サポートページ aero-right アカウント設定

送信元メールアドレスの追加と認証方法

メールキャンペーンを送信するにあたって、複数のメールアドレスをご使用いただくことが可能です。 登録可能数上限は100件、また、1日あたり20件まで登録可能となります。 送信元メールアドレスや返信先メールアドレスなど、メールアドレスを追加する場合は認証作業を行う必要があります。 下記の手順に従って、メールアドレスの追加と認証作業を行ってください: 1. アカウント名をクリックし、「アカウント設定」を選択します。 2. 左側のメニューバーより「メールアドレス認証」を選択します。 3. こちらのページでは、既に認証済みや認証保留中のメールアドレスを確認することができます。こちらでメールアドレスの新規追加を行うことが可能です。 4. 「メールを追加」ボタンをクリックします。 5. 「メールアドレスを確認」ポップアップ画面で、認証したいメールアドレスを入力します。 6. ポップアップボックスに認証したいメールアドレスをそれぞれ追加します。メールアドレスを複数追加する場合は、メールアドレスごとに改行を行ってください。メールアドレスの登録後、「確認メールを送る」をクリックします。 7. 認証したいメールの受信箱に行き、件名:(確認)メールアドレスの認証作業をお願い致します を探します。 8. メールを確認しましたら、メール内の認証リンクをクリックします。 注意点: メールアドレスのご使用前に、必ず認証作業が必要です。パーソナルアドレスまたはGmailやYahoo、AOL、Outlookなどの一般的なISPメールアドレスを使用することは到達率に影響します。より良い結果を生むために、会社またはオリジナルドメイン(name@youcompany.com)を使用しましょう。 noreply@などの受信不可なメールアドレスは送信元アドレスとしてご利用できません。 認証メールが届かない場合の対処法 20分経過後も認証メールが届かない場合は下記の作業を実行してください。 認証メールを再送してください: 時間が経っても認証メールが届かない場合は、再送することが可能です。アカウント設定のメールアドレス認証ページより、認証が必要なメールアドレスをクリックして再送オプションを選択してください。 迷惑メールフォルダを確認してください: メールサービスプロバイダーの受信メール仕分け方法は様々であり、かつ流動的であります。メールプロバイダーによっては、重要なメールが迷惑メールボックスに振り分けられてしまう場合もございます。お手数ではございますが、迷惑メールフォルダのご確認をお願い致します。 サーバーの設定をご確認ください: メールサービスプロバイダーによっては、あらかじめ特定のメールが届かないように設定されている場合がございます。その場合は、Benchmark Emailから送信したメールはエラーとなってしまい、お客様のメール受信箱だけではなく迷惑メールフォルダにも届きません。Benchmark Emailでは非常に高いメール到達率を維持しておりますが、本件と思われる場合はお手数ではございますが、ログイン後「ヘルプ」タブよりお問い合わせください。 ※上記確認後も認証できない場合は、認証をご希望のメールアドレスよりサポート(support@benchmarkemail.com)へご連絡下さい。 ・件名:「メールアドレス認証」 ・本文:ログインIDをご記載ください *その際、セキュリティの関係上、アカウントにご登録頂いておりますメールアドレスをCCに挿入し、ご連絡をお願い致します。Benchmark Emailのサポートチームにて認証作業が完了しましたら、送信用及び返信先のメールアドレスとしてご利用頂けます。 *認証済みのメールアドレスを削除したい場合、ツール内では削除操作をすることはできません。削除したい場合も同様にサポートへご連絡下さいませ。担当者にてご対応させて頂きます。     >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

アカウント設定 よくある質問 初めての方はこちら 3月 8, 2021

無料からアップグレードする方法/契約途中でアップグレードする方法

Benchmark Emailでは無料で250通の配信が可能ですが、足りない場合はいつでもアップグレードすることが可能です。 有料プラン内でのプラン数変更は、同じ手順でお手続き頂けます。   ■アップグレード手順 (1)以下のリンクをクリックします。 クイックリンク:アップグレードメニュー またはログイン後、右上に表示されている「お客様のアカウント名」をクリックしてください。 ポップアップが表示されますのでアップグレードを選択します。 (2)プランを選択します。下に「現在のコンタクト数」「ご利用中のプラン」が表示されます。 アップグレードご希望のプランまで「◀︎▶︎」を移動させます。 有料プラン:リストプラン100,000までの通常の有料プランです。 大規模プラン:リストプラン125,000以上のプランです。「大規模」をクリックするとリストプラン125,000が自動的に表示されます。詳細はこちらをご参照ください。 (3)お支払い情報を入力します。クレジットカードの詳細を入力してください。すでに入力済の場合はご登録カード一覧に表示されます。 ご利用可能なお支払い方法をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。クレジットカード詳細の変更をご希望の方は、サポートチームにご連絡ください。 また、自動引き落としへの変更もこちらの画面で可能です。年額プランは15%割引、半年プランは10%割引が適用されます。 例)年額プランを選択した場合 ※注意:「決済する」をクリックした後は、更新ボタンや戻るボタンを押さないように気をつけて下さい。二度請求の原因になる可能性があります。 更新日は契約日から1ヶ月後でございます。 また、ダウングレードはアカウント上ではできないため、ご希望の場合はこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   有料プランから無料トライアルへのダウングレードはできませんのでご注意ください。詳しくは以下のFAQをご覧ください。 FAQ:有料プランから無料トライアルへダウングレードする方法は? 契約途中でプランを変更する場合のお支払い詳細については、以下のFAQをご覧ください。 FAQ: 契約期間途中でプランを変更すると、支払い・請求はどうなりますか。 大規模プラン(リストプラン125,000以上)へのアップグレードをされる場合は、下記FAQもご参照ください。 FAQ:大規模プラン(リストプラン125,000以上)をご契約時の初期送信制限について このページでご紹介しているのは、クレジットカードでお支払いをする場合のお手続き方法です。 銀行振込を希望される場合は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:銀行振込で支払えますか?   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

ご請求関連 アカウント設定 ご請求関連 4月 6, 2021

アカウント設定の「言語選択(メール内)」が適用される部分はどこになりますか?

言語選択の設定には「メール内」と「操作画面」の2種類がございます。 言語選択(メール内)   言語設定(操作画面) ここでは、「言語選択(メール内)」で自動翻訳が適用される範囲、適用されない範囲、そして対応言語をご紹介します。 適用範囲 以下はアカウント設定で言語選択をした後に、新規作成したメールに反映されます。配信済み・作成済みのメールには反映されません。 ヘッダー部分のWebページ版リンク(文言:正しく表示されない場合はこちら) パーミッションリマインダーのメッセージ フッター部分の送信者情報(宛先情報) フッターの認証マーク、配信停止、登録情報更新、転送、迷惑メール報告のリンク ただし以下はリアルタイムで反映されます。 配信状況管理ページ メール転送ページ フッターからリンクした先の「配信停止ページ」 言語選択を設定する方法 アカウント設定画面より言語設定の変更が可能です。 詳しくは以下のFAQをご覧ください。 FAQ:フッターの言語を変更する方法 アカウントごとに1つの言語を使用し、複数言語で配信を行いたい場合はサブアカウント機能をご利用ください。 適用されない範囲 ●アンケート アンケート内に表示される「メールアドレス記入欄」は、操作画面の言語がリアルタイムで反映されます。 アンケート機能については以下FAQをご覧ください。 FAQ:アンケートの作成方法は? ●登録フォーム <埋込型フォーム(多項目)の場合> フォーム文言:作成時の操作画面言語 登録後の画面:作成時の操作画面言語 ※既にご登録済みのアドレスが再度登録された時に表示されるエラーメッセージは、エラーメッセージが表示されるタイミングでアカウントに設定されている操作画面言語 オプトインメール:自分で用意した文章(デフォルトで用意されるのは作成時の操作画面言語) メール内リンククリック後の認証完了ページ:作成時の操作画面言語 <ポップアップフォームの場合> フォーム文言:作成時の操作画面言語 登録後の画面:作成時の操作画面言語 オプトインメール:購読者が登録したタイミングに、アカウントで設定されている操作画面言語 メール内リンククリック後の認証完了ページ:購読者がアクセスしたタイミングに、アカウントで設定されている操作画面言語   対応言語 現在、Benchmark Emailでは下記の言語に対応しております。 Arabic Chinese Traditional Chinese Simple Croatian Czech Danish Dutch English Estonian Finnish French German Greek Hungarian Italian Japanese Lithuanian Polish Portuguese – Portugal Romanian Russian Slovak Slovenian Spanish Swedish Turkish Bulgarian Ukrainian Catalan Mongolian Norwegian Bahasa Portuguese – Brasil Vietnamese   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

Benchmark Emailについて アカウント設定 1月 15, 2021

サブアカウントの作成方法は?

Benchmark Emailでは、アカウント内に「サブアカウント」と呼ばれる別のアカウントを作成し、個別に管理・支払いをまとめることができます。 サブアカウントを作成できるのは、マスターアカウントでリストプラン1000以上の有料のお客様のみです。また、配信プランではサブアカウントの作成はできない仕様となっておりますので、予めご了承願います。 無料トライアルから有料プランにアップブレード、またはリストプランを1000以上に変更する方法は以下のFAQをご覧ください。完了後、アカウント内にサブアカウント機能が自動的に追加されます。 FAQ;無料からアップグレードする方法/契約途中でアップグレードする方法 サブアカウントを作成する方法 1. Benchmark Emailアカウントにログイン後、アカウント名をクリックし「サブアカウント管理」を選択 2.  オプションメニューをクリックし「新規サブアカウント作成」を選択 3. アカウント作成の必要項目を入力し「保存」をクリックで完了 「 保存」をクリックした後、サブアカウント管理ページに戻ります。サブアカウントにログインするには、表示されたアカウント名をクリックしてください。   サブアカウントのプランを変更する方法 1.該当のサブアカウント名の右にある「・・・」より「サブアカウントの編集」をクリック 2.下部に表示される「プラン」より変更をご希望のプランを選択   注意点: *ログインID・登録メールアドレスについて: サブアカウントのID及びメールアドレス登録にはマスターアカウントを含むその他のアカウントでご登録の無いものをご利用ください。 *サブアカウントのプランについて: アドレス登録件数の上限を選択します。最大でマスターアカウントのリストプランよりも1段階小さいプランまで設定が可能です。そのため、マスターアカウントがリストプラン500(旧リストプラン600)の場合はサブアカウントは作成できません。 *サブアカウントのアクティブコンタクト数について: マスターアカウントと同一のメールアドレスがサブアカウントにも登録されている場合、それぞれのアカウントでカウントされるため、アクティブコンタクト数のカウントは2となります。   マスターアカウントと共有できる項目については以下のFAQをご確認ください: FAQ:マスターアカウントとサブアカウントでメールは共有できますか? FAQ: マスターアカウントとサブアカウントでリストの共有はできますか? FAQ: マスターアカウントとサブアカウントで画像・動画の共有はできますか?   ご不明点がありましたらこちらよりサポートまでご連絡ください。     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

アカウント設定 よくある質問 4月 14, 2021

銀行振込で支払えますか?

ご希望の方は、契約プランとご希望の期間(月額、年額)を、こちらよりサポートへご連絡ください。契約には以下の条件がございますのでご一読ください。 ■手数料 銀行振込対応手数料としまして、2,000円がプランの利用料とは別に発生致します。 ■契約期間の条件   年間でのご契約はプラン問わず可能です。リストプラン50,000以上、または配信数プラン100,000以上をご契約の場合のみ、月額でのご利用が可能です。 月初(一日)が一律更新日となり、月途中の契約の場合開始月を1ヶ月目と数えます。 銀行振込での年額プランご利用の場合、ご契約途中でのアップグレードは年額割引の対象外となります。 銀行振込をご利用のご契約において年額割引が適用されるのはご契約時、及び更新時のみとなり、このタイミング以外でのアップグレードでは年額割引は適用外となっております。 銀行振込をご利用の場合は年額割引とNPO割引の併用はできません。 ■プラン契約期間途中でのプラン変更 プラン契約期間途中でのダウングレードは承っておりませんので、契約期間にご注意ください。 アップグレードのみ可能となりますので、希望されるプランをサポートまでご連絡下さい。請求額は以下のように決定いたします。 新プラン料金(年額)ー 旧プラン未使用期間分の料金(次回更新日までを1月とした月単位)= 請求金額 *年額契約で期間途中にアップグレードを行なった場合、次回更新日はアップグレード日から1年後となります。 ご契約期間(月額、年額)を変更する場合も、こちらよりサポートへご連絡ください。 ■ご利用までの流れ お振込みの反映確認後、アカウントのご利用開始まで最大で1営業日程頂きます。     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

アカウント設定 10月 8, 2020

アカウントを複数人で管理するにはどのような方法がありますか?

アカウントを複数人で管理する方法は、2通りございます。 サブアカウント機能を利用し、各々でアカウントを管理する方法(複数のログインID) ログイン情報を共有し、アカウントを複数人(複数台のPC)で管理する方法(1つのログインID) サブアカウント機能を利用し、複数のログインIDを管理する方法 複数人(会社の部署毎など)でアカウントの作成・管理をする場合、サブアカウント機能のご利用をお勧めしております。契約者が取得したアカウント(以下「マスターアカウント」という)内にサブアカウントを作成し、各自それぞれのログインIDを管理することができます。 サブアカウントでは、請求関連情報のページにアクセスすることはできませんが(契約プランの変更など不可)、その他メール配信に必要な機能は全て利用できます。 一度作成したサブアカウントは削除頂けませんが、マスターアカウントからいつでもサブアカウントを非稼働にすることは可能です。マスターアカウントのアカウント名をクリックし、「アカウント設定」内の「サブアカウント管理」ページを開き、稼動・非稼動のステータスを変更してください。 サブアカウントをご利用できるのは有料プランのお客様のみです。 サブアカウントの詳細や作成方法については以下のFAQをご覧ください。 FAQ:サブアカウントとは何ですか? FAQ:サブアカウントの作成方法は? 注意点: リストプラン1000以上のプランでご利用可能となります。そのため、マスターアカウントがリストプラン500(旧リストプラン600)の場合はサブアカウントは作成できません。 サブアカウントはマスターアカウントの契約プランを共有しているため、契約プランを超えるコンタクトのアップロードは不可となります。 配信数プランのお客様はご利用になれません。 マスターアカウント内でサブアカウントの配信レポートの確認はできません。確認するには、各サブアカウントにそれぞれログインする必要がございます。 マスターアカウントと共有できる項目については以下のFAQをご確認ください: FAQ:マスターアカウントとサブアカウントでメールは共有できますか? FAQ: マスターアカウントとサブアカウントでリストの共有はできますか? FAQ: マスターアカウントとサブアカウントで画像・動画の共有はできますか?   ログイン情報を共有し、1つのアカウントで複数人及び複数台のPCで管理する方法 アカウントには、ログインIDとパスワードはそれぞれ1つのみ発行されます。1つのアカウントを複数人で管理する場合は、ログインIDとパスワードを管理者全員で共有してください。 こちらの方法ですと、1つのアカウントで全ての状況を確認できます。同一のメール・レポート・コンタクトリストを管理し、開封率やクリック数を含む配信レポートもメールごとに確認できます。 トラブルシューティング メール作成・配信を外部委託するので、情報制限を行いたい場合はどうしたらいいですか? (A)顧客情報を制限:PIN設定で、顧客リストのエクスポート制限を行う PIN設定を行ったアカウントでは、顧客リストダウンロード時にコード認証が要求されます。この場合PINコードを知らない管理者は顧客リストをダウンロードすることはできません。 (B)支払い情報を制限:顧客管理と配信にサブアカウントを利用する サブアカウントからマスターアカウントの請求関連情報のページにアクセスできないため、外部委託先に支払い情報を表示することなく、メール配信に必要な機能をお使い頂けます。 ご不明点がありましたらこちらよりサポートまでご連絡ください。     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

アカウント設定 よくある質問 2月 3, 2021

マスターアカウントからサブアカウントへ顧客リストを共有する方法

Benchmark Emailではマスターアカウントから簡単にサブアカウントと顧客リストを共有することができます。 共有方法 1.  Benchmark Emailアカウントにログインし「コンタクトリスト」をクリック 2.  共有したいリスト名をクリック 3.  画面右上のオプションメニューをクリックし「サブアカウントに共有」を選択 4.  共有先のサブアカウントにチェックを入れ「シェア」ボタンをクリックして完了     注意点 ・共有後に更新した内容はサブアカウント内の顧客リストへは自動反映されません。 ・共有したリスト(同一の連絡先)でも、マスターアカウントと各サブアカウントでは別のユニークコンタクトとして加算されます。 例:150人のリストを2個のサブアカウントと共有した場合 マスターアカウント150+サブアカウントA 150+ サブアカウントB 150 = 450コンタクトとして計算 メールレイアウト、画像/動画の共有方法については以下のFAQをご参照ください。 FAQ:マスターアカウントからサブアカウントへメールレイアウトを共有する方法 FAQ:マスターアカウントからサブアカウントへ画像・動画の共有をする方法 ご不明な点がございましたらこちらからサポートチームにお問い合わせください。     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

アカウント設定 よくある質問 9月 1, 2020

メールアドレスの認証とは何ですか?

Benchmark Emailアカウントよりメールを配信する前に、メールアドレスを認証する必要がございます。 メールアドレス認証とは、メールアドレスの所有者を確認(ご本人様確認)するためのものです。アカウントを作成した際に登録されたメールアドレスにBenchmark Emailよりメールを送信いたします。届いたメールを開封して頂き、メール内のリンクをクリックしてください。 このメールアドレス認証作業を終えることで、認証済みのメールアドレスを送信元、返信先のメールアドレスとして利用することができます。また、Benchmark Emailからのご連絡は、アカウントにご登録のメールアドレス宛に行います。(アカウントのプロフィール画面にて変更が可能です。) メールマーケティングにおいて、メールアドレスの認証はなりすまし防止に必ず行う作業です。「なりすまし」とは「spoofing」と英語表記されることや「スプーフィング」と呼ばれる不法行為のことです。インターネット上で第三者がまったく別の他人になりすまして不正行為を働くことを指します。 なお、パーソナルアドレスまたはGmailやYahoo、AOL、Outlookなどの一般的なISPメールアドレスを使用することは到達率に影響します。より良い結果を生むために、会社またはオリジナルドメイン(name@youcompany.com)を使用しましょう。メール配信でフリードメインのご使用を避けるメリットについては以下のFAQをご覧ください。 FAQ:メール配信でフリードメインの使用を避けるメリットとは   また、メールアドレス認証の詳細について、および送信元メールアドレスの追加・変更については以下のFAQをご参照くださいませ。 FAQ:送信元メールアドレスの追加と認証方法 FAQ:送信元(From)メールアドレスを変更する方法     >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

アカウント設定 3月 8, 2021