サポートページ aero-right

WooCommerceとBenchmark Emailを連携させるには?

WooCommerceとBenchmark Emailとのプラグインが完成しました。これにより、Benchmark Emailの拡張機能の一つとして、あなたのWooCommerceストアにおける、カゴ落ち客のデータを直接あなたのBenchmarkアカウントへと繋げる事が可能になります。 この機能を利用するにはまずWoo BenchmarkプラグインとWooCommerceプラグインの両方をお手持ちのWordPressアカウントにインストールしてください。インストール方法詳細についてはこちらをクリックしてください。 WooCommerceプラグインがインストールされたら、Benchmarkの拡張機能を設定する必要があります。Benchmarkの拡張機能を追加するには、以下のステップを参考にして下さい。  WordPressアカウントにログイン  ページをスクロールダウンし、WooCommerceの設定を選択  Benchmark Emailタブをクリック  Benchmark Emailオプションをクリック  利用可能なオプションを確認 ・カートステップをスキップ ・メール項目へと追加  オプトイン項目を確認の上で、ユーザーへ表示させるテキストを追加  Benchmark API Keyを自分のアカウントから貼付け  ”Benchmarkに顧客を同期”をクリック  変更を保存を選択 この作業により、あなたのBenchmarkアカウント上に2つのリストが自動的に作成されます。 WooCommerce Customers WooCommerce Abandoned Carts あなたのBenchmarkアカウント上で上記のリストを確認でいた際には、あなたの顧客へと通常のメール配信もしくはEMAを用いてメール配信を行い始める事が可能となります。 注意:Benchmarkアカウントに表示されるのは、こちらの拡張機能をインストール後に新規顧客になられた方のみとなります。 動画もご用意しておりますので是非ご参照ください。 トラブルシューティング: もし拡張機能がうまく起動していない時には、プラグインを一度削除した上で再インストールをお試し下さい。こちらの方法によっても上手く動作しない場合には、WordPressでご利用頂いているCSS/テーマが問題になっている可能性があります。 プラグインやWordPressテーマを稼働  現在使われているテーマを変更、もしくは既存のプラグインを一度全て停止させ、WooCommerceのみを稼働した状態でお試し下さい。 より詳しいトラブルシューティングについては、WooCommerceのトラブルシューティングをご覧下さい。もしBenchmarkアカウント側での問題と思われた際には、こちらよりサポートまでご連絡下さい。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 11月 25, 2019

新規にリストを作成する方法は?

キャンペーンを送信するときは、連絡先のリストを選択する必要があります。まだリストを作成していない場合は、以下の手順に従って作成してください。 Benchmarkアカウントへログインします。 1. ダッシュボードメニューから[コンタクト]を選択します。 2. ページの右上にある[新規リストの作成]をクリックします。 3. [通常リスト]を選択し、[次へ]をクリックします。 4. 以下のオプションから選択し、新しいリストに連絡先を追加します。 インポート機能を使って作成:保存している.xls、.csv(英語のみ)、.txtファイルからアップロードします。 コピー&ペーストで作成:複数のメールアドレスを含む文書がある場合は、それらをコピーして貼り付けるだけで追加することができます。 1件ずつ登録:一軒ずつ連絡先の詳細をすべて入力します。 サービスからインポートする:Googleコンタクト、Zoho、Microsoft Dynamics CRMなどの連携サービスからコンタクトをインポートします。 (このFAQでは、[インポート機能を使って作成]オプションを使用しています)。 5. [次へ]をクリックします。 6. リストに名前を付けて、[次へ]をクリックします。 7. ファイルを選択して[開く]をクリックします。 8. [次へ]をクリックします。 9. それに応じてフィールドをマップします。 10. [保存して終了]をクリックします。 注:すべてのリストのアップロードは、リストの照会の対象となります。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。

顧客リスト 3月 15, 2019