サポートページ aero-right

投票フォームの作り方は?

投票機能は、アンケート機能の簡易版です。 1問のみで既存の選択肢から回答しますので、気軽な調査に適しています。 作成した投票フォームは、ウェブサイトなどへ埋め込むことが可能です。 投票フォームの作成・出力方法 1.ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」を選択し「投票」を選択します。 2. 「投票の作成」ボタンをクリックします。 3. 投票名 投票の管理名を記入します。ユーザーには表示されません。 4. アンケート詳細 質問:質問項目でユーザーに問いかけたい内容を記入します。 回答:回答はラジオボタン形式で、最大5項目まで設定できます。 項目を増やすには「追加」をクリックしてください。 ボタンテキスト:回答結果を送信するボタンテキストの文言を変更できます。 5. デザイン プレビューを見ながら以下の設定ができます。 質問文の文字色・フォント/回答文の文字色・フォント/フォームの背景色 6. 保存&完了ボタンをクリックします。 7.共有するためのURLとコードが表示されます。 URL:Benchmark Emailのサーバー上に生成された専用ページURLです。メールやSNSへリンクを貼る際に使ってください。 HTMLコード:ウェブサイトの場合は、このコードを貼り付けて直接埋め込むこともできます。 投票フォームのサイズを変更する方法 デフォルトの横幅は220pxです。 HTMLコードでサイトへ設置する場合のみ、横幅を指定できます。 HTMLコードをコピーしテキストファイルへ貼付けます。 コード内で w=220と表記されている部分を探します。このw=220が投票機能の幅を表します。この幅を300ピクセルにする場合はw=300と変更します。  例: <script type='text/javascript' language='JavaScript' src='https://www.benchmarkemail.com/Poll/Start?g=9999&id=999999&w=300&url='></script> 作成したHTMLコードをホームページへアップロードします。ブラウザの更新ボタンなどをクリックして反映を確認します。 上記を行ったにも関わらず変更が確認できない場合は、ブラウザのキャッシュを削除してから再度確認してください。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「アンケート/投票/コミュニティ/アーカイブ」のまとめページに戻る

アンケート&投票機能 9月 26, 2019

BenchmarkアカウントとPieSyncを接続させるには?

PieSyncと連携する事で、Benchmarkと連携不可なサービスもご利用可能です。PieSynceが提供している2-way同期も活用できます。 PieSyncとの連携を利用すれば、外部サービスからBenchmarkアカウントに連絡先を追加をするだけでなく、Bechmarkのリストに変更があった際は外部サービスアカウントも更新することができます。連絡先を手動でインポートする時代はもう過去の事です。全て私たちの連携機能にお任せください。 連携を利用できるのは? Benchmark無料トライアル、有料プランユーザー様共にPieSync連携をご利用頂けます。 利用規約 新規登録をして連携サービスを利用する際、PieSyncは外部サービスとなるので別途PieSyncの利用規約に同意する必要があります。PieSyncの既存アカウントにログインするか新しいアカウントを作成してください。 初期設定 PieSyncアカウントを作成頂くと自動的に14日間無料トライアルプランが適用されます。トライアル期間中、無数の接続(2-way同期)を作成でき連絡先を制限なく同期できます。トライアルプランが終了するとフォーエバープランか有料プランにアップグレードするまで連携(2-way同期)は停止します。フォーエバープランだと月に2000件の連絡先を無料で同期する事ができます(通常19ドル)。このプランはBenchmarkのインターフェースを利用してPieSyncに申込をしたBenchmarkユーザー向けに提供されています。 コンタクトを2000件以上保有している場合、PieSyncアカウントを適切なプランにアップグレードしてください。コンタスト数がプラン制限を超えた場合、次回請求で自動的にプランがアップグレードされる仕組みとなっています。 PieSyncアカウントはいつでもご解約可能です。 BenchmarkとPieSyncの連携方法は? PieSync連携を利用するにはBenchmarkアカウントにログインする必要があります。連携を利用するには2通りのアクセス方法があります。サービス連携ページか「新規リスト作成」を選択頂き各種サービス連携から選択してください。 サービス連携ページからの連携方法 右上の名前をクリックし、API/連携を選択します。 サービス連携パートナーを選択します。 「稼働する」をクリックします。 Benchmarkアカウントに関連したメールアドレスに基づいたポップアップが表示されます。同じメールアドレスでPieSyncアカウントに登録があるか、確認します。 PieSyncアカウントが未登録の場合ポップアップと共に利用規約が表示されます。続けるには「I Accept」を選択します。 PieSyncアカウントに登録があれば、アカウントを新規作成するポップアップが表示されます。 メールアドレスを入力して「Next」をクリックしてください。 入力したメールアドレスに認証コードが届きますので、コードを入力します。 「Next」をクリックします。 これで新しい接続を作成できます。 「Add Connection」をクリックします。 Benchmarkと同期するアプリを選択します。 接続を作成していなければ、アプリを認証する必要があります。ポップアップが表示されるのでステップに従ってください。Microsoft Exchangeなど幾つかのアプリは「AUTHORIZE」を選択後に新たなポップアップが表示される事もございます。 連絡先のタイプを選択します。接続したアプリが異なる連絡先の種類を持っている際のみ表示されます。 接続を設定します。1-way同期か2-way同期、接続ルール、連絡先リストのマップフィールドを設定します。ルールはいつでも変更できます。 「Start Syncing」を選択して同期を始めます。 接続が完了しました!Benchmarkアカウントに戻りメールを作成しましょう。 連絡先を同期するにはどのくらい時間がかかりますか? 初めの同期は5分から15分程かかりますが、その後は数秒程で瞬時に行われます。 接続は削除できますか? 削除は可能ですが、元に戻すことが出来ないので前に同期された連絡先は影響を受けません。 Benchmarkアカウントで確認できる項目 ・接続詳細 ・接続ステータス アカウントステータス一覧 「画像」 ・Incomplete-接続が完全に設定されておりません。 ・Paused-接続は現在同期されておりません。 ・Active-接続は現在有効で連絡先を同期しております。 ・Suspended-接続が停止されており、操作を行う事ができません。アカウントが有効期限切れになるとこの状態になり、PieSyncが行動を取るまで接続は停止されます。 ・Connection Error-接続先アカウントの一つにアクセスする事ができません。改善するにはポップアップを開いて指示に従ってください。 現在PieSync連携を利用しているのであれば、切替をせずそのままご利用ください。 PieSyncで可能なBenchmark連携 現在、Piesyncでも確認できる連携先をBenchmarkで提供しています。Benchmarkのみだと1-way同期のみの提供となるところ、BenchmarkとPiesyncを利用すれば継続的且つ2-way同期を活用できます。下記がPirsyncでも利用可能な弊社が提供している連携先です。 「画像」 トラブルシューティング ・メールアドレスつきの連絡先のみ同期されます。 ・データ同期が正常に行われない原因となるため、2つの同期サービスを同時に使用しないでください。 PieSyncの使い方についてより詳しく確認するには下記のリンクをクリックしてください PieSync Dashboard PieSync Connections Why are fields mapped one-way only?

EMA 連携機能 11月 7, 2019

How do I integrate Cratejoy with Benchmark?

If you are using Cratejoy to sell your subscription boxes, what better way to engage with your subscribers than by using our Cratejoy and Benchmark Integration. This integration will push new clients from your Cratejoy account to your Benchmark account, never missing a second to engage. To integrate please follow the steps below: Log in to your Benchmark account. 
 Click on your Username and select Integrations. Scroll to the bottom of the page and click on Get Started. 
 Select the Cratejoy integration option. Benchmark will now ask for the following information:1.    User ID 2.    Secret KeyNote: To access your Client ID and Secret Key, you will need to create a Merchant Test Account. When done, contact CrateJoy’s support team by email (support@cratejoy.com) and provide them your Store Name and ask for access to your Client ID and Secret Key. Now, back in Benchmark enter your Client ID and Secret Key where prompted and click Save & Next. Select the list (or create a new one) to which you would like to add contacts  to.  Click Save & Next. Map Cratejoy fields according to the data fields in your Benchmark list. Click Save & Next. The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

連携機能 8月 7, 2019