サポートページ aero-right

メール配信後の結果をGoogle Analyticsを使って分析できますか?

はい、分析できます。貴サイトでGoogle Analyticsを利用している場合、Benchmark Emailで作成し配信したメールがクリックされてから貴サイト上での購入までのプロセスをトラッキングする事が可能です。 まずはじめに、Google Analyticsアカウントをお持ちでない方は作成から行います。作成済みの方は、Google AnalyticsのトラッキングID(例:UA-000000-01)を取得し、そのコードが貴サイトに設定されているかを確認します。 次に、コンバージョントラッキングが設定されているかをご確認ください。設定については、以下のブログをご覧ください。 ブログ:Googleアナリティクスを使ってメールマガジンの1歩踏み込んだ効果分析しよう! Google Analyticsでコンバージョントラッキングの設定が完了しましたら、下記のステップに沿って設定を行います。 Benchmark Email  Benchmark Emailのアカウントにログインします。  メールの新規作成または未送信のメールを選択します。  メール作成時の「チェックリスト」画面にて「Google Analytics™ 連携」のラジオボタンを有効にします。  Google Analytics 用タイトルを編集もしくはデフォルトの「メール名」を利用します。(こちら忘れずに!)   こちらの設定でGoogle Analytics上でメールからの動向が確認できます。Benchmark Emailでは自動的に全てのURLにコードが追加されます。   Google Analyticsで分析結果を確認するには、下記のステップに従ってください。 Google Analytics  Google Analyticsにログインします。  対象のホームページを選択します。   左側ナビゲーションコラムの「集客」カテゴリーより「キャンペーン」をクリックし「すべてのキャンペーン」を選択します。  メール作成時にBenchmark Email側で設定したGoogle Analytics 用タイトルを確認します。 Google Analyticsと連携する事でBenchmark Email側で確認できない貴サイト上での動向やコンバージョンを確認する事ができます。 重要:キャンペーンが表示されない場合は、キャンペーンの検索をすることも可能です。その際は日付の範囲にご注意ください。Google Analyticsはデータが処理されるまでに24~48時間かかります。 実際にGoogle Analytics連携を使われてた事例を紹介している弊社のブログもご参照下さい。 ブログ:メルマガの先にあるゴールを意識する!活用支援事例:シアタープロダクツ様(第2回)   Google Analytics用のキャンペーン名確認方法 レポートからメールプレビュー画面を開きます。 設定リンクをクリックします。 遷移先のwebサイトURLの「utm_campaign=」と「utm_medium=」の間がキャンペーン名となります。   ご不明な点がございましたら、お気軽にサポートチームまでお問い合わせください。     >>「レポート」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ メール配信 9月 3, 2020