サポートページ aero-right メーラー

送信前にメールを確認したいのですが、どのような方法がありますか?

メールを本配信する前に、以下の方法を使ってメールが実際どのように届くかを確認することが可能です。 編集画面のプレビュー テストメール配信 本配信の前に、同じメールを一度自分のアドレスに送信する 何を確認するべきか(チェックリスト)   編集画面のプレビュー ドラッグ&ドロップのメール編集画面から、配信前にどのように表示されるかを確認できます。 1. ダッシュボートの左メニューから「メール」をクリックし、「ドラッグ&ドロップ」を選択します。 2. メールの編集画面下にある「プレビュー」ボタンをクリックします。 3. 「デスクトップ」「モバイル」「テキスト版」の3種類を確認する事が可能です。   テストメール配信 編集画面よりテストメールを送ることによって、購読者に届くメールと同じメールが確認出来ます。しかし購読者が利用しているメールサービス、クライアントによりフォーマットが異なるためレイアウトに不具合が出る場合があります。 様々なメールサービス宛 (gmail, hotmail, msn,など) にテストメール送信を行うことでレイアウト不具合を事前に確認し対応することが出来ます。 テストメール送信方法については以下のFAQをご覧ください。 FAQ:テストメールの送り方と配信制限について また、テストメール配信ではフッターに 『This is a Test Email only.』と表示され、全てのリンクはテストモードとなります。特電法(特定電子メール法)に遵守し全てのメール配信には会社住所やメールアドレスといったコンプライアンス情報がフッターに記載されます。 注意点: パーソナライズ機能で挿入した顧客情報(氏名など)もテストメールで確認される事が可能です。パーソナライズ機能のテストを行うには、テスト用のリストに本配信を行ってください。パーソナライズ機能はプレビューで確認できます。確認方法はこちらのFAQをご覧ください。FAQ:購読者毎の情報をメールや件名に差し込む方法(パーソナライズ機能) テストメールにて受信したメールと本配信のメールではレイアウトが異なる事がございます。本配信のメール通りにメールの確認をしたい場合には、以下の本配信の前に自分のアドレスに送る方法でレイアウトを確認して下さい。 デザインやレイアウト、コードに問題がある場合でも Microsoft Outlookではメールを正しく表示する仕組みがございます。そのため、テストメールを確認する場合はOutlookではなく、Yahooメール、Gmailなどのフリーメールのご利用をお勧めします。 本配信の前に、同じメールを一度自分のアドレスに送信する 本配信を行う前に、予め自分のアドレスを含めたテストメールを送信するコンタクトリストを作成し、そちらのリストに対しメール配信を行う事で、実際のレイアウトを様々な端末で確認する事が可能となります。 それでもレイアウトが崩れる、という場合には以下のFAQをご覧の上、トラブルシューティングを行なってください。 FAQ:Benchmark Emailへコピー&ペーストすると、テキストの書式が変わってしまうのですが? また受信テスター(有料)を使用することにより幅広い受信先でのレイアウト表示を確認できます。 詳細は下記のFAQをご覧ください。 FAQ:受信テスターの目的と作成方法について   何を確認するべきか(チェックリスト) 本番配信前に確認したいチェック項目は、こちらをご覧ください。 ブログ記事:HTMLメールの配信前チェックリスト!初心者から上級者まで忘れたくない17項目   >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

メール配信 4月 23, 2021

受信テスターの目的と作成方法について

受信テスターとは、メールを配信する前にさまざまなメーラー(メールサービス)上でメールがどのように表示されるかを確認できる機能です。(スクリーンショットで実際のメールをご覧頂けます。) また、各種迷惑メールフィルターを使ってスパムチェックを事前に行うことも可能です。 目次 受信テスターのご利用方法 メールのレイアウトを確認できるデバイスの種類 スパムチェック可能な迷惑メールフィルターの種類 受信テスターをサブアカウントで利用する方法 受信テスターで確認するべき項目(チェックリスト)   受信テスターのご利用方法 受信テスターを利用するにはまずテストを作成してください。以下のステップに従ってください。また、受信テスターの設定方法を解説したスライド資料(PDF)もページ最下部にございますので、ご参照ください。 1. Benchmark Emailアカウントにログインします。 2. ダッシュボード左のメニューから「メール」をクリックします。 3. 次に「受信テスター」を選択します。 4. ページ右上の「テストの新規作成」ボタンをクリックします。 5.  詳細ページにて、任意のメールを選択します。 6.  ページ下部の「メールクライアントを選択する」ボタンをクリックします。 7. 受信テスターのポップアップ画面が表示されますので、確認したいメールクライアントのチェックボックスにチェックを入れてください。Gmail(Explorer)は2回分無料です。 8. またスパムチェックを行う場合は、同画面にてスクロールダウンし、任意の迷惑メールフィルターチェックボックスにチェックを入れます。「購入する」または「テストの実行」ボタンをクリックします。 注意点: Benchmark Emailでは、Gmail(Explorer)を対象に2回分の無料テストを提供しております。 受信テスター機能は一度のお申込みで100回分2,000円にてご提供しており、継続的な料金は発生しません。 ご購入された100回分を全て使用した後に受信テスターをご利用の場合は、再度100回分を2000円でご購入ください。   メールのレイアウトを確認できるデバイスの種類 携帯端末(スマートフォンまたはタブレット) Android 6.0 Gmail app (Android 6) Gmail app (Android 7) Gmail app (Android 8) Gmail App (Android 9) Gmail App (Android 10) Gmail App (Android 10) Dark Gmail App (iOS) Gmail App IMAP (Android 6) Gmail App (iOS) Dark IBM Notes 10 iPad (Gen 7) iPad (Gen 7) Dark iPad (Retina) iPad Pro (10.5 in) iPad Pro (11 in) iPad Pro (12.9 in) iPhone 11 Pro (iOS 13) iPhone 11 Pro (iOS 13) Dark iPhone 11 Pro Max (iOS 13) iPhone 11 (iOS 14) iPhone 11 (iOS 14) Dark iPhone 12 (iOS 14) iPhone 12 (iOS 14) Dark iPhone 8 Plus (iOS 14) iPhone SE (iOS 13) Gen 2 iPhone XR (iOS 12) iPhone XS (iOS 12) iPhone XS Max (iOS 12) Microsoft Outlook app (iOS 11) Samsung Mail (Android 6) Samsung Mail (Android 7) Webメール デバイスに保存されたアプリではなく、GmailやOutlookなどのWebブラウザを通してアクセスされた受信箱を基にしたサービスです。 AOL Mail (Chrome) AOL Mail (Explorer) AOL Mail (Firefox) Comcast (Chrome) Comcast (Explorer) Comcast (Firefox) freenet.de (Chrome) freenet.de (Explorer) Gmail (Chrome) Gmail (Explorer) Free Gmail (Firefox) GMX.de (Chrome) GMX.de (Explorer) GMX.de (Firefox) G Suite (Chrome) G Suite (Explorer) G Suite (Firefox) Office 365 (Chrome) Office 365 (Explorer) Office 365 (Firefox) Outlook.com (Chrome) Outlook.com (Explorer) Outlook.com (Firefox) Outlook.com Dark Mode (Chrome) Outlook.com Dark Mode (Firefox) T-Online.de (Chrome) T-Online.de (Explorer) T-Online.de (Firefox) Web.de (Chrome) Web.de (Explorer) Web.de (Firefox) Yahoo! Mail (Chrome) Yahoo! Mail (Explorer) Yahoo! Mail (Firefox) Windows Color Blindness IBM Notes 9 Lotus Notes 8.5 Outlook 2007 Outlook 2010 Outlook 2013 Outlook 2013 120 DPI Outlook 2016 Outlook 2016 120 DP Outlook 2019 Outlook 2019 120 DP Outlook 365 Outlook 365 Dark Mode Plain Text Thunderbird latest Windows 10 Mail Mac OS Apple Mail 12 Dark Apple Mail 13 Apple Mail 13 Dark Outlook 2016   スパムチェック可能な迷惑メールフィルターの種類 メーラー(メールサービス) AOL Mail Gmail GMX Mail.com Outlook Yahoo! Mail ホスト Barracuda Cloudmark DKIM DomainKeys G Suite GoDaddy Google Inbox Mail.ru MailRoute MessageLabs Microsoft Exchange Online Protection Sender ID Sender Policy Framework SpamAssassin Web.de Yandex   受信テスターをサブアカウントで利用する方法 マスターアカウントで購入した受信テスターはサブアカウントでもご利用になれます。ただし、ご利用前にメインアカウントからサブアカウントへ受信テスターの数を割り当てる必要がありますので、以下の手順に従ってください。 1. ダッシュボート右上のアカウント名をクリックし、「サブアカウント管理」を選択します。 2. オプションメニューより「受信テスターの移動」をクリックします。 3. 受信トレイを利用したいサブアカウントの「移動」欄に割り当てたい受信テスター数を入力します。   受信テスターで確認するべき項目(チェックリスト) 受信テスターで確認するべき項目は、こちらを参考にしてください。 ブログ記事:HTMLメールの配信前チェックリスト!初心者から上級者まで忘れたくない17項目 スライド資料(PDF) 受信テスターの設定 受信テスターを利用せずにメールレイアウトを確認する方法は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:送信前にメールを確認したいのですが、どのような方法がありますか? ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ メール配信 5月 7, 2021