サポートページ aero-right スパムトラップ

コンタクトリストのスパムトラップとは何ですか?

コンタクトリストの「スパムトラップ」は、スパムトラップへ配信を行ってしまった場合にご利用いただく機能です。また、スパムトラップの疑いのあるメールアドレス(長期間未開封が続くメールアドレス)を抽出し、メール配信時に除外することができます。 スパムトラップとは? スパムトラップとは、インターネットサービスプロバイダー(ISP)やスパム防止サービスが迷惑メール配信者を特定するために用意しているダミーのメールアドレスのことです。 スパムトラップへの配信を続けてしまうと、配信元として使用されているドメインの評価が下がり、 配信するメール到達率が低下してしまう恐れがあります。また、長期間未開封が続くメールアドレスにメールを配信するのを未然に防ぐことでドメインの評価を上げる効果もあります。 なお、スパムトラップ機能はリスト照合サービスとは異なります。 スパムトラップ機能:配信後にスパム報告がされるメールアドレスや疑いのあるメールアドレスを抽出し、今後配信対象外にすることができる機能です。 リスト照合サービス:配信前に無効なアドレスを検出することができるサービスです。(スパムトラップアドレスの検出はできません)   目次: スパムトラップ機能で抽出可能なメールの種類 スパムトラップの疑いのあるアドレスを抽出し、リストから削除または新規リスト作成で保存する方法 抽出したアドレスを「配信対象外」にする方法   スパムトラップ機能で抽出可能なメールの種類 「スパムトラップ」機能で抽出可能なメールは以下の通りです。 ハードエラー:永続的な原因でメール受信ができない場合に生じるのがハードエラーです。詳しくはこちら ソフトエラー:一時的な原因でメールの受信ができない場合に出るエラーです。詳細はこちら メール未開封コンタクト  直近5通のメール 直近10通のメール 直近20通のメール 直近30通のメール スパムトラップとなるメールアドレスは、エラーとしては記録されず「未開封だったメールアドレス」として記録されます。そのため、スパムトラップの疑いのアドレスを抽出する際は、「メール未開封コンタクト」のみ抽出します。 ハードエラーやソフトエラーを抽出する必要はございません。   スパムトラップの疑いのあるアドレスを抽出し、リストから削除または新規リスト作成で保存する方法 1. ダッシュボードページ左側のメニューよりコンタクトリストをクリック 2. スパムトラップを抽出したいコンタクトリスト名をクリック 3. 画面上部のスパムトラップをクリック 4. 「メール未開封コンタクト 直近」をクリックし、直近何通まで未開封のメールアドレスを抽出するかを選択 *毎週メール配信をしているなど配信頻度が高い場合には「20メール」や「30メール」を選択いただき、配信数が月に1回など少ない場合は、5メールや10メールを選択してください。 *「ハードエラー」は設定頂く必要がございませんので、チェックボックスから除いてください。 5.「リストから削除」または「新規リストの作成」を選択し保存 「リストから削除」を選んだ場合は、該当コンタクトが削除されます。 *該当コンタクトを再度アップロード・配信してしまう恐れがある場合は、削除ではなく新規リストの作成及び配信対象外設定をお願い致します。 「新規リストの作成」を選んだ場合は、該当コンタクトで新しいリストが作成されます。新しいリストはコンタクトリストに保存され、新規リスト名は自動的に元のコンタクトリスト名に「- 未開封」が追加されます。なお、リスト名はいつでも編集・変更可能です。 例:全社内向けリスト - 未開封     抽出したアドレスを「配信対象外」にする方法 上記で「新規リストの作成」を選択することで、抽出したアドレスを配信設定時に「配信対象外」にすることが可能です。この方法ですと削除することなく配信の対象から除外されます。詳しくは以下のFAQをご覧くださいませ。 FAQ:配信先から特定のコンタクトリストを除くには?   重要: ・該当コンタクトを再度アップロード・配信を行う恐れがある場合は、削除ではなく新規リストの作成及び配信対象外設定をお願い致します。 ・「リストから削除」ボタンをクリックすると、選択したコンタクトがコンタクトリストから削除されます。一度削除したアドレスは元に戻すことができませんので、ご注意ください。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

到達率 顧客リスト 10月 13, 2021