サポートページ aero-right

メール配信後の結果をGoogle Analyticsを使って分析できますか?

  自社サイトでGoogle Analyticsを利用している場合、Benchmark Emailで作成し配信したメールにおいてクリックされた詳細からクリック後の自社サイトでの購入までのプロセスまでトラッキングする事が可能です。 まずはじめに、Google Analyticsがホームページに設定されており、コンバージョントラッキングも設定されているか確認してください。 Google Analyticsでコンバージョントラッキングの設定が完了したら、下記のステップに沿って設定を行います。 Benchmark Email  Benchmark Emailのアカウントにログインします。 ログインはこちらから  メールの新規作成または未送信のメールを選択します。  メール作成のステップ1(詳細)にて「Google Analytics™ 連携」のラジオボタンを「On」にします。  Google Analytics 用タイトルを編集もしくはデフォルトの「メール名」を利用します。(こちら忘れずに!) こちらの設定でGoogle Analytics上でメールからの動向が確認できます。下記のステップに沿って Google Analytics で確認します。 自動的に全てのURLにコードが追加されます。詳細は以下の通りです。 utm_source = BenchmarkEmail utm_medium = email utm_campaign= (設定したメール名) utm_medium以外は固定です。またメール名は日本語で入力されますと、 ????となりますため計測の際は半角英数字で入力されることを推奨します。 Google Analytics  Google Analyticsにログインします。  対象のホームページを選択します。   左側ナビゲーションコラムの”集客”カテゴリーより”キャンペーン”をクリックし”全てのキャンペーン”を選択します。  メール作成時にBenchmark側で設定した”Google Analytics 用タイトル”を確認します。 Google Analyticsと連携する事でBenchmark側で確認できない自社Webサイト上での動向やコンバージョンを確認する事ができます。 実際にGoogle Analytics連携を使われてた事例を紹介している弊社のブログもご参照下さい。 ブログ:メルマガの先にあるゴールを意識する!活用支援事例:シアタープロダクツ様(第2回)   Google Analytics用タイトル確認方法 レポートからメールプレビュー画面を開きます。 設定リンクをクリックします。 webサイトへ遷移するので、URLの「&utm_campaign=」と「utm_medium=」の間がタイトルとなります。 >>「レポート」のまとめページに戻る

メール配信 7月 5, 2019