サポートページ aero-right

WordPressとBenchmark Emailを連携する方法は?

連携でできることは? ・ブログ記事をそのままメールで配信できます。 ・登録フォームの設置ができ、WordPress内でフォームの作成や編集も可能です。 ・WordPressページよりメールの送信(またはテストメール)ができます。 ・WordPressダッシュボード内でレポートの表示ができ、開封率などを確認することができます。 ここでは連携手順とメール送信手順をご紹介します。 まだBenchmark Emailのアカウントをお持ちでない方は、以下のリンクより作成後、下記の手順に従って連携を行なって下さい。 クイックリンク:無料トライアル作成 連携手順 まず、Benchmark EmailのAPI キーを取得します: Benchmark アカウントへログインします。 画面右上のアカウント名をクリックし、API/連携を選択します。 左のメニューからAPI キーをクリックします。 「あなたのAPI キーは」というボックス内に表示されたAPIキーをコピーします。 次に、WordPressプラグイン「Benchmark Email Lite」をインストールします: WordPressブログページにログインします。 ダッシュボードメニューからPlugins(プラグイン)を選択しAdd New(新規追加)をクリックします。 画面右のKeyword欄に「Benchmark Email Lite」と入力し検索します。 Install Now(今すぐインストール) をクリックします。サイトホストより付与されたFTPあるいはFTPSユーザー名とパスワードを入力する必要がある場合がございます。 Activate(有効化)をクリックします。 最後に、WordPressページに戻りAPIキーを入力します: ダッシュボードのサイドバーメニューからBenchmark Email Liteをクリックし、Settingsをクリックします。 「Connect  to Benchmark」ボタンをクリックし、Benchmark Emailのログイン名とパスワードを入力します。  API Key(s) from your Benchmark Email account(s)にコピーしたAPI キーを貼り付け、Save changes(変更して保存)をクリックします。 「You are connected!」のメッセージが表示されましたら、連携完了です!今後は、ダッシュボードの左のBenchmark Emailを選択しInterfaceをクリックします。WordPressのサイトを離れることなくBenchmark Emailの登録フォームの設置やメールの作成・送信ができるようになります。 また、登録フォームの設置はダッシュボードのサイドバーメニューからAppearance(外観)を選択し、Widgets(ウィジェット)をクリックします。必要数の登録フォームウィジェットをセットアップでき、WordPressページ編集画面からメールに挿入したい投稿、ページをいくつでも保存できます。 詳しくはこちら:WordPressブログにBenchmark Emailの登録フォームを掲載する方法 メール送信手順: 「投稿」画面にて、配信する記事を作成します。 投稿メニューに該当の記事が表示されます。 記事から配信を選択頂くと、Benchmark Emailのページに移動し、ここで配信時間など詳細設定ができます。 注意点: メールのフォーマットはブログ記事で使用したものがそのまま反映されます。 「続きを読む」リンクは受信側の仕様によって表示される箇所が異なります。 関連ブログ:WordPressプラグインでメルマガ配信する方法を図解してみた ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 9月 16, 2020

イベント管理ツールの使い方

Benchmarkイベントにログイン。 「イベント新規作成」をクリック、もしくは「最新のイベント」パネルの青ボタンをクリック。 「イベント名」を記入。「イベント会場」「イベント開催地」はオプション項目となっております。 イベント開始/終了日時を入力しましょう。 定期的に開催されるイベントの場合は「イベントリピート」を設定してください。 イベントに関する説明文を記述してください。ここでの記述を元に自動的に検索エンジン上にページが公開されます。検索エンジンにヒットしないよう、特定のユーザーのみアクセスできるように編集することも可能です。 以下からチケット情報の入力となります: まずチケット名、量と金額を設定してください。作成できるチケットは3種類あり、それぞれの顧客セグメントに合わせた内容を作成できます (無料チケットやVIP専用チケット、関係者用チケットなどが作成可できます) 発売中あるいは販売停止になっているチケットも編集が可能です。(イベント終了後はチケットの販売は出来ません) 「定員」項目に数字を入力し、イベントの定員を決めましょう。こちらに入力された数を基準に合計チケット発行数が決定します。 新しいチケットを設定する場合は「追加」をクリックしてください。最初に設定したものと同様にチケット名、種類、販売数と価格を設定できます。 イベント主催者情報を入力してください。 アドバンスオプションをクリックするとTwitterのハッシュタグの追加や、Google Analyticsとの連携させることが可能となります。 さらにイベント

Event Marketing 9月 5, 2019

Google+アイコンをメールに挿入するには?

  Benchmark Emailでは簡単にソーシャルメディアアイコンをメールに挿入することができます。 Google+アイコンをメールに挿入するには? 1. デフォルトでレイアウトの一番下に挿入されているソーシャルボタンブロックをクリックします。 2. 画面左編集オプションのその他のサービスを追加するドロップダウンからGoogle Plusを選択し+ボタンをクリックします。 クラシックエディタでの方法   ステップ4のエディタ画面にて、アイコンを配置したいセクションの「ブロックの編集」 アイコンをクリックします。 アイコンを表示したい特定の箇所をクリックします 画面左の「ソーシャルメディアボタン挿入」内から「Google+ページ」をクリックします。 下にあるポップアップが表示されます。 使用可能なオプションからお好きな画像を選択して下さい。特定のGoogle+ページの挿入方法も記載されています。 「更新」をクリック。 セクションの「保存」をクリックし、変更を保存します。 注) Benchmark Emailではメール配信に活用していただける特別なソーシャルメディアテンプレートをご用意しております。また、ソーシャルメディアサイト上にメールマガジンやニュースレターのアーカイブをシェアするのもお勧めです。    

ソーシャルメディア 9月 6, 2019

メールにYelpアイコンを挿入するには?

  Benchmark Emailでは簡単にソーシャルメディアアイコンをメールに挿入することができます。 Yelpページへのリンクを直接メールに挿入するには: 1. デフォルトでレイアウトの一番下に挿入されているソーシャルボタンブロックをクリックします。 2. 画面左編集オプションのその他のサービスを追加するドロップダウンからYelpを選択し+ボタンをクリックします。 クラシックエディタでの方法   ステップ4のエディタ画面にて、アイコンを配置したいセクションの「ブロックの編集」    アイコンをクリックします。 アイコンを表示したい特定の箇所をクリックします。 画面左の「ソーシャルメディアボタン挿入」内から「Yelpページ」をクリックします。 下にあるポップアップが表示されます。 お好きな画像を選択して下さい。特定のYelpページの挿入方法も記載されています。 「更新」をクリック。 セクションの「保存」をクリックし、変更を保存します。 注) Benchmark Emailではメール配信に活用していただける特別なソーシャルメディアテンプレートをご用意しております。また、ソーシャルメディアサイト上にメールマガジンやニュースレターのアーカイブをシェアするのもお勧めです。  

ソーシャルメディア 9月 6, 2019

1 2