サポートページ aero-right アカウント関連

無料トライアルとは何ですか?

・Benchmark Emailのほぼ全ての機能を無料でお試しいただけます。 無料トライアルアカウントはBenchmark Emailにおけるメール配信に必要なほぼ全ての機能をご利用頂けるサービスとなります。 ただしA/Bテスト機能・アクションメール機能・EMAの稼働・サブアカウント・ランディングページの稼働に関しては、有料プランの方へのご提供となっております。また画像ホスティング機能は10MBまでとなります。 無料トライアルアカウントへの申し込みはクレジットカードの情報なども記入する必要ございませんので、料金が発生することは一切ございません。   ・トライアルプランには配信数の制限があります。 無料トライアルでは毎月250通の配信が可能となっております。 250通を超えて配信を行おうとした場合には、配信が自動でキャンセルされます。 (配信するメールの数×配信先のアドレス数で計算されます。) 配信数のカウントは、無料トライアルアカウントの作成日を基準として1ヶ月ごとにリセットされます。 (例:3/20にアカウントを作成した場合、翌月の4/20にリセット) 登録フォームを介して登録可能なアドレス数は75件/日となり、通算2000アドレスまでとなります。 有料プランの契約プランは登録アドレス数によって決まり、月毎の配信数制限はございません。 料金プラン確認ページ:https://www.benchmarkemail.com/jp/pricing   ・有効期限はございません。 ただし作成日より30日毎の更新日に、一時的に「アカウントの有効期限切れ」の表記が発生することがあります。こちらはお待ちいただくことによって自動的に更新されると共に表記も消えますが、ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   ・有料プランにアップグレードした際、データが引き継がれます。 有料プランへのアップグレードはいつでも行えます。有料プランへアップグレードした際には、無料アカウントで利用されていたデータ(アップロード済みのリスト、作成したメール、レポート、画像データなど)は引き継がれますのでご安心ください。移行後は、アップグレードした日付を基準として更新日(請求日)が設定されます。 アップグレード方法はこちらのFAQをご覧ください。 FAQ:無料トライアルからアップグレードする方法   ご不明点なことがございましたら、こちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

アカウント関連 ご請求関連 5月 22, 2020

メールマーケティングスコアとは何ですか?

    Benchmarkアカウントからの配信状況、履歴などを元にしたユーザー評価をダッシュボードページにて公開しています。 評価スコアは0〜8で、数値が高いほど評価も高いことになります。 高いメール到達率を達成するためには適切な配信スケジュールやリスト管理の実行が必要になります。 このユーザー評価で一定の値以上を保ち、運用方法の良し悪しを見極める目安として活用するようにしてください。 メールマーケティングスコアは配信されたメールを元に計算されます。以下はその一例です。 開封、購読停止、エラー、無効メールアドレス 新規ユーザーでメール未配信の場合、スコアは0となります。 迷惑メール報告はユーザー評価スコアに大きく悪影響します。 メールマーケティングスコアが表示されるには: アカウントから合計500通メールが配信された時点から、過去60日間の配信履歴を元に表示されます。 60日以上メールを配信していない場合、スコアは表示されません。 業種のニーズ・会社方針に沿って、できるだけ定期的な配信を行うことをお勧めします。 メールマーケティングスコアについてご不明点や向上方法についてご質問がありましたらサポートまでご連絡ください。 改善方法についてご提案させて頂きます。 このスコアはあくまでもBenchmarkアカウントからの配信における目安となっており、実際のメールの受信箱での表示・到達の具合を示すものではありませんのでご注意ください。   ご不明な点がございましたら、こちらからサポートへお問合せ下さい。 >>「到達率」のまとめページに戻る

アカウント関連 到達率 10月 10, 2019

EU一般データ保護規則(GDPR)とは何ですか?Benchmarkではどのような対策を取っていますか?

Benchmark EmailではEU一般データ保護規則(GDPR)に則ったメール配信システムの提供を行っています。 配信停止リンクの設置で購読停止オプションを提供するのはもちろん、登録情報自体を削除してほしいというリクエストがあった場合にも対応できるよう体制を整えています。 購読者が自身の情報を「完全削除」して欲しいという場合、GDPRの「Right to be Forgotten (忘れられる権利)」を行使していることになります。 この権利に関する詳細情報はこちらの第17項目をご参照ください。 この場合、メール配信の停止だけでは不十分となりますのでご注意ください。 Benchmarkアカウントから特定の個人の情報を完全に削除するためには以下の手順に従ってください。  Benchmark アカウントにログインします。  メニューからコンタクトリストを選択。  新規リスト作成ボタンの横にある3つのドット 「・・・」 をクリックします。  「全てのリストからコンタクトを検索」を選択。  次のページで名前、あるいはメールアドレスを入力して検索をクリック。  サーチ結果で表示されたら、3つのドット 「・・・」 をクリックし、削除オプションを選択して削除を行います。複数のリストに登録されている場合にはメールアドレスにチェックを入れ、全て選択した状態で削除をクリックします。 リストから削除したら、サポートに連絡をし、アカウントから完全に削除をご依頼ください。 その際、「完全削除」を希望していることを必ずご明記ください。 サポートチームにて配信停止リストに入っていないか確認、入っている場合には配信停止リストからも削除を行います。 完了したらサポートチームより折り返しご報告させて頂きます。 サポートチームからの連絡をお受け取り頂いたら、受信者の方へ「完全削除」が完了した旨のご連絡をお願いします。 ご不明点、ご相談などございましたらこちらからサポートまでお気軽にご連絡ください。 その他GDPRに関する詳細は以下の記事をご参照くださいませ。 EUではじまるGDPRって何?日本のマーケターに必要な対応は? EU一般データ保護規則(GDPR)ホームページ EU一般データ保護規則 EU一般データ保護規則(GDPR)とは? 忘れられる権利(The Right to be Forgotten)   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

アカウント関連 メール配信 6月 19, 2019

送信元(From)メールアドレスを変更する方法

初期設定の送信元(From)メールアドレスは、Benchmark Emailアカウントを最初に作成された際に使用したメールアドレスとなっております。 複数のメールアドレスを追加することで、送信元(From)メールアドレスを変更することが可能になります。新たに送信元メールアドレスとして使用するメールアドレスがある場合には、認証作業を行います。認証が完了すると、送信元アドレスのプルダウンメニューに追加されご利用可能となります。メールアドレスの認証や追加方法については、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:メールアドレスの認証とは何ですか? FAQ:送信元メールアドレスの追加と認証方法 ここでは、送信元(From)メールアドレスを変更する方法を2通りご紹介します。以下の手順に従ってください。 初期設定の送信元(From)メールアドレスを変更する方法 メール作成時に変更する方法 送信元アドレスにグループアドレスを登録できますか?   初期設定の送信元(From)メールアドレスを変更する方法 1. Benchmark Emailアカウントにログインし、「アカウント名」→「アカウント設定」をクリックします。 2. アカウント設定の「設定」ページをスクロールダウンし、メール配信設定セクションにて「送信元メールアドレス」を変更します。差出人名の変更も必要に応じて行なってください。(選択肢がない場合は、送信元メールアドレスの追加・認証から行なってください。)   3. 変更完了後、ページ右上の「保存」ボタンをクリックします。   メール作成時に変更する方法 1. 画面左のダッシュボードメニューより「メール」を選択し、「メール作成」ボタンをクリックします。 2. 作成するメールの種類とエディターを選択し、管理用のメール名を入力した後、以下のチェックリストが表示されます。「送信元の選択」をクリックします。 3. 送信元メールアドレスのプルダウンメニューより任意のアドレスを選択します。こちらから「新規のメールアドレスの登録」も可能です。   送信元アドレスにグループアドレスを登録できますか? グループアドレスを送信元アドレスへ設定することは可能です。 通常のアドレスと比較しても、到達率への影響はございません。 *ただし「admin@」や「support@」などメルマガ以外に広く使用するアドレスは推奨いたしません。 これは、メルマガ以外の連絡時に受けた評価(スパム報告・迷惑メールフォルダへの移動等)が到達率に影響を及ぼす可能性があるためです。メルマガ送信のみに使う「newsletter@」など限られた用途のグループアドレスであれば心配ございません。     >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る  

アカウント関連 メール配信 よくある質問 7月 9, 2020

マスターアカウントからサブアカウントへメールレイアウトを共有する方法

Benchmark Emailではマスターアカウントから簡単にサブアカウントとメールテンプレートを共有することができます。   メール一覧画面、レポート画面、メールエディタから共有が可能です。 メール一覧画面からの共有方法: 1. Benchmarkアカウントにログインし、メールをクリック 2. 以前作成したメールの中から共有したいメールのをクリックし「メールテンプレートを共有」を選択 *「送信済み」あるいは「下書き保存」のメールのみサブアカウントとの共有が可能です。   レポート画面からの共有方法: 1. Benchmarkアカウントにログインしたらメールをクリック 2. 以前作成したメールの中から共有したいメール名をクリック *「送信済み」あるいは「下書き保存」のメールのみサブアカウントとの共有が可能です。 3. レポートページのオプションメニューをクリックし「メールテンプレートを共有」を選択 4. メールを共有したいサブアカウントにチェックを入れ、「シェア」ボタンをクリックして完了   メールエディタ画面からの共有方法: 1. ドラッグ&ドロップエディタのレイアウト選択画面にて「過去のメール」をクリック シェアしたいメールのオプションメニューをクリックし「サブアカウントに共有」を選択します。 2. 共有先のサブアカウントにチェックを入れ、「シェア」ボタンをクリックして完了 リスト、画像/動画の共有方法については以下のFAQをご参照ください FAQ: マスターアカウントからサブアカウントへ顧客リストを共有する方法 FAQ: マスターアカウントからサブアカウントへ画像・動画の共有をする方法 ご不明な点がございましたらこちらからサポートチームにお問い合わせください。   >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

アカウント関連 よくある質問 5月 11, 2020