サポートページ aero-right

Benchmark Emailにインポートしたデータは安全でしょうか?

セキュリティについて 基本的に、弊社のセキュリティー情報の詳細を公開することは、同時に自分たちのセキュリテリー情報を公開していることになり危険性も伴う為、多くは公開しないようにしておりました。しかし、お客様にとってセキュリティーの安全性は非常に重要なことでありますので、Benchmark Emailはお客様にとって重要なポイントをお伝えさせて頂きます。 Benchmark Emailは個人情報取り扱いの一定の基準を満たしているサービスとして TRUSTeと言う認証マークを取得しております。国内ではNTTドコモやYahoo!Japanが取得しているマークとなります。 TRUSTeについて(日本語サイト): TRUSTe 一般社団法人日本プライバシー認証機構(JPAC) ネットワークセキュリティー: Benchmark Emailのサーバーは複数のファイアウォールを導入しているプライベートネットワークに保守されてホスティングされています。また、ネットワーク侵入検知システムも導入しております。  機密事項を扱う全てのページは傍受、妨害または改ざんされることを防ぐ目的でSSLサーバ証明書を利用しております。 ホストセキュリティー: Benchmark Emailでは高度な知識をもった人材にてセキュリティーパッチ、製品アップデート、脆弱性のある問題を管理しております。 Benchmark Emailでは発生した不明なネットワークログを調べ、全ての警告はただちにシステム内にて対処されています。 全てのインフラへのアクセスは限られた人材のみとなっております。全てのシステム、サーバーは厳しいルールで定められたパスワードを設定しており、定期的にパスワードは期限が切れ変更されております。 Benchnark Emailでは必要とされていないすべてのポートとサービスは無効にしております。また、サーバーへのアクセス、管理にはポリシーを設定して厳しく監視し、異常なアクティビティーを感知した際には警告を通知するように設定しております。 ソフトウェアーセキュリティー: Benchmark Emailではソフトウェア開発プロセスにて厳正な品質保証ルールに従っております。システムロジックやモジュールの変更は弊社シニアエンジニアの管理にて実施されます。すべての変更はソース制御され、システムを改善し定期的にプロセスを見直しております。 また、McAfee Security Auditingを導入しておりサードパーティーにてセキュリティーの脆弱性確認も行っております。検出された全ては優先されて対処されます。 アプリケーションセキュリティー: ユーザーアカウントは、ユーザ名とパスワードによって制限されています。パスワードが、ウェブサイトに反映されることはありません。 すべてのログインページは、SSLを介してデータを暗号化しております。 Benchmark Email APIへのアクセスは、ブルートフォースより保護されています。   アカウント内にある顧客リストの保管について 当社データベースは、複数のバックアップ及び冗長性をチェックする多くのサーバーでホストされ、顧客情報を守る為に安全な状態を保っています。 弊社では顧客リスト売買やレンタルは決して行いません。またそのようなリストの使用も認めておりません。お客様が登録した顧客情報は法律により要求されない限り、外部に持ち出されることはございません。 当社では特電法(特定電子メール法)によって制定されたガイドラインに従い、お客様の連絡先を再分類や購読停止する権利を持ちますが、アカウントから連絡先を削除することは決してありません。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

初めての方はこちら 3月 25, 2019

Googleドライブから顧客リストへインポートする方法は?

以下の手順に沿ってGoogleドライブから顧客リストへアップロードを行ってください。     Benchmarkアカウントにログイン  ダッシュボードからコンタクトリストに移動  右上の新規リストの作成をクリック  通常リストを選択して次へをクリック  サービスからインポートするを選択し次へをクリック  各種サービス連携よりGoogleドライブのインテグレーションアイコンをクリック  連携ボタンをクリックしてGoogleに接続  アップロードを行うGoogleアカウントを選択  アクセス許可をクリック  ページがBenchmarkへと自動で戻ります。 アップロード元としてGoogleドライブスプレッドシート及びワークシートを選択、アップロード先として既存のBenchmarkコンタクトリストを選択するか新規リストを作成してください。  保存&次へをクリック。  フィールドを選択&一致させて保存&次へをクリックします。   注意点: シートの1行目には必ずフィールド項目を入力するようにしてください。(Email、姓、名、誕生日、等) またメールアドレス項目については項目名を「Email」と英語表記で入力するようにお願いします。日本語での表記ですと認識せずアドレスがインポートされません。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 連携機能 顧客リスト 9月 20, 2019

GmailコンタクトをBenchmarkアカウントにインポートする方法は?

安全な連携システムを利用して、GmailコンタクトをBenchmarkアカウントにインポートすることが可能です。氏名などのデータもそのまま連携してインポートすることも出来ます。 連携方法は下記のステップに従ってください:  Benchmarkアカウントにログインします。 アカウント設定から「API/連携」を選択します。  画面下までスクロールし、「サービス連携一覧」を選択します。 Google Contacts連携オプションを選択します。 まだGoogleアカウントにサインインしていない場合は、サインインする必要があります。 「アクセスを許可する」ボタンをクリックし、GmailコンタクトをBenchmarkにアップロードしてください。 コンタクトを追加したいリストまたはリストを新規作成して、「保存&次へ」をクリックします。  Googleの項目をBenchmarkのデータ項目に従って設定してください。 「保存&次へ」をクリックします。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 連携機能 顧客リスト 6月 19, 2019

画像をメールに掲載する方法

Benchmark Email の画像ギャラリーにアップロードした画像、あるいはウェブサーバーへ保存されている画像が利用可能です。   Benchmark Email の画像ギャラリーへアップロードした画像を利用する  コンテンツブロックから画像ブロックを選択し、エディタ上で好きな位置までドラッグします  ブロック上に画像を直接ドラッグ&ドロップするか、画像をアップロードをクリックして画像ギャラリーから選択します。  保存&閉じるをクリックします。   画像の差し替え、編集、リンク設定は、画像をクリックすると画面左に表示される編集オプションから行なってください。背景色やボーダー、空白枠などその他の設定も可能です。 画像を設置したら代替テキストの設定を行なってください。受信先で画像が表示できない、あるいは画像非表示設定をしている場合に画像の代わりに表示されるテキストです。 対応可能なファイル形式については以下のFAQをご覧ください。 FAQ:画像ギャラリーの利用と画像のアップロード方法について   外部ウェブサイトからの画像を利用する  コンテンツブロックから画像ブロックを選択し、エディタ上で好きな位置までドラッグします  画像をアップロードをクリックして画像ギャラリーへ移動します。  画像URLボックスに画像URLを入力し挿入ボタンをクリックします。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

画像ギャラリー 3月 19, 2019

メールを開封した顧客をリストとして抽出することはできますか?

・メールを開封した顧客のメールアドレスを表示する方法 ・開封した顧客をリスト化する方法 ・開封していない顧客をリスト化する方法   メールを開封した顧客のメールアドレスを表示する方法 メールを開封した顧客のメールアドレスはレポートにて確認可能です。 メールを開封した顧客のメールアドレスの表示方法: 「メールレポート」ページへ移動します。 確認したい配信メール名をクリックします。 「開封数」をクリックします。 レポート結果が表示されます。メールアドレス一覧を出力するには「・・・」ボタンをクリックし「ダウンロード」を選択してください。 *リストに保存をクリックすると、表示されているアドレスでリストを作成できます。 *「開封数」の部分を変更することで「クリック」「未開封」「エラー」「転送」などに該当するアドレスも確認できます。同様に一覧ダウンロードが可能です。   そのほかのレポート機能については、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:レポート機能とは何ですか?   開封した顧客をリスト化する方法 1. 前回のメールのレポートを開き、開封数の数字をクリックします。 2. メールを開封したコンタクト詳細情報が表示されます。 ページ右側の「・・・」をクリックし、「リストに保存」を選択します。 3. リストとして保存されます。リスト名は「Open Report: ~(前回のメール名)」と表記されます。 このリストに対しメール配信を行ってください。 また、複数のメールの開封、クリックなどを基にリストを作成できるエンゲージメント機能も御座います。 詳細は以下をご参照ください。 FAQ::エンゲージメント機能の開封・クリックリストとはなんですか FAQ: リンク別クリックとはなんですか?   開封していない顧客をリスト化する方法 メールの再配信を検討している場合は、迷惑メールと認識されてしまう可能性が高いので推奨致しかねます。 「レポート」タブをクリックし、該当のメールを選択します。 レポートページ下段の「未開封」のボタンをクリックします。 「リストに保存」ボタンをクリックします。 リスト数が多い場合、未開封リストの作成には多少お時間を要する場合がございますのでご了承ください。     >>「レポート」のまとめページに戻る

効果測定レポート&到達率 顧客リスト 3月 15, 2019

新規にリストを作成する方法は?

キャンペーンを送信するときは、連絡先のリストを選択する必要があります。まだリストを作成していない場合は、以下の手順に従って作成してください。 Benchmarkアカウントへログインします。 1. ダッシュボードメニューから[コンタクト]を選択します。 2. ページの右上にある[新規リストの作成]をクリックします。 3. [通常リスト]を選択し、[次へ]をクリックします。 4. 以下のオプションから選択し、新しいリストに連絡先を追加します。 インポート機能を使って作成:保存している.xls、.csv(英語のみ)、.txtファイルからアップロードします。 コピー&ペーストで作成:複数のメールアドレスを含む文書がある場合は、それらをコピーして貼り付けるだけで追加することができます。 1件ずつ登録:一軒ずつ連絡先の詳細をすべて入力します。 サービスからインポートする:Googleコンタクト、Zoho、Microsoft Dynamics CRMなどの連携サービスからコンタクトをインポートします。 (このFAQでは、[インポート機能を使って作成]オプションを使用しています)。 5. [次へ]をクリックします。 6. リストに名前を付けて、[次へ]をクリックします。 7. ファイルを選択して[開く]をクリックします。 8. [次へ]をクリックします。 9. それに応じてフィールドをマップします。 10. [保存して終了]をクリックします。 注:すべてのリストのアップロードは、リストの照会の対象となります。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。

顧客リスト 3月 15, 2019