何かお困りですか?よくある質問とその回答をまとめました。

サポートページ aero-right よくある質問 aero-right 同じドメインへのメールをThunderbirdで受信したら、詐欺警告が出てコンテンツがブロックされました。どうしたら良いですか?

同じドメインへのメールをThunderbirdで受信したら、詐欺警告が出てコンテンツがブロックされました。どうしたら良いですか?

よくある質問 更新日 11月 20, 2010

■表示の原因:

受信側メールクライアント(メーラー)さらに利用されている方の設定やこれまでのご利用方法で表示される原因が異なります。 経由サーバーの存在を受信側で認識できていないことが原因です。 Benchmark Emailのような配信サービスでは一斉配信のためのサーバーをご用意しております。 これが送信元と、受信側を経由しております。 経由サーバーを通して配信をしていることにより、同一のドメインのはずが、送信元と受信側で違う情報(Benchmark Emailサーバー)が含まれているため整合性が取れない=「詐欺メール」と警告が表示されることがあります。 異なるドメインに配信される際は、問題はないことがほとんどですが、信頼性を高めて配信するための対策を取ることが推奨されます。

■対策:

SPFレコードというものを追加をお願い致します。 これは、お客様のドメインは経由サーバーとしてBenchmark Emailのサーバーを利用すると 明示していただくことになります。 同一のドメインに配信した場合でも詐欺メールといった警告が 表示される可能性は激減します。

以下がその方法となります。 システム担当者あるいは、業務委託元に以下のレコードをご共有くださいませ。

v=spf1 a mx include:bmsend.com ~all

SPFに関する詳細はこちらをご参照ください これでばっちり、メールセキュリティー三銃士 ~メールの到達率を上げるSPF、DKIM、DMARC~ ■その他の対策:

受信側で行っていただく対策ですが、以下も効果があります。

・連絡帳に追加 ・ホワイトリスト登録

Thunderbirdのヘルプページもご参照ください(外部リンク) https://support.mozilla.org/ja/kb/thunderbird-and-junk-spam-messages  

問題は解決しましたか?
0 0

Benchmarkから業界トレンド&最新情報をお届けします

ご登録頂きありがとうございます!

登録を完了させるには、認証メールのご確認をお願いします。

質問の回答が見つかりませんか?

サポートへお問い合わせ'

お問い合わせ履歴を閲覧する