サポートページ aero-right

JotFormとBenchmark Emailを連携する方法は?

JotFormはオンラインでカスタムフォームを作成できるアプリケーションです。Benchmarkとの連携でフォームに入力を行った人を配信リストへ登録し、フォローアップやアプローチが簡単に行えるようになります。 連携機能: BenchmarkとJotFormの連携で、特定のリストへリード情報を自動的に登録することが可能です。該当リストへステップメール配信設定をすることで全自動でのフォローアップをすることができます。 Benchmarkアカウントへログイン ユーザー名をクリックしAPI/連携をクリック 次ページの最下部までスクロールダウンしたらサービス連携一覧ボタンをクリックします 一覧からJotFormをクリック JotForm APIキーの入力が必要となります。JotFormアカウントへログインしてください JotFormアカウントへログインしたら: 画面右上のJotForm アバターをクリックし、ユーザー名をクリックします 左手のメニューからAPIを選択 Create New Keyボタンをクリック APIキーをコピーし、Benchmarkアカウントに戻って連携ページに貼り付けます インポート元となるJotFormを選択し、登録先のリストを選択(あるいは新規作成)して保存&次へをクリックします JotFormフィールドとBenchmarkリストのフィールド項目をマッチさせます 保存&次へをクリック 以上で連携は完了です! EUセーフモードでJotFormをご利用の方:Benchmarkへコンタクト情報をインポートするにはEUセーフモードをOFFにする必要があります。EUセーフモードの詳細はこちら。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 連携テスト: BenchmarkとJotFormの連携が完了したら、接続テストを行いましょう。以下のステップに従ってテストしてください。 JotFormアカウントのホームよりテストするフォームをクリック MoreをクリックしてPublishを選択 Copy Linkをクリックしてリンクをコピー コピーしたリンクをウェブサイトに貼り付けます テスト用メールアドレスでフォームに入力を行います テスト用メールアドレスがJotFormとBenchmarkアカウント両方に登録されているか確認 不明点などございましたらサポートまでご連絡ください。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 9月 5, 2019

How do I integrate my Benchmark account with Contactually?

Contactually offers built-in integrations. It uses email to identify new leads for users through targeted questions. The system then passes the response and automatically pushes all data to a CRM. With our Contactually integration, you can automatically add contacts to a Benchmark Email list. Create and automate customer automations from the moment a contact is added to your list. Follow the steps below to integrate: Log into your Benchmark account. 
 Select Integrations from the username located at the top-right of the page. Scroll to the bottom of the page and click on Get Started. 
 Select the Contactually integration. Now connect to Contactually by clicking on the logo. Enter your login information for your Contactually account. Select the list (or create a new one) to which you would like to add your contacts to and click Save & Next. Map Contactually Fields according to the data fields in your Benchmark Email list. Click Save & Next. 
 Last, select Go to My Lists to view your list. You’ve successfully integrated Benchmark with Contactually! The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

連携機能 8月 6, 2019

Googleドライブから顧客リストへインポートする方法は?

以下の手順に沿ってGoogleドライブから顧客リストへアップロードを行ってください。     Benchmarkアカウントにログイン  ダッシュボードからコンタクトリストに移動  右上の新規リストの作成をクリック  通常リストを選択して次へをクリック  サービスからインポートするを選択し次へをクリック  各種サービス連携よりGoogleドライブのインテグレーションアイコンをクリック  連携ボタンをクリックしてGoogleに接続  アップロードを行うGoogleアカウントを選択  アクセス許可をクリック  ページがBenchmarkへと自動で戻ります。 アップロード元としてGoogleドライブスプレッドシート及びワークシートを選択、アップロード先として既存のBenchmarkコンタクトリストを選択するか新規リストを作成してください。  保存&次へをクリック。  フィールドを選択&一致させて保存&次へをクリックします。   注意点: シートの1行目には必ずフィールド項目を入力するようにしてください。(Email、姓、名、誕生日、等) またメールアドレス項目については項目名を「Email」と英語表記で入力するようにお願いします。日本語での表記ですと認識せずアドレスがインポートされません。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 連携機能 顧客リスト 9月 20, 2019

GmailコンタクトをBenchmarkアカウントにインポートする方法は?

安全な連携システムを利用して、GmailコンタクトをBenchmarkアカウントにインポートすることが可能です。氏名などのデータもそのまま連携してインポートすることも出来ます。 連携方法は下記のステップに従ってください:  Benchmarkアカウントにログインします。 アカウント設定から「API/連携」を選択します。  画面下までスクロールし、「サービス連携一覧」を選択します。 Google Contacts連携オプションを選択します。 まだGoogleアカウントにサインインしていない場合は、サインインする必要があります。 「アクセスを許可する」ボタンをクリックし、GmailコンタクトをBenchmarkにアップロードしてください。 コンタクトを追加したいリストまたはリストを新規作成して、「保存&次へ」をクリックします。  Googleの項目をBenchmarkのデータ項目に従って設定してください。 「保存&次へ」をクリックします。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 連携機能 顧客リスト 6月 19, 2019

ZohoアカウントをBenchmarkと連携させるには?

  Zohoはお客様のデータを管理できるソフトウェアです。連携する事でZohoコンタクトをBenchmarkアカウントにインポートでき、メールマーケティングのつながり(関係)を最適化します。 コンタクトは選択されたメールアドレスに送付され、迅速にBenchmarkアカウントに設定する事が可能です。 ZohoをBenchmarkアカウントと連携させるには以下ステップをご確認ください: Benchmarkアカウントにログインします。  ページ右上に表示されるお名前より「API/連携」を選択します。  最下部までスクロールダウンしたら「サービス連携一覧」ボタンをクリックします。 一覧から「Zoho」をクリック。 アクセストークンを入力してください。アクセストークンについてはこちらをクリック。 次にBenchmarkリストを選択するか新規作成し、「保存&次へ」をクリック。 Benchmarkの項目を選択し、Zohoの項目と一致させます。 これでコンタクトの閲覧や他のリストのインポートが可能です。より直接的な方法でコンタクトにエンゲージし、従来とは異なる運用アプローチを行いましょう。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 他にご不明な点がございましたら、こちらよりサポートチームまでお問い合わせください。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 8月 7, 2019

ShopifyアカウントをBenchmarkと連携させるには?

  1.    Shopifyアカウントへと進み、ログインします。 2.    メニューより「アプリ」を選択する。 3.    ページ下までスクロールして「プライベートアプリを管理」をクリックします。 4.    「プライベートアプリを作成」をクリックします。 5.    プライベートアプリ名を入力し、APIのアクセスオプションを選択します。 6.    完了したら「保存」をクリックします。 注:プライベートアプリの作成が完了したら、連携に必要なAPIキーとパスワードが支給されるので保管します。 7.    Benchmarkアカウントにログインします。 8.    画面右上のユーザー名をクリックします。 9.    ドロップダウンメニューから「API/連携」を選択します。 10.    ページ下までスクロールし、「サービス連携一覧」をクリックします。 11.    ページの一番下、「Shopify」をクリックします。商品名称の欄にShopifyドメインを入力します(ショップ名を含むhttps://shop-name.myshopify.com/を入力)。 12.  Shopifyより生成したAPIキーとパスワードを入力して「保存&次へ」を選択します。 13.  BenchmarkとShopifyの連携設定をインポートオプションとリストより設定します。 14.  フィールド項目設定を行います。 15.  「保存&次へ」ボタンをクリックします。 注:商品名にハイフンが含まれている場合、必ず商品名称にも追加してください。そうでないと、連携されません。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

eコマース 連携機能 7月 8, 2019

FacebookイベントとBenchmark Emailを連携するには?

Facebookは利用者がプロフィールを作成したり、写真やビデオのアップロード、友人同士でメッセージのやり取りを行えるSNSです。Benchmark EmailのFacebookイベント連携テンプレートを使って、イベント参加者を増やしましょう。1つのイベントから複数のイベントまで宣伝することができます。   連携の手順は、以下の通りです。 アカウントにログインします。 ダッシュボードより、メールを選択します。 メール作成ボタンをクリックします。 メール作成ページより通常メール配信を選択し次へをクリックします。 ドラッグ&ドロップ形式を選択、次へをクリックします。 ステップ1詳細を全て入力し、保存&次へをクリックします。 ステップ2リストにてリストを選択肢、保存&次へをクリックします。 上部のメニューバーよりテンプレートを選択します。 左側のフィルターメニューより連携をクリックし、Facebookを選択します Facebookイベントテンプレートをクリックします。 Connect to Facebookでイベントへのアクセスを許可します。その後連携させるイベントページを選択してください。 また、ここで接続したFacebookアカウントとの切断は、アカウントのサービス連携一覧ページにて可能です。 切断の方法は、以下の通りです。 右上のユーザーメニューより、API/連携を選択します。サービス提携一覧が表示されます。 Facebookの横にあるオプションボタンをクリックします。 切断をクリックします。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。

連携機能 4月 23, 2019

How do I integrate Acuity Scheduling with Benchmark?

With our Acuity Scheduling integration, you can automatically add contacts to a Benchmark list. Create and automate customer journeys from the moment an appointment is made and a contact is added to your list. Please follow the steps below to integrate: Log in to your Benchmark account.
 Click on your username and select Integrations. Scroll to the bottom of the page and click Get Started.
 Go to the Acuity Scheduling integration option.
 Note: You must have an Acuity Scheduling account with a Powerhouse Player plan to be able to set up this integration. Log in to your Acuity Scheduling account on their website. Go to the Business Settings in the left-hand menu and select Integrations. Scroll down to the API tab, under the API option click View Credentials. 
 A pop-up will appear on the top right-hand side of the page. Copy & paste the User ID into the Username section in your Benchmark account and the API Key into the Password section where prompted. Select the list (or create a new one) to which you would like to add contacts and click Save & Next.
 Map Acuity Scheduling fields according to the data fields in your Benchmark list. Click Save & Next.
 The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.    

EMA 連携機能 8月 7, 2019

1 2 3