サポートページ aero-right facebook

登録フォーム

登録フォームとは、ホームページに訪れたユーザーのメールアドレスなどを収集する機能です。この登録フォームを介して収集されたメールアドレスなどの情報は、自動的にお客様のBenchmark Emailアカウントへと反映されます。 登録フォームの作成方法を解説したスライド資料(PDF)/動画もページ下部にあります。 登録フォームに関するFAQ一覧   作成 ・登録フォームの作り方は? ・埋込型フォームの編集方法は? ・ポップアップフォームの編集方法は? ・登録フォームから登録する場合の文字数制限について ・登録フォームでreCAPTCHAを使用するには? ・登録フォームのシングルオプトイン機能とは? ・登録フォームからの新規購読者について通知を受け取る方法   公開 ・WordPressブログにBenchmark Emailの登録フォームを掲載する方法 ・Facebookプロフィールに登録フォームのリンクを掲載する方法 ・Twitterプロフィールに登録フォームを掲載する方法   運用 ・登録フォームの設置からウェルカムメールの配信設定まで ・登録フォームからコンタクトリストのセグメント機能を活用する方法 ・購読登録後のサンキューページを変更することは可能ですか? ・登録フォームが上手く作動しません。何が問題なのですか? チュートリアル「登録フォームの作成」 スライド資料(PDF) 登録フォームの作成   動画     >>サポートページ(TOP)に戻る

よくある質問 6月 3, 2021

ソーシャルメディアのリンクやアイコンを配信メールに挿入する方法

ソーシャルメディアサイトを利用する人はどんどん増えてきています。メールにTwitterやFacebook、LinkedInページのリンクを挿入することで消費者の注意を引くことができ、コンタクト数の増加にもつながります。 目次: ソーシャルメディア(SNS)のアイコンを挿入する方法 挿入したアイコンにリンクを挿入する方法 Facebookの「いいね!」ボタンを挿入する方法     ソーシャルメディア(SNS)のアイコンを挿入する方法 デフォルトのレイアウトで作成を始めた場合は、初めから最下部にソーシャルメディアブロックが挿入されていますので、そちらをお使いいただけます。 1. 画面左に表示されるブロック一覧からソーシャルメディアブロックを右側へドラッグ&ドロップしてください。 2. 設置したいソーシャルメディアサービスのボタンを追加します。ソーシャルメディアブロックをワンクリックします。 3. 左側メニューのコンテンツタブより、「その他のサービスを追加する」から任意のサービスを選択します。 4. 右脇の+アイコンをクリックします。 5. 不要なアイコンの消去・並べ替えを行う場合は、各アイコンにカーソルを合わせます。 6. 表示される「ゴミ箱ボタン」で消去、「十字ボタン」でアイコンの移動が可能です。   トップに戻る     挿入したアイコンにリンクを挿入する方法 1. 挿入したアイコンをクリックします。 2. リンクURLと表示されたボックス内に遷移先のアドレスを入力します。 3. アイコンの色やボーダー(外枠の色)を編集することが可能です。 4. アイコンの形は初期設定では四角形ですが、角の角度を調整することでアイコンに丸みをつけることもできます。   トップに戻る     Facebookの「いいね!」ボタンをメールに挿入する方法 Benchmark EmailとFacebookのアカウントが連携している場合、Facebookの「いいね!」ボタンをメール上に表示することもできます。以下の手順に従ってください。 1. ダッシュボードのメールをクリックし、編集したいメールをクリックします。 2. メール作成チェックリストの中から、「本文&デザイン」の項目の編集ボタンをクリックします。 3. 左のブロックメニューからテキストブロックをドラッグし、任意の場所にドロップします。すでに挿入済みの場合は、「いいね!」ボタンを入れたいテキストブロックを選択します。 4. 右上の「メニュー」>「挿入機能」をクリックし、ドロップダウンより「Facebookいいねボタン」を選択します。 5. ボックス内にはタグの[fb_like]と表示されますが、プレビューボタンをクリックして実際のボタンをご確認いただけます。 *テキストブロックだけでなく画像キャプションブロックなどテキストが入力できるブロックであれば、いいね!ボタンを挿入することができます。 *Benchmark Emailで使えるタグについての詳細は、以下のFAQをご確認ください。 FAQ: BenchmarkEmailで利用可能なタグ一覧 トップに戻る ご不明な点がございましたら、サポートまでご連絡ください。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ソーシャルメディア ドラッグ&ドロップエディタ 9月 27, 2021

Facebookプロフィールに登録フォームのリンクを掲載する方法

会社や自身のFacebookプロフィールに登録フォームリンクを入れる事が可能です。 こちらのページでは、Benchmark Emailの登録フォームへのリンクを埋め込む方法について説明します。 STEP 1 : 登録フォームのリンクを取得 1. Benchmark Emailのアカウントへログイン 2. ダッシュボードメニューより「コンタクトリスト」>「登録フォーム」を選択 3. 設置したい登録フォーム(埋込型フォーム(多項目)のみ利用可能)をクリックします。登録フォームの作り方は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:登録フォームの作り方は? 4. 「STEP2 デザイン」段階へ進む 5. 「公開用URL」をクリック 6. ポップアップ画面内の「登録フォームURL」をコピー STEP 2:Facebookのページに登録フォームのリンクを設置 1. Facebookアカウントにログインし、トップページの「基本データ」タブをクリック 2. 連絡先と基本データをクリック 3. ウェブサイトとソーシャルリンクの+ウェブサイトを追加をクリックします。 4. STEP 1 でコピーしたURLを文章入力箇所へ貼り付けます。 5. 「保存」ボタンをクリックして完了です。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

ソーシャルメディア 登録フォーム 5月 24, 2021

Facebookオーディエンスと連携する方法

FacebookビジネスページとBenchmark Emailアカウントを連携することで、顧客リストへのコンタクトの追加・削除がカスタムオーディエンスにも反映されるようになります。この機能はEMAツールに備わっておりターゲットの管理が簡単に行えます。FacebookオーディエンスはFacebook上で特定の人、あるいは興味の対象へカスタム広告の表示ができる機能です。Facebookオーディエンスについての詳細はこちら(英字サイト)をご参照ください。   EMAツールでFacebookオーディエンスを利用するのに必要なもの Facebookビジネスアカウント Facebookカスタムオーディエンス Benchmark Email有料アカウント(EMAは有料アカウントのみでご利用いただけます) Facebookビジネスページとの連携手段 EMAツールでのオートメーション 連携ページからの連携 EMAツールからの連携方法 ダッシュボードメニューより「オートメーション」をクリックし、「EMA(β版)」を選択 「新規シナリオ作成」をクリックし、シナリオ名を入力して「保存」をクリック 「シナリオをゼロからつくる」テンプレートを選択 トリガーを設定するウィンドウで「コンタクトリスト」オプションを選択 リストを選択し「保存」をクリック 「シナリオを作成する」ボックスをクリック メニューから「アクション」を選択し「Facebookオーディエンスから追加または削除」を選択 Facebookビジネスアカウントへ接続 Facebookページでの手順に従い設定 Facebookビジネスページへの接続が完了したらEMAシナリオ作成ページへ自動的に遷移します。シナリオページでは異なる種類のFacebookカスタムオーディエンスが確認できます。 追加/削除セクションにて、「オーディエンスにコンタクトを追加」あるいは「オーディエンスからコンタクトを削除」を選択 最後に、EMAでのアクションを元に更新を行うオーディエンスを選択   連携ページからの連携方法 Benchmark Emailアカウントにログインし、アカウント名をクリックし「API/連携」を選択 スクロールダウンし「Facebook Business」を接続 画面表示に従って接続を完了 接続が完了したら連携ページで連携アカウント名が表示されます。これでEMAでFacebookオーディエンス機能が利用できます。   Facebook Businessページの連携切断方法 Facebookオーディエンス設定をしているシナリオが稼働しているとFacebook Businessの連携解除はできませんのでご注意ください。稼働中のシナリオがある場合、停止後に作業を行う必要があります。 切断方法は以下をご参照ください。 EMAツールからの切断 稼働中のシナリオを開き「停止」ボタンをクリック 確認のポップアップにて「はい、シナリオを停止します」をクリック 作成画面を閉じ、新規シナリオあるいは下書き保存中のシナリオ内で「Facebookオーディエンスへの追加・削除」を選択 「切断」を選択 これでFacebook Businessプラグインの接続解除が完了です。 連携ページからの解除方法 切断作業をする前に、Facebookオーディエンス設定があるシナリオが停止しているか確認してください。 画面右上のアカウント名をクリックし、「API/連携」をクリック Facebook Businessプラグインのオプションメニューをクリック 「切断」をクリック 連携ページは自動的に更新され、Facebook Businessの連携解除をご確認いただけます。 注意点: Facebookオーディエンスへの反映には最大24時間かかります。 シナリオ内においてノードの追加や変更を行った際には、必ず「保存」をクリックしてください。 下書き保存シナリオ:FBでのアクション設定を行なっている保存中のシナリオでは、連携を解除すると該当のノードでエラー表示が出るようになります。 稼働中シナリオ:稼働中のシナリオがある場合、連携解除を行おうとするとシステムメッセージが表示され切断はできません。 Facebookオーディエンスリストからの削除:Facebook Businessページからオーディエンスの削除を行うと、Facebookのアクション設定でエラーが表示されます。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「EMA」のまとめページに戻る

EMA 連携機能 1月 15, 2021

Facebookファンページに登録フォームを追加する方法

BenchmarkはFacebook上で登録フォームアプリを提供しています。 ここでは、Benchmarkの登録フォームをFacebookに追加する方法をご紹介します。 注意:フォームにサインアップするオプションは、2017年11月に設置されたFacebookルールに基づいてアクセスが制限されています。このルールでは、Benchmark Email AppのようなPOST機能を備えたアプリは、Facebookアカウントに2000人以上のファン がいる事が必要となります。 2000以下のいいね!がついているページでは設置できませんので、代案として、自社サイトの登録フォーム設置ページへのURLをAboutページのプロフィールに設置してください。 ※自社サイトをお持ちでない場合は、埋込型フォーム(多項目)を作成してください。Benchmark Emailのサーバー上にページURLが用意されます。URLの取得方法は以下のFAQ内「登録フォームページのURLを取得する方法」をご覧ください。 FAQ:登録フォームの作り方は?   登録フォームアプリの設置方法 1. Facebookページ管理者のアカウントにログインします。 2. こちらをクリックし、Facebook登録フォームアプリをインストールします。 3. Install to One of Your Pages をクリックし、Facebookページ上にアプリをインストールします。
 4. 登録フォームを追加したいページを選び、ページタブを追加 ボタンをクリックします。 左側にあるメニューバーに新しいタブが表示され、ショートカットタブの下にFacebookページ名が表示されます。 5. ショートカットタブでページ名を選択します。 6. 左側にあるメニューバーの See Moreをクリックし、Signup Formを選択します。 7. アプリケーションが設定されていないと表示されます。 Application Settingsをクリックします。 8.  Benchmarkアカウントにログインします。 9.  すべての設定を完了し、保存をクリックします。 保存をクリックすると、Benchmarkアカウントに登録フォームが自動的に作成され、Facebookページに追加されます。登録フォームの外観を調整または変更するには、Benchmark Emailアカウントにログインし、該当の登録フォームを編集してください。 登録フォームの編集方法については以下のFAQをご覧ください FAQ: 登録フォームの作り方は? ご質問がありましたら、こちらよりお気軽にサポートチームにお問い合わせください。   >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

ソーシャルメディア 登録フォーム 8月 4, 2021

API連携を使って何ができますか?

Benchmark EmailではRestful APIを公開し、ユーザーが自由に連携構築を行えるようにしています。 APIを使って自社サービスやデータベースとBenchmark Emailアカウントを連携させ、自社サービス内でBenchmark Emailの各機能をお使いいただくことが可能となります。 API連携でできることについては、大きく分けて以下4つのカテゴリに分類されます。 顧客リスト関連 メール作成・配信関連 レポート関連 セキュリティー関連 1. 顧客リスト関連 社内で使用しているシステムで管理している顧客情報を、Benchmark Emailのアカウントに連携させることができます。コンタクトリストの作成、顧客情報のインポート、配信停止の管理、リストの更新、リストの出力などが可能です。 2. メール作成・配信関連 お使いのシステム上で、メルマガの作成、編集、コピー、配信設定、テストメールの送信が可能となります。 3. レポート関連 Benchmark Emailの「メールレポート」で確認できる全てのデータ(開封、エラー、クリックなど)を出力・閲覧することが可能です。 4. セキュリティー関連 トークンの作成・管理が可能です。 セキュリティートークンを使用する事で、Benchmark Emailアカウントにログインせずに上記の操作を行うことが可能となります。 構築にあたり、現在検討中の連携内容が可能か問い合わせたい場合は、こちらよりサポートへご連絡下さいませ。ただし具体的な構築につきましてはサポートを行っておりませんので、開発ご担当者様にご確認ください。 APIを利用する方法はこちらをご覧ください。 FAQ:Benchmark Email の RESTful API を利用する方法は?    構築・開発不要でご利用頂ける連携アプリも、いくつかご用意しています。 最新の連携アプリ一覧はこちらをご覧ください。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

API 連携機能 4月 14, 2021