サポートページ aero-right grow list

GmailコンタクトをBenchmarkアカウントにインポートする方法は?

安全な連携システムを利用して、GmailコンタクトをBenchmark Emailアカウントにインポートすることが可能です。氏名などのデータもそのまま連携してインポートすることも出来ます。 連携方法は下記のステップに従ってください:  Benchmark Emailアカウントにログインします。 アカウント設定から「API/連携」を選択します。  画面下までスクロールし、「サービス連携一覧」を選択します。 Google Contacts連携オプションを選択します。 まだGoogleアカウントにサインインしていない場合は、サインインする必要があります。 「許可」ボタンをクリックし、GmailコンタクトをBenchmark Emailにアップロードしてください。 コンタクトを追加したいリストまたはリストを新規作成して、「保存&次へ」をクリックします。  Google Contactsフィールド項目をBenchmark Emailのフィールド項目に従って設定してください。 「保存&次へ」をクリックし、連携完了です。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmark Emailではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 連携機能 顧客リスト 10月 22, 2020

eBayとBenchmark Emailを連携する方法とは?

APIの変更により、現在eBayとの連携はご利用できませんのでご了承くださいませ。。 eBayのコンタクトの登録には .XLS、.XLSX形式ファイルでのアップロードを行ってください。アップロード方法の詳細についてはこちら Benchmark Emailの連携テンプレートでeBay出品アイテムのアピールができるようになっています。1つのメールで複数の商品のプロモーションが可能、ご利用にはeBayセラーIDが必要です。 連携テンプレートは全てのBenchmark Emailアカウント(有料およびトライアル)でご利用頂けます。 連携方法は以下の手順に従ってください: Benchmark Emailアカウントにログインします。 画面左のダッシュボートより、メールを選択し、「メール作成」ボタンをクリックします。 通常メール配信を選択し、次へをクリックします。 「ドラッグ&ドロップ形式」を選択し、次へをクリックします。 チェックリストの詳細ページを入力します。 次のページにてテンプレートのタブをクリックします。 画面左のフィルターから連携をクリックし、ドロップダウンからeBayを選択します。 表示されるeBayのテンプレートを選択します ポップアップ画面が表示されますので、セラーID(eBayユーザーID)を入力し、商品のインポート元となるeBayローカルサイトをドロップダウンより選択してください。 メールに挿入したい商品を選択します。 「選択」ボタンをクリックします。 エディタに戻り、メールの編集を行ってください。 「保存&次へ」を選択します。 チェックリストの確認画面に戻りますので、右上の「すぐに送信」ボタン、または「配信設定」ボタンをクリックしてください。 以上で連携は完了です!今後、eBayのコンタクトはBenchmark Emailアカウントに自動で同期化されます。よりターゲットを絞ったコンテンツの作成が可能になりますので、リストの拡大に繋げることができます。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。  

eコマース テンプレート&メールエディタ 連携機能 10月 27, 2020

ZendeskとBenchmark Emailを連携する方法は?

Zendeskは、顧客とのエンゲージメントをより深めるためにデザインされたビジネス向けのサポートプラットフォームです。 Zendeskアカウントをお持ちの方はBenchmark Emailアカウントと連携することができます。以下の手順に従ってください。  Benchmark Emailアカウントにログインし、右上の「アカウント名」>「連携」を選択します。  画面を一番下までスクロールし、サービス連携一覧をクリックします。  Zendeskを選択します。  Zendeskのサブドメイン、メールアドレス、アクセストークンを入力し、「保存&次へ」をクリックします。  Benchmark Emailのコンタクトリストを選択または新たに作成し、「保存&次へ」をクリックします。  登録するフィールドを選択、一致させ、「保存&次へ」をクリックします。 Zendeskアカウントにコンタクトを追加し、連携が完了しているか確認をしましょう。 Zendeskのアクセストークンの取得方法については、以下のリンクをご参照ください。 参照外部リンク: APIダッシュボードの使用(Zendeskサポートサイト)   フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmark Emailではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細は以下のFAQをご確認ください。 FAQ:グループアドレスなど、「1件ずつ登録」オプションでのみ登録できるアドレスの一覧 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。 今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 Zendeskにて新規追加されたコンタクトを随時Benchmark Emailのコンタクトへ連携させたい際には、PieSyncまたはZapierをご利用になることで随時同期を行うことが可能となっています。それぞれの連携については下記FAQをご参照ください。 FAQ:PieSyncを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは? FAQ:Zapierを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは?   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 10月 21, 2020

ZohoとBenchmark Emailを連携する方法は?

Zoho側のアップデートにより現在Zohoとの連携機能は提供中止となっております。 Zohoのコンタクトの登録には .XLS、.XLSX形式ファイルでのアップロードを行ってください。アップロード方法の詳細についてはこちら   Zohoはお客様のデータを管理できるソフトウェアです。連携する事でZohoコンタクトをBenchmark Emailアカウントにインポートでき、メールマーケティングのつながり(関係)を最適化します。 コンタクトは選択されたメールアドレスに送付され、迅速にBenchmark Emailアカウントに設定する事が可能です。 ZohoをBenchmark Emailアカウントと連携させるには以下ステップをご確認ください:  Benchmark Emailアカウントにログイン  ページ右上に表示されるお名前より「連携」を選択  最下部までスクロールダウンしたら「サービス連携一覧」ボタンをクリック  一覧から「Zoho」をクリック  アクセストークンを入力してください。アクセストークンについてはこちらをクリック  次にBenchmark Emailリストを選択するか新規作成し、「保存&次へ」をクリック  Benchmark Emailの項目を選択し、Zohoの項目と一致させます。 これでコンタクトの閲覧や他のリストのインポートが可能です。より直接的な方法でコンタクトにエンゲージし、従来とは異なる運用アプローチを行いましょう。   フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmark Emailではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらのFAQをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。 今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 Zohoにて新規追加されたコンタクトを随時Benchmark Emailのコンタクトへ連携させたい際には、PieSyncまたはZapierをご利用になることで随時同期を行うことが可能となっています。それぞれの連携については下記FAQをご参照ください。 FAQ:PieSyncを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは? FAQ:Zapierを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは?   他にご不明な点がございましたら、こちらよりサポートチームまでお問い合わせください。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 10月 15, 2020

ShopifyとBenchmark Emailを連携する方法は?

ShopifyのBenchmark Emailコネクターアプリではオンラインストアで様々な便利機能をご利用いただけます。簡単に顧客情報をBenchmark Email配信リストに取り込み、メール配信キャンペーン、ニュースレターのカスタマイズによるエンゲージメント向上が可能です! コネクターアプリの使用にはBenchmark EmailアカウントとShopifyアカウントの両方が必要です。アカウントをお持ちでない方は、まずアカウント作成後インストールを行ってください。 連携を行う前に 新規コンタクトの追加に十分なBenchmark Emailのリストプランをお持ちであることをご確認ください。 Shopifyの無料トライアルアカウントでBenchmark Emailとの連携はできません。必ず有料アカウントを利用してください。 連携方法には「コネクターアプリをインストールする方法」と「プライベートアプリを作成して連携する方法」の2通りございます。 「プライベートアプリを作成して連携する方法」では双方の操作が必要となります。 それぞれの連携方法は以下の手順に従ってください。 <Benchmark Emailコネクターアプリをインストールする方法> 1. ShopifyアプリストアよりBenchmark Emailコネクターアプリをインストールします。「Add app」をクリックします。 2. インストールページに移動したら右下の「アプリをインストール(INSTALL APP)」ボタンをクリックします。 3. アプリの設定を行います。既存コンタクトを出力し、すでに顧客や購読者情報がある場合、Benchmark Emailへインポートします。 注意:Shopifyでマーケティングメールの受信に同意するチェックボックスにチェックを入れていないBenchmark Email上の既存顧客は購読停止となるため、異なるリストへ保存するようにしてください。 4. Benchmark EmailのAPIキーを入力し、「テスト&保存(Test and save)」をクリックします。APIキーの取得がまだの方は、文章内のhereをクリック、またはこちらから取得してください。 5. ドロップダウンから保存先のリストを選択、あるいは新規リストを作成します。新規リストを作成した場合、再度ドロップダウンをクリックすることで表示されるようになります。 6. メールアドレスを入力し、「インストールを完了(Finish install)」ボタンをクリックしてください。 詳細については以下もご参照ください。 外部サイト(英語版):Shopifyアプリ画面でBenchmark Emailコネクターアプリをインストールする方法 Benchmark EmailのAPIキーの入手方法については、以下のFAQの「APIキーの入手」をご覧ください。 FAQ:Benchmark Email の RESTful API を利用する方法は? Combideskのサイト上では、以下のようにコネクターアプリで何ができるかが記載されています: Shopify顧客、購読者情報をBenchmark Emailメルマガ配信リストへ連携 Benchmark Emailアカウントへ簡単に顧客、購読者情報を送信 リアルタイムの連携でBenchmark Emailでの顧客リストも簡単にアップデート 顧客や購読者とのエンゲージメントを高めリスト育成にぜひ役立ててください。 Benchmark Email x Shopifyのコネクターアプリのその他の利点は以下をご確認ください: 購入商品をベースにしたオートメーションメールを配信 Shopifyページに設置するカスタム登録フォームを作成し、登録後に自動メールを配信 ドラッグ&ドロップエディタでShopifyショップに関するニュースレターを配信 EMAツールでカゴ落ちの顧客にアプローチ!   <プライベートアプリを作成して連携する方法> 以前までの方法でShopifyと連携するには以下の手順をご確認下さい。 1. Shopifyアカウントへと進み、ログインします。 2. 左のメニューより「アプリ管理」を選択します。 3. ページ下までスクロールダウンし、「プライベートアプリを管理する」をクリックします。 4. 全ての項目を確認後チェックを入れ、「プライベートアプリの開発を有効にする」ボタンをクリックします。 5. 「プライベートアプリを作成」をクリックします。 6. アプリの詳細で「プライベートアプリ名」と「緊急連絡用開発者メール」を入力します。 7. Admin APIでAPI権限オプションをスクロールダウンし、「顧客管理」を選択します。ドロップダウンメニューで「読み取りおよび書き込み」を選択します。 8. 最後にストアフロントAPIで「このアプリがストアフロントAPIを使用してストアフロントデータにアクセスできるようにする」にチェックを入れ、「保存」をクリックします。 注:プライベートアプリの作成が完了したら、連携に必要なShopifyのAPIキーとパスワードが生成されますので保管します。 9. Benchmark Emailアカウントにログインします。 10. 画面右上のアカウント名をクリックし、「連携」を選択します。 11. ページ最下部までスクロールダウンし、「サービス連携一覧」をクリックします。 12. ページをスクロールダウンし、「Shopify」アイコンをクリックします。 13. 商品名称の欄にストア名を入力します。Shopifyドメイン(https://store-name.myshopify.com/)の黄色のハイライト部分のみを入力してください。 14. Shopifyより生成したShopify APIキーとパスワードを入力して「保存&次へ」ボタンを選択します。 15. Benchmark EmailとShopifyの連携設定をインポートオプションとリストより設定します。 注:インポートオプションは3つで、「全ての顧客(All Customers)」「Shopifyでマーケティングメールの受信に同意した顧客(Customers who accept marketing)」「 Shopifyでマーケティングメールの受信に同意していない顧客(Customers who do not accept marketing)」です。適切なオプションをお選びください。 16. フィールド項目設定を行い、 「保存&次へ」ボタンをクリックします。 重要:Shopifyのストア名にハイフンが含まれている場合は、必ず商品名称にもハイフンを追加してください。そうでなければ、連携されません。 フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmark Emailではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらのFAQをご確認ください。 注意:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。 今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 Shopifyにて新規追加されたコンタクトを随時Benchmark Emailのコンタクトへ連携させたい際には、PieSyncまたはZapierをご利用になることで随時同期を行うことが可能となっています。それぞれの連携については下記FAQをご参照ください。 FAQ:PieSyncとBenchmark Emailを連携する方法は? FAQ:ZapierとBenchmark Emailを連携する方法は?   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 10月 24, 2020

メールアドレスを集めるには?

メールマーケティングを成功させるには、エンゲージメントの高い購読者のリストを育てることがカギとなります。オプトイン(配信許可を得ている)リストを育てることが非常に重要です。メールアドレスを集めるヒントとして以下をご参照ください: <ウェブサイト全体でニュースレター購読登録をアピール> 登録フォームがマーケティングに活躍する場面は多くありますが、一番の目的は配信許可を得ているオプトインリストを育てることにあります。登録フォームから購読登録をすることにより、オプトインとなります。これは登録者自身が個人情報を任意で提供し、メールで商用コンテンツを受け取ることに同意していることになります。言い換えればコンテンツを受け取りたい、ということです。結果としてエンゲージメントの高い、マーケティング効果が出やすい顧客へのリーチができるようになります。 また、Benchmark Emailの登録フォームではダブルオプトインを採用しており、購読者が自分で登録したことを覚えているため迷惑メール報告をされる確率も格段に下がります。また万が一メールアドレスの入力間違いがあってもリストには登録されないため、エラー率の減少にも繋がります。オプトインに関する詳細は以下のFAQでご確認ください。 FAQ:オプトイン完了 / オプトイン未完了とは何のことですか? <友達に転送するリンクの活用> ”友達に転送する”リンクをメールに設置し、受信者が簡単にコンテンツを共有できる環境を提供しましょう。メールからウェブサイトへの動線がある為、転送を受けた人が登録フォームから自分の情報を入力することで新規購読者の獲得になります。Benchmark Emailではこの転送リンクを挿入できるオプションがあります。誰がどのメールアドレスに転送したのか、転送先で開封されたかどうかを確認することができます。転送リンクの挿入方法については以下のFAQをご参照ください。 FAQ:メール転送リンクを挿入する方法 <Facebookなどのソーシャルメディアサイトを最大限に活用> ソーシャルメディアは今日の社会においてとても強力なマーケティングツールです。ビジネスのFacebookファンページを作成し、そこに登録フォームを設置しましょう。また「いいね!」やシェアできるようリンクを用意するのも忘れずに。ソーシャルメディアのリンクやアイコンを挿入する方法は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:ソーシャルメディアのリンクやアイコンを配信メールに挿入する方法 また、短期でメールアドレスを集めたい場合は、登録したいと思わせるインセンティブが効果的です。 以下をご参考にして下さい。 商品やサービスの値引き VIPセールや、イベントへの特別招待券 登録者への無料プレゼント バーゲンや特別セールについての早期案内 新規登録者へ抽選での無料プレゼント   ご不明点などございましたらサポートまでご連絡ください。     >>「サービス/パートナープログラム/その他」のまとめページに戻る

顧客リスト 10月 12, 2020

How do I integrate my Benchmark account with Freshdesk?

Freshdesk is an online cloud-based customer service software providing helpdesk support with all smart automations to get things done faster. With our Freshdesk integration, you can automatically add the customers you support via Freshdesk to your Benchmark list(s). Please follow these steps to integrate your accounts: Log into your Benchmark account.
 Select Integrations from your user menu located at the top-right of the page. Scroll to the bottom of the page and click on Get Started. 
 Go to the Freshdesk integration option. Connect to Freshdesk by entering your Subdomain, Username and Password. Now, click Save & Next. Select a Benchmark list, or create a new one. Select and map the fields you want to be updated. You can view your list by selecting View my Lists. Integrating Benchmark with Freshdesk helps you enhance and simplify your tasks. The final number of imported contacts may be less than the projected number due to the filtering of certain emails. Benchmark Email removes role-based emails, duplicates, unsubscribes and blocked domains. Click Here to learn more. 22Note: Since this integration offers a one-time import if you need to import more contacts at a later time, you will have to repeat the steps above. However, when you go to import again, you can choose the previous connection or create a new one. If you have additional questions, please feel free to contact our support team via Email, LiveChat or Phone.

連携機能 8月 6, 2019

リストを削除する方法は?

リストを削除する手順は、以下の通りです。  Benchmark Emailアカウントにログインします。  コンタクトリストを選択します。  削除したいコンタクトリストの右側にある 「・・・」をクリックします。  ゴミ箱へ移動をクリックします。  「リストをゴミ箱へ移動」という画面が出てきますので、「次へ」を選択します。  コンタクトリストからリストが削除され、ゴミ箱に移動します。 完全にリストを削除する手順は、以下の通りです。(この方法で削除した場合、復元することはできませんのでご注意ください)  マイコンタクトタブの右側にあるゴミ箱のタブをクリックします。  最初の手順で削除したリストが表示されます。  完全に削除したいリストの右側にある 「・・・」をクリックします。  削除をクリックします。  このリストを消去するというポップアップ画面が表示されます。  「削除」をクリックすると、完全にリストが削除されたことになります。 ご注意: ゴミ箱ページから削除済みリストを復元、または完全に削除することが可能です。リストがゴミ箱ページから完全削除されると、復元することはできません。 配信停止リストとサンプルリストは削除できません。 正確な効果測定値を計測するため、リストは配信に利用してから7日間は削除を行えません。詳しくは以下のFAQをご確認ください。 FAQ:配信から7日以内はリストの削除が不可なのはなぜですか? リストを削除する前に、以下の点についてご確認ください。 ゴミ箱に表示されているリスト内のコンタクトは、アクティブコンタクトとしてカウントされます。(カウントされたくない場合は、完全にリストを削除願います。) リストの削除は、配信先として設定しているステップメールやEMA、登録フォーム、またはセグメントリストに影響します。この操作はやり直すことができません。 リスト内に含まれるコンタクトが他のリストにも登録されている場合、選んで削除したリスト以外のリストからは削除されません。   ご不明な点がございましたら、メールにてお気軽にサポートチームにお問い合わせください。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 9月 24, 2020

1 2 3