サポートページ aero-right woocommerce

API / 連携アプリ

Benchmark Emailでは、ユーザー自身で連携開発を行えるようAPIを公開しています。連携構築を行うことで自社サービスやデータベースとBenchmark Emailアカウントを連携することが出来ます。 また、構築・開発不要でご利用頂けるアプリ連携も、いくつかご用意しております。 「API/連携アプリ」のFAQ一覧   Benchmark Restful APIを利用して連携構築を行う ・API連携を使って何ができますか? ・Benchmark Email RESTful APIとは? ・Benchmark Email の RESTful API を利用する方法は?   Benchmark Emailが提供するアプリ連携を利用する *下記以外は、APIでの連携が必要となります。 ・配信メールを自動的にTwitterでツイートする方法は? ・配信メールをFacebookビジネスページに自動投稿する方法とは? ・Salesforceとの連携はできますか? ・WordPressとBenchmark Emailを連携させる方法は? ・ShopifyとBenchmark Emailを連携する方法は? ・PayPalとBenchmark Emailを連携する方法は? ・ZohoとBenchmark Emailを連携する方法は? ・ZendeskとBenchmark Emailを連携する方法は? ・Zapierを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは? ・Zapier連携を使って、他社サービスの顧客リストをBenchmark Emailにインポートする方法とは? ・WooCommerceとBenchmark Emailを連携する方法は? ・JotFormとBenchmark Emailを連携する方法は? ・WebhookとBenchmark Emailを連携する方法は? ・LiveChatとBenchmark Emailを連携する方法は? ・Microsoft Dynamics CRMとBenchmark Emailを連携する方法は? ・KickboxとBenchmark Emailを連携する方法は? ・TableCheckとBenchmark Emailを連携する方法は? ・SurveyMonkeyとBenchmark Emailを連携する方法は?   GmailコンタクトやGoogleドライブの顧客リストをBenchmark Emailにインポートする方法は、以下のページをご参照ください。 ・「コンタクトリスト」のまとめページ」>サービスからインポートする     >>サポートページ(TOP)に戻る

よくある質問 1月 12, 2022

WooCommerceとBenchmark Emailを連携する方法は?

WooCommerceとはWordPressでショップ機能を追加できるプラグインのことです。 WooCommerceとBenchmark Emailのプラグインを連携させ、Benchmark Emailの拡張機能でWooCommerceショップおよびカゴ落ち顧客データを直接Benchmark Emailのアカウントへと繋げる事が可能です。 この機能を利用するには以下をご用意ください。 ・Benchmark Emailアカウント(アカウントをお持ちでない方はこちらから登録可) ・Benchmark EmailのAPIキー ・WordPressアカウント ・WooCommerceプラグイン ・Woo Benchmark Emailプラグイン Benchmark Emailアカウントから必要なものはAPIキーのみです。取得方法は以下の通りです。 1. ダッシュボード右上の「アカウント名」をクリックの上、「連携」を選択します。 2. 「APIキー」をクリックし、表示されたAPIキーをコピーして使用してください。こちらからもAPIキーの取得が可能です。 次に、お手持ちのWordpressアカウントにWoo Benchmark EmailプラグインおよびWooCommerceプラグインをインストールし、それぞれ有効化してください。WooCommerceプラグインのインストール方法の詳細についてはこちら(英語表記)をクリックしてください。 Benchmark Emailの拡張機能を追加する方法 WooCommerceプラグインをインストール後、Benchmark Emailの拡張機能を設定する必要があります。Benchmark Emailの拡張機能を追加するには、以下の手順に従ってください: 1. WordPressアカウントにログイン 2. 左のメニューからスクロールダウンし、「WooCommerce」>「設定(Settings)」をクリック 3. 「Benchmark Email」タブをクリック 4. Benchmark Emailオプションを選択 5. 利用可能なオプションを確認 6. カートステップをスキップ 7. メール項目へと追加 8. オプトイン項目を確認の上で、ユーザーへ表示させるテキストを追加 9. APIのボックスにBenchmark EmailのAPI Keyを貼付け(取得がまだの方はこちら) 10. 「Benchmark Emailに顧客を同期」のチェックボックスをクリック 11. 「変更を保存(Save changes)」ボタンをクリックして完了 この作業により、Benchmark Emailアカウントに以下の2つのリストが自動的に作成されます。 WooCommerce Customers WooCommerce Abandoned Carts Benchmark Emailアカウント上で上記のリストを確認できましたら、通常のメール配信もしくはEMAを用いて顧客にメール配信をする事ができるようになります。EMAの機能については以下のFAQをご覧ください。 FAQ:EMAとはどのような機能ですか? 注意:こちらの拡張機能をインストールした後に新規顧客になられた方のみ、Benchmark Emailアカウントに表示されます。 動画(英語)もご用意しておりますので是非ご参照ください。 トラブルシューティング: もし拡張機能が上手く起動しない際は、プラグインを一度削除した上で再インストールをお試し下さい。こちらの方法でも上手く動作しない場合には、WordPressでご利用頂いているCSS/テーマが問題になっている可能性があります。 プラグインやWordPressテーマを稼働 現在使われているテーマを変更、もしくは既存のプラグインを一度全て停止させ、WooCommerceのみを稼働した状態でお試し下さい。 より詳しいトラブルシューティングについては、以下のWooCommerceサイトよりご確認くださいませ。 外部サイト(英語表記):トラブルシューティング   Benchmark Emailアカウント側での問題と思われた際には、サポートまでご連絡下さい。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 7月 14, 2021