サポートページ aero-right

セグメント機能の使い方は?

セグメント機能とは セグメントの作成方法 セグメントの編集方法 セグメントの削除方法 セグメント機能とは 顧客リストの中で、特定の条件(地域や性別など)でグループ分けしたリストをセグメントと呼びます。 セグメントの基準条件を「メールアドレスにyahoo.co.jpを含む」とすると、yahoo.co.jpのメールアドレスのみのリストが作成できる。 「2011年1月1日よりも後に登録」したコンタクト先など、登録日を基準にセグメントを行うこともできる。 例えば、リスト内から特定の日付以前に登録した人のみに特別なサンキューメールを配信したいとします。このような場合にセグメントを利用することで簡単にターゲットへの配信が可能になります。 また、元のリストが変更されると、セグメントリストへも適宜反映されます。例えば、yahoo.co.jpのセグメントを作成しておりyahoo.co.jpのアドレスが元のリストに新しく追加された場合、セグメントへもアドレスが追加されます。 セグメント機能を利用してもアクティブコンタクト数に影響はありません。セグメントの作成は既存のコンタクトリストを元にフィルターを作成する機能になりますので、登録コンタクト数が増える(その結果アップグレードが必要になる)ということはありませんのでご安心ください。   セグメントの作成方法 1. Benchmark Emailアカウントにログインします。 2. ダッシュボードより「コンタクトリスト」を選択します。 3. 「セグメント」をクリックします。 4. 画面右上の「セグメントの新規作成」をクリックします。 5. セグメントを作成したいリストを選択します。 6. セグメント名と簡単な説明を追加します。 7. 「保存&次へ」をクリックします。 8. セグメントのグループ分け条件を設定し、「設定を追加」をクリックします。 ・リストのフィールド項目のうちどの項目のデータに基づいて条件設定をするのかを選択します。 ・任意のフィールド項目を組み合わせて条件の設定が可能です。 9. 他の条件を追加したい場合は続けて詳細を設定し、「設定を追加」をクリックします。 「保存&抽出」をクリックして完了です。 コンタクトの情報が多ければ多いほど、より効果的なセグメントを作成できます。 商品コードやトラッキングコードを特定のコンタクトに付与しておけば、後にセグメント作成に役立ちます。 コンタクト情報があまりない場合には、アンケートや投票機能を利用して情報を集めるのも一つの手法です。   セグメントの編集方法 1. 「コンタクトリスト」を選択し、「セグメント」をクリックします。 2. 編集したいセグメントをクリックします。 3.「編集」を選択します。 セグメントの元となるコンタクトリストを変更することはできません。異なるコンタクトリストでセグメントを作る場合は新たにセグメントを作成してください。   セグメントの削除方法 1. 「コンタクトリスト」を選択し、「セグメント」をクリックします。 2. 削除したいセグメントタイトルのをクリックし「削除」を選択します。 注意点: ・セグメントを削除しても元のコンタクトリストは消去されずに残ります。 ・コンタクトは、そのセグメントに設定した条件に合えばすぐにセグメントリスト内に入りますが、そのセグメントが表示する「コンタクト数」には即座には反映されません。 ご不明な点がございましたら、お気軽にサポートまでお問い合わせください。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

セグメント機能 顧客リスト 9月 4, 2020

コンタクトを異なるリストへコピー、移動する方法は?

リストに登録された一部のコンタクトを他のリストにコピー・移動したい場合は、以下の手順に従ってください。  ログイン後、画面左のメインメニューから「コンタクトリスト」をクリックします。  移動したいコンタクトが登録されているリスト名をクリックします。  コピー/移動したいメールアドレスにチェックを入れます。 上部の項目より「他のリストにコピー」または「他のリストへ移動」をクリックします。 ※「他のリストへ移動」をした場合、該当コンタクト情報は現在のリストから削除されます。「他のリストにコピー」をした場合は削除されません。  チェックしたメールアドレスをコピー/移動する先のリストを選択します。 コピー/移動先のリストは複数選択できます。 保存をクリックして完了です。 (上記は「他のリストへ移動」の場合のシュミレーションとなります。) 件数にもよりますが、おおよそ数分で登録は完了します。 注意点:「他のリストへ移動」「他のリストにコピー」では、移動・コピー先のリストに同じコンタクトがある場合、情報は上書きされません。コンタクトリストの情報を更新したい場合は、コンタクトリストの「リストを追加」より「インポート機能で一括登録」を選択し、Excelファイルにてアップロードを行ってください。 また、リストごと他のリストに統合したい場合は、以下のFAQをご参照ください。 FAQ:コンタクトリストをBenchmark Email上で統合する方法は? ご不明点がございましたらサポートまでご連絡ください。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 9月 8, 2020

一部の読者に古い内容のメールが送信されてしまうのですが?

Benchmark Emailはマルチパート配信を採用しており、HTMLメールが受信できない環境ではテキスト版が表示される仕様となっています。そのためドラッグ&ドロップエディタを利用して配信するメールは、HTML版・ テキスト版どちらも編集を行う必要がございます。 特にHTML版とテキスト版の自動同期がオフになった過去のメールをコピーして使用する場合は、HTML版の文章を変更してもテキスト版は過去メールの内容のままで変更されません。送信前にテキスト版の編集を行うことで、新しい内容を反映させることができます。 ただし、自動同期をオンにした過去のメールをコピーした場合は、コピーされたメールも初期設定で自動同期オンの状態となります。HTML版で編集した内容が、テキスト版にリアルタイムで反映されます。 テキスト版のメール編集手順については以下のFAQをご覧ください。 FAQ:テキスト版のメールの編集方法は? 「一部の読者に、古い内容のメールが配信された」 「一部の読者から、メール内に不適当な改行があって読みづらいとの報告があった」 などのトラブルを防ぎましょう。   古い内容のメールを送ってしまった読者を特定するには? テキスト版を受信された方をBenchmark Email上で特定することはできません。 テキスト版メールの受信者を特定してお詫びメールの送信をご検討されている場合は、下記の2つの方法をご参考ください。 HTMLメールでは別のお知らせを配信し、テキスト版ではおわびと前回の内容を配信 次号配信の際、テキスト版の冒頭に訂正文を挿入   マルチパート配信につきましては、以下のブログ記事をご覧ください。 ブログ記事:マルチパート配信を使ってメール到達率を上げる、HTMLメール配信活用法 ご不明な点がございましたら、サポートまでお問い合わせください。     >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

メール配信 9月 21, 2020