何かお困りですか?よくある質問とその回答をまとめました。

サポートページ aero-right DKIM(CNAME / ドメインキー認証)についての詳しい解説

DKIM(CNAME / ドメインキー認証)についての詳しい解説

到達率 更新日 7月 3, 2019
DKIM(CNAME / ドメインキー認証)の概要

ドメインキーとはYahoo!によって開発されたメール認証システムです。これによりメールコミュニケーションに伴う責任の居場所が明らかとなります。受信側は送信側による暗号化された署名と暗号化された公式デードメインキーとはYahoo!によって開発されたメール認証システムです。これによりメールコミュニケーションに伴う責任の居場所が明らかとなります。受信側は送信側による暗号化された署名と暗号化された公式データベースを比較することによって、メールの送信者が正しいかどうかを確認しています。

DKIMで分かることは送信者の身元のみであり、コンテンツの善し悪しは保証されません。そのため送信者の評判がとても重要になってきます。もしあなたの会社が迷惑メールを送ることで知られているならば、DKIMでほぼ確実にスパムと判断されるでしょう。反対に誠実で良い評判を築いてきたのならば(苦情件数がゼロに近い場合)、DKIMによって信頼できる送信元と判断されるためメールの到達率は高くなります。

 

SPFレコードを基本認証の第一段階とし、第2段階としてCNAMEを追加します。これにより、到達率を向上させる二重認証が得られます。ほとんどのISPはSPFとDKIMを利用して受信メールを検証します。メールレコードが確認されないと、スパム、迷惑フォルダ、または隔離される可能性が最も高くなります。

DKIMは暗号認証を通じてドメインを検証します。

仕組みの解説

Benchmarkは、当社のサービスから送信されるメールキャンペーンのDKIMを自動的に認証します。送信者のDKIMを認証することで、SPFフィルタによる配信が確実に行われます。現在メールドメインを使用している場合は、新しいCNAMEを追加し、2回のDKIM認証を最大限に活用することをお勧めします。このように、ISPは同じIPアドレスを使ってメールを送信する他のユーザーの評判に影響を及ぼさず、ドメインの情報だけがヘッダーに表示されます。

下の例では、CNAMEが送信ドメイン用に公開され、bmsend.comを使用して送信した後のメールのヘッダーが表示されていますが、実際はドメインのみが表示されます。

ダブルDKIMを最大限に活用するには、送信するドメインごとにCNAMEを追加する必要があります。完了する必要があるのはCNAMEの更新のみですが、必須ではありません。

 

設定すべきCNAME

[ ホスト名 / エントリー名 ] 欄 bmdeda._domainkey.「ドメイン」    

[ Points to / Value / 値 / 内容 ] 欄 bmdeda._domainkey.bmsend.com

注1:「ドメイン」には、配信元メールアドレスの@以降の部分を挿入してください。

例)news@abc.comの場合はHost欄にbmdeda._domainkey.abc.comと設定します。

注2:送信ドメインが複数ある場合、それぞれのドメインにCNAMEを設定します。

お使いの送信ドメインに応じたCNAMEの発行をサポートにて承っておりますのでこちらよりご連絡下さいませ。

 

ドメインホストごとの設定手順(例)

いくつかのドメインホストにおける設定手順を説明します。設定方法はBenchmark Emailサポート対象外となります。ご自身のドメインにおける設定方法が不明な場合は、ドメイン会社へお問い合わせください。

  1. 「契約情報」→「契約ドメインの確認」をクリック。
  2. 「ドメインメニュー」をクリック。
  3. レコードを追加するドメインの「ゾーン編集」をクリック。
  4. 「変更」をクリック。
  5. 「エントリ名」にbmdeda._domainkeyを入力、「種別」に別名(CNAME)」を選択、「値」にbmdeda._domainkey.bmsend.com 又は bmsend.comを入力し、「新規登録」をクリック。
  6. 新規追加を押すと、上のテーブルにレコードが追加される。 メッセージの通り、「データ送信」しないと反映されない。
  7. 「データ送信」をクリック。
  1. サーバーパネルへログインし、「DNSレコード設定」へと進んでください。
  2. 「DNSレコードの追加」を選択してください。
  3. 「ホスト」はbmdeda._domainkey.(お客様のドメイン)を入力頂き、「種別」はTXTを選択し、「内容」にbmdeda._domainkey.bmsend.comと入力してください。
  4. 「DNSレコードの追加(確認)」をクリックしてください。

 

1. GoDaddyアカウントにログインします。 2.マイページに移動します。 3. “”My Products””タブをクリックします。 4. “”Manage All
””(全て管理)を選択します。 5. DNSタブをクリックし、”Manage Zones“(区分の管理)を選択します。 6. 使用するドメイン名を追加して検索します。

次に、”Record”セクション一番下にある”DNS Management”ページにて以下を行います。

7. “Add”を選択し、メニューから”CNAME”をクリックします。 8. 以下のフィールドに入力します。

    a. ホスト:bmdeda._domainkey b. ポイント:bmdeda._domainkey.bmsend.com c. TTL: 3600

9. 保存

1. “ドメイン”セクションより、”DNSゾーンエディタ”アイコンをクリックします。 2.ドロップダウンからCNAMEを追加するドメインをクリックします。 3. “ADD DNS Record”(DNSレコードを追加)に移動します。 4.目的のレコード名 “bmdeda._domainkey“をホストレコードフィールドに追加します。 5. TTL “3600“(デフォルト設定のままにすることができます) 6. “”Type””というラベルのドロップダウンより”CNAME”を選択します 7.””Point To””(ポイント先)フィールドに「bmdeda._domainkey.bmsend.com」と入力します。 8. Add Recordをクリックします。

1. CPanelにログインします。 2. ドメインセクションで “”Advanced Zone Editor“”ボタンを選択します。 3.ドロップダウンメニューをクリックし、CNAMEを追加するドメインを選択します。 4.次に、””Type””の下のドロップダウンオプションをクリックし、””CNAME“”を選択します。 5.完了

    a. 名前:bmdeda._domainkey b. TTL:3600 c. CNAME:bmdeda._domainkey.bmsend.com

6. 完了

1.コントロールパネルでドメイン名を検索し、DNSサービスインターフェイスへと進みます。 2. “”Manage DNS””リンクをクリックすると、いずれかのレコードを追加するDNS管理画面がポップアップ表示されます。 3. “”CNAME Records””をクリックし、次の画面で””Add CNAMERecord””をクリックします。 4.次に3つのフィールドが表示されます。

     a. ホスト名:bmdeda._domainkey b. 値:bmdeda._domainkey.bmsend.com c. TTL:(デフォルト設定のままにすることができます)

5. “”Add Record””ボタンをクリックしてレコードを送信します。

1. DomainセクションにあるDNS Zone Editorアイコンをクリックします。 2.ドロップダウンボックスより、変更するドメインをクリックします。 3. DNSレコードの追加へ進みます。 4.ホストレコードフィールドに「bmdeda._domainkey」と入力します。 5. TTL “”3600″”(デフォルト設定のままにすることができます) 6.ドロップダウンメニューよりCNAMEをクリックします。 7. “”Point To””フィールドにbmdeda._domainkey.bmsend.comと入力します。 8. “”Add Record””をクリックします。

1.””Add Record””(レコードの追加)を選択します。 2.ドロップダウンメニューにて、レコードタイプをCNAMEに切り替えます。 3. ドメイン名セクションで、bmdeda._domainkeyを追加します。 4.正式名にbmdeda._domainkey.bmsend.comを追加します。 5. 選択します。 6. ポップアップにてUpdateを選択します。(複数のレコードを追加する場合、完了するまで更新を選択する必要はありません)。

1. Cloudflareアカウントにサインインします。 2.左上のドロップダウンメニューよりドメインを選択します 3. DNS settings タブをクリックします。 4.最後にCNAMEレコードを追加します:bmdeda._domainkey.bmsend.com

1. “”DNS Manager Settings””(DNSマネージャの設定)ページに移動します。 2. Host Aliases:CNAME Recordsセクションにて、Add/Editを選択します。 3. 現在のCNAMEが編集可能な形式で表示されます。 4. Aliasテキストボックスにサブドメインを入力または編集します。 a. 例えば、カスタムドメインとしてweb.mydomain.comを選択した場合、””web””と入力します。 b. または、www.mydomain.comなどのルートドメインを使用している場合は、「www」と入力します。 5. Other Host選択します。 6. 他のホストフィールドにbmdeda._domainkey.bmsend.comと入力します。 7. 最後に、””Save Changes””をクリックします。

1. Domain Central画面へ進みます。 2. CNAMEを追加/編集するドメインを選択します。 3. 次に、DNSを選択します。 4. Modifyオプションにて、CNAMEレコードをクリックします。 5. 以下の情報を入力します。

     a. ホスト:bmdeda._domainkey b. ポイントbmdeda._domainkey.bmsend.com

6. 最後に、””Add””をクリックします。

1.””Domainタブをクリックし、ドメインリスト(トップメニュー)を選択します。 2. CNAMEレコードを作成するドメインを選択します。 3. ここで、左側の””DNS Record””を選択します。 4. Benchmarkより提供されたCNAMEレコードを追加します。

      a. ドロップダウンメニューから”CNAME”を選択します。 b. 送信者フィールドに、送信ドメインをbmdeda._domainkeyとして入力します。 c. Answerフィールドにbmdeda._domainkey.bmsend.comを追加します。 d. 目的のTTLを入力または、デフォルトにて設定します。

5. 最後に、青いレコードの追加ボタンを選択します。

 

 

>>「到達率」のまとめページに戻る

問題は解決しましたか?
3 1

Benchmarkから業界トレンド&最新情報をお届けします

ご登録頂きありがとうございます!

登録を完了させるには、認証メールのご確認をお願いします。

質問の回答が見つかりませんか?

サポートへお問い合わせ'

お問い合わせ履歴を閲覧する