サポートページ aero-right

送信元メールアドレスの追加と認証方法

メールキャンペーンを送信するにあたって、複数のメールアドレスをご使用いただくことが可能です。 登録可能数上限は100件、また、1日あたり20件まで登録可能となります。 送信元メールアドレスや返信先メールアドレスなど、メールアドレスを追加する場合は認証作業を行う必要があります。 下記の手順に従って、メールアドレスの追加と認証作業を行ってください:  ユーザー名をクリックし、「アカウント設定」を選択します。  左側のメニューバーより「メールアドレス認証」を選択します。  こちらのページでは、既に認証済みや認証保留中のメールアドレスを確認することができます。こちらでメールアドレスの新規追加を行うことが可能です。  「メールを追加」ボタンをクリックします。  「メールアドレスを確認」ポップアップ画面で、認証したいメールアドレスを入力します。  ポップアップボックスに認証したいメールアドレスをそれぞれ追加します。メールアドレスを複数追加する場合は、メールアドレスごとに改行を行ってください。メールアドレスの登録後、「確認メールを送る」をクリックします。  確認メールを送信しましたら、認証したいメールの受信箱に行き、確認メールをご確認ください。メールが確認できたら、メールの中にある認証リンクをクリックします。 注意: *メールアドレスのご使用前に、必ず認証作業が必要です。パーソナルアドレスまたはGmailやYahoo、AOL、Outlookなどの一般的なISPメールアドレスを使用することは到達率に影響します。より良い結果を生むために、会社またはオリジナルドメイン(name@youcompany.com)を使用しましょう。 *noreply@などの受信不可なメールアドレスは送信元アドレスとしてご利用できません。 *20分経過後も認証メールが届かない場合は下記の作業を実行してください。 迷惑メールフォルダを確認してください: メールサービスプロバイダーの受信メール仕分け方法は様々であり、かつ流動的であります。メールプロバイダーによっては、重要なメールが迷惑メールボックスに振り分けられてしまう場合もございます。お手数ではございますが、迷惑メールフォルダのご確認をお願い致します。 サーバーの設定をご確認ください: メールサービスプロバイダーによっては、あらかじめ特定のメールが届かないように設定されている場合がございます。その場合は、Benchmark Emailから送信したメールはエラーとなってしまい、お客様のメール受信箱だけではなく迷惑メールフォルダにも届きません。Benchmark Emailでは非常に高いメール到達率を維持しておりますが、本件と思われる場合はお手数ではございますが、ログイン後「ヘルプ」タブよりお問い合わせください。 メールアドレス認証のリクエストをご連絡ください: 迷惑メールフォルダなどにもなく認証メールが届かない場合は、認証をご希望のメールアドレスより、件名に「メールアドレス認証」の文字を加えて、こちらよりサポートへご連絡下さい。Benchmark Emailのサポートチームにて認証作業が完了しましたら、送信用及び返信先のメールアドレスとしてご利用頂けます。   *認証済みのメールアドレスを削除したい場合、ツール内では削除操作をすることはできません。まことに恐れいりますが、こちらよりサポートへご連絡下さいませ。担当者にてご対応させて頂きます。     >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

アカウント設定 よくある質問 10月 12, 2020

開封数が複数回記録されているのは何故ですか?

同じコンタクトが開封レポートに何度もカウントされる理由をいくつか以下にご紹介します: プレビューパネルが使用されると、メールは「開封された」と見なされます。そのためコンタクトがプレビューパネルでメールを閲覧すると、程度によって1、2分の間に何度も「開封」とカウントされる可能性があります。 ざっと内容を確認し受信箱のメールから実際に開封するものを選ぶため、プレビューパネルを使用するユーザーもいます。 プレビューパネルを使用できないユーザーは、メールを実際に開封するしかありません。この場合同じユーザーが数分の間に何度も表示される可能性は少なくなります。 メールが開封されたはずなのに記録されていません。なぜですか? プレビューパネルが使用されたメールすべてが開封として記録されるわけではありません。なぜならメールキャンペーンの開封を弊社が確認するには、購読者が彼らのメールアカウントにて何かしらアクションを起こす必要があります。 メールが開封されたと記録するには、購読者が以下のアクションのうち少なくとも1つを実行しなくてはなりません: メール中の画像を表示させる。テキスト形式のメールはカウントされないということです。 HTML形式メール内にあるリンクをクリックする。画像が表示されなくても、リンクのクリックで開封が記録されます。 HMTL形式、テキスト形式にかかわらず「メールが正しく表示されない場合は、 こちらWebページ版をクリック」をクリックする。 コンタクトがプレビューパネルでメールを閲覧する際に上記に挙げたアクションを1つでも実行した場合、メールは開封されたと見なされます。アクションの実行が無い場合はメールは開封としてカウントされません。  

効果測定レポート&到達率 9月 7, 2020

ハイパーリンクの挿入方法

  ハイパーリンクとは特定のテキストや画像にURLを貼り付け、テキストや画像をクリックすることでURLのページに飛ぶことが出来る機能です。長々としたURLをそのまま挿入するより見た目もスッキリとし、エンゲージメント効果もアップします。 ハイパーリンクを活用し購読者をホームページやランディングページへ誘導すれば、コンバージョンの獲得が期待でき、またBenchmarkが誇るクリック数などのメール効果測定機能をフル活用するためにも、ハイパーリンクの挿入方法を覚えておきましょう。 テキストの場合 ドラッグ&ドロップ形式のエディタを開き、リンクを挿入するブロックの編集アイコンをクリックします。URLを貼り付けたいテキストをハイライトします。     ハイライトした状態で、「リンクの挿入」アイコンをクリックします。   「リンクの挿入」ウィンドウにて、URLを入力し「挿入」ボタンをクリックします。   ハイパーリンクの挿入完了です!リンクが付いたテキストは色が変わります。   画像の場合: 写真を挿入したら、画面左のオプションから「リンクURL」をクリックします。   「リンクの挿入」ウィンドウにて、URLを入力し「挿入」ボタンをクリックして完了です。   またハイパーリンクはウェブアドレスだけでなくメールアドレス、電話番号として設置することも可能です。 メールアドレスとして設定されたハイパーリンクはクリックすることで使用端末のデフォルトメールツールのメール作成画面が開くようになり、電話番号はクリックすることで電話をかけることができるようになります(受信端末によってこの機能の利用が可能かどうかは異なります)。

ドラッグ&ドロップエディタ メール配信 3月 1, 2019

1 2