サポートページ aero-right

コンタクトリストのフィールド項目名を編集する方法は?

コンタクトリストで名前、住所、誕生日などの情報を管理することが可能であり、各項目を「フィールド項目」と呼びます。 既存の項目名から、自由に変更することが可能です。 フィールド項目名を変更する手順  Benchmark アカウントにログインします。  画面左のメインメニューから「コンタクト」をクリックします。  項目を編集したいリストをクリックします。  右上にあるボタンの中から、「編集」をクリックします。 注:画面を全画面にしないと表示されませんのでご注意ください。  「フィールド項目の設定」の四角枠内に、現在登録されているフィールド項目が表示されます。  右にスクロールし、「フィールドタイプ」が未設定の変更可能な項目を探します。   追加したいフィールド項目を選び、その下の「フィールドタイプ」をドロップダウンから選択します。一部のフィールド項目は、任意の名前へ変更可能です。(例:日付1→メルマガ登録日へ変更)フィールドタイプは「全角半角文字/数字」「数値」「True/False」「日付」から選択します。  右上の「保存」をクリックします。 フィールド項目を追加・編集することでリストがより整理され、分かりやすくなります。 注:「メールアドレス」「姓」「名」の3項目は編集不可   フィールド項目を設定したら、各コンタクトの情報を追加します。 コンタクト情報を追加した後でフィールド項目名を変更することも可能です。 なお、こちらで設定された日付項目は、ステップメールの基準/パーソナライズ機能の要素としてもご利用いただけます。 FAQ:オートメーション(ステップメール / アクションメール)の作り方は? FAQ:受信者の名前をメールや件名に差込む方法   (パーソナライズ機能)     ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。 >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 7月 29, 2019

Googleドライブから顧客リストへインポートする方法は?

以下の手順に沿ってGoogleドライブから顧客リストへアップロードを行ってください。     Benchmarkアカウントにログイン  ダッシュボードからコンタクトリストに移動  右上の新規リストの作成をクリック  通常リストを選択して次へをクリック  サービスからインポートするを選択し次へをクリック  各種サービス連携よりGoogleドライブのインテグレーションアイコンをクリック  連携ボタンをクリックしてGoogleに接続  アップロードを行うGoogleアカウントを選択  アクセス許可をクリック  ページがBenchmarkへと自動で戻ります。 アップロード元としてGoogleドライブスプレッドシート及びワークシートを選択、アップロード先として既存のBenchmarkコンタクトリストを選択するか新規リストを作成してください。  保存&次へをクリック。  フィールドを選択&一致させて保存&次へをクリックします。   注意点: シートの1行目には必ずフィールド項目を入力するようにしてください。(Email、姓、名、誕生日、等) またメールアドレス項目については項目名を「Email」と英語表記で入力するようにお願いします。日本語での表記ですと認識せずアドレスがインポートされません。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 連携機能 顧客リスト 9月 20, 2019

GmailコンタクトをBenchmarkアカウントにインポートする方法は?

安全な連携システムを利用して、GmailコンタクトをBenchmarkアカウントにインポートすることが可能です。氏名などのデータもそのまま連携してインポートすることも出来ます。 連携方法は下記のステップに従ってください:  Benchmarkアカウントにログインします。 アカウント設定から「API/連携」を選択します。  画面下までスクロールし、「サービス連携一覧」を選択します。 Google Contacts連携オプションを選択します。 まだGoogleアカウントにサインインしていない場合は、サインインする必要があります。 「アクセスを許可する」ボタンをクリックし、GmailコンタクトをBenchmarkにアップロードしてください。 コンタクトを追加したいリストまたはリストを新規作成して、「保存&次へ」をクリックします。  Googleの項目をBenchmarkのデータ項目に従って設定してください。 「保存&次へ」をクリックします。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmarkではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 連携機能 顧客リスト 6月 19, 2019

登録フォームの作り方は?

登録フォームは、ウェブサイトやソーシャルメディアプラットフォームで購読者を集める優れた方法です。 Benchmark Emailではさまざまなフォームが作成可能です。 これらのフォームを作成方法をご紹介します。 スライドシェア:登録フォーム [embed]https://www.slideshare.net/benchmark_jp/ss-148838277[/embed]   *オプトインアラートを設定すると、登録のあったフォーム名がお知らせメールの件名に表示されます。 登録フォームページのURLを取得する方法 「埋込型フォーム(多項目)」形式で作成したフォームは、独自ページがBenchmark Emailサーバー上に作成されます。 URLは下記の方法で取得することができます。 埋込型フォーム(多項目)を作成  「STEP2 デザイン」段階へ進む   「フォームURL」をクリック  「フォームURL」ウインドウ内の登録フォームURLをコピー   WordPressプラグインで登録フォームを設置 WordPressで制作されたサイトをお持ちの場合は、WordPressプラグイン「Benchmark Email Lite」でサイトのデザインに合わせた登録フォームを簡単に作成・設置することができます。 詳細は以下のブログをご参照ください。 ブログ: WordPressプラグインでメルマガ配信する方法を図解してみた   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートチームにお問い合わせください。     >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

登録フォーム 6月 13, 2019

エラーを起こしたメールアドレスの出力方法は?

「レポート」から個人の保管記録としてエラーを起こしたメールアドレスの出力をしていただけます。 出力は下記の手順で行ってください: Benchmarkアカウントにログインします。 ダッシュボードよりレポートを選択します。 デフォルトではメールレポートが表示されます。 確認したいメール名をクリックします。 画面左のレポート詳細を選択します。 「開封数」とあるドロップダウンメニューよりエラーを選択します。 「全てのエラー」とあるドロップダウンメニューより3つの出力可能なオプションから選択します。 オプションボタンよりダウンロードを選択します。 「データを出力する」ポップアップが表示されますので、出力したいまたは全てのフィールドを選択します。 CSVとしてダウンロード、またはExcelとしてダウンロードを選択します。 注意:1つのメールキャンペーンごとの出力のみ可能となっています。 1つのメールキャンペーンに幾つかのリストを選択した際、(そのキャンペーンに対しては)レポート出力中に一つ目のリストからマップフィールドが抽出されます。 その他、ご質問がございましたらお気軽にサポートチームにご連絡ください。   >>「レポート」のまとめページに戻る

到達率 顧客リスト 8月 6, 2019

購読停止の理由を知ることは出来ますか?

配信停止理由は、レポートページより閲覧可能です。 購読者が配信停止をする流れ 購読停止の理由の確認方法 長期的に購読してもらう工夫 購読者が配信停止をする流れ 購読者がメールのフッターにある配信停止のリンクをクリックする事で、「配信停止認証ページ」へと繋がります。このページ内にある「配信停止」ボタンをクリック後、配信停止の理由を選択するページに遷移します。 ユーザーがこちらの配信停止アンケートにおいて選択・回答している場合、該当メールのレポートページに反映されます。 このアンケートは任意記入の為、全てのユーザーが回答するとは限りません。 購読停止の理由の確認方法 下記の流れで確認が可能です。  ダッシュボードの「レポート」メニューから「メールレポート」をクリックします。  確認したいメールをクリックします。  左のメニューから「レポート詳細」をクリックします。  開封ドロップダウンメニューから配信停止を選択します。 「配信停止レポート」へ移動し、配信停止理由の概要を確認することができます。 長期的に購読してもらう工夫 購読者のメールマガジンやニュースレターに対しての関心度が変化し、興味を完全に失った結果、顧客リストのコンタクト数が減少する事は避けられない現実です。ここでは、購読者を退屈させないためにできる事をいくつかご紹介いたします。 適切なメール内容を送信する - 顧客リストからセグメントを作成し、特定の内容を適切な相手に送信するよう心がけましょう。例えば、男性に女性用化粧品の内容を送るなどは当然好ましくありません。 プロフィール(購読者情報)のアップデートを呼びかける - Bプロフィールのアップデートを進めることで、購読者が需要や関心の高い項目を選択することができます。 告知と実行 - どのくらいの頻度で配信が期待できるのかを登録フォームとWelcomeメールの両方にはっきりと記述しましょう。10日に1度以下のメール配信をお薦めします。 フィードバックのお願い - ニュースレターやメールマガジンの改善に役立てるため、購読者の意見を求めるアンケートを作成しましょう。 全てのメール配信を利用したキャンペーンにアンケートを追加 ソーシャルメディアシェアを利用してメールマガジンやニュースレターのフィードバックを依頼 話題のトピックに目を向ける - メールレポートを確認し、顧客の間で何が人気なのかを調査しましょう。 一番多くのクリックを獲得したリンク記事はどれか確認 メール開封率が一番高い件名の確認 さらなるヒント - 購読者の興味を引きつけておくために必要なステップが済んだら、下記の項目も注意してみて下さい。 メールデザインの一貫性 - ブランドの忠実性は固定購読者を獲得する上で重要な要素となります。メールの外観と印象を毎回同じにすることで購読者はブランドに対して親近感を覚え、長期的なメール購読に繋がります。 顧客リストの品質 - 定期的なリストクリーニングを習慣にし、メールを送信した相手に確実に届く様にしましょう。     >>「レポート」のまとめページに戻る

到達率 8月 6, 2019

Benchmark Emailの配信リストにカスタムフィールド項目を追加する方法は?

  メール受信者の情報はリスト項目に保存でき、一部の情報はコンタクトのリスト表示で確認できる仕様です。個人のデータを予めリストに保存しておくことでマーケティング、パーソナライズ等に活用することができます。会社・組織ごとに必要となるデータが異なるため、デフォルトのリスト項目に当てはまるものがない場合にはカスタム項目を設定できるようになっています。 カスタム項目の設定方法はこちら: まずは Benchmark アカウントにログインしてください。 1.    ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」をクリックし、サブメニューから「コンタクトリスト」をクリック 2.    カスタム項目を追加したいリスト名をクリック 3.   「編集」をクリック 4.   フィールド項目の設定にて、右方向にスクロールしその他の項目を確認 5.   カスタム項目の情報をフィールド項目名及びフィールドタイプに入力 6.    入力したらページ右上の保存ボタンをクリックして完了 項目の並び順は自由に変更可能です。カスタム項目はレポート、登録フォームからの登録、アンケートの質問、リストの出力時などにご利用頂けます。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。      

顧客リスト 3月 15, 2019