サポートページ aero-right

WordPressとBenchmarkを連携する方法は?

連携でできること WordPress連携を使用するとブログ記事をメールで配信、カスタマイズ登録フォームの設置、WordPressページからメールを送信またはテストすることができます。また、ワードプレスダッシュボード内からレポートを表示することもできます。 Benchmark Emailのアカウントをまだお持ちでない方は以下のリンクから作成後、下記ステップをお進み下さい。 クイックリンク:無料トライアル作成 連携手順 Benchmark Email の API キーを取得するには以下のステップに従います: Benchmark アカウントへログインします。 画面右上のユーザー名をクリックし、連携を選択します。 左のメニューからAPI キーオプションを選択します。 あなたのAPI キーはのボックス内をコピーします。   インストールの手順: WordPressブログページにログインします。 ダッシュボードメニューからPluginsを選択しAdd Newをクリックします。 Benchmark Email Liteを検索します。 Install Now オプション(必須の場合もあります)をクリックし、サイトホストより付与されたFTPあるいはFTPSユーザー名とパスワードを入力します。 Activateオプションを選択します。   WordPressページに戻ります: AdministrationサイドバーメニューからBenchmark Email Liteをクリックし、更にSettingsをクリックします。 API キーが正しく設定されているか確認します。 正しく設定されていれば、Appearance, Widgets Administrationページにて必要数の登録フォームウィジェットをセットアップできます。またWordPressページ編集画面からメールに挿入したい投稿、ページをいくつでも保存できます。   関連ブログ:WordPressプラグインでメルマガ配信する方法を図解してみた ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 11月 7, 2019

自社ウェブサイトを持っていない場合のファイルやコンテンツへのリンク追加方法

 Benchmark Emailでは弊社クラウドベースサーバーにコンテンツ(最大100MBまで)をアップロードすることができます。その後、ファイルをリンクとしてメールに添付することができます。ステップ4エディタ画面にて“リンクの挿入”をクリックしてファイルをアップロードしましょう。 画像、文書またはHTMLページであっても、あなたのコンテンツを無料でホストすることが出来るサービスが沢山あります。 ここでは一部のサービスをご紹介します。 Googleドキュメント:  Googleドキュメントは、ドキュメントを作成しアップロードして他の人に共有することが出来る最適なサービスです。詳細はwww.google.com/docsで確認が出来ます。 File Savr(英語のみ): この無料ファイルホスティングサーボスは、広告を使用していないシンプルなインターフェイスで共有することが出来るサービスです。詳細はwww.filesavr.com で確認が出来ます。 File Dropper(英語のみ):  File Dropperは5GBまでのコンテンツや画像などをアップロードすることが出来ます。シンプルな2つのステップで簡単に利用できます。 詳細は www.filedropper.com で確認が出来ます。 Googleサイト: Googleサイトは簡単にサイト作成するツールです。 ウェブページを作りあげ、さらにデータやコンテンツを見ることが出来る人を設定することが出来ます。詳細はwww.google.com/sitesで確認が出来ます。 一度、添付ファイルやコンテンをオンライン上にホストしたら、作成するメルマガにリンクを挿入することが可能になります。  

メール配信 4月 24, 2019