サポートページ aero-right API

BenchmarkでWebhookは利用可能ですか?

時短に便利なWebhookアプリケーションを利用することで、リアルタイムにBenchmarkアカウントに関する情報を閲覧することが可能です。Webhookにより新規購読者や誰が配信停止をしたのか、等の情報を受け取ることができます。APIと似た機能ですが、Webhookでは情報が自動的に送られてきます。初期設定を行ったらあとはリクエスト作業をすることなくリアルタイムで情報が更新されていきます。銀行のオンラインアカウント情報やインスタからの新規フォロワーやいいね!、プライベートメッセージのお知らせ等、Webhookはコミュニケーションにおいて知らないところで日常的に活躍しています。 Webhookって何? Webhookとはリアルタイムにアクションを基にした情報を収集し、特定のURLへデータを送るアプリケーションです。 Webhookの利点 Webhooksを使うことでBenchmarkアカウントへログインしなければいけない頻度が少なくなります。特定のURLで新データの確認ができるため、Benchmarkアカウントにログインする手間が省けます。例えば配信したメールで誰が購読停止をしたか等の情報を任意のURLで確認することが可能です。 Webhooksで確認可能な情報の例 新規登録 購読停止 プロフィール更新 削除されたメールアドレス メールアドレス変更 その他はこちらをご確認ください。 BenchmarkアカウントでのWebhooks設定方法: Benchmark Emailアカウントへログイン 「コンタクト」をクリックし、再度「コンタクト」を選択 設定したいリスト名をクリック 画面右上の「・・・」メニューから「Webhooks」を選択 情報の宛先URLを入力 情報を送るトリガーとなるアップデート情報を設定 「Webhookを追加」ボタンをクリックして完了 追加でWebhookを設定したり、既存の設定を更新・削除することも可能です。 アップデート情報で設定した項目が更新されると、WebhookアプリによりHTTP POSTおいて設定URLへデータが送信されます。データは key/value として表示されます。 オリジナルの Webhook の作成やトラブルシューティングの詳細についてはこちらをクリック。 ご不明点はサポートまでご連絡ください。

API 12月 4, 2019

Benchmark Email RESTful APIとは?

  素晴らしいテクノロジーがどんどん開発されている今日、世界は確実にオートメーション化に向かっています。APIを使用すればBenchmarkにログインせずともデータを扱うことができます。APIでよく用いられる用語を学んで知識を深めていきましょう。   RESTとは?   RESTはREpresentational State Transferの略になります。 RESTはHTTPを元にした制約とプロパティを定義するアーキテクチャスタイルです。HTTPが利用された際、最も一般的で利用可能なオペレーションはGET、POST、PATCH、 DELETEと事前に定義されたCRUD HTTPメソッドです。 全てのユーザーはBenchmarkのRESTful APIを用いて外部サービス連携を構築 する事ができます。これらの連携によりリストの詳細入手、リストのアップロード、プラットフォームからBenchmarkアカウントへのデータ移行やメールマガジンのアップロードも可能となります。BenchmarkのRESTfulページで利用できるHTTPメソッドは次の通りです。     GET POST PATCH DELETE GETメソッドはリソースの値を取得をする際に用いります。 GETリクエストは安全かつ同様のパラメーターで何度繰り返しても結果が不変な等羃的であることが求められます。 POSTリクエストは新しいリソースを作成する際に用いられます。POSTは新しいデータを書き込みする際によく利用されますが、データを更新するのにも利用する事が出来ます。 URLにてデータの特定フィールドのみを更新できます。PATCHリクエストもGETリクエスト同様、冪等的になります。 データを削除するリクエストですが、必ずしも直後に削除反映ということではありません。リクエストは長期間、又は事前に送ることも可能です。 API構築のための環境が整っているのであれば、ご活用頂くことを推奨します。そうでない場合には専門知識を持つWeb開発者にご依頼が必要になります。上記のHTTPメソッドやリクエストはメソッドと併せてページの左側にあるカテゴリー内に記載されてます。 メソッドを選択すると、同じ内容の詳細がパラメーターと併せて投入(追加)され、ページの右側にサンプルコードが提供されます。コードを入手する際に好きな言語をドロップダウンより選択する事ができます。   コードのテスト及び実行をするには右上にある「Run in Postman」ボタンをデベロッパーが利用できます。 API詳細に関して下記のリンクもご確認ください。 https://developer.benchmarkemail.com

API 8月 7, 2019

Benchmark Email の RESTful API を利用する方法は?

RESTFful API の概要 Benchmark EmailのRESTful APIを利用するにはBenchmark Emailアカウントが必要です。 RESTful API は無料トライアルプランでもアクセス頂けます。 Benchmark Email APIsを利用して自社アプリケーションやウェブサイトから顧客リストの作成、顧客管理、メルマガ配信、配信結果の確認が可能です。これらのAPIメソッドを実施する為にはプログラミング経験を持っている必要があります。API構築作業に関するスキル、知識に関してのサポートは行なっておりませんのでこちらは各自でご対応頂くようお願いします。API 構築に詳しい開発者に依頼することもご検討ください。 RESTful API へのアクセスは以下のURLをクリックします。Legacy APIに関しても同じURLをクリックしページ下部までスクロールして下さい。 資料の入手 API 関連の資料はこちらのURLから: http://www.benchmarkemail.com/API/Library APIキーの入手 RESTful API のご利用には API キー が必要になります。キーの取得は以下の手順に従って下さい。 Benchmark アカウントへログイン 画面右上のユーザー名をクリック、連携を選択します。 画面左手のメニューからAPI キーをクリックします。 Benchmark Email API キーが表示されますので、こちらをコピーしてご利用ください。 ご不明点がございましたらこちらからサポートへご連絡ください。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

API 10月 2, 2019

API連携を使って何ができますか?

Benchmark Email APIは自社サービスやデータベースとBenchmark Emailアカウントを連携することが出来ます。 顧客リストやメルマガ配信に使用する内容を自社システムからAPIを利用してBenchmark Email アカウントに連携することが可能となります。 これにより、Facebookを始め、Twitterタイムライン・ツイートとの連携やSurveyMonkey、その他Pinterestなど様々なソーシャルサイトは勿論、ZendeskやeBay、Etsyなど外部サービスとの連携が可能となっています。 マーケティングポータル同士を繋げることにより、マーケティング効果の倍増が期待できるためぜひご活用ください。 *2019年9月現在、Facebook側においての大幅なAPI更新に伴い一時的に連携機能を停止しています。 1日も早い再開に向けて現在開発チームが改良を行っていますので、今暫くお待ち下さい。 *一部の連携にはAPI構築を独自で行う必要があります。 Benchmark EmailのAPI連携についてはこちらよりAPIを取得して下さい。(英語ページに遷移します) Benchmark EmailのAPIについての詳細は下記のFAQをご参照下さい。 FAQ:Benchmark Email の RESTful API を利用する方法は?  API構築のメリット  自社システムから簡単に顧客情報をBenchmark Emailの顧客リストへと連携が可能  顧客リストの作成と管理。簡単に既存の連絡先を自社システムへ連携が可能  自社サイトの内容を使用したメルマガ配信。Benchmark Emailにログインせずに自分のメールにテスト配信が可能  配信済みメルマガ結果を取得  配信したメルマガのデータを抽出し外部システムに保存 APIを使用する事により、コンタクトリスト、配信済みメルマガ、またメルマガ配信結果を簡単に管理することが出来ます。 Benchmark EmailのAPIには、XML-RPCを利用して接続することが出来ます。 APIは、大きく分けて4つのカテゴリに分かれています。  キャンペーン関連  顧客リスト関連  配信結果関連  セキュリティー関連 1. 顧客リスト関連 自社サイトに新しく追加された購読者にウェルカムメールを配信したい場合は、Benchmarkemail Email API’sとステップメールのコンビネーションで可能となります。 APIを利用してコンタクトを保存する時に、追加フィールドに情報を入力しておくとパーソナライズ機能も使用することが可能です。 2. キャンペーン関連 メルマガの作成、コピー、更新を始め、メール配信スケジュールやテストメールの送信も可能です。 3. 配信結果関連 メール配信結果に関する全てのデータ(開封結果、エラーデータ、メール転送データなど)を取得することが可能です。 4. セキュリティー関連 トークンの作成・管理することが可能です。 セキュリティートークンを使用する事で、Benchmark Emailアカウントにログインせず上記カテゴリーにアクセスすることが可能となります。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

API 連携機能 10月 2, 2019