Benchmark Email サポートセンター

サポートページ aero-right Salesforceとの連携はできますか?

Salesforceとの連携はできますか?

連携機能 更新日 4月 5, 2022

SalesforceとBenchmark Emailを連携する方法は、以下の2通りです。

  • Zapierを利用して連携する
  • Benchmark Email RESTful APIを利用して独自にシステム構築を行う

詳しくは各リンク先の説明をご確認ください。

Zapierを利用して連携する

Zapierを使ってSalesforceと連携を行うことが可能です。

FAQ:Zapier連携を使って、他社サービスの顧客リストをBenchmark Emailにインポートする方法

FAQ:Zapierを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは?

関連ブログ記事:Zapierを使ってSalesforceとメルマガを連携し、リードの登録を自動化しよう!

 

Benchmark Email RESTful APIを利用して独自にシステム構築を行う

Benchmark Email RESTful APIを利用して独自にシステム構築を行うことで、コンタクト情報のインポートが可能となります。

Benchmark RESTful APIに関しては以下のFAQをご参照ください。

FAQ: Benchmark Email の RESTful API を利用する方法は?

 

参考:Salesforceから手動でコンタクトリストをダウンロードする方法

Salesforceのアカウントをお持ちの方で、Salesforce上にあるコンタクトリストをBenchmark Emailに移したい際には以下のステップをご確認ください。

1. ブラウザを開き、 http://www.salesforce.com にてメールアドレスとパスワードを入力しログインします。

2. トップメニューの「レポート」タブをクリックします。

3. 取引先をエクスポートするには:「取引先一覧」リンクをクリックします。

4. 取引先責任者をエクスポートするには:「顧客名簿」リンクをクリックします。

5. ステップ1では、レポートタイプを選択し表形式レポートを選択します。「次へ」をクリックします。

6. ステップ2では、レポートコラムを選択します。エクスポートしたいコラムを選択したら、「次へ」をクリックします。

7. ステップ3では、要約する情報を選択し「次へ」をクリックします。

8. ステップ4では、レポートコラムを整頓し「次へ」をクリックします。

9. ステップ5では、レポート条件を選択します。すべての取引先が含まれる様に開始日を設定します。 項目の絞り込みをすることで取引先のサブセットのエクスポートも可能です。終了したら「レポートの実行」をクリックします。

10. レポートが作成され、ページ上には「レポート生成状況:完了」と表示されます。「詳細をエクスポート」ボタンをクリックします。

11. レポートのエクスポートファイル形式で「カンマ区切り形式(.csv)」を選択し、「エクスポート」をクリックします。

12. エクスポートしたファイルをパソコンに保存するためのポップアップが画面上に表示されます。

13. Benchmark Emailアカウントに保存したファイルをインポートします。 インポート方法について詳しくは以下のFAQをご参照ください。

FAQ:顧客リストのファイルをBenchmark Emailへアップロードする方法は? 

 

 

 

>>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

Benchmarkから業界トレンド&最新情報をお届けします

ご登録頂きありがとうございます!

登録を完了させるには、認証メールのご確認をお願いします。