サポートページ aero-right

テキスト版のメールの編集方法は?

目次 テキスト版とHTML版の同期とは テキスト版とHTML版を同期する方法 テキスト版を自由に編集する方法 テキスト版で書式・フォント等の変更はできますか? テキスト版とHTML版の同期とは 同期がオンになっている: HTML版で編集した内容が、テキスト版にリアルタイムで反映されます。リンクは [1] [2] [3]...の文字が代入され、最後にReference:としてURLが表示されます。 同期がオフになっている: テキスト版が保護されています。HTML版を編集しても、テキスト版が変更されることはありません。過去のメールをコピーして作成した場合、過去のメールのテキスト版が保護された状態で編集が始まります。送信前に、必ず今回のメール内容を反映するようにしてください。 テキスト版とHTML版を同期する方法 メール作成チェックリストの「本文&デザイン」からメール作成を選択の上で、「テキスト版エディタ」にカーソルを当てます。 以下のように「HTML版とテキスト版の自動同期がオフになっています。」と表示される場合は、HTML版の変更がテキスト版に反映されていません。 同期する場合は、「テキスト版エディタ」をクリックして編集画面へ移動します。 「HTML版とテキスト版の内容を同期」をクリックします。 そのまま「保存」を押すと、同期したままHTML版の編集画面へ戻ることができます。※ここで内容編集を行うと、同期はオフに戻り、編集内容が保護されます。 「テキスト版エディタ」にカーソルを合わせると「HTML版とテキスト版の自動同期がオンになっています。」と表示されますので、同期完了です。この状態でHTML版を編集すると、変更がテキスト版へ自動反映されます。 テキスト版を自由に編集する方法 メール作成チェックリストの「本文&デザイン」からメール作成を選択し、「テキスト版エディタ」をクリックします。 テキストの編集を行います。HTMLで作成した内容を元に編集を始める場合は、「HTMLの内容をテキストへ変換」ボタンをクリックしてから編集します。 テキスト版の編集が終わったら、画面右下の「保存」ボタンをクリックします。※この後、HTML版を編集しても、テキスト版が変更されることはありません。 テキスト版で書式・フォント等の変更はできますか? テキストメールを編集する理由は、HTMLの表示ができない受信者であってもメッセージを確認できる様にするためです。そのためテキストメールはHTMLを含め、ほとんどコードが含まれていない状態となっています。HTMLタグをテキストメールに付け加えることは可能ではありますが、HTMLを設定で表示しない購読者に対してはコードがそのまま見えてしまう可能性もあります。 >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

メール配信 9月 12, 2019

フォント・文字サイズ・行間を調整する方法は?

フォント・色・文字サイズを変更する方法 編集が必要なブロックを選択し、「Edit」ボタンをクリックします。 編集を行うテキストを選択(ハイライト)します。 画面左側のText Formatting Options にて下記のことが行えます。 色の変更:. アイコンをクリック後、ご希望の色を選択し、「Apply」ボタンをクリックし保存します。 フォントの変更:のドロップダウンボックスを選択し、新しいフォントを選択します。 サイズの変更:のドロップダウンボックスを使って、新しいサイズを選択します。 太字、イタリック、アンダーラインなどは、それぞれのアイコンをクリックしてください。   お好みのフォントで作成が可能ですが、配信先で同じように表示されるには配信先の端末において同じフォントがインストールされている必要があります。Benchmark Emailで採用しているフォントは以下の通りです: Hiragino Kaku Gothic Pro / MS Gothic / MS Mincho / Osaka / Arial / Arial Black / Arial Narrow / Baskerville / Comic Sans MS / Courier New / Garamond / Georgia / Helvetica / Impact / Lucia Grande / Palatino / Papyrus / Tahoma / Times New Roman / Trebuchet MS / Verdana / 標楷體 / 新細明體 / Sim Hei 注意1:新しいフォントはすべての端末において使用が保証されているものではありません。もしも選択されたフォントがインストールされていない場合は、すでにインストール済みのフォントが代わりに表示されます。 注意2:お客様がお持ちの画像やロゴを添付される場合は、画像ファイルとしてそのまま表示されますのでご安心ください。 行間を調整する方法 エディタにて行間を調節したいテキストをハイライトし、画面左のコンテンツタブ内、行間のドロップダウンメニューより お好みの幅を選択します。   改行する方法 段落内で改行を行いたい場合はShift+Enterを使用して下さい。 Return/Enterキーは新たな段落をスタートすることになり、改行とは外観が異なります。   テキストを上付き、下付きに変更する方法 文字を基準よりも上、もしくは下に表示させるには、SUP、またはSUBボタンをご利用ください。 メール内の文字を上付きに変更する方法 変更したい文字のあるブロックの編集アイコンをクリック。 画面左下パネル、コード参照ボタンをクリック、もしくはブロックツール内のHTMLボタンをクリック ポップアップ画面にHTMLコードが表示されます。上付き文字に変更したい文字を探してください。 文字の前後を<sup>タグを囲ってください。 例:<sup>テキスト</sup> 例:商標を表示になる場合は <sup>&#8482;</sup>とご入力いただくと™(商標マーク)が本文に表示されます。 「保存&閉じる」をクリック. ブロックの「保存」をクリックし、編集内容を保存してください。 メール内の文字を下付きに変更する方法 変更したい文字のあるブロックの編集アイコンをクリック。 画面左下パネル、コード参照ボタンをクリック、もしくはブロックツール内のHTMLボタンをクリック ポップアップ画面にHTMLコードが表示されます。下付き文字に変更したい文字を探してください。 文字の前後を<sub>タグを囲ってください。 例:<sub>テキスト</sub> 例:商標を表示になる場合は同じく <sub>&#8482;</sub>と入力すると™(商標マーク)が本文に表示されます。 「保存&閉じる」をクリック ブロックの「保存」をクリックし、編集内容を保存してください。 プレビュー、テストメールの送信で変更が正常に表示されているか確認を行いましょう。 特別な文字やシンボルを使用する方法 メールマガジンに特別な文字やシンボルを使用する場合は、HTMLナンバーもしくはネームコードを使用する必要があります: シンボルを挿入したいテキストブロックをクリックし、画面上部の編集オプションからHTMLコードの確認アイコンをクリックします。 コード参照のポップアップ画面に、使用したいHTMLナンバーもしくはネームコードを置き換えて下さい。頻繁に使用される特別な文字例 : シンボル HTMLナンバー HTML ネーム © © © ® ® ® ™ ™ ™ £ £ £ ¢ ¢ ¢ HTMLナンバーやネームはこちらのサイトで参照が出来ます。http://www.webmonkey.com/2010/02/special_characters/ 保存&閉じるをクリック 変更を保存 これでプレビューもしくはテストメールを送信してシンボルが正しく表示されているかの確認が出来ます。   ブロックごとに文字列を「右に揃える」「左に揃える」「中央に揃える」方法 ツールバーより左に揃える, 右に揃える, 中央に揃える両端に揃えるを選択してください。 段落ごとに文字列を「右に揃える」「左に揃える」「中央に揃える」方法 同じブロック内で段落ごとに揃え位置を変更するには、HTMLコードの編集が必要となります。以下の手順で編集を行ってください。なおHTMLの取得方法は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:どのようにHTMLコードを表示しますか? 編集したいテキストブロックをクリックし、HTMLの取得を行います、 表示されるHTMLコードをNotepad,Textpad等のテキスト編集ソフトにコピー&ペーストしてください <br/ >、 を<p> ~ </p>もしくは <div> ~ </div> タグに置き換えてください。 以下スクリーンショットは編集を加えていない状態のコードです タグを<p> ~ </p> に置き換えている場合、以下のスクリーンショットを参照してください タグを <div> ~ </div> に置き換えた場合、以下のスクリーンショットを参照してください 変更したコードをHTMLコピー&ペースト画面に貼り付けて、保存&閉じるボタンをクリック これで各段落、文章ごとに「右に揃える」「左に揃える」「中央に揃える」を指定できるようになります。以下の手順に従って作業を進めてください: 設定を行いたい段落にカーソルを合わせてください ツールバーより左に揃える, 右に揃える, 中央に揃える両端に揃えるを選択してください ブロックの「保存」をクリックしてください これを段落別に行うことで各段落の設定変更が可能です

テンプレート&メールエディタ 8月 7, 2019