サポートページ aero-right surveymonkey

SurveyMonkeyとBenchmark Emailを連携する方法は?

SurveyMonkeyと連携することで、顧客や購読者にメールで簡単にアンケートを送信することができます。SurveyMonkeyでは複数のテンプレートとレイアウトからアンケートをお選び頂けます。Benchmark Emailのすべてのアカウントでご利用可能です。連携画面から行う方法とメール作成画面から連携する方法の2通りがございます。 目次: 連携画面からSurveyMonkeyに連携する方法 メール作成画面からSurveyMonkeyに連携する方法 SurveyMonkeyとの連携を切断する方法   連携画面からSurveyMonkeyに連携する方法   1. Benchmark Emailのアカウントにログインします。 2. 右上のアカウント名をクリックし、連携を選択します。 3. スクロールダウンし、SurveyMonkey を探して「接続」ボタンをクリックし、連携作業を行なってください。 メール作成画面からSurveyMonkeyに連携する方法   1. Benchmark Emailアカウントへログインします。 2. 左のダッシュボードメニューからメール>メールをクリックします。 3. 右上の「メール作成」ボタンをクリックします。 4. 作成するメールの種類で通常メール配信を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。 5. エディタでドラッグ&ドロップを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。 6. 管理用のメール名を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。 7. メール編集画面に遷移しますので、上部中央のテンプレートタブをクリックします。 8. 左のフィルターから連携をクリックし、SurveyMonkey
を選択します。 9. 連携していない場合は、テンプレートにカーソルを合わせると「接続」ボタンが表示されますので、クリックします。 10. ポップアップ画面が表示されますので、「ログイン」ボタンをクリックします。 11. SurveyMonkeyのログインページに遷移しますので、ログイン情報を入力します。 12. アクセス許可を承諾するために「許可する」ボタンをクリックします。 Benchmark Emailのレイアウト選択画面に戻ります。 13. 再度、左のフィルターから 連携>SurveyMonkeyを選択し、お好きなテンプレートを選択します。 14. ポップアップ画面が表示されます。プルダウンメニューから任意のアンケートとWebリンクを選択します。 15. 「選択」ボタンをクリックして完了です。   注意点 SurveyMonkeyと連携完了していて上手く作動しない場合は、一度連携を切断し、再度連携を行ってください。 アンケートで選択肢がプルダウンメニューに表示されない場合は、SurveyMoney側のメールアドレス認証が完了していない可能性がありますのでご確認ください。また、SurveyMonkeyでアンケートが下書き状態になっていないか、今一度お確かめください。   SurveyMonkeyとの連携を切断する方法   1. アカウント名をクリックします。 2. 連携を選択します。 3. スクロールダウンし、SurveyMonkeyを探します。 4. オプションメニューアイコンをクリックし、切断を選択して完了です。   不明点などございましたら、サポートまでご連絡ください。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 1月 12, 2022

API連携を使って何ができますか?

Benchmark EmailではRestful APIを公開し、ユーザーが自由に連携構築を行えるようにしています。 APIを使って自社サービスやデータベースとBenchmark Emailアカウントを連携させ、自社サービス内でBenchmark Emailの各機能をお使いいただくことが可能となります。 API連携でできることについては、大きく分けて以下4つのカテゴリに分類されます。 顧客リスト関連 メール作成・配信関連 レポート関連 セキュリティー関連 1. 顧客リスト関連 社内で使用しているシステムで管理している顧客情報を、Benchmark Emailのアカウントに連携させることができます。コンタクトリストの作成、顧客情報のインポート、配信停止の管理、リストの更新、リストの出力などが可能です。 2. メール作成・配信関連 お使いのシステム上で、メルマガの作成、編集、コピー、配信設定、テストメールの送信が可能となります。 3. レポート関連 Benchmark Emailの「メールレポート」で確認できる全てのデータ(開封、エラー、クリックなど)を出力・閲覧することが可能です。 4. セキュリティー関連 トークンの作成・管理が可能です。 セキュリティートークンを使用する事で、Benchmark Emailアカウントにログインせずに上記の操作を行うことが可能となります。 構築にあたり、現在検討中の連携内容が可能か問い合わせたい場合は、こちらよりサポートへご連絡下さいませ。ただし具体的な構築につきましてはサポートを行っておりませんので、開発ご担当者様にご確認ください。 APIを利用する方法はこちらをご覧ください。 FAQ:Benchmark Email の RESTful API を利用する方法は?    構築・開発不要でご利用頂ける連携アプリも、いくつかご用意しています。 最新の連携アプリ一覧はこちらをご覧ください。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

API 4月 14, 2021