サポートページ aero-right grow list

GmailコンタクトをBenchmark Emailにインポートする方法は?

安全な連携システムを利用して、GmailコンタクトをBenchmark Emailアカウントにインポートすることが可能です。氏名などのデータもそのまま連携してインポートすることも出来ます。 連携方法は下記のステップに従ってください: 1. Benchmark Emailアカウントにログインします。 2. アカウント設定から「連携」を選択します。 3. 画面下までスクロールし、「サービス連携一覧」を選択します。 4. Google Contacts連携オプションを選択します。 5. まだGoogleアカウントにサインインしていない場合は、サインインする必要があります。 6. 「許可」ボタンをクリックし、GmailコンタクトをBenchmark Emailにアップロードしてください。 7. コンタクトを追加したいリストまたはリストを新規作成して、「保存&次へ」をクリックします。 8. Google Contactsフィールド項目をBenchmark Emailのフィールド項目に従って設定してください。 9. 「保存&次へ」をクリックし、連携完了です。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmark Emailではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

連携機能 6月 2, 2021

ZohoとBenchmark Emailを連携する方法は?

Zoho側のアップデートにより現在Zohoとの連携機能は提供中止となっております。 Zohoのコンタクトの登録には .XLS、.XLSX形式ファイルでのアップロードを行ってください。アップロード方法の詳細についてはこちら   Zohoはお客様のデータを管理できるソフトウェアです。連携する事でZohoコンタクトをBenchmark Emailアカウントにインポートでき、メールマーケティングのつながり(関係)を最適化します。 コンタクトは選択されたメールアドレスに送付され、迅速にBenchmark Emailアカウントに設定する事が可能です。 ZohoをBenchmark Emailアカウントと連携させるには以下ステップをご確認ください: 1. Benchmark Emailアカウントにログイン 2. ページ右上に表示されるお名前より「連携」を選択 3. 「サービス連携一覧」ボタンをクリック 4. 一覧から「Zoho」をクリック 5. アクセストークンを入力してください。アクセストークンについてはこちらをクリック 6. 次にBenchmark Emailリストを選択するか新規作成し、「保存&次へ」をクリック 7. Benchmark Emailの項目を選択し、Zohoの項目と一致させます。 これでコンタクトの閲覧や他のリストのインポートが可能です。より直接的な方法でコンタクトにエンゲージし、従来とは異なる運用アプローチを行いましょう。   フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmark Emailではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらのFAQをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。 今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 Zohoにて新規追加されたコンタクトを随時Benchmark Emailのコンタクトへ連携させたい際には、Zapierをご利用になることで随時同期を行うことが可能となっています。連携については下記FAQをご参照ください。 FAQ:Zapierを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは?   他にご不明な点がございましたら、こちらよりサポートチームまでお問い合わせください。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 7月 14, 2021

How do I integrate my Benchmark account with Freshdesk?

Freshdesk is an online cloud-based customer service software providing helpdesk support with all smart automations to get things done faster. With our Freshdesk integration, you can automatically add the customers you support via Freshdesk to your Benchmark list(s). Please follow these steps to integrate your accounts: Log into your Benchmark account.
 Select Integrations from your user menu located at the top-right of the page. Scroll to the bottom of the page and click on Get Started. 
 Go to the Freshdesk integration option. Connect to Freshdesk by entering your Subdomain, Username and Password. Now, click Save & Next. Select a Benchmark list, or create a new one. Select and map the fields you want to be updated. You can view your list by selecting View my Lists. Integrating Benchmark with Freshdesk helps you enhance and simplify your tasks. The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. 22Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

連携機能 8月 6, 2019

リストを削除する方法は?

リストを削除する手順は、以下の通りです。  Benchmark Emailアカウントにログインします。  コンタクトリストを選択します。  削除したいコンタクトリストの右側にある 「・・・」をクリックします。  ゴミ箱へ移動をクリックします。  「リストをゴミ箱へ移動」という画面が出てきますので、「次へ」を選択します。  コンタクトリストからリストが削除され、ゴミ箱に移動します。 完全にリストを削除する手順は、以下の通りです。(この方法で削除した場合、復元することはできませんのでご注意ください)  マイコンタクトタブの右側にあるゴミ箱のタブをクリックします。  最初の手順で削除したリストが表示されます。  完全に削除したいリストの右側にある 「・・・」をクリックします。  削除をクリックします。  このリストを消去するというポップアップ画面が表示されます。  「削除」をクリックすると、完全にリストが削除されたことになります。 ご注意: ゴミ箱ページから削除済みリストを復元、または完全に削除することが可能です。リストがゴミ箱ページから完全削除されると、復元することはできません。 配信停止リストとサンプルリストは削除できません。 正確な効果測定値を計測するため、リストは配信に利用してから7日間は削除を行えません。詳しくは以下のFAQをご確認ください。 FAQ:配信から7日以内はリストの削除が不可なのはなぜですか? リストを削除する前に、以下の点についてご確認ください。 ゴミ箱に表示されているリスト内のコンタクトは、アクティブコンタクトとしてカウントされます。(カウントされたくない場合は、完全にリストを削除願います。) リストの削除は、配信先として設定しているステップメールやEMA、登録フォーム、またはセグメントリストに影響します。この操作はやり直すことができません。 リスト内に含まれるコンタクトが他のリストにも登録されている場合、選んで削除したリスト以外のリストからは削除されません。   ご不明な点がございましたら、メールにてお気軽にサポートチームにお問い合わせください。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 9月 24, 2020

How do I integrate SendForensics with Benchmark?

With our SendForensics integration, you can analyze the deliverability of your campaigns before you hit send. Plus, get all the best reporting after the send to ensure you’re maximizing your email marketing ROI. Please note: This is an integration built by SendForensics, the process to integrate will begin within their tool. To set up this integration, you must have a paid SendForensics account to access their ESP Plugins.
 Send a test email to your ‘Unique Analysis Address’. When an email is received by your Unique Analysis Address from a new domain, this domain will automatically be added to your account. 
 Follow these steps to access your Unique Analysis Address in your SendForensics account: Login to your SendForensics account.
 Hover your cursor over the Account tab and select Profile.
 Your Unique Analysis Address will be displayed on the Profile page.   To integrate your SendForensics account with Benchmark, please follow the steps below: Login to your SendForensics account. 
 Hover your cursor over the Account tab and select Domains.   Click on Manage Plugins.
 On the pop-up, click the Add Plugin button.
 Scroll down the available options and click on Benchmark.
 Enter your Benchmark API Key where prompted. 
 Click the Activate button. You’ve successfully integrated your SendForensics account with Benchmark!   If you have any questions on integrating with SendForensics, please consult their support. If you have any questions regarding your Benchmark account please contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

連携機能 9月 9, 2019

Eventbriteとの連携方法は?

Eventbriteはイベントの管理、宣伝、及びチケットを販売できるオンラインサービスです。ユーザーはソーシャル・メディア・プラットフォーム上でもイベントの作成が可能です。 以下の手順を参照してアカウントを Eventbriteと連携してください。 Benchmarkアカウントへログイン。 画面右上のメインメニューからメールを選択します。 画面右上のメール作成をクリックします。 通常メール配信を選択して次へをクリックします。 ドラッグ&ドロップ形式を選択し、次へをクリックします。 ステップ1 「詳細」&ステップ2「リスト」を完成させます。 ステップ3 「エディター」でテンプレートを選択します。 左のフィルターメニューより「連携」の中からEventbriteを選択します。 EventBriteテンプレートの中から、Single EventかMultiple eventを選択します。 EventBritenにポップアップと併せてイベントが表示されます。イベントを選択します。 イベントテンプレートを修正、又は同じ形式を保存したい場合は保存&次へをクリックします。注:他のテンプレート同様、Eventbriteのテンプレートはカスタマイズが可能となっているが、アテンド (出席) ボタンはイベントとリンク (連携) されているため、削除/除去をしない。 メールの配信を設定します。 Eventbriteテンプレートを利用する事で最もニーズに合ったメールの作成やカスタマイズが可能となります。直ぐにメール配信がされるように設定したり、特定の時間を設定したり、下書きとして保存して配信前に必要な箇所を修正したりできます。 ご不明点がございましたら、サポートチームまでお問い合わせください。

連携機能 4月 23, 2019