サポートページ aero-right integrazioni

GmailコンタクトをBenchmark Emailにインポートする方法は?

安全な連携システムを利用して、GmailコンタクトをBenchmark Emailアカウントにインポートすることが可能です。氏名などのデータもそのまま連携してインポートすることも出来ます。 連携方法は下記のステップに従ってください: 1. Benchmark Emailアカウントにログインします。 2. アカウント設定から「連携」を選択します。 3. 画面下までスクロールし、「サービス連携一覧」を選択します。 4. Google Contacts連携オプションを選択します。 5. まだGoogleアカウントにサインインしていない場合は、サインインする必要があります。 6. 「許可」ボタンをクリックし、GmailコンタクトをBenchmark Emailにアップロードしてください。 7. コンタクトを追加したいリストまたはリストを新規作成して、「保存&次へ」をクリックします。 8. Google Contactsフィールド項目をBenchmark Emailのフィールド項目に従って設定してください。 9. 「保存&次へ」をクリックし、連携完了です。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmark Emailではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

連携機能 6月 2, 2021

最新のTwitterツイートをメールに挿入する方法は?

Benchmark EmailのTwitterテンプレート連携機能を活用して、購読者に最新のTwitterツイートをメールで配信することができます。本連携機能では最大5つの最新のツイートをメールで送信することが可能です。 購読者に対して、Twitterのフォローを促したいときに有効です。実際に「Twitterでどんなツイートをしているのか」をみてもらうことで、フォロー獲得につながりやすくなります。 Benchmark EmailとTwitterを連携させるには、以下のステップに従ってください。 1. Benchmark Emailアカウントにログインし、ダッシュボードメニューから「メール」を選択します。 2. 「メール作成」ボタンをクリックします。 3. 「通常メール配信」を選択し、「次へ」をクリックします。 4. 「ドラッグ&ドロップ」を選択し、「次へ」をクリックします。 5. 管理用のメール名を入力し、「次へ」をクリックします。 6. チェックリストの各項目を入力し、本文&デザインの「編集」をクリックすると編集画面に移動します。 次にTwitter連携テンプレートを選択します。 7. レイアウトで「テンプレート」を選択し、左のフィルターの「連携」から「Twitter」にチェックを入れます。 8. 「接続」をクリックすると、「Twitterへ接続」のポップアップ画面が表示されます。 9. 「ログイン」をクリックします。 10. 認証ページが表示されますので、「Authorize app(連携アプリを認証)」をクリックして完了です。 また、アカウントの連携ページでもTwitterページとの連携、切断が可能です。 切断方法: 1. ログイン後、右上の「アカウント名」をクリックし「連携」を選択します。 2. サービス一覧画面をスクロールダウンし、Twitter(メールに5つの最新ツイートを挿入します)を探します。 3. 詳細オプション アイコンをクリックし、「切断」を選択します。 連携方法: 1. 同じ連携ページの「連携」ボタンをクリックすると、認証画面が表示されます。 2. 「Authorize app(連携アプリを認証)」をクリックして連携完了です。   この連携機能はすべてのBenchmark Emailアカウントにて無料でご利用いただけます。 なお、配信メールを自動的にTwitterでツイートする方法については、以下のFAQをご確認ください。 FAQ:配信メールを自動的にTwitterでツイートする方法は? 関連ブログ記事:Twitterと連携し、メルマガで最近のツイートを送ってみよう!   他にご不明な点がございましたら、お気軽にサポートまでお問い合わせください。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

連携機能 4月 12, 2021

配信メールを自動的にTwitterでツイートする方法は?

Benchmark EmailアカウントとTwitterを連携する方法は2通りございます。 こちらのFAQでは配信したメルマガを自動的にTwitterへツイートする方法をご紹介します。   【配信したメルマガを自動的にツイートする方法について】 1. 右上の「アカウント名」をクリックし、「連携」を選択します。 2. サービス連携一覧が表示されますので、スクロールダウンし「Twitterで自動的に配信メールをシェアします」と記載されているTwitter連携の「接続」ボタンをクリックします。 3. 「連携アプリを認証(Authorize app)」をクリックし、ご自身のTwitterアカウントと接続します。 連携が完了するとBenchmark Email連携画面に戻り、以下のように緑色のチェックが表示されます。 次にメール作成時の設定を行いますので、ホームに戻ります。 4. メール作成時「チェックリスト一覧」最下部にございます「Twitterでメールを自動的につぶやく」ボタンを右にスライドして「ON」にし、「保存」ボタンをクリックします。 これで設定は完了です。 メールを配信すると、該当メールの「件名」と「リンク」が自動的にツイートされます。   【最新ツイートを配信メールに挿入する方法について】 Twitterと連携する別の方法として「専用連携テンプレート」というものがあります。 Benchmark Emailのカスタマイズ可能なテンプレート(専用連携テンプレート)に、Twitterアカウントから5つの最新ツイートを引き出すことができます。 これによりメールの登録購読者と簡単且つ迅速にツイートを共有できます。 詳細については、以下のFAQでご確認ください。 FAQ:最新のTwitterツイートをメールに挿入する方法は? ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

テンプレート&メールエディタ 10月 9, 2020

ZohoとBenchmark Emailを連携する方法は?

Zoho側のアップデートにより現在Zohoとの連携機能は提供中止となっております。 Zohoのコンタクトの登録には .XLS、.XLSX形式ファイルでのアップロードを行ってください。アップロード方法の詳細についてはこちら   Zohoはお客様のデータを管理できるソフトウェアです。連携する事でZohoコンタクトをBenchmark Emailアカウントにインポートでき、メールマーケティングのつながり(関係)を最適化します。 コンタクトは選択されたメールアドレスに送付され、迅速にBenchmark Emailアカウントに設定する事が可能です。 ZohoをBenchmark Emailアカウントと連携させるには以下ステップをご確認ください: 1. Benchmark Emailアカウントにログイン 2. ページ右上に表示されるお名前より「連携」を選択 3. 「サービス連携一覧」ボタンをクリック 4. 一覧から「Zoho」をクリック 5. アクセストークンを入力してください。アクセストークンについてはこちらをクリック 6. 次にBenchmark Emailリストを選択するか新規作成し、「保存&次へ」をクリック 7. Benchmark Emailの項目を選択し、Zohoの項目と一致させます。 これでコンタクトの閲覧や他のリストのインポートが可能です。より直接的な方法でコンタクトにエンゲージし、従来とは異なる運用アプローチを行いましょう。   フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmark Emailではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらのFAQをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。 今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 Zohoにて新規追加されたコンタクトを随時Benchmark Emailのコンタクトへ連携させたい際には、Zapierをご利用になることで随時同期を行うことが可能となっています。連携については下記FAQをご参照ください。 FAQ:Zapierを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは?   他にご不明な点がございましたら、こちらよりサポートチームまでお問い合わせください。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 7月 14, 2021

JotFormとBenchmark Emailを連携する方法は?

現在、JotFormとBenchmark Emailのプラグイン連携に関しては一時停止となっております。 JotFormはオンラインでカスタムフォームを作成できるアプリケーションです。Benchmark Emailとの連携でフォームに入力を行った人を配信リストへ登録し、該当リストへステップメール配信設定をすることで全自動でのフォローアップをすることができます。 目次 JotForm APIキーを取得する方法 Benchmark EmailとJotFormを連携する方法 EUセーフモードでJotFormをご利用の方へ:EUセーフモードをOFFにする方法 連携テストを行う方法   JotForm APIキーを取得する方法 連携にはまず、JotForm APIキーが必要となります。JotFormアカウントへログインしてください。 1. 画面右上のJotForm アバターをクリックし、「アカウント名」をクリックします。 2. 左のメニューから「API」を選択します。 3. 「Create New Key」ボタンをクリックします。 4.  APIキーをコピーし、Benchmark Emailアカウントに戻ります。 Benchmark EmailとJotFormを連携する方法 1.  Benchmark Emailアカウントへログインします。 2. 「アカウント名」をクリックし「連携」を選択します。 3. 次のページで「サービス連携一覧」ボタンをクリックします。 4. 一覧から「JotForm」をクリックします。 5. 連携画面にてコピーしたJotFormのAPIキーを貼り付け、「保存&次へ」をクリックします。 6. インポートしたいJotFormのフォームを選択し、登録先のBenchmark Emailのリストを選択(あるいは新規作成)して「保存&次へ」をクリックします。 7. JotFormフィールドとBenchmark Emailリストのフィールド項目をマッチさせ、「保存&次へ」ボタンをクリックして完了です。 以上で連携は完了です! EUセーフモードでJotFormをご利用の方へ:EUセーフモードをOFFにする方法 Benchmark Emailへコンタクト情報をインポートするにはEUセーフモードをOFFにする必要があります。以下の手順に従ってください。 1. JotFormの左メニューより「Data」をクリックし、「Europe Datacenter」のチェックボックスのチェックを外します。 2. ポップアップ画面が表示されます。アメリカのデータセンターにデータが転送され、EUのデータベースからデータが消去される旨を承諾の上、「MOVE (アカウント名) TO US」ボタンをクリックします。 3. チェックが外れ、「全てのデータはアメリカのデータセンターに転送されました」というメッセージが表示されます。「CLOSE」ボタンをクリックして完了です。 連携テストを行う方法 Benchmark EmailとJotFormの連携が完了したら、接続テストを行いましょう。以下のステップに従ってテストしてください。 1. JotFormアカウントのホーム画面よりテストするフォームをクリックします。 2. 「More」をクリックして「Publish Form」を選択します。 3. 「Copy Link」ボタンをクリックしてリンクをコピーします。 4. コピーしたリンクをウェブサイトに貼り付けます。 5. テスト用メールアドレスでフォームに入力を行います。 6. テスト用メールアドレスがJotFormとBenchmark Emailアカウント両方に登録されているか確認します。   フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらのFAQをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。 今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 JotFormにて新規追加されたコンタクトを随時Benchmark Emailのコンタクトへ連携させたい際には、Zapierをご利用になることで随時同期を行うことが可能となっています。連携については下記FAQをご参照ください。 FAQ:Zapierを使ってBenchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは?   不明点などございましたらサポートまでご連絡ください。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 7月 14, 2021

How do I integrate my Benchmark account with Contactually?

Contactually offers built-in integrations. It uses email to identify new leads for users through targeted questions. The system then passes the response and automatically pushes all data to a CRM. With our Contactually integration, you can automatically add contacts to a Benchmark Email list. Create and automate customer automations from the moment a contact is added to your list. Follow the steps below to integrate: Log into your Benchmark account. 
 Select Integrations from the username located at the top-right of the page. Scroll to the bottom of the page and click on Get Started. 
 Select the Contactually integration. Now connect to Contactually by clicking on the logo. Enter your login information for your Contactually account. Select the list (or create a new one) to which you would like to add your contacts to and click Save & Next. Map Contactually Fields according to the data fields in your Benchmark Email list. Click Save & Next. 
 Last, select Go to My Lists to view your list. You’ve successfully integrated Benchmark with Contactually! The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

連携機能 8月 6, 2019

ShopifyアカウントをBenchmarkと連携させるには?

  1.    Shopifyアカウントへと進み、ログインします。 2.    メニューより「アプリ」を選択する。 3.    ページ下までスクロールして「プライベートアプリを管理」をクリックします。 4.    「プライベートアプリを作成」をクリックします。 5.    プライベートアプリ名を入力し、APIのアクセスオプションを選択します。 6.    完了したら「保存」をクリックします。 注:プライベートアプリの作成が完了したら、連携に必要なAPIキーとパスワードが支給されるので保管します。 7.    Benchmarkアカウントにログインします。 8.    画面右上のユーザー名をクリックします。 9.    ドロップダウンメニューから「API/連携」を選択します。 10.    ページ下までスクロールし、「サービス連携一覧」をクリックします。 11.    ページの一番下、「Shopify」をクリックします。商品名称の欄にShopifyドメインを入力します(ショップ名を含むhttps://shop-name.myshopify.com/を入力)。 12.  Shopifyより生成したAPIキーとパスワードを入力して「保存&次へ」を選択します。 13.  BenchmarkとShopifyの連携設定をインポートオプションとリストより設定します。 14.  フィールド項目設定を行います。 15.  「保存&次へ」ボタンをクリックします。 注:商品名にハイフンが含まれている場合、必ず商品名称にも追加してください。そうでないと、連携されません。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 7月 1, 2020

How Do I Import My List from Highrise CRM?

Highrise is a customer management online service for business of all types. Highrise helps you connect with your customers and build better engagement. With this integration, you can add contacts from your Highrise CRM account into a new or existing Benchmark list. To integrate, follow these steps: Log in to your Benchmark account. Click on Contacts, from the Dashboard menu. Select Create New List. Choose the Regular List option and click Next. Select Import From A Service option, then click Next. On the Third-Party Integration page, scroll to the bottom and select the Highrise integration option. You will access the Connect to Highrise page. Leave this page open, you will need it to input your Subdomain and Highrise Api Key. Log in to your Highrise account. Let’s locate your Subdomain. Your Subdomain is what shows before the ".highrisehq.com" when accessing your account from the web. For example, this account: https://demo.highrisehq.com The Subdomain is demo. Copy your Subdomain and paste it on your Benchmark account on the Connect to Highrise page. On your Highrise account, click on Account and Settings from the bar menu at the top-right of the Home page. Select My Info. On the menu bar, select the Integrations tab. Below Authentication token, you will find your Highrise API Key. Copy the API Key. Copy your Highrise API Key and paste it on your Benchmark account on the Connect to Highrise page. Click Save & Next. Select the list (or create a new one) to which you would like to add contacts and click Save & Next. Map Highrise fields according to the data fields in your Benchmark list. Click on Go to My Lists to view your list or Import Another to import another list. You’ve successfully integrated Benchmark with Highrise! The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

連携機能 11月 26, 2019

1 2