サポートページ aero-right パーミッションリマインダー

アカウント設定の「言語選択(メール内)」が適用される部分はどこになりますか?

言語選択の設定には「メール内」と「操作画面」の2種類がございます。 言語選択(メール内)   言語設定(操作画面) ここでは、「言語選択(メール内)」で自動翻訳が適用される範囲、適用されない範囲、そして対応言語をご紹介します。 適用範囲 以下はアカウント設定で言語選択をした後に、新規作成したメールに反映されます。配信済み・作成済みのメールには反映されません。 ヘッダー部分のWebページ版リンク(文言:正しく表示されない場合はこちら) パーミッションリマインダーのメッセージ フッター部分の送信者情報(宛先情報) フッターの認証マーク、配信停止、登録情報更新、転送、迷惑メール報告のリンク ただし以下はリアルタイムで反映されます。 配信状況管理ページ メール転送ページ フッターからリンクした先の「配信停止ページ」 言語選択を設定する方法 アカウント設定画面より言語設定の変更が可能です。 詳しくは以下のFAQをご覧ください。 FAQ:フッターの言語を変更する方法 アカウントごとに1つの言語を使用し、複数言語で配信を行いたい場合はサブアカウント機能をご利用ください。 適用されない範囲 ●アンケート アンケート内に表示される「メールアドレス記入欄」は、操作画面の言語がリアルタイムで反映されます。 アンケート機能については以下FAQをご覧ください。 FAQ:アンケートの作成方法は? ●登録フォーム <埋込型フォーム(多項目)の場合> フォーム文言:作成時の操作画面言語 登録後の画面:作成時の操作画面言語 ※既にご登録済みのアドレスが再度登録された時に表示されるエラーメッセージは、エラーメッセージが表示されるタイミングでアカウントに設定されている操作画面言語 オプトインメール:自分で用意した文章(デフォルトで用意されるのは作成時の操作画面言語) メール内リンククリック後の認証完了ページ:作成時の操作画面言語 <ポップアップフォームの場合> フォーム文言:作成時の操作画面言語 登録後の画面:作成時の操作画面言語 オプトインメール:購読者が登録したタイミングに、アカウントで設定されている操作画面言語 メール内リンククリック後の認証完了ページ:購読者がアクセスしたタイミングに、アカウントで設定されている操作画面言語   対応言語 現在、Benchmark Emailでは下記の言語に対応しております。 Arabic Chinese Traditional Chinese Simple Croatian Czech Danish Dutch English Estonian Finnish French German Greek Hungarian Italian Japanese Lithuanian Polish Portuguese – Portugal Romanian Russian Slovak Slovenian Spanish Swedish Turkish Bulgarian Ukrainian Catalan Mongolian Norwegian Bahasa Portuguese – Brasil Vietnamese   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

Benchmark Emailについて アカウント設定 1月 15, 2021

パーミッションリマインダーの編集方法

目次 ・パーミッションリマインダーとは ・表示と非表示の切り替え / 文言の編集 ・位置の移動 ・初期設定の表示位置の変更   パーミッションリマインダーとは パーミッションリマインダーとは、「メール配信に同意してくれたのでメールを送っていますよ」と受信者へ通知するものです。購読者の中にはメールを登録したことや受信を希望したことを忘れている場合があるため、リマインダーとしてメール内に挿入します。以下のようにメールのヘッダーあるいはフッター部分に小さく表示されます。 パーミッションリマインダーを表示することで、受信者に信頼、安心感を与えることができ、迷惑メールではない証明にもなることから、近年、パーミッションリマインダーの利用が増えてきています。 また、購読者にメールアドレスを受信登録(ホワイトリスト)をして頂くことにより、メールサーバーに安全な送信元であることを伝え、迷惑メールフォルダーに振り分けられることがなくなります。ホワイトリストについての詳細は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:ホワイトリスト化についての詳しい解説 初期設定では、パーミッションリマインダーは全てのメールのフッダーにございますが、非表示にしたり移動したりすることが可能です。表示と非表示の切り替え方法については以下の手順に従ってください。   表示と非表示の切り替え / 文言の編集 1. メール作成のチェックリストから「本文&デザイン」を選択します。 2. メール内のパーミッションリマインダー(以下の画像)をクリックします。 3. 左側に「コンテンツ」タブが表示されます。非表示にするには、リンクの「パーミッションリマインダー」のチェックボックスをクリックます。 4. その下に表示されるテキストボックス内にて文言を編集することができます。 5. 「保存&閉じる」ボタンをクリックし完了です。 ***HTML版にてパーミッションリマインダーを表示させるよう設定した場合、テキスト版でも表示される仕様となります。*** なお、配信停止リンク、住所は非表示にすることはできませんのでご了承ください。 位置の移動 パーミッションリマインダーブロック内の移動アイコンにカーソルを合わせ、移動したい所にドロップするだけです。 通常のブロックと同じ方法で移動可能です。以下のFAQをご覧下さい。 FAQ:メール内でブロックを移動・コピー・削除・サイズ変更する方法は?   初期設定の表示位置の変更 初期設定の表示位置を、メールのヘッダーまたはフッターから選ぶことができます。 1.  Benchmark Emailアカウント設定ページにアクセスします。 2.  スクロールダウンし、「メール配信設定」の許可通知先の場所でヘッダーまたはフッダーのいずれかを選択します。 3.  画面右上の「保存」をクリックして完了です。 Benchmark Emailでは、Webページ版リンクをメール内に挿入することをお勧めしております。詳しくは以下のFAQをご覧ください。 FAQ:メール内にWebページ版リンクを挿入する方法と、メールのURLを取得する方法 ご不明な点がございましたら、サポートまでご連絡ください。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 12月 13, 2020

メールに注意書きを追加することはできますか?

個々の会社のセキュリティ・プライバシーに関する情報などで必要となる注意書きをメール内に追加することが可能です。パーミッションリマインダーに追加する方法と、テキストブロックを利用して挿入する方法の2種類があります。 それぞれの方法詳細については以下をご覧ください: パーミッションリマインダー 「メールの作成」をクリックします。 メールの種類を選択し「次へ」をクリックします。 エディターを選択し、「次へ」をクリックします。 管理用メール名を入力し「次へ」をクリックします。 チェックリストの「配信先」「送信元」「件名」をそれぞれ設定します。 チェックリスト一番下の「本文&デザイン」をクリックし、レイアウトを選択します。 パーミッションリマインダーブロックを選択し、左側の「コンテンツ」タブのテキストボックスに注意書きを入力します。 デフォルトテキストは削除せず、追加する形がお勧めです。 「保存&閉じる」をクリックして完了です。 *パーミッションリマインダーの表示箇所はブロックをドラッグ&ドロップアイコンを使って変更することが可能です。 *テキストのフォントやサイズは変更できない点だけご注意ください。   テキストブロック メールエディタ上での操作となりますので、メール作成の「本文&デザイン」までお進みください。 テキストブロックを任意の位置にドラッグ&ドロップします。注意書きはトップまたは最下部に配置されている事が多い点にご留意ください。 注意書き内容を入力し、「保存&閉じる」をクリックします。 その他のコンテンツを挿入してメール編集を完了してください。 これで手順は完了です。テキストブロックを利用する場合はフォントやサイズなど自由に変更が可能です。 過去に作成したメールは配信、または下書き保存することによってテンプレートとして次回からご利用頂けます。「本文&デザイン」の編集をクリックし、「レイアウト」から「過去のメール」タブを選択してください。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 到達率 10月 22, 2020