サポートページ aero-right

アーカイブページの作り方は?

配信したメールをバックナンバーとして保存するためのウェブページをご用意しており、これをアーカイブページと呼びます。 過去に配信したメールから公開設定を行ったものだけが表示されます。 このFAQでは以下について説明します。 アーカイブページの開設 アーカイブページにコンテンツを追加する アーカイブページのデザインを変更する アーカイブページの URLを取得する   アーカイブページの開設 メール作成タブより「アーカイブ」を選択します。 アーカイブページを未作成の場合は以下の画面が表示されます。「アーカイブURLを作成」をクリックします。 アーカイブページのURLを設定します。赤枠に記入した文字列があなたの個人ページのURLとなります。 「保存」をクリックすると、アーカイブページのURLが決定します。 一度設定を行うと、アカウント上での変更が出来ませんのでご注意ください。 変更を希望される場合、こちらよりサポートへご連絡をお願い致します。   アーカイブページにコンテンツを追加する 過去に配信したメールから、公開するものを選択します。 Benchmark Email上で「アーカイブ」ページへアクセスすると、配信済みのメールが表示されます。 公開したいメール名横の「・・・」アイコンをクリックし「アーカイブページへ追加する」を選択します。 アーカイブへ追加されたメールは「未稼働」から「稼働中」へと表示が変わります。 アーカイブページのデザインを変更する 1.Benchmark Email上で「アーカイブ」ページを開き、右上の「アーカイブページを編集する」をクリックします。 2.「ステップ1 コンテンツ」では記事の公開順などを編集します。 ①サムネイルの表示・非表示を選べます。 ②クリックして灰色に設定すると、該当記事の公開が停止されます。 ③クリックしたまま上下へ動かすことで、記事の順番を変更できます。 3.「ステップ2 詳細」ではページタイトル、紹介文、フッターの情報を編集できます。 4.「ステップ3 デザイン」ではフォントとページ内の色の設定を行います。 以下は例になります。 アーカイブページの URLを取得する トップページのURLはBenchmark Email上のアーカイブ一覧ページに表示されています。 完成したアーカイブページを確認したり、メールやSNSおよびウェブサイトなどからリンクを貼ることができます。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「アーカイブ」のまとめページに戻る

アーカイブ 10月 3, 2019

アンケートの作成方法は?

プロダクト改善ポイントや顧客満足度などアンケートはビジネスの成長に必要不可欠な要素です。 Benchmarkではシンプルで即活用いただけるアンケート機能をご用意しています。 ここでは下記トピックのご案内をしています。 アンケート作成方法 ステップ1  アンケート質問 ステップ2  詳細 ステップ3  デザイン   アンケート作成方法 Benchmark Emailアカウントにログインします ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」を選択し「アンケート」を選択します 「アンケート新規作成」ボタンをクリックします アンケート新規作成ページにて、ブランクページでオリジナルを一から作成する、または適切なテンプレートを選択します 以下6種類の選択肢からお選び下さい ブランクページ、サービスについて、イベント参加について、企業満足度、ウェブサイト調査、購買調査 以下はブランクページを選択した場合の手順となります。ブランクページはテンプレートを使わないオリジナルアンケートの作成にご利用下さい ブランクページを選択し、次へをクリックします トップに戻る   ステップ1  アンケート質問   ステップ1のページへ移動し、ポップアップ画面で質問、回答形式、必須回答か否か、をご入力ください アンケートの質問をここで入力します ドロップダウンより回答形式を選択してください 1行記述:自由記述形式の回答 ラジオボタン:最大10個の選択肢から1つのみ選択して回答 チェック:選択肢から複数の回答を選択可能 ドロップダウン:回答の選択肢をドロップダウンから選択 記述式:自由記述ボックスの設置でコメントなどに最適 複数選択式:ドロップダウンと似ているが、複数の回答選択が可能 保存&他条件の追加をクリックで、次の質問の入力が可能になります。保存&閉じるをクリックすると次のステップに進みます。 複数スタイルの回答例です: 注意点:メールアドレス記入欄は全てのアンケートで必須項目となっています。 アンケート入力項目を非表示にしたい場合、サポートまでご連絡ください。 ただし非表示にしますと全てのアンケートに非表示が反映される点はご留意ください。 今後作成するアンケートでも誰の回答か特定することができなくなります。 アンケート項目ページでは質問を一覧として閲覧できます。 順番など確認し、保存&次へで次のステップに進んでください。 トップに戻る ステップ2  詳細 ステップ2、詳細ページでは以下を入力します アンケート名はダッシュボードページ上での管理名となり、入力必須項目です。アンケート回答者には非公開となります アンケートタイトルも入力必須項目となり、こちらは回答者へ公開されます 序文(挨拶など)はアンケートトップに表示されるメッセージで、入力はオプションとなります アンケートURLは回答を終えた後に表示されるページURLとなります ロゴの追加オプションをONにしますと、ロゴ画像のアップロード、または画像ギャラリーに保存されている画像をご利用いただけます(推奨サイズ:150 x 70 ピクセル) 保存&次へをクリック トップに戻る ステップ3  デザイン ステップ3、デザインページでは以下項目を設定します ロゴの位置設定にはロゴ配置メニューをご利用ください。ヘッダーはアンケートの編集、ボディはフォーマット編集が可能です。 デフォルトではボタン文言が「Submit Survey」となっておりますが、こちらはボディ編集オプションの回答タブ(ボタンテキスト)から変更が可能です。(例:終了、アンケート完了) 保存&完了をクリックして完成です。   これで作成は完了しましたので、アンケートを稼働ボタンをクリックして稼働させてください。 トップに戻る ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「アンケート/投票/コミュニティ/アーカイブ」のまとめページへ戻る

アンケート&投票機能 9月 27, 2019

メールクライアントによってHTMLメールがうまく表示されないのはなぜですか?

AOL、Yahoo、Gmail、および他の多くのISPは、受信トレイでの表示されるメールのレイアウトに影響を与えます。また、ブラウザによっても同様に影響を与える可能性があることは言うまでもありません。Benchmarkでは、お客様に見栄えの良いメールを作成していただけるようサポートしています。ドラッグ&ドロップエディターを使用すると、受信環境に伴って表示が変わります。更に受信テスター機能も提供しているので、配信前でもメールのレイアウトを確認できます。 最も効率の良いメール作成方法 一部のメールクライアントには、ESPが回避できない特定の制限があります。 表示に使用されているメールクライアントまたはデバイスに関係なく、メールに同じものが表示されるのを考慮する必要があります。 ドラッグ&ドロップエディターを使用する - ドラッグ&ドロップエディターの全てのメールテンプレートはモバイル端末受信にも対応しています。 メールをWebバージョンにリンクする:メールにWebページバージョンのリンクを含めます。 一部のメールクライアントにおいては、レイアウトが大幅に崩れてメールが乱雑に見える可能性があります。 (メール作成のステップ1で有効にする事が可能です) 背景画像 - 画像の背景色は、メールプログラムが画像を表示できない場合に表示されます。 フォントの色が目立つように背景色を編集しましょう。 そうしないと、メールが空白に見えるためです。 画像への代替テキストの追加 - 代替テキストは、メールキャンペーンで使用される画像を説明するために使用されます。 ほとんどのメールクライアントは自動的に画像を表示しません。代替テキストはそれらの画像に説明を加え、 代替テキスト付きの画像はブロックされにくくなります。 画像の配置 - 場合によって、画像が大きすぎてテキストを覆ってしまったり、圧縮されているように見えることがあります。 画像を揃えてサイズを小さくすると、フォーマットが解除されてしまいます。 ドラッグアンドドロップエディタを使えば、これらを心配する必要はありません。 これらのポイントを押さえてメール作成し終えたら、テストメールをご自身または身近な人に送信したいと思われるでしょう。 複数のデバイスでテスト用メールを開いてデザインがどのように変更されているかを確認しましょう。 受信テスターを使用して、複数のデバイスでメールを表示することもできます。 表示エラー確認済みのメールクライアントリスト メールクライアント HTML 対応 仕様 AOL 4.0、5.0 未対応 テキスト対応のみ フォーム認識不可 AOL 6.0、 7.0、8.0 対応 スタンダードHTML フォーム認識不可 外部スタイルシートへのリンク入りメール受信不可 AOL 9.0 一部対応 HTML画像&直リンク表示不可 フォーム認識不可 長いメールはzipファイルになる AOL Webメール 一部対応 XHTMLフル対応無し <br />タグ認識不可 アンカータグ対応無し -アンカーリンクをクリックするとアンカー箇所に飛ばず新しいウィンドウで受信箱が開く Apple Mail 対応 スタンダードHTML フォントタグ使用不可 - <span>タグを使用 アンカーリンクはダブルクリックが必要 El Capitan OSXではアンカーリンクが機能しない Compuserve 未対応 テキスト対応のみ Comcast Smartzone 対応 スタンダードHTML 背景画像はブロックされる アンカータグ対応無し -アンカーリンクをクリックするとアンカー箇所に飛ばず新しいウィンドウで受信箱が開く Comcast XFinity 一部対応 長いメールは途中で切れる - ウェブページバージョンで閲覧するよう誘導するか、メールを短くする必要あり アンカーリンク、目次リンクをクリックするとアンカー箇所に飛ばず新しいウィンドウで受信箱が開く Entourage (Mac) 対応 スタンダードHTML Entourage 2008 (Mac) 一部対応 背景画像がブロックされる場合がある フォーム、Flash、その他プラグイン、CSS float、CSSポジショニング、GIF対応 箇条点は画像に置き換えられる Earthlink 一部対応 テキストに下線が入る場合がある Eudora 3.1 未対応 テキスト対応のみ Eudora 4.0、4.2、4.3、 5.0 未対応 Internet Explorer使用の場合、スタンダードHTML仕様 デフォルトのEudora HTMLビューアでは正常に表示されない場合がある Gmail 一部対応 ブックマークアンカーのサポート無し 長いメールは途中で切れる - ウェブページバージョンで閲覧するよう誘導するか、メールを短くする必要あり メール内の電話番号がハイパーリンクになる Hotmail 一部対応 デフォルトで画像ブロック  <head>, <title>, <meta>, <body> タグ使用不可 - インラインスタイルの使用が必要 ホットリンクの有効期限が最大4分、背景画像の無効化 - メール認証設定をONにする必要あり CSS表示問題 テキストに下線が表示される場合あり <p>タグで囲んだテキストの行間に余分なスペースが入る - <p>タグを<div>ダグに変更するか、新規ブロックへテキストを入力し直し、同スタイルが貼り付けされないようにする必要あり Juno 4.0、 5.0 対応 スタンダードHTML(大部分) CSS表示問題 Lotus Notes 4.6 未対応 フォント、リンクカラーが反映されない Lotus Notes 5.0 対応 スタンダードHTML(大部分) CSS表示問題 Novell GroupWise 5.5 対応 スタンダードHTML Office 365 一部対応 スタンダードHTML デフォルトで画像ブロック CSS表示問題 アンカーリンク、目次は機能しない 画像はライブラリに保存されたオリジナルファイルのサイズで表示されるため、表示問題を防ぐため画像のリサイズが必須 Outlook 97 一部対応 フォント、リンクカラーが反映されない 段落揃え未対応 Outlook 98、 2000 対応 スタンダードHTML CSS未対応 Outlook 98、 2001 (Mac) 未対応 リッチテキスト形式のみ Outlook 2003 一部対応 デフォルトでHTML画像のブロック Outlook 2007、2010 一部対応 フォーム、Flash、その他プラグイン、CSS float、CSSポジショニング、GIF未対応 箇条点は画像に置き換えられる 長いメールにはページ区切りが挿入され空白が表示される場合あり 画像ボーダー表示未対応 1920px x 1080px 以上の高画質ではテキストフォーマット対応、画像は未対応 画像キャプションスタイルはOutlookスタイルに上書きされる 縦1728 px以上の画像は切れる 段落の間、テキストの間に余分な空白が入る パソコン表示設定では画像がうまく表示されない場合がある 注: Microsoft ではOutlook 2007でのHTML認証ツールを提供しています。 Outlook 2007、2010 (Mac) 一部対応 アンカーリンク、目次は機能しない アニメGIF未対応 Outlook 2013、2016 一部対応 長いメールにはページ区切りが挿入され空白が表示される場合あり ブロックの最後のテキストが行頭文字の場合、中央が空欄スタイルの行頭文字が追加される - 行間文字を最後に置かないようにするか、</ul>タグでクローズする前に <div style="display:none;">&nbsp;</div> を追加 1920 x 1080 px以上の高画質ディスプレイではテキストサイズは調整されるが、画像サイズは調整されない パソコン表示設定によっては画像が正常に表示されない場合がある アニメGIF未対応 Outlook 2016 (Mac) 一部対応 アンカーリンク、目次機能は未対応 Outlook 365 一部対応 リンクに続くテキストのカラーを設定しない限りリンクはデフォルトで青になる - リンクは<span> タグで囲み、 <td> と <div>タグは異なるカラー設定が必要 アンカーリンク、目次リンクをクリックすると正しい箇所に飛ばずブランクのWebページが開く テキストは左寄せに設定していても、デフォルトで両端揃えになる 画像周りのスペースは設定が反映されない Outlook Web Access 一部対応 スタンダードHTML 画像はデフォルトでブロックされる アンカーリンク、目次は機能しない 画像はライブラリに保存されたオリジナルファイルのサイズで表示されるため、表示問題を防ぐため画像のリサイズが必須 Outlook Express- PC or Mac 対応 スタンダードHTML Pegasus Mail 3.1- Windows 対応 スタンダードHTML リンクのカラー設定は反映されない スマートフォン Android、 iPhone等 対応 電話番号がハイパーリンクとして表示される(クリックして電話が可能) メールフッターの住所を認識し、イベント日時をカレンダーに追加可能 Verizon 対応 スタンダードHTML アンカーリンク、目次は機能しない Yahoo! 対応 スタンダードHTML アンカーリンク、目次が機能しないブラウザがある - 機能しないブラウザではメールが閉じ受信箱ページへ戻る動作となる 長いメールは途中で切れる - ウェブページバージョンで閲覧するよう誘導するか、メールを短くする必要あり 参照元: StudioCloud ご不明点はサポートまでご連絡ください。

到達率 7月 5, 2019

複数の画像を並べて表示させる方法

  ドラッグ&ドロップエディタなら、難しい画像の並列表示も簡単です。 以下のステップに従って操作してください。 1. 「画像グループ」ブロックを選択し、任意の位置にドロップ   2. 画面左の編集オプションから「コンテンツ」タブを選択し、「レイアウト」にて並列レイアウトをクリック   3. 3枚の画像を挿入したい場合「グループに画像を追加」オプションからレイアウトを選択してください。 その他画像同士の間隔調整や、「設定」タブでは背景色、上下左右の空白調整などが可能となっています。お好みに合わせて変更してください。   テキストボックスが欲しい場合は「画像+テキスト」あるいは「画像+キャプション」ブロックをご利用下さい。 「画像+キャプション」ブロックでは挿入画像の枚数がドロップダウンより選択できます。 初期設定では、上記のように画像とテキストの2つのセクションが追加されます。  テキストを入力し、位置(トップ、左、右、または最下部いずれか)を選択します。画像サイズに合ったテキストの長さがおすすめです。 画像は3枚までブロックに追加可能で、位置調整やテキストの行間も設定可能です。 画像左に表示される「設定」編集オプションより、背景色、ボーダー線の太さ、スタイル、カラーの編集も可能です。   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 3月 5, 2020

Benchmark Emailで制限されているメールコンテンツは何ですか?

Benchmarkから配信されるメールは全てコンテンツ審査の対象となります。審査によりコンテンツがスパム・迷惑メールと判断された場合、Benchmarkには該当メールの配信を停止する権利があります。以下禁止コンテンツの例をご参照ください: 住宅ローンサービス その他全てのローンサービス 非合法商品・サービス エスコート・性風俗関連サービス 在宅ワーク・「金持ちになる方法」のスキーム ギャンブル・賭博関連のサービス・商品・情報発信 ポルノグラフティ・ヌードコンテンツ 性関連商品・コンテンツ オプトインを得ていない商用目的でのメール一斉配信 クレジットカードサービス ブローカー・賃貸関連サービス Benchmarkからの利用許可が必要な業種・サービス 医薬製品 アフィリエイトマーケティング クレジット・借金返済サービス 不動産物件 栄養補助食品、ハーブ・ビタミンなどのサプリメント ダイエット方法 デート・お見合いサービス マルチ商法 オンライントレード・デイトレード方法および株市場関連コンテンツ 金融企業・銀行 ブロックチェーン及び仮想通貨 - インドではご利用不可   上記のリストはあくまでも例であり、Benchmarkは独自の判断によりサービス提供を拒否・停止する権利を有しています。自身の配信メールが誤って否認と判断されたと思われる方はサポートまでご連絡ください。詳細の案内、あるいは再度の確認を行います。  

メール配信 11月 25, 2019