サポートページ aero-right contatti

投票フォームの作り方は?

目次 投稿機能とは? 投票フォームの作成・出力方法 投票フォームのサイズを変更する方法 投稿機能とは? 投票機能とはアンケート機能の簡易版のことです。1問のみで既存の選択肢から回答します。 投票の作成はとても簡単ですので、気軽な調査にお役立てください。 作成した投票フォームはWebサイトなどへ埋め込むことも可能です。 投票フォームの作成・出力方法 1.ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」>「投票」を選択します。 2. 「投票の作成」ボタンをクリックし、詳細を入力していきます。 <投票名> 投票の管理名を記入してください。ユーザーには表示されません。 <アンケート詳細> 質問:質問項目でユーザーに問いかけたい内容を記入します。 回答:ラジオボタン形式で最大5項目まで設定できます。(初期設定で2項目表示されています。)それぞれ全角12文字まで入力可能です。 項目を増やすには「追加」をクリックしてください。 ボタンテキスト:回答結果を送信するボタンテキストの文言を変更できます。初期設定では「送信」と表示されます。 <デザイン> プレビューを見ながら以下の設定ができます。 質問文の文字色・フォント/回答文の文字色・フォント/フォームの背景色 6. 「保存&完了」ボタンをクリックします。 7.共有するためのURLとHTMLコードが表示されます。 URL:Benchmark Emailのサーバー上に生成された専用ページURLです。メールやSNSへリンクを貼る際に使ってください。 HTMLコード:ウェブサイトの場合は、このコードを貼り付けて直接埋め込むこともできます。 投票フォームのサイズを変更する方法 デフォルトの横幅は220pxです。 HTMLコードでサイトへ設置する場合のみ、横幅を指定できます。 HTMLコードをコピーしテキストファイルへ貼付けます。 コード内で w=220と表記されている部分を探します。このw=220が投票機能の幅を表します。この幅を300ピクセルにする場合はw=300と変更します。  例: <script type='text/javascript' language='JavaScript' src='http://www.benchmarkemail.com/Poll/Start?g=9999&id=999999&w=300&url='></script> 作成したHTMLコードをホームページへアップロードします。ブラウザの更新ボタンなどをクリックして反映を確認します。 上記を行ったにも関わらず変更が確認できない場合は、ブラウザのキャッシュを削除してから再度確認してください。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「アンケート/投票/コミュニティ/アーカイブ」のまとめページに戻る

アンケート&投票機能 10月 15, 2020

リストが否認になった場合はどうすればいいですか?

この記事では、リストの審査・否認・照合について解説を行っております。アップロードしたリストが否認された場合、まずはこちらの記事をご確認ください。 皆様がアップロードされたリストは弊社システムでチェックを行っており、場合によってはお客様のリストをご利用頂けないものと判断を下す場合がございます。本FAQではなぜリストを否認にするのか、そのプロセスと理由についてご説明を致します。 リストの審査 Benchmark Emailは配信元のドメインの評価を維持し、効果の高いメール配信を実現するためにアップロードされたエクセル・CSVファイルに否認対象となるメールアドレスがないか審査を致します。 承認作業は通常数分で完了しますのでそのままお待ちください。 「承認中」表示の間、一部メールアドレスがサンプルとしてランダムに選択され BriteVerify や Kickbox などの第3者サービスを通してその有効性の確認が行われています。このサンプルの確認作業の結果、無効メールアドレスや有効と判断できないメールアドレスの割合が高いリストは否認となります。 リストを否認された もし一定数以上の否認対象となるメールアドレスがアップロードされたファイルに含まれる場合はこれを否認として、配信にご利用いただくことができません。(既存のリストにアップロードを試みた場合は、既存のリストに対しては配信可能です) 否認の対象となる配信不可能な無効メールアドレスとは、退職や閉業、打ち間違いなどの実際には存在しないメールアドレスを指します。このようなメールアドレスに対して配信を続けることで、ドメインの評価が著しく下がり本来受信されるメールが受信されなくなるリスクがございます。 このような配信時のリスクを減らし、メール配信を行うのに最適なリストを用いることで到達率が向上します。 リストを使用するためには照合を リストが否認となった場合は、メールでご連絡をいたします。 リストの使用をご希望の場合は、次にご紹介する外部サービスのオプションを利用して頂き、リストを照合し無効なメールアドレスがどれか特定し削除を行って頂きます。リスト照合にあたり、弊社ではメールアドレスのフィルタリングを請け負っております。BriteVerify、Kickboxといった精度の高い外部サービスとの提携サービスとなります。提携費用として、照合を行う際は別途費用をお支払いただいております(1,000件につき500円)。 リスト照合サービスの料金・ご利用方法については、以下のFAQをご覧ください。 FAQ: リスト照合サービスって何ですか? リスト照合を行うことで、事前にエラーとなる配信を防ぐことができるためエラー率が減少し、開封率の向上も実現します。特にGmail、Yahoo!メール、Hotmail、AOLといった主要なメールソフトではあなたの配信元からどのようなメールが送られているのか、どのような反応を得ているのか配信の傾向が記録されています。エラーアドレスへの配信を繰り返すことによって、メールが迷惑メールとして扱われるだけでなく最悪の場合はブラックリストに登録され一切受信されなくなる可能性が有ります。 大きな新規のリストがある場合は、リスト照合を行うことを選択肢に入れておくことを推奨します。 *ただしリスト照合では スパムトラップ を取り除く事はできませんのでご注意ください。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 6月 25, 2020

How do I integrate Cratejoy with Benchmark?

If you are using Cratejoy to sell your subscription boxes, what better way to engage with your subscribers than by using our Cratejoy and Benchmark Integration. This integration will push new clients from your Cratejoy account to your Benchmark account, never missing a second to engage. To integrate please follow the steps below: Log in to your Benchmark account. 
 Click on your Username and select Integrations. Scroll to the bottom of the page and click on Get Started. 
 Select the Cratejoy integration option. Benchmark will now ask for the following information:1.    User ID 2.    Secret KeyNote: To access your Client ID and Secret Key, you will need to create a Merchant Test Account. When done, contact CrateJoy’s support team by email (support@cratejoy.com) and provide them your Store Name and ask for access to your Client ID and Secret Key. Now, back in Benchmark enter your Client ID and Secret Key where prompted and click Save & Next. Select the list (or create a new one) to which you would like to add contacts  to.  Click Save & Next. Map Cratejoy fields according to the data fields in your Benchmark list. Click Save & Next. The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

連携機能 3月 4, 2020