サポートページ aero-right

WordPressとBenchmark Emailを連携する方法は?

連携でできることは? ・ブログ記事をそのままメールで配信できます。 ・登録フォームの設置ができ、WordPress内でフォームの作成や編集も可能です。 ・WordPressページよりメールの送信(またはテストメール)ができます。 ・WordPressダッシュボード内でレポートの表示ができ、開封率などを確認することができます。 ここでは連携手順とメール送信手順をご紹介します。 まだBenchmark Emailのアカウントをお持ちでない方は、以下のリンクより作成後、下記の手順に従って連携を行なって下さい。 クイックリンク:無料トライアル作成 連携手順 まず、Benchmark EmailのAPI キーを取得します: Benchmark アカウントへログインします。 画面右上のアカウント名をクリックし、API/連携を選択します。 左のメニューからAPI キーをクリックします。 「あなたのAPI キーは」というボックス内に表示されたAPIキーをコピーします。 次に、WordPressプラグイン「Benchmark Email Lite」をインストールします: WordPressブログページにログインします。 ダッシュボードメニューからPlugins(プラグイン)を選択しAdd New(新規追加)をクリックします。 画面右のKeyword欄に「Benchmark Email Lite」と入力し検索します。 Install Now(今すぐインストール) をクリックします。サイトホストより付与されたFTPあるいはFTPSユーザー名とパスワードを入力する必要がある場合がございます。 Activate(有効化)をクリックします。 最後に、WordPressページに戻りAPIキーを入力します: ダッシュボードのサイドバーメニューからBenchmark Email Liteをクリックし、Settingsをクリックします。 「Connect  to Benchmark」ボタンをクリックし、Benchmark Emailのログイン名とパスワードを入力します。  API Key(s) from your Benchmark Email account(s)にコピーしたAPI キーを貼り付け、Save changes(変更して保存)をクリックします。 「You are connected!」のメッセージが表示されましたら、連携完了です!今後は、ダッシュボードの左のBenchmark Emailを選択しInterfaceをクリックします。WordPressのサイトを離れることなくBenchmark Emailの登録フォームの設置やメールの作成・送信ができるようになります。 また、登録フォームの設置はダッシュボードのサイドバーメニューからAppearance(外観)を選択し、Widgets(ウィジェット)をクリックします。必要数の登録フォームウィジェットをセットアップでき、WordPressページ編集画面からメールに挿入したい投稿、ページをいくつでも保存できます。 詳しくはこちら:WordPressブログにBenchmark Emailの登録フォームを掲載する方法 メール送信手順: 「投稿」画面にて、配信する記事を作成します。 投稿メニューに該当の記事が表示されます。 記事から配信を選択頂くと、Benchmark Emailのページに移動し、ここで配信時間など詳細設定ができます。 注意点: メールのフォーマットはブログ記事で使用したものがそのまま反映されます。 「続きを読む」リンクは受信側の仕様によって表示される箇所が異なります。 関連ブログ:WordPressプラグインでメルマガ配信する方法を図解してみた ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 10月 1, 2020

JotFormとBenchmark Emailを連携する方法は?

JotFormはオンラインでカスタムフォームを作成できるアプリケーションです。Benchmark Emailとの連携でフォームに入力を行った人を配信リストへ登録し、該当リストへステップメール配信設定をすることで全自動でのフォローアップをすることができます。 目次 JotForm APIキーを取得する方法 Benchmark EmailとJotFormを連携する方法 EUセーフモードでJotFormをご利用の方へ:EUセーフモードをOFFにする方法 連携テストを行う方法   JotForm APIキーを取得する方法 連携にはまず、JotForm APIキーが必要となります。JotFormアカウントへログインしてください。 1. 画面右上のJotForm アバターをクリックし、「アカウント名」をクリックします。 2. 左のメニューから「API」を選択します。 3. 「Create New Key」ボタンをクリックします。 4.  APIキーをコピーし、Benchmark Emailアカウントに戻ります。 Benchmark EmailとJotFormを連携する方法 1.  Benchmark Emailアカウントへログインします。 2. 「アカウント名」をクリックし「連携」を選択します。 3. 次のページの最下部までスクロールダウンしたら「サービス連携一覧」ボタンをクリックします。 4. 一覧から「JotForm」をクリックします。 5. 連携画面にてコピーしたJotFormのAPIキーを貼り付け、「保存&次へ」をクリックします。 6. インポートしたいJotFormのフォームを選択し、登録先のBenchmark Emailのリストを選択(あるいは新規作成)して「保存&次へ」をクリックします。 7. JotFormフィールドとBenchmark Emailリストのフィールド項目をマッチさせ、「保存&次へ」ボタンをクリックして完了です。 以上で連携は完了です! EUセーフモードでJotFormをご利用の方へ:EUセーフモードをOFFにする方法 Benchmark Emailへコンタクト情報をインポートするにはEUセーフモードをOFFにする必要があります。以下の手順に従ってください。 1. JotFormの左メニューより「Data」をクリックし、「Europe Datacenter」のチェックボックスのチェックを外します。 2. ポップアップ画面が表示されます。アメリカのデータセンターにデータが転送され、EUのデータベースからデータが消去される旨を承諾の上、「MOVE (アカウント名) TO US」ボタンをクリックします。 3. チェックが外れ、「全てのデータはアメリカのデータセンターに転送されました」というメッセージが表示されます。「CLOSE」ボタンをクリックして完了です。 連携テストを行う方法 Benchmark EmailとJotFormの連携が完了したら、接続テストを行いましょう。以下のステップに従ってテストしてください。 1. JotFormアカウントのホーム画面よりテストするフォームをクリックします。 2. 「More」をクリックして「Publish Form」を選択します。 3. 「Copy Link」ボタンをクリックしてリンクをコピーします。 4. コピーしたリンクをウェブサイトに貼り付けます。 5. テスト用メールアドレスでフォームに入力を行います。 6. テスト用メールアドレスがJotFormとBenchmark Emailアカウント両方に登録されているか確認します。   フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらのFAQをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。 今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 JotFormにて新規追加されたコンタクトを随時Benchmark Emailのコンタクトへ連携させたい際には、PieSyncまたはZapierをご利用になることで随時同期を行うことが可能となっています。それぞれの連携については下記FAQをご参照ください。 FAQ:PieSyncを使ってBenchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは? FAQ:Zapierを使ってBenchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは?   不明点などございましたらサポートまでご連絡ください。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 10月 20, 2020

Benchmark Email RESTful APIとは?

  素晴らしいテクノロジーがどんどん開発されている今日、世界は確実にオートメーション化に向かっています。APIを使用すればBenchmark Emailにログインせずともデータを扱うことができます。APIでよく用いられる用語を学んで知識を深めていきましょう。   RESTとは?   RESTはREpresentational State Transferの略になります。 RESTはHTTPを元にした制約とプロパティを定義するアーキテクチャスタイルです。HTTPが利用された際、最も一般的で利用可能なオペレーションはGET、POST、PATCH、DELETEと事前に定義されたCRUD HTTPメソッドです。 全てのユーザーはBenchmark EmailのRESTful APIを用いて外部サービス連携を構築する事ができます。これらの連携によりリストの詳細入手、リストのアップロード、プラットフォームからBenchmark Emailアカウントへのデータ移行やメールマガジンのアップロードも可能となります。Benchmark EmailのRESTfulページで利用できるHTTPメソッドは次の通りです。     GET POST PATCH DELETE GETメソッドはリソースの値を取得する際に用いられます。 GETリクエストは安全かつ同様のパラメーターで何度繰り返しても結果が不変的(冪等性)であることが求められます。 POSTリクエストは新しいリソースを作成する際に用いられます。POSTは新しいデータを書き込みする際によく利用されますが、データを更新するのにも利用する事が出来ます。 URLにてデータの特定フィールドのみを更新できます。PATCHリクエストもGETリクエスト同様、冪等的になります。 データを削除するリクエストですが、必ずしも直後に削除反映ということではありません。リクエストは長期間、又は事前に送ることも可能です。 API構築のための環境が整っているのであれば、ご活用頂くことを推奨します。そうでない場合には専門知識を持つWeb開発者にご依頼が必要になります。上記のHTTPメソッドやリクエストはメソッドと併せてページの左側にあるカテゴリー内に記載されてます。 メソッドを選択すると、同じ内容の詳細がパラメーターと併せて投入(追加)され、ページの右側にサンプルコードが提供されます。 コードを入手する際に好きな言語をドロップダウンより選択、またはキーワード検索もご利用可能です。 コードのテスト及び実行をするには右上にある「Run in Postman」ボタンをデベロッパーが利用できます。 詳細に関しては、以下のリンク(英語)をご覧ください。 リンク: Benchmark Email RESTful API 利用方法については以下のFAQ(日本語)をご参照ください。 FAQ:Benchmark Email の RESTful API を利用する方法は?     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

API 10月 3, 2020