogleに接続します。  アップロードを行うGoogleアカウントを選択します。  「アクセス許可」をクリックします。  Benchmark Emailページへと自動で戻ります。 アップロード元としてGoogleスプレッドシート及びワークシートを選択、アップロード先としてBenchmark Emailの既存コンタクトリストを選択するか新規リストを作成してください。  「保存&次へ」をクリックします。  フィールドを選択&一致させて「保存&次へ」をクリックします。   注意点 : Googleドライブで作成したファイルのみインポートが可能です。 1つのファイルに複数のシートがある場合は、最初(一番左)のシートのみがインポートされます。 シートの1行目には必ずフィールド項目を入力するようにしてください。(Email、姓、名、誕生日、等) メールアドレス項目については、項目名を「Email」と英語表記で入力するようにお願いします。日本語での表記ですと認識せずアドレスがインポートされません。 使用していない行に非表示のデータや書式設定が残っている可能性があるので、削除をお願いします。 シートの作成者は連携アカウントと同じである必要があります。作成者の異なるシートをインポートするには、まずデータをコピーし、連携アカウントにて新規シートを作成しコピーしたデータを貼り付ける必要があります。 Googleドライブに外部ファイルをインポートする場合は、xls、.xlsx形式ファイルで行なってください。   フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmark Emailではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細は以下のFAQでご確認ください。 FAQ:グループアドレスなど、「1件ずつ登録」オプションでのみ登録できるアドレスの一覧   重要:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 連携機能 顧客リスト 10月 22, 2020

最新のTwitterツイートをメールに挿入する方法は?

Benchmark EmailのTwitterテンプレート連携機能を活用して、購読者に最新のTwitterツイートをメールで配信することができます。本連携機能では最大5つの最新のツイートをメールで送信することが可能です。 Benchmark EmailとTwitterを連携させるには、以下のステップに従ってください。 1. Benchmark Emailアカウントにログインし、ダッシュボードメニューから「メール」を選択します。 2. 「メール作成」ボタンをクリックします。 3. 「通常メール配信」を選択し、「次へ」をクリックします。 4. 「ドラッグ&ドロップ形式」を選択し、「次へ」をクリックします。 5. 管理用のメール名を入力し、「次へ」をクリックします。 6. チェックリストの各項目を入力し、本文&デザインの「編集」をクリックすると編集画面に移動します。 次にTwitter連携テンプレートを選択します。 1. レイアウトで「テンプレート」を選択し、左のフィルターの「連携」から「Twitter」にチェックを入れます。 2. 「接続」をクリックすると、「Twitterへ接続」のポップアップ画面が表示されます。 3. 「ログイン」をクリックします。 4. 認証ページが表示されますので、「Authorize app(連携アプリを認証)」をクリックして完了です。 アカウントの連携ページでもTwitterページとの連携、切断が可能です。 切断方法: 1. ログイン後、右上の「アカウント名」をクリックし「連携」を選択します。 2. サービス一覧画面をスクロールダウンし、Twitter(メールに5つの最新ツイートを挿入します)を探します。 3. 詳細オプション アイコンをクリックし、「切断」を選択します。 連携方法: 1. 同じ連携ページの「連携」ボタンをクリックすると、認証画面が表示されます。 2. 「Authorize app(連携アプリを認証)」をクリックして連携完了です。   この連携機能はすべてのBenchmark Emailアカウントにて無料でご利用いただけます。 なお、配信メールを自動的にTwitterでツイートする方法については、以下のFAQをご確認ください。 FAQ:配信メールを自動的にTwitterでツイートする方法は? 他にご不明な点がございましたら、お気軽にサポートまでお問い合わせください。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

連携機能 10月 9, 2020

ZendeskとBenchmark Emailを連携する方法は?

Zendeskは、顧客とのエンゲージメントをより深めるためにデザインされたビジネス向けのサポートプラットフォームです。 Zendeskアカウントをお持ちの方はBenchmark Emailアカウントと連携することができます。以下の手順に従ってください。  Benchmark Emailアカウントにログインし、右上の「アカウント名」>「連携」を選択します。  画面を一番下までスクロールし、サービス連携一覧をクリックします。  Zendeskを選択します。  Zendeskのサブドメイン、メールアドレス、アクセストークンを入力し、「保存&次へ」をクリックします。  Benchmark Emailのコンタクトリストを選択または新たに作成し、「保存&次へ」をクリックします。  登録するフィールドを選択、一致させ、「保存&次へ」をクリックします。 Zendeskアカウントにコンタクトを追加し、連携が完了しているか確認をしましょう。 Zendeskのアクセストークンの取得方法については、以下のリンクをご参照ください。 参照外部リンク: APIダッシュボードの使用(Zendeskサポートサイト)   フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmark Emailではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:グループアドレスなど、「1件ずつ登録」オプションでのみ登録できるアドレスの一覧 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。 今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 Zendeskにて新規追加されたコンタクトを随時Benchmark Emailのコンタクトへ連携させたい際には、PieSyncまたはZapierをご利用になることで随時同期を行うことが可能となっています。それぞれの連携については下記FAQをご参照ください。 FAQ:PieSyncを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは? FAQ:Zapierを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは?   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 10月 21, 2020

ZohoとBenchmark Emailを連携する方法は?

Zoho側のアップデートにより現在Zohoとの連携機能は提供中止となっております。 Zohoのコンタクトの登録には .XLS、.XLSX形式ファイルでのアップロードを行ってください。アップロード方法の詳細についてはこちら   Zohoはお客様のデータを管理できるソフトウェアです。連携する事でZohoコンタクトをBenchmark Emailアカウントにインポートでき、メールマーケティングのつながり(関係)を最適化します。 コンタクトは選択されたメールアドレスに送付され、迅速にBenchmark Emailアカウントに設定する事が可能です。 ZohoをBenchmark Emailアカウントと連携させるには以下ステップをご確認ください:  Benchmark Emailアカウントにログイン  ページ右上に表示されるお名前より「連携」を選択  最下部までスクロールダウンしたら「サービス連携一覧」ボタンをクリック  一覧から「Zoho」をクリック  アクセストークンを入力してください。アクセストークンについてはこちらをクリック  次にBenchmark Emailリストを選択するか新規作成し、「保存&次へ」をクリック  Benchmark Emailの項目を選択し、Zohoの項目と一致させます。 これでコンタクトの閲覧や他のリストのインポートが可能です。より直接的な方法でコンタクトにエンゲージし、従来とは異なる運用アプローチを行いましょう。   フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmark Emailではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらのFAQをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。 今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 Zohoにて新規追加されたコンタクトを随時Benchmark Emailのコンタクトへ連携させたい際には、PieSyncまたはZapierをご利用になることで随時同期を行うことが可能となっています。それぞれの連携については下記FAQをご参照ください。 FAQ:PieSyncを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは? FAQ:Zapierを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは?   他にご不明な点がございましたら、こちらよりサポートチームまでお問い合わせください。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 10月 15, 2020

WooCommerceとBenchmark Emailを連携する方法は?

WooCommerceとはWordPressでショップ機能を追加できるプラグインのことです。 WooCommerceとBenchmark Emailのプラグインを連携させ、Benchmark Emailの拡張機能でWooCommerceショップおよびカゴ落ち顧客データを直接Benchmark Emailのアカウントへと繋げる事が可能です。 この機能を利用するには以下をご用意ください。 ・Benchmark Emailアカウント(アカウントをお持ちでない方はこちらから登録可) ・Benchmark EmailのAPIキー ・WordPressアカウント ・WooCommerceプラグイン ・Woo Benchmark Emailプラグイン Benchmark Emailアカウントから必要なものはAPIキーのみです。取得方法は以下の通りです。 1. ダッシュボード右上の「アカウント名」をクリックの上、「連携」を選択します。 2. 「APIキー」をクリックし、表示されたAPIキーをコピーして使用してください。こちらからもAPIキーの取得が可能です。 次に、お手持ちのWordpressアカウントにWoo Benchmark EmailプラグインおよびWooCommerceプラグインをインストールし、それぞれ有効化してください。WooCommerceプラグインのインストール方法の詳細についてはこちら(英語表記)をクリックしてください。 Benchmark Emailの拡張機能を追加する方法 WooCommerceプラグインをインストール後、Benchmark Emailの拡張機能を設定する必要があります。Benchmark Emailの拡張機能を追加するには、以下の手順に従ってください:  WordPressアカウントにログイン  左のメニューからスクロールダウンし、「WooCommerce」>「設定(Settings)」をクリック  「Benchmark Email」タブをクリック  Benchmark Emailオプションを選択  利用可能なオプションを確認 カートステップをスキップ メール項目へと追加  オプトイン項目を確認の上で、ユーザーへ表示させるテキストを追加  APIのボックスにBenchmark EmailのAPI Keyを貼付け(取得がまだの方はこちら)  「Benchmark Emailに顧客を同期」のチェックボックスをクリック  「変更を保存(Save changes)」ボタンをクリックして完了 この作業により、Benchmark Emailアカウントに以下の2つのリストが自動的に作成されます。 WooCommerce Customers WooCommerce Abandoned Carts Benchmark Emailアカウント上で上記のリストを確認できましたら、通常のメール配信もしくはEMAを用いて顧客にメール配信をする事ができるようになります。EMAの機能については以下のFAQをご覧ください。 FAQ:EMAとはどのような機能ですか? 注意:こちらの拡張機能をインストールした後に新規顧客になられた方のみ、Benchmark Emailアカウントに表示されます。 動画(英語)もご用意しておりますので是非ご参照ください。 トラブルシューティング: もし拡張機能が上手く起動しない際は、プラグインを一度削除した上で再インストールをお試し下さい。こちらの方法でも上手く動作しない場合には、WordPressでご利用頂いているCSS/テーマが問題になっている可能性があります。 プラグインやWordPressテーマを稼働 現在使われているテーマを変更、もしくは既存のプラグインを一度全て停止させ、WooCommerceのみを稼働した状態でお試し下さい。 より詳しいトラブルシューティングについては、以下のWooCommerceサイトよりご確認くださいませ。 外部サイト(英語表記):トラブルシューティング   Benchmark Emailアカウント側での問題と思われた際には、サポートまでご連絡下さい。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 10月 21, 2020

How do I integrate my Benchmark account with Contactually?

Contactually offers built-in integrations. It uses email to identify new leads for users through targeted questions. The system then passes the response and automatically pushes all data to a CRM. With our Contactually integration, you can automatically add contacts to a Benchmark Email list. Create and automate customer automations from the moment a contact is added to your list. Follow the steps below to integrate: Log into your Benchmark account. 
 Select Integrations from the username located at the top-right of the page. Scroll to the bottom of the page and click on Get Started. 
 Select the Contactually integration. Now connect to Contactually by clicking on the logo. Enter your login information for your Contactually account. Select the list (or create a new one) to which you would like to add your contacts to and click Save & Next. Map Contactually Fields according to the data fields in your Benchmark Email list. Click Save & Next. 
 Last, select Go to My Lists to view your list. You’ve successfully integrated Benchmark with Contactually! The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

連携機能 8月 6, 2019

How do I integrate my Benchmark account with Freshdesk?

Freshdesk is an online cloud-based customer service software providing helpdesk support with all smart automations to get things done faster. With our Freshdesk integration, you can automatically add the customers you support via Freshdesk to your Benchmark list(s). Please follow these steps to integrate your accounts: Log into your Benchmark account.
 Select Integrations from your user menu located at the top-right of the page. Scroll to the bottom of the page and click on Get Started. 
 Go to the Freshdesk integration option. Connect to Freshdesk by entering your Subdomain, Username and Password. Now, click Save & Next. Select a Benchmark list, or create a new one. Select and map the fields you want to be updated. You can view your list by selecting View my Lists. Integrating Benchmark with Freshdesk helps you enhance and simplify your tasks. The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. 22Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

連携機能 8月 6, 2019

Loja Integrada Integration

Our Loja Integrada integration will enable you to easily import your Loja customers into a list in your Benchmark account. The integration is quick and straightforward, push your Loja customers to your Benchmark lists as needed. Note: To integrate with Loja Integrada, you must have a Loja Integrada PRO Plan. Please follow the steps below to integrate: Log into your Benchmark account. Click on your Username and select Integrations. Scroll to the bottom and click Get Started. Select Loja integration. Login to your Loja account and copy your API Key and Application Key. Click Here to learn how to retrieve your API Key and Application Key. Enter your Loja  API Key and Application Key where prompted. Click Save & Next. Choose a list or create a new one to add your Loja contacts to and click Save & Next. Map your fields according to your Loja fields. Click Save & Next. You are done! Your Benchmark account is now integrated with Loja Integrada! The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions regarding the Loja Integrada integration, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

連携機能 3月 25, 2019

ShopifyアカウントをBenchmarkと連携させるには?

  1.    Shopifyアカウントへと進み、ログインします。 2.    メニューより「アプリ」を選択する。 3.    ページ下までスクロールして「プライベートアプリを管理」をクリックします。 4.    「プライベートアプリを作成」をクリックします。 5.    プライベートアプリ名を入力し、APIのアクセスオプションを選択します。 6.    完了したら「保存」をクリックします。 注:プライベートアプリの作成が完了したら、連携に必要なAPIキーとパスワードが支給されるので保管します。 7.    Benchmarkアカウントにログインします。 8.    画面右上のユーザー名をクリックします。 9.    ドロップダウンメニューから「API/連携」を選択します。 10.    ページ下までスクロールし、「サービス連携一覧」をクリックします。 11.    ページの一番下、「Shopify」をクリックします。商品名称の欄にShopifyドメインを入力します(ショップ名を含むhttps://shop-name.myshopify.com/を入力)。 12.  Shopifyより生成したAPIキーとパスワードを入力して「保存&次へ」を選択します。 13.  BenchmarkとShopifyの連携設定をインポートオプションとリストより設定します。 14.  フィールド項目設定を行います。 15.  「保存&次へ」ボタンをクリックします。 注:商品名にハイフンが含まれている場合、必ず商品名称にも追加してください。そうでないと、連携されません。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

eコマース 連携機能 7月 1, 2020

1 2