サポートページ aero-right

Supported headers in Benchmark

Headers are key while importing a list. When you import contacts to Benchmark, the headers of your import file will be mapped to a field in your Benchmark list. For this reason, it is very important to follow the supported guidelines to get better results. Below is a list of headers supported by Benchmark: First Name Middle Name Last Name Email Address City State Zip Country Phone Fax Cell Phone Company Name Job Title Business Phone Business Fax Business Address Business City Business State Business Zip Business Country Notes Date 1 Date 2 Extra 3 Extra 4 Extra 5 Extra 6 Types of Files supported by Benchmark: XLSX - MS Excel Workbook (first worksheet only)* CSV - comma separated values TXT - text-only Consider You can customize the ‘extra fields’ to headers that best fit your needs. Click Here to learn more. Custom fields are only available for regular list import, if you do an integration import the custom fields are not visible. Benchmark requires only the Email field to import a list. The rest of the fields are optional, often used for segmentation or other features. However, these must abide by the guidelines. Make sure to label each column in your import file. Clear all formatting in your file. Clearing the cells will remove all formats that may prevent them from being imported. Benchmark imports only the first sheet if there are multiple sheets in the excel file. If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

顧客リスト 6月 18, 2019

コンタクトリストの「エラー確定済み」とは何ですか?

2回連続でハードエラーとなったコンタクトは、Benchmark Emailでは「エラー確定」と認識されます。「エラー確定」となったアドレスは自動的にアクティブコンタクトから外れ、メール配信対象外となります。ただし、それ以前に送られたメールが開封された場合、「エラー確定」のステータスから解除されます。 また、ハードエラーが2回連続で出なくても、エラーとなった原因が明確な場合(受信者のメールサーバーよりエラーコードが送られてきた場合など)は、同様にメール配信対象外となります。この場合、該当コンタクトは無効アドレスリストへ登録されます。 無効アドレスリストについて詳しくは以下のFAQをご覧ください。 FAQ:無効アドレスリストとはなんですか? エラーの種類について詳しくは以下のFAQをご覧ください。 FAQ:エラーアドレスの運用方法は?   ・エラー確定アドレスは手動で消去をせず、そのままにしてください。 ・「エラー確定」のアドレスを含むリストを削除する場合は、エラー確定アドレスを「配信停止リスト」へ移動してください。その後リストの削除を行ってください。 FAQ:コンタクト情報のコピー、移動の方法は?   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

効果測定レポート&到達率 10月 9, 2020

ホットリード

ホットリード機能は、購読者のエンゲージメントレベルに合わせてメール配信を行うために役立つ便利なツールです。 このツールは選択したメールマガジンを分析し、開封やクリックなどの特定条件を元に該当するコンタクトのリストを作成します。分析は開封、クリック、又は特定のURLのクリックを基準に行います。 ホットリードリストを選択すると、2種類のオプションが表示されます。計測する項目を決定後、分析したいメールマガジンを選択します。選択したら抽出条件に沿った顧客リストを作成頂けます。 エンゲージメントレベルが高い購読者様にメール配信する事は、メールマーケティングの有効性を高める(向上)ことになります。 ホットリード機能の使用方法: Benchmarkアカウントへログイン ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」をクリック 「新規リストの作成」ボタンをクリック ホットリード機能を選択し「次へ」をクリック 開封・未開封、あるいは特定のURLクリックをもとにリストを抽出するかを選択   開封及びクリックで抽出: 「次へ」をクリック 抽出元となるメール名を選択し「次へ」をクリック エンゲージメント、メールの条件とエンゲージメント種類を選択 抽出コンタクトの保存先リストを作成し「保存」をクリック 特定URLクリックで抽出: 「次へ」をクリック リスト抽出の基準となるURLを選択し、「次へ」をクリック エンゲージメント条件を選択 抽出コンタクトの保存先リストを作成し「保存」をクリック   注: ホットリードメールは有料機能となっておりますので、機能を活用したい場合はこちらをクリックしてアカウントをアップグレードしてください。 リストサイズによって抽出完了までにかかる時間が異なります。 RSS配信、ステップメール、EMAで配信したメールはホットリード機能では選択不可となります。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。

顧客リスト 8月 27, 2020