サポートページ aero-right クラシック

埋込型フォームの編集方法は?

ここでは、埋込型フォームのサイズ変更、入力項目を横並びに配置する方法、およびフォームの自由記述欄入力文字数についてご説明します。 目次: 埋込型フォームのサイズを変更する方法 入力項目を横並びに配置する方法 項目の順番を変更する方法 フォームの自由記述欄入力文字数について 埋込型フォームのサイズを変更する方法 全体のサイズは変更できませんが、横幅を変更することは可能です。下記の手順に従ってください。 1.  左のダッシュボードメニューよりコンタクトリストをクリックし、登録フォームを選択 2. 「登録フォーム作成」ボタンをクリックし、埋込型フォームを選択後、「次へ」ボタンをクリック 3. ステップ1で詳細を入力後、ステップ2デザインで、画面左の「標準設定」をクリック 4. 「幅変更」のボタンを右にスライドし、ONにします。 5. 「横幅」に任意の数字を入力して横幅を変更してください。 6. 変更後、右上の「保存&出力」ボタンをクリックし、HTMLコードをホームページへアップロードします。(古いコードがある場合は、一度コードを完全に削除した後にアップロードしてください。) 注意点: 「幅変更」ボタンをONにした場合、デフォルトで横幅は400px、最大画像領域は320pxに設定されています。登録フォームの横幅を320px以下に変更すると、自動的に画像サイズはフォームのサイズに合うように調整されます。 「幅変更」ボタンをOFFにした場合、設置場所に対して100%の幅(利用可能な領域いっぱい)で表示されます。 デスクトップ上の最大表示横幅は999pxです。 モバイルデバイスでフォームを開いた場合は、自動で画面サイズに合わせて表示されます。 変更が適用されない場合は、ブラウザのキャッシュが削除されているかご確認ください。 入力項目を横並びに配置する方法 埋込型フォームでは、「名」、「姓」、「メールアドレス」の3つまで項目設定が可能です。初期設定の項目は、「名」と「メールアドレス」です。 入力項目を横並びに配置する際は、項目を2つにすることをお勧めしております。ウェブサイトのデザイン上、項目が3つ必要な場合は「姓」の項目を追加してください。項目の順番を変更する方法はこちらをクリックしてください。 まず、登録フォーム画面を開きます。 ダッシュボードメニューより、コンタクトリストをクリック>登録フォームを選択します。 埋込型フォームを一から作成、または作成済みの埋込型フォームを開きます。 1. 登録フォームの作成が完了しましたら、「保存&出力」ボタンをクリック 2. フォーム出力のポップアップ画面で「次へ」ボタンをクリック 3. 以下の登録フォームコード画面で、ドロップダウンメニューよりRaw HTMLコードを選択します。 4. 右下の「コピー」ボタンをクリックし、全てのコードをコピーします。 5. 右上の閉じるボタン(×)をクリックし、ポップアップ画面を閉じます。画面左上のBenchmark Emailロゴをクリックしてホームに戻ります。 次にHTMLコードエディタを開きます。こちらのステップは任意です。テキストファイルや他のサービスを使用することもできます。 1. 左のダッシュボードメニューより、メール>メールを選択 2. 「メール作成」ボタンをクリックし、メールの種類は通常メール配信を選択します。 3. エディター選択で、HTMLコードを選択し「次へ」ボタンをクリック 4. メール名を入力します。 注意:この手順は登録フォームのレイアウトを確認するためのものですので、実際に配信することはありません。ご確認後は、こちらのメールを削除することをお勧めします。 5. チェックリストを全て入力する必要はありませんので、直接本文&デザインの「メール編集」ボタンをクリックします。 6. 画面左に表示される初期設定のテキストをハイライトし、埋込型フォームからコピーしたコードを貼り付けます。 以下のフッターは、最後にコードをコピーした際は表示されませんのでご安心ください。 7. キーボードのショートカットキーを使って、以下のfieldsetタグを検索します。Windowsの場合は Ctrl + F で、Macの場合は ⌘(command) + F で検索します。 <fieldset class=”formbox-field <fieldset class=”formbox-field とは、フォームの入力項目ボックスのタグです。 上記左の青いボックス内のタグは、右側に表示される登録フォームの項目の「名」、桃色のボックス内のタグは「メールアドレス」を指します。 それでは、タグを編集をしていきましょう。 8. <fieldset  の前に、以下のタグを追加します。(以下をコピー&ペーストして追加も可能) <table><tr><td> 9. 入力が完了しましたら、終了タグを挿入します。 </fieldset>を探して、その後ろに以下の終了タグを追加します。 </td> 10. 次の項目の<fieldset の前に以下のタグを追加します。 <td> 項目が3つある場合は、最後の項目のタグ<fieldset の前に<td>を追加して、</fieldset>の後ろに</td>を追加してください。 11. 各項目にタグを追加しましたら、以下のタグを最後の</fieldset> の後ろに挿入してください。 </td></tr></table> これで、入力項目が横並びに配置されるようになりました。 12. 最後に、横幅を削除します。再度、検索ショートカットキーを使って width: 320px; を検索し、削除します。他のコードを誤って削除しないように気をつけてください。 width: 320px; 全ての手順完了後は、以下のようにコードが表示されます。追加したタグは水色でハイライトしています。 入力項目を横並びに配置したフォームの完成ですが、必ず全てのコードをコピーしてウェブサイトに貼り付けてください。 ご注意:上記のHTMLビルダーのご使用は、あくまでもレイアウトを確認するためのものです。メール内に登録フォームを入れることはできません。 項目の順番を変更する方法 1. 登録フォームを開き、項目の左にカーソルを合わせます。 2. 灰色の線が表示されますので、クリックすると線が緑色に変わり、項目が表示されます。 3. ここで「姓」の項目を追加する場合は、表示設定のスライドバーを右(青色)にします。(必須項目にチェックを入れると、項目名の右上にアスタリスク*が付きます。) 4. 項目名の左の矢印(<)をクリックします。 5. 項目名の左に表示される緑の縦三点をドラッグ&ドロップして任意の順番に変更します。 登録フォームの自由記述欄に入力できる文字数に制限はありますか? 登録フォームの文字数制限については以下のFAQをご参照ください。 FAQ:登録フォームから登録する場合の文字数制限について ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

登録フォーム 3月 26, 2021

クラシックエディタでよく使われる12機能をドラッグ&ドロップエディタで操作する方法

まず最初に、クラシックエディタはレスポンシブなメールの作成が出来ません。弊社のドラッグ&ドロップエディタは、レスポンシブなだけではなく、クラシックエディタでと同じ機能も操作することができます。 以下は、クラシックエディタで行われた上位12項目と、それをドラッグ&ドロップエディタで行う方法です。 1. ブロックの追加 ドラッグ&ドロップエディタでブロックを追加するのは簡単かつ便利です。左側のブロック列に、使用可能なオプションが表示され、希望の場所へ選択したブロックをドラッグ&ドロップするだけです。   2. 既存ブロックのコピー 各ブロックには右上隅に4つのアイコンがあり、マウスをコピーアイコンの上に置いてクリックします。コピーされたブロックが下に表示されます。   3. ブロックの並べ替え
 ブロックを移動するには、右上隅にある最初のアイコンをクリックして、目的の場所にドラッグします。   4. 画像の挿入 キャンペーンに画像を挿入するには、画像ブロックを追加し、「画像をアップロード」する必要があります。これにより画像ギャラリーが開き、挿入する画像を選択することができます。   5. リンクの挿入 ドラッグ&ドロップエディタでは簡単にリンクの挿入が可能です。テキストの一部を選択してURLにリンクすることができます。 また、ドラッグ&ドロップエディタのボタンを使用すると、リンクやpdf、メールアドレスを追加することができます。     6. 動画の挿入
 左のオプションから、動画ブロックをクリックしてメールにドラッグします。ブロックが入ったら、「動画へのリンク」をクリックします。その後、動画のURLの追加、または動画がすでにギャラリーに入っている場合は、挿入をします。   7. ドキュメントライブラリー
 より多くのオプションの元、ドラッグ&ドロップエディタからドキュメントライブラリにアクセスできます。使用するテキストをハイライト、リンクを表示させる場所にカーソルを置きます。その後、エディタの右上にあるメニューをクリックし、アップロードまたは選択します。   8. 書式設定
 ツールバーはエディタの上中央に配置されています。ブロックが編集可能になると、ツールバーが表示されます。   9. パーソナライズ機能の活用 パーソナライズされたメールは良いエンゲージメントを促します。ドラッグ&ドロップエディタにて、クラシックエディタと同じオプションの使用が可能です。タグはツールバーにあります。   10. ソーシャルメディア連携 ソーシャルメディアブロックとソーシャルシェアボタンは、ドラッグ&ドロップエディタでのみ使用できます。コンテンツブロックセクションの下部にあります。 11. スパムチェックとスペルチェッカー スパム及びスペルチェッカーは外部提携ツールですが、ドラッグ&ドロップエディタに連携されており、キャンペーンの内容を簡単に確認することができます   12. テキストメールの更新 ワンクリックで専用のテキストバージョンビューを使用すると、HTMLバージョンからのメールのテキストバージョンを即座に更新できます。   豆知識 モバイルでのレイアウト メールキャンペーン全体のおよそ60%が携帯・モバイルで閲覧がされています。これまでのエディターでは携帯・モバイル端末に対応したメール作成ができず、デバイスによっては希望通りに表示されない可能性が高いございましたが、ドラッグ&ドロップエディターではレスポンシブ対応のメールとなります。そのため自動的にモバイル端末でも最適なレイアウトで表示がされます。 ご注意:テキストブロックを編集する際にTinyMCEロゴが表示されますが、配信されるメールには表示されることはありませんのでご安心ください。TinyMCEはドラッグ&ドロップの動作をより早く優れたものにするため、弊社が利用している第三者企業です。 ご不明な点がございましたら、メールまたはLiveChatにてお気軽にサポートチームにお問い合わせください。

テンプレート&メールエディタ ドラッグ&ドロップエディタ 11月 5, 2020