サポートページ aero-right コンテンツ

自社サイトへの訪問者数を増やすには?

中小企業の経営者にとって反応を示してくれる一定の購読者数を獲得していることは理想的な状況です。このような購読者はサイトに頻繁に訪問してくれるからです。しかしながら、まだサービスや製品を使ったことのない新たな顧客となり得るサイト訪問者数を増やすことも非常に重要です。ここでは、新規訪問者を増やすヒントをご紹介します。 質の高いコンテンツ掲載 ご自身の分野のビジネスに関する独自の視点で質の高いコンテンツを作成し掲載することで、検索結果より新たな訪問者をサイトへ引きつけることができます。 ブログ掲載 ブログの投稿は、読みやすく魅力的なコンテンツをサイトに掲載する優れた方法です。ブログは人気が高く読者を獲得しやすいため、メルマガ購読の登録者数の増加が期待できます。 また、検索エンジンが記事の牽引を行うため、サイトトラフィックの増加につながります。ブログ記事とご自身のBenchmark Emailアカウントを連携させて、メールキャンペーンとブログの両方でより多くのアクセスを獲得することも可能です。 FAQ:RSSメールの作成方法 広告 予算を少し使って自社サイトへのトラフィックを増やすには広告に投資をするのは最善の方法です。Facebookなど人気の高いソーシャルメディアサイトでの宣伝を行うことで、高い露出度を得られ様々なグループへのブランド認知につながります。長期的に見て、少しの費用で大きな利益を生み出すことができる方法です。 広告の機会は、オンラインでもオフラインでもあります。オンラインの広告としては、Google AsWords、 Google AdSense、またはMSN adCenterが挙げられます。オフラインでは、使用する印刷物に必ずウェブサイトのURLと会社情報を明記することで広告の機会を増やします。 避けるべきこと ウェブサイトへのトラフィックを増やすために、避けるべき注意点をいくつかご紹介します。 リストの購入:Benchmark Emailでリストの購入が禁止されているのはもちろんのことですが、突然一方的にメールを送りつけるのは否定的なフィードバック、苦情報告、またBBB(商事改善協会)へ報告されるなどの結果になりかねません。 盗作行為:他のサイトのコンテンツをコピーし、自身のサイトで使用することは禁止されています。必ずオリジナルのコンテンツを作成しましょう。他人のコンテンツを参照するのであれば、学校で研究レポートを書く場合と同じようにクレジットを表記し、可能であればリンクを挿入します。 迷惑メール:必ず配信する情報が正しく、購読者に関連性があることを確認してください。コンテンツを一斉に作成し送信するのは、これまで積み上げて来た努力の結果を一気に無駄にしてしまう危険があります。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「サービス/パートナープログラム/その他」のまとめページに戻る

General Questions オートメーション 3月 10, 2021

メールクライアントによってHTMLメールがうまく表示されないのはなぜですか?

メールクライアント(Gmail、YahooやOutlookなど)やブラウザは、Benchmark Emailからの配信メールのHTMLコードをそれぞれ異なった形で解読・表示します。 メールがどのように表示されるかは受信側のメールクライアントまたはブラウザによって異なり、コードに異常がある場合は、受信環境によっては正しく解読できないことがあります。 例えば、Gmailでは簡単に修正できる問題であっても、Outlookでは修正ができずにレイアウトが崩れることがあります。このような場合のメール表示トラブルはその特定の受信環境に限られることになります。 他の例として、一部のテキストがOutlook上では全て左寄りで表示されていたとしても、他のメールクライアントでは中央寄りに表示されることがあります。 このような問題が発生した場合、受信テスターをご利用頂き、さまざまなメールクライアントやブラウザでの表示を確認してから本配信を行うことをお勧め致します。詳細は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:受信テスターの目的と作成方法について なお、メールクライアントによってはESP(メールサービスプロバイダー)が回避できない制限がある場合がございます。以下、受信環境に関わらずメールを同じように表示するためのポイントをご紹介します。 受信環境に左右されないメールを作成するポイント ドラッグ&ドロップエディタを使用する – ドラッグ&ドロップエディタのメールテンプレートは全てモバイル(スマホ)対応となっております。こちらのエディタを使用することで受信環境に最適なメールが表示されるようになります。 メール内にWebページ版リンクを設置する – 受信環境によってはメールが正しく表示されない場合があるため、Webページ版リンクを設置することにより同一の内容を閲覧して頂けます。設定はメール編集画面の「パーミッションリマインダーブロック」から可能です。Webページ版リンクの挿入方法についてはこちら 画像の背景色に気をつける – 画像の背景色はメールソフトが画像を表示できない場合にディスプレイされるため、メールが真っ白に表示されないように文章のフォントの色が目立つような背景色を選択しましょう。 画像の代替テキストを追加する – 画像の代替として表示されるテキスト「代替テキスト(Alt属性)」をメール本文に追加されることをお勧め致します。購読者によっては受信箱で画像をブロックまたは非表示設定している場合があるため、画像無しでもメールを読んで頂けるように代替テキストを追加しましょう。代替テキストを追加するには、画像をダブルクリックしボックスに入力するだけです。詳細はこちら 画像の配置 – 場合によって、画像が大きすぎてテキストを覆ってしまったり、圧縮されているように見えたりすることがあります。 画像の位置を調整し、サイズを縮小してフォーマットを綺麗にしてください。 ドラッグ&ドロップエディタをお使いの場合は、この作業は自動で行われますのでご安心ください。 テキストブロックに直接長いURLを挿入しない – スペースを含まない過度に長い文章(テキストブロックに直接追加した長いURLなど)は、文字列がメールの幅を超えてしまう可能性があります。途切れないようにするには、単語、文章または画像にリンクを挿入してください。ドラッグ&ドロップエディタのメニューバーにあるBenchmark Emailのリンクツールをご利用ください。リンクの挿入に関するFAQはこちら 以上を踏まえた上でメールを作成後、ご自身または身近な人にテストメールを送ってみましょう。複数のデバイスでメールを開いてデザインがどのように表示されるかを確認しましょう。最後に、各メールクライアントで確認されている表示エラーの一覧表を記載しておりますので、こちらも併せてご参照くださいませ。 各メールクライアントでの表示エラーリスト   メールクライアント HTML 対応 仕様 AOL 4.0、5.0 未対応 テキスト対応のみ フォーム認識不可 AOL 6.0、 7.0、8.0 対応 スタンダードHTML フォーム認識不可 外部スタイルシートへのリンク入りメール受信不可 AOL 9.0 一部対応 HTML画像&直リンク表示不可 フォーム認識不可 長いメールはzipファイルになる AOL Webメール 一部対応 XHTMLフル対応無し <br />タグ認識不可 アンカータグ対応無し -アンカーリンクをクリックするとアンカー箇所に飛ばず新しいウィンドウで受信箱が開く Apple Mail 対応 スタンダードHTML フォントタグ使用不可 - <span>タグを使用 アンカーリンクはダブルクリックが必要 El Capitan OSXではアンカーリンクが機能しない Compuserve 未対応 テキスト対応のみ Comcast Smartzone 対応 スタンダードHTML 背景画像はブロックされる アンカータグ対応無し -アンカーリンクをクリックするとアンカー箇所に飛ばず新しいウィンドウで受信箱が開く Comcast XFinity 一部対応 長いメールは途中で切れる - ウェブページバージョンで閲覧するよう誘導するか、メールを短くする必要あり アンカーリンク、目次リンクをクリックするとアンカー箇所に飛ばず新しいウィンドウで受信箱が開く Entourage (Mac) 対応 スタンダードHTML Entourage 2008 (Mac) 一部対応 背景画像がブロックされる場合がある フォーム、Flash、その他プラグイン、CSS float、CSSポジショニング、GIF対応 箇条点は画像に置き換えられる Earthlink 一部対応 テキストに下線が入る場合がある Eudora 3.1 未対応 テキスト対応のみ Eudora 4.0、4.2、4.3、 5.0 未対応 Internet Explorer使用の場合、スタンダードHTML仕様 デフォルトのEudora HTMLビューアでは正常に表示されない場合がある Gmail 一部対応 ブックマークアンカーのサポート無し 長いメールは途中で切れる - ウェブページバージョンで閲覧するよう誘導するか、メールを短くする必要あり メール内の電話番号がハイパーリンクになる Hotmail 一部対応 デフォルトで画像ブロック  <head>, <title>, <meta>, <body> タグ使用不可 - インラインスタイルの使用が必要 ホットリンクは4分後に無効になり、背景画像が削除される - メール認証設定をONにする必要あり CSS表示問題 テキストに下線が表示される場合あり <p>タグで囲んだテキストの行間に余分なスペースが入る - ブロックのコードビューで<p>タグを<div>ダグに変更するか、新規ブロックを作成し、コピー&貼り付けせずにテキストを入力する必要あり Juno 4.0、 5.0 対応 スタンダードHTML(大部分) CSS表示問題 Lotus Notes 4.6 未対応 フォント、リンクカラーが反映されない Lotus Notes 5.0 対応 スタンダードHTML(大部分) CSS表示問題 Novell GroupWise 5.5 対応 スタンダードHTML Office 365 一部対応 スタンダードHTML デフォルトで画像ブロック CSS表示問題 アンカーリンク、目次は機能しない 画像はライブラリに保存されたオリジナルファイルのサイズで表示されるため、表示問題を防ぐため画像のリサイズが必須 Outlook 97 一部対応 フォント、リンクカラーが反映されない 段落揃え未対応 Outlook 98、 2000 対応 スタンダードHTML CSS未対応 Outlook 98、 2001 (Mac) 未対応 リッチテキスト形式のみ Outlook 2003 一部対応 デフォルトでHTML画像のブロック Outlook 2007、2010 一部対応 フォーム、Flash、その他プラグイン、CSS float、CSSポジショニング、GIF未対応 箇条点は画像に置き換えられる 長いメールにはページ区切りが挿入され空白が表示される場合あり 画像ボーダー表示未対応 1920px x 1080px 以上の高画質ではテキストフォーマット対応、画像は未対応 画像キャプションスタイルはOutlookスタイルに上書きされる 縦1728 px以上の画像は切れる 段落の間、テキストの間に余分な空白が入る パソコン表示設定では画像がうまく表示されない場合がある 注: Microsoft ではOutlook 2007でのHTML認証ツールを提供しています。 Outlook 2007、2010 (Mac) 一部対応 アンカーリンク、目次は機能しない アニメGIF未対応 Outlook 2013、2016 一部対応 長いメールにはページ区切りが挿入され空白が表示される場合あり ブロックの最後のテキストが行頭文字の場合、中央が空欄スタイルの行頭文字が追加される - 行間文字を最後に置かないようにするか、</ul>タグでクローズする前に <div style="display:none;">&nbsp;</div> を追加 1920 x 1080 px以上の高画質ディスプレイではテキストサイズは調整されるが、画像サイズは調整されない パソコン表示設定によっては画像が正常に表示されない場合がある アニメGIF未対応 Outlook 2016 (Mac) 一部対応 アンカーリンク、目次機能は未対応 Outlook 365 一部対応 リンクに続くテキストのカラーを設定しない限りリンクはデフォルトで青になる - リンクは<span> タグで囲み、 <td> と <div>タグは異なるカラー設定が必要 アンカーリンク、目次リンクをクリックすると正しい箇所に飛ばずブランクのWebページが開く テキストは左寄せに設定していても、デフォルトで両端揃えになる 画像周りのスペースは設定が反映されない Outlook Web Access 一部対応 スタンダードHTML 画像はデフォルトでブロックされる アンカーリンク、目次は機能しない 画像はライブラリに保存されたオリジナルファイルのサイズで表示されるため、表示問題を防ぐため画像のリサイズが必須 Outlook Express- PC or Mac 対応 スタンダードHTML Pegasus Mail 3.1- Windows 対応 スタンダードHTML リンクのカラー設定は反映されない スマートフォン Android、 iPhone等 対応 電話番号がハイパーリンクとして表示される(クリックして電話が可能) メールフッターの住所を認識し、イベント日時をカレンダーに追加可能 Verizon 対応 スタンダードHTML アンカーリンク、目次は機能しない Yahoo! 対応 スタンダードHTML アンカーリンク、目次が機能しないブラウザがある - 機能しないブラウザではメールが閉じ受信箱ページへ戻る動作となる 長いメールは途中で切れる - ウェブページバージョンで閲覧するよう誘導するか、メールを短くする必要あり 参照元: StudioCloud ご不明な点はサポートまでご連絡ください。     >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

到達率 5月 23, 2021

マスターアカウントからサブアカウントへ画像・動画の共有をする方法

マスターアカウントからサブアカウントへ画像や動画を共有頂けます。 共有するには、以下の手順に従ってください。 1. Benchmark Emailアカウントにログイン後、右上のアカウント名をクリックし、画像ギャラリーを選択 2. 共有したい画像のファイル名の右隣にあるオプションメニュー をクリックし、「サブアカウントへ共有」を選択 3. 共有したいサブアカウントにチェックを入れ、「シェア」ボタンをクリックして完了   動画ギャラリーから動画を共有したい場合は、画像ギャラリーの代わりに動画ギャラリーを選択し、同じ手順でお進みください。 コンタクトリストやメールレイアウト(メールテンプレート)の共有方法については以下のFAQをご参照ください: FAQ: マスターアカウントからサブアカウントへコンタクトリストを共有する方法 FAQ: マスターアカウントからサブアカウントへメールレイアウトを共有する方法 ご不明な点がございましたらこちらからサポートチームにお問い合わせください。     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

アカウント設定 マスターアカウントとサブアカウント 画像ギャラリー 7月 7, 2021

Benchmark Emailで禁止されている業種・コンテンツ

Benchmark Emailから配信されるメールは全てコンテンツ審査の対象となります。審査によりコンテンツが迷惑メールと判断された場合、Benchmark Emailには該当メールの配信を停止する権利があります。 リスキーな業種のエラー率、配信停止率、および迷惑メールの報告率は他の業種と比べて高いため、配信を許可するとBenchmark Emailの配信サーバー評価が下がってしまいます。評価が良くなければメールが届かず、せっかくの配信メールも無駄になってしまいます。そのため、Benchmark Emailでは以下の業種・コンテンツを禁止しております。続いて、利用許可が必要な業種・サービスも記載しておりますので、併せてご確認ください。 Benchmark Emailで禁止されている業種・コンテンツ 住宅ローンサービス その他全てのローンサービス 非合法商品・サービス エスコート・性風俗関連サービス 在宅ワーク・「短期間で金持ちになる方法」のスキーム ギャンブル・賭博関連のサービス・商品・情報発信 ポルノ・ヌードコンテンツ 成人向け商品・コンテンツ オプトインを得ていない商用目的でのメール一斉配信 クレジットカードサービス 販売活動用の名簿業者・貸出サービス Benchmark Emailからの利用許可が必要な業種・サービス 医薬製品 寄付懇願活動 アフィリエイトマーケティング クレジット・借金返済サービス 不動産物件 栄養補助食品、ハーブ・ビタミンなどのサプリメント ダイエット方法 デート・お見合いサービス マルチ商法 オンライントレード・デイトレード方法および株式市場関連コンテンツ 金融機関・銀行 ブロックチェーン及び仮想通貨 - インドではご利用不可 上記のリストはあくまでも例であり、Benchmark Emailは独自の判断によりサービス提供を拒否・停止する権利を有しています。自身の配信メールが誤って否認と判断されたと思われる方はサポートまでご連絡ください。詳細の案内、あるいは再度の確認を行います。以下の関連FAQも併せてご確認ください。   関連FAQ:メールが「審査中」や「配信停止」となってしまう原因と対応策は?     >>「到達率」のまとめページに戻る

初めての方はこちら 10月 26, 2021

アンケートの作成方法は?

アンケートは購読者からデータや情報を効果的に収集するのに便利なツールです。サービスやイベント、顧客満足度調査などさまざまな用途のアンケートを作成することができます。作成したアンケートURLをコピーし、ホームページやSNS、メールに貼り付けて共有することも可能です。回答結果はBenchmark Email上で確認できます。こちらのアンケート機能は、無料・有料アカウントを問わずご利用いただけます。   目次 アンケートの作成方法 ステップ1  質問 質問を必須項目に設定する方法 ステップ2  詳細 ステップ3  デザイン 過去に保存したアンケートを編集する方法 始める前の注意事項: 初期設定では、アンケート回答を送信する前にメールアドレスの入力が必須になっております。匿名で回答できるアンケートを作成したい場合は、必須項目のメールアドレスの設定を解除いたしますので、サポートチームまでご連絡ください。ただし解除後は既に作成済みのアンケート及び今後作成するアンケート全てに適用され、誰の回答か特定することができなくなりますのでご留意ください。 アンケートの作成方法 1. Benchmark Emailアカウントにログインします。 2. ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」を選択し「アンケート」を選択します。 3. 「アンケート新規作成」ボタンをクリックします。 4. アンケート新規作成ページにて、ブランクページでオリジナルを一から作成する、または適切なテンプレートを選択します。 5. 以下6種類の選択肢からお選び下さい。(ブランクページ、サービスについて、イベント参加について、企業満足度、ウェブサイト調査、購買調査) 6. ブランクページを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。 以下は、ブランクページを選択した場合の手順となります。ブランクページはテンプレートを使わないオリジナルアンケートの作成にご利用下さい。   トップに戻る   ステップ1  質問 ポップアップ画面が表示されますので、質問、回答形式、必須項目か否か、をご入力ください。 アンケートの質問をここで入力します。 ドロップダウンより回答形式を選択してください。 1行記述:自由記述形式の回答 ラジオボタン:最大10個の選択肢から1つのみ選択して回答 チェック:最大10個の選択肢から複数の回答を選択可能 ドロップダウン:回答の選択肢(最大10個)をドロップダウンから選択 記述式:自由記述ボックスの設置で回答者が長いコメントを記入できる 複数選択式:複数の回答が一度に表示され、選択が可能(最大10個の選択肢を作成可能) 例:複数選択式 「追加」ボタンで項目を増やすことができ、以下のスライドボタンを右(青)に切り替え、「その他」や「コメント欄を追加」することができます。 以下のようなアンケートが作成できます! 「保存&他条件の追加」ボタンをクリックすると、次の質問の入力が可能になります。 「保存&閉じる」ボタンをクリックすると、次のステップに進みます。 なお、以下のようにメールアドレスの記入は全てのアンケートで必須項目となっております。アンケートを匿名にしたい場合はこちらの項目を非表示にすることは可能ですので、サポートまでご連絡ください。ただし、非表示にしますと全てのアンケートに非表示が反映されますので、ご注意ください。今後作成するアンケートでも誰の回答か特定することができなくなります。   アンケート項目ページでは質問を全て確認することができます。順番などを確認し、「保存&次へ」ボタンをクリックし、次のステップに進んでください。 また、メールアドレス記入欄の言語は、設定した操作画面の言語がリアルタイムで反映されます。言語設定の詳細につきましては、こちらをご覧ください。     トップに戻る 質問を必須項目に設定する方法 初期設定ではアンケートの質問はすべて任意となっておりますが、必須項目にすることができます。 必須項目にした場合、質問の左に赤い米印が表示されます。その質問に回答しないとアンケートを提出できない仕様となっております。 質問を必須項目に設定するには、ステップ1で質問を追加または編集を行っている際に、必須項目オプションのトグルバーを灰色から青色に変更するだけです。完了後、必ず「保存」をクリックしてください。 トップに戻る ステップ2  詳細 以下の項目を入力してください。 アンケート名:アカウント上での管理名となり、入力必須項目です。アンケート回答者には非公開となります。 アンケートタイトル:入力必須項目となり、こちらは回答者へ公開されます。 序文(挨拶など):アンケートトップに表示されるメッセージで、入力はオプションとなります。文字数は、450文字程度に抑えてください。それ以上は表示されない事がありますので、ご注意ください。 サンキューページ:回答を終えた後に表示されるページです。無記入の場合は、デフォルトメッセージが表示されるようになります。このデフォルトメッセージの編集はできません。 ページ上部にロゴを追加:オプションですが、右にスライドしてONにすると「アップロード」または「画像ギャラリー」に保存されている画像を表示することができます。(推奨サイズ:150 x 70 ピクセル)ロゴは横幅を600pxに設定された画像をご利用いただきますと、アンケートの表示幅と同じになります。 詳細を入力後、「保存&次へ」ボタンをクリックします。 トップに戻る ステップ3  デザイン ステップ3 デザインでは以下の項目の設定が可能です。 ロゴ:ドロップダウンメニューよりロゴを左、センター、右のいずれかに配置することができます。  ヘッダーの編集オプション:  ヘッダーの背景色の変更 タイトルの文字の色、フォント、サイズと配置の変更 ボディ:序文、質問や回答形式を編集することができます。 初期設定では一番最後のボタンテキストは「完了」となっておりますが、こちらは自由に変更可能です。ボディの編集オプションより回答タブを選択し、スクロールダウンしてボタンテキストのボックスにお好きな文言を入力してください。(例:終了、アンケート完了など) 編集を続けたい場合は、「保存」ボタンをクリックし、未稼働アンケートとして保存することができます。 また、左上のステップメニューより「保存して終了」を選択するとアンケート画面が閉じ、未稼働のまま保存されます。 アンケート作成が完了しましたら、「保存&完了」ボタンをクリックし、最後に「アンケートを稼働」ボタンをクリックして稼働させてください。 トップに戻る   過去に保存したアンケートを編集する方法: 1. ダッシュボードメニューのコンタクトをクリックし、アンケートを選択 2. 編集したい未稼働のアンケートを探し、アンケート名をクリック 3. アンケートのチェックリストが表示されますので、編集したいステップを選択 トップに戻る   他のアンケートに関するFAQは以下のページをご覧ください。 FAQ:アンケートを稼働・共有する方法および停止・削除・再稼働する方法 FAQ:アンケートの結果確認や保存・印刷する方法とアンケート回答者をリストに登録する方法   なお、効果的なアンケートを作成する方法につきましては以下のブログ記事をご参照ください。 ブログ記事:効果的なメールアンケートの作成から活用方法までを解説!   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「アンケート/投票/コミュニティ/アーカイブ」のまとめページへ戻る

アンケート&投票機能 1月 11, 2022