サポートページ aero-right

アーカイブページの作り方は?

配信したメールをバックナンバーとして保存するためのウェブページをご用意しており、これをアーカイブページと呼びます。 過去に配信したメールから公開設定を行ったものだけが表示されます。 このFAQでは以下について説明します。 アーカイブページの開設 アーカイブページにコンテンツを追加する アーカイブページのデザインを変更する アーカイブページの URLを取得する   アーカイブページの開設 メール作成タブより「アーカイブ」を選択します。 アーカイブページを未作成の場合は以下の画面が表示されます。「アーカイブURLを作成」をクリックします。 アーカイブページのURLを設定します。赤枠に記入した文字列があなたの個人ページのURLとなります。 「保存」をクリックすると、アーカイブページのURLが決定します。 一度設定を行うと、アカウント上での変更が出来ませんのでご注意ください。 変更を希望される場合、こちらよりサポートへご連絡をお願い致します。   アーカイブページにコンテンツを追加する 過去に配信したメールから、公開するものを選択します。 Benchmark Email上で「アーカイブ」ページへアクセスすると、配信済みのメールが表示されます。 公開したいメール名横の「・・・」アイコンをクリックし「アーカイブページへ追加する」を選択します。 アーカイブへ追加されたメールは「未稼働」から「稼働中」へと表示が変わります。 アーカイブページのデザインを変更する 1.Benchmark Email上で「アーカイブ」ページを開き、右上の「アーカイブページを編集する」をクリックします。 2.「ステップ1 コンテンツ」では記事の公開順などを編集します。 ①サムネイルの表示・非表示を選べます。 ②クリックして灰色に設定すると、該当記事の公開が停止されます。 ③クリックしたまま上下へ動かすことで、記事の順番を変更できます。 3.「ステップ2 詳細」ではページタイトル、紹介文、フッターの情報を編集できます。 4.「ステップ3 デザイン」ではフォントとページ内の色の設定を行います。 以下は例になります。 アーカイブページの URLを取得する トップページのURLはBenchmark Email上のアーカイブ一覧ページに表示されています。 完成したアーカイブページを確認したり、メールやSNSおよびウェブサイトなどからリンクを貼ることができます。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「アーカイブ」のまとめページに戻る

アーカイブ&コミュニティー 10月 3, 2019

A/Bテストの作成方法は?

以下の手順に従ってください。 A/Bテストを作成するには、あらかじめメールを作成し「下書き」として保存をする必要があります。手順は以下の通りです。 アカウントにログインします。 配信するメールを「メール」にて作成します。 「チェックリスト」に全てを選択しが入っているか確認します。全てチェックされたら下書き保存されます。 メール一覧に戻るボタンをクリックします。 メールトップページのダッシュボードから「メール」をクリックし、A/Bテストを選択します。 右上のA/Bテスト作成ボタンをクリックします。 ステップ1:詳細 テスト名を入力。 テストタイプを選択。 比較するグループ数を指定。 テストを行うコンタクト数の比率を入力。(任意) 保存&次へをクリックします。 ステップ2:比較項目の設定(このページのオプション/フィールドは、選択したテストタイプによって異なります) 保存&次へをクリックします。 ステップ3::リスト選択 A/Bテストメールを配信するリストを選択。 スライダを動かし、A/Bテストを送信するリストの割合を確認。(テストグループの横にある連絡先の数は自動的に選択されます) 保存&次へをクリックします。 ステップ4:ルール決め  採点基準を、開封数、クリック数、または開封数とクリック数の中から選択。 1回のアクションを何ポイントとして計算するか選択。 優勢のメールをリストの残りのコンタクトへ配信する方法を選択します。 ①A/Bテスト配信後の本メール配信までの時間を設定:指定時間が経過した後、良いスコアを記録したメールが、自動で残りのコンタクトへ配信されます。 ②本メール配信スケジュール設定:指定日時になると、良いスコアを記録したメールが、自動で残りのコンタクトへ配信されます。 ③マニュアルモード:A/Bテスト結果を自分で確認した後で、本メール配信するメールを選びます。自身で操作を行うまで本メール配信はされませんのでご注意ください。 送信オプション:A/Bテストメールを配信するスケジュールを選択。すぐに送信・配信スケジュールを設定・下書きとして保存のどれかを選びます。 前項でマニュアルモードを選んだ場合は、本メールとして配信するメールを自分で選んで配信する必要があります。以下の手順で配信します。 ツールへカーソルを合わせ、ドロップダウンメニューよりA/Bテストをクリック テスト中のA/Bテストメール名を選びクリック。 本メールとして配信するメールを選択してください。 すぐに送信、もしくは配信スケジュールを設定してください。 マニュアルモード以外を選んだ場合は、指定時間に沿って自動的に本メールが配信されます。 本配信の完了を確認するには、A/Bテストダッシュボードからメールのステータスをご覧頂けます。 「送信済み」と表示されている場合、テストは終了しています。 「A/Bテスト」と表示されている場合はまだテスト途中であり、テストグループ以外の購読者への配信は行われておりません。 メールダッシュボードからも同様に、メールのステータスが確認できます。 「送信済み」と表示されている場合、テストは終了しています。 重要:テストメールの配信から、本メールの配信までは時間差があります。この差は結果を比較するために必要な時間なので、省略することは出来ませんが、6時間、12時間、24時間と設定が可能です。 長くテスト期間を設けることで、より結果の信頼性が高まります。 無料プランにはA/Bテスト機能は含まれておりません。有料プランにアップグレードする事ですぐに開始が可能となります。   旧UIでの操作方法 1.    まず配信するメールを作成しましょう。 (作成方法についてはこちら) 2.    ステップ4(配信スケジュール)まで進んだら、下書き保存をクリック。 3.    カーソルをツールメニュー上へ置きます。 4.    ドロップダウンメニューより、A/Bテストを選択。 5.    右上青色のA/Bテストを作成ボタンをクリックします。 6.    ステップ1:詳細 a)    テスト名を入力。 b)    テストタイプを選択。 c)    比較するグループ数を指定。 d)    テストを行うコンタクト数の比率を入力。(任意) e)    保存&次へをクリック。     7.    ステップ2:比較項目の設定(このページのオプション/フィールドは、選択したテストタイプによって異なります)     a)    保存&次へをクリック。       8.    ステップ3: リスト選択     a)    A/Bテストメールを配信するリストを選択。 b)    スライダを動かし、A/Bテストを送信するリストの割合を確認。(テストグループの横にある連絡先の数は自動的に選択されます) c)    保存&次へをクリック。       9.    ステップ4:ルール決め     a)    採点基準を、開封数、クリック数、または開封数とクリック数の中から選択 b)    1回のアクションを何ポイントとして採点するか選択。 c)    優勢のメールをリストの残りのコンタクトへ送信する方法を選択。 d)    スケジュールの設定 - 保存、今すぐ送信、または別の日時にスケジュール。 重要:テストメールの配信から、本メールの配信までは時間差があります。この差は結果を比較するために必要な時間なので、省略することは出来ませんが、6時間、12時間、24時間と設定が可能です。 本メールの配信まで時間を置くことは、より信頼性の高いテスト結果をもたらします。 A/Bテストをまだご利用でない場合は、有料プランにアップグレードする事ですぐに開始が可能となります。 注:無料プランにA/Bテストは含まれません。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「A/B テスト」のまとめページに戻る

メール配信 9月 27, 2019

DKIM(CNAME / ドメインキー認証)の詳しい解説

DKIM(CNAME / ドメインキー認証)の概要 ドメインキーとはYahoo!によって開発された「メール認証システム」です。 これによりメール配信に伴う責任の所在が明らかとなります。 受信側は送信側による暗号化された署名と、暗号化された公式データベースを比較することにより、メールの送信者が正当であるかを確認しています。 DKIMで分かることは送信者の身元のみであり、コンテンツの善し悪しは保証されません。 そのため送信者の評判がとても重要になってきます。 もしあなたの会社が誠実で良い評判を築いてきたのならば(苦情件数がゼロに近い場合)、DKIMにより「信頼できる送信元」と判断されるため、メールの到達率は高くなります。 反対に迷惑メールを送ることで知られているならば、DKIMによりほぼ確実にスパムと判断されるでしょう。 SPFレコードを基本認証の第一段階とし、CNAMEを第二段階として追加します。 そうすることにより、到達率を向上させる「二重認証」が得られます。 ほとんどのISPはSPFとDKIMを利用して受信メールを検証します。 メールレコードが確認されない場合、スパムや迷惑メールと判断される、または不達となる可能性がとても高くなります。 DKIMは暗号認証を通じてドメインを検証します。 仕組みの解説 Benchmarkを利用し送信されるメールキャンペーンは自動的にDKIMを認証します。 送信者のDKIMを認証することで、SPFフィルタによる配信が確実に行われます。 現在オリジナルドメインを使用している場合は、新しいCNAMEを追加し、2回のDKIM認証を活用することをお勧めします。 ISPは同じIPアドレスを使ってメールを送信する他のユーザーの評判に影響を及ぼさず、ドメインの情報だけがヘッダーに表示されます。 下の例では、CNAMEが送信ドメイン用に公開され、bmsend.comを使用して送信した後のヘッダーが表示されていますが、実際はドメインのみが表示されます。 ダブルDKIMを最大限に活用するには、送信するドメインごとにCNAMEを追加する必要があります。 完了する必要があるのはCNAMEの更新のみですが、必須ではありません。   設定すべきCNAME [ ホスト名 / エントリー名 ] 欄 bmdeda._domainkey.「ドメイン」     [ Points to / Value / 値 / 内容 ] 欄 bmdeda._domainkey.bmsend.com 注1:「ドメイン」には、配信元メールアドレスの@以降の部分を挿入してください。 例)news@abc.comの場合はホスト欄にbmdeda._domainkey.abc.comと設定します。 注2:送信ドメインが複数ある場合、それぞれのドメインにCNAMEを設定します。 お使いの送信ドメインに応じたCNAMEの発行をサポートにて承っておりますのでこちらよりご連絡下さいませ。   ドメインホストごとの設定手順(例) いくつかのドメインホストにおける設定手順を説明します。 設定方法はBenchmark Emailサポート対象外となります。 ご自身のドメインにおける設定方法が不明な場合は、ドメイン会社へお問い合わせください。 さくらインターネット 「契約情報」→「契約ドメインの確認」をクリック。 「ドメインメニュー」をクリック。 レコードを追加するドメインの「ゾーン編集」をクリック。 「変更」をクリック。 「エントリ名」にbmdeda._domainkeyを入力、「種別」に別名(CNAME)」を選択、「値」にbmdeda._domainkey.bmsend.com 又は dkim.bmsend.comを入力し、「新規登録」をクリック。 新規追加を押すと、上のテーブルにレコードが追加される。 メッセージの通り、「データ送信」しないと反映されない。 「データ送信」をクリックしてください。   XSERVER サーバーパネルへログインし、「DNSレコード設定」へと進んでください。 「DNSレコードの追加」を選択してください。 「ホスト」はbmdeda._domainkey.(お客様のドメイン)を入力頂き、「種別」はCNAMEを選択し、「内容」にdkim.bmsend.comと入力してください。 「DNSレコードの追加(確認)」をクリックしてください。   GoDaddy.com    GoDaddyアカウントにログインします。 マイページに移動します。 ""My Products""タブをクリックします。 ""Manage All""(全て管理)を選択します。 DNSタブをクリックし、"Manage Zones"(区分の管理)を選択します。 使用するドメイン名を追加して検索します。 "Record"セクション一番下にある"DNS Management"ページにて以下を行います。 "Add"を選択し、メニューから"CNAME"をクリックします。 以下のフィールドに入力し、「保存」をクリックしてください。 ホスト:bmdeda._domainkey ポイント:bmdeda._domainkey.bmsend.com TTL: 3600   Bluehost.com   "ドメイン"セクションより、"DNSゾーンエディタ"アイコンをクリックします。 ドロップダウンからCNAMEを追加するドメインをクリックします。  "ADD DNS Record"(DNSレコードを追加)に移動します。 目的のレコード名 "bmdeda._domainkey"をホストレコードフィールドに追加します。  TTL "3600"(デフォルト設定のままにすることができます)  ""Type""というラベルのドロップダウンより"CNAME"を選択します ""Point To""(ポイント先)フィールドに「bmdeda._domainkey.bmsend.com」と入力します。  Add Recordをクリックします。   InMotion Hosting  CPanelにログインします。 ドメインセクションで ""Advanced Zone Editor""ボタンを選択します。 ドロップダウンメニューをクリックし、CNAMEを追加するドメインを選択します。 ""Type""の下のドロップダウンオプションをクリックし、""CNAME""を選択します。 完了 名前:bmdeda._domainkey TTL:3600 CNAME:bmdeda._domainkey.bmsend.com   HostGator.com   コントロールパネルでドメイン名を検索し、DNSサービスインターフェイスへと進みます。  ""Manage DNS""リンクをクリックすると、いずれかのレコードを追加するDNS管理画面がポップアップ表示されます。  ""CNAME Records""をクリックし、次の画面で""Add CNAMERecord""をクリックします。 次に3つのフィールドが表示されます。 ホスト名:bmdeda._domainkey 値:bmdeda._domainkey.bmsend.com TTL:(デフォルト設定のままにすることができます) 5.""Add Record""ボタンをクリックしてレコードを送信します。   HostMonster.com DomainセクションにあるDNS Zone Editorアイコンをクリックします。 ドロップダウンボックスより、変更するドメインをクリックします。  DNSレコードの追加へ進みます。 ホストレコードフィールドに「bmdeda._domainkey」と入力します。  TTL ""3600""(デフォルト設定のままにすることができます) ドロップダウンメニューよりCNAMEをクリックします。 ""Point To""フィールドにbmdeda._domainkey.bmsend.comと入力します。  ""Add Record""をクリックします。   Arvixe.com ""Add Record""(レコードの追加)を選択します。 ドロップダウンメニューにて、レコードタイプをCNAMEに切り替えます。  ドメイン名セクションで、bmdeda._domainkeyを追加します。 正式名にbmdeda._domainkey.bmsend.comを追加します。  選択します。  ポップアップにてUpdateを選択します。(複数のレコードを追加する場合、完了するまで更新を選択する必要はありません)。   CloudFlare.com Cloudflareアカウントにサインインします。 左上のドロップダウンメニューよりドメインを選択します  DNS settings タブをクリックします。 最後にCNAMEレコードを追加します:bmdeda._domainkey.bmsend.com   Networksolutions.com   ""DNS Manager Settings""(DNSマネージャの設定)ページに移動します。 Host Aliases:CNAME Recordsセクションにて、Add/Editを選択します。  現在のCNAMEが編集可能な形式で表示されます。 Aliasテキストボックスにサブドメインを入力または編集します。 例えば、カスタムドメインとしてweb.mydomain.comを選択した場合、""web""と入力します。または、www.mydomain.comなどのルートドメインを使用している場合は、「www」と入力します。 Other Host選択します。  他のホストフィールドにbmdeda._domainkey.bmsend.comと入力します。  最後に、""Save Changes""をクリックします。   Ipage.com   Domain Central画面へ進みます。 CNAMEを追加/編集するドメインを選択します。  次に、DNSを選択します。 Modifyオプションにて、CNAMEレコードをクリックします。 以下の情報を入力します。 ホスト:bmdeda._domainkey ポイント:bmdeda._domainkey.bmsend.com 6. 最後に、""Add""をクリックします。   Name.com   Domainタブをクリックし、ドメインリスト(トップメニュー)を選択します。  CNAMEレコードを作成するドメインを選択します。  ここで、左側の""DNS Record""を選択します。  Benchmarkより提供されたCNAMEレコードを追加します。 ドロップダウンメニューから"CNAME"を選択します。 送信者フィールドに、送信ドメインをbmdeda._domainkeyとして入力します。 Answerフィールドにbmdeda._domainkey.bmsend.comを追加します。 目的のTTLを入力または、デフォルトにて設定します。 5. 最後に、青いレコードの追加ボタンを選択します。   ご不明な点がございましたら、こちらからサポートへお問合せ下さい。     >>「到達率」のまとめページに戻る

到達率 9月 19, 2019

SPF認証についての詳しい解説

SPF認証の概要 SPFレコードを設定し、偽造やなりすましではなく、ESPやメール交換サーバー、またはIPからのメールが実際に送信されたことを受信者のメールサーバーが確認します。 簡単に言えばSPFレコードはサーバーの身分証明書のようなものです。 受信サーバーが送信元の情報に偽りのない事を確認し、なりすましメールを受信してしまわないようにするためのセキュリティです。 「送ったはずなのに、届いていない」「一括配信以外だと届くのに」といった事象は 送信元との一致がされていない状態のために発生します。 ドメインを購入したり、主要ドメインサービスプロバイダからメールを送信したりすると、そのドメインが登録されます。 一部の受信トレイでは、特定のドメイン(以下のサーバーの1つにあります)とBenchmarkメールサーバーから送信されたメールを調和させることが困難となります。 これが起こった場合、受信者を保護するために受信トレイはメールキャンペーンを迷惑フォルダに直接送信したり、時にメールを拒否することもあります。 BenchmarkメールをSPFへ追加すると、メール受信ボックスが送信者のBenchmarkサーバーと一致することを保証します。 これによってメールキャンペーンは問題なく配信されます。   設定すべきレコード 以下のレコードをドメインSPFレコードとして更新します。 v=spf1 a mx include:bmsend.com ~all ただしすでに異なるSPFレコードを設定済みの場合は、既存のレコードに "include:bmsend.com"を追加する形となります。 また、複数ドメインの設定が必要な場合も、1個のレコード内に追記ください。 例) メールでGsuite(Gmail)を利用している場合のSPFレコードは下記となります。 v=spf1 include:_spf.google.com include:bmsend.com ~all   現在の設定状況に応じたSPFレコードの発行をサポートにて承っておりますのでこちらよりご連絡下さいませ。 ドメインの現在のSPFをご自身でご確認される場合は、Kitterman.comのSPFツールページをご活用頂けます。 http://www.kitterman.com/spf/validate.html   ドメインホストごとの設定手順(例) いくつかのドメインホストにおける設定手順を説明します。 設定方法はBenchmark Emailのサポート対象外となります。 ご自身のドメインにおける設定方法が不明な場合は、ドメイン会社へお問い合わせください。 iPage http://www.ipage.com/ コントロールパネルにログインします ドメインセクションの[ドメインの管理]をクリックします TXT / SPFレコードを管理するドメイン名を選択します DNSをクリックします [変更]のドロップダウンメニューから[TXT / SPF レコード]を選択します "bmsend.com"と入力して”追加”をクリックします Network Solutions http://www.networksolutions.com/ アカウントマネージャーに移動し、[My Domain Names]を選択します 編集するドメインを選択し、[Manage]をクリックします 緑色のボックス内、[Change Domain Points]を選択します [Advanced DNS]を選択し、をクリックして続行します Text(TXT Records)セクションで、[Edit TXT Records]ボタンをクリックします ホストフィールドの下に'bmsend.com"と入力し、このテキストレコードを画面の右側のテキストボックスに挿入します [Continue]をクリックします 確認ページが表示されたら、 [Save Changes]ボタンをクリックし保存します Host Gator http://www.hostgator.com/ コントロールパネルにログインし、[Advanced DNS Zone Editor]アイコンをクリックします(このアイコンが見当たらない場合は、HostGatorにお問い合わせください) ドロップダウンメニューから目的のドメイン名を選択します レコードの追加で、次の情報を入力します ・Name:ドメイン名を入力します(wwwは除外) ・TTL: 1400 ・Type: TXT ・アドレス: "bmsend.com" 4. [Add Record]ボタンをクリックします。 Blue Host, Just Host & Host Monster http://www.bluehost.com/ http://www.justhost.com http://www.hostmonster.com これら3つのサイトは同じプロセスに従います。 SPFレコードを追加する前に、現在のレコードを削除する必要があります: [ドメイン]セクションの[DNS Zone Editor]アイコンをクリックします 現在のレコードを見つけ、[Action]フィールドの下にある[Delete]をクリックします Benchmark Email SPFレコードを追加します コントロールパネルにログインします(例:login.bluehost.com) [Domain]セクションで[DNS Zone Editor]アイコンを選択します ドロップダウンメニューから変更するドメインを選択します [Add DNS Record]という見出しまでスクロールします [Host Record]フィールドに、"@"記号を入力します Typeドロップダウンメニューより、TXTを選択します [Point To]フィールドに"bmsend.com"と入力します [Add Record]の追加を選択します Web Hosting Hub http://www.webhostinghub.com/ コントロールパネルにログインします コントロールパネルのホームページ内、[メール]セクションの下の[Email Authentication (メール認証)]アイコンをクリックします [Email Authentication]ページの詳細設定で、ページの下部までスクロールダウンし、[All Entry](ALL)の横にあるボックスを選択します ページ上部へスクロールして、SPFの下にある[Enable (有効にする)]ボタンをクリックします 次のページで、“SPF has been enabled (SPFが有効になっています)”という確認メッセージが表示されます [戻る]リンクをクリックし、[メール認証]ページへ戻ります ドメイン(A)のメールを送信する追加ホストの横にある[追加]をクリックします bmsend.comと入力します OKをクリックします GoDaddy http://www.godaddy.com/ [My Products (製品)]ページにログインします [My Products]タブを選択します [Manage All (すべて管理)]をクリックします トップメニューから[DNS]タブをクリックし、[ゾーンの管理]を選択します 使用するドメイン名を入力し、[検索]をクリックします [DNS管理]ページの[レコード]セクションで、[TXT]の横にある既存のMXレコードの鉛筆アイコンをクリックします 次の値を追加してTXTレコードを更新します a) ホスト: @ b)TXT値:v=spf1 a mx include:bmsend.com ~all c) TTL:デフォルトのままにします [保存]をクリックします ご不明な点がございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい。     >>「到達率」のまとめページに戻る

到達率 9月 19, 2019

メールと同一内容のウェブページバージョンのリンクを挿入する方法

ウェブページバージョンリンクの挿入は簡単に可能です。 メールプロバイダーの設定によっては、メールを全て表示できない場合がある為、ウェブページ上で同一の内容を公開しているリンクを挿入すると効果的です。 下記のステップに沿って設定を行います。 Step 1. ダッシュボードの「メール」より「メール」をクリックします。 Step 2. 編集するメール名をクリックします。 Step 3. チェックリストの一番下の「本文&デザイン」をクリックします。 Step 4.パーミッションリマインダーブロックを選択し、左側の「コンテンツ」タブの「ウェブページ表示のリンクを追加」にチェックを入れます。 Step 5. 「保存&次へ」のボタンをクリックします。 これで設定は完了です。プレビュー画面にて確認を行ってください。 購読者が “こちらWebページ版をクリック ” をクリックすると、配信したメールを購読することが出来ます。 もし、配信したメールを削除してしまった場合は、ウェブ上に存在しなくなり見ることが出来ないので注意してください。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 9月 18, 2019

「メール作成:設定管理」のまとめページ

このページでは、メール作成の「設定管理」に関する資料を紹介します。 送信元の設定 送信前のテスト 作成したメールの表示(モバイル表示など) メール管理画面 トラブルシューティング についてのFAQが見つかります。メール作成方法を解説したスライド/動画もページ下部にあります。 「メール作成:編集操作」のまとめページも併せてご覧ください。   「メール作成:設定管理」のFAQ   送信元の設定 ・メールアドレスの認証とは何ですか? ・送信元メールアドレスの追加と認証方法 ・送信元(From)アドレスを切り替える方法   送信前のテスト ・送信前にメールを確認したいのですが、どのような方法がありますか? ・テストメールの送り方について ・受信テスターの目的と作成方法について ・配信設定したメールの送信をキャンセルすることはできますか?   作成したメールの表示(モバイル表示など) ・モバイル表示に最適化されたメールが自動配信されますか?(レスポンシブデザイン機能) ・HTMLメールが見れないデバイスでは配信メールはどのように表示されているのですか?(マルチパート配信機能) ・一部の読者に古い内容のメールが送信されてしまうのですが? ・テキスト版のメールの編集方法は?   メール管理画面 ・メールのコピーを作成する方法 ・同じメールを再配信する方法 ・送信済みのメール、下書き保存しているメールを削除する方法 ・メールを印刷する方法   トラブルシューティング ・一部の読者に古い内容のメールが送信されてしまうのですが? ・メール作成時の注意点とは? ・効果的な件名を作成するヒントとは? ・メールが否認になった時の原因と対応策 ・スパムチェック機能とは何ですか? ・挿入した画像がうまく表示されないのはなぜですか? ・受信先で文字化けしているようです。修正方法はありますか? ・Benchmarkから配信された同じメールを受信しているのに、使用するメールクライアントやブラウザによってメールの表示が異なるのはなぜ?   チュートリアル「ドラッグ&ドロップでHTMLメールを作成する」 スライド   動画   チュートリアル「効果測定が可能なテキストメール」 プレーンテキストのみでメールを配信する場合、以下の方法で作成するとレポート機能で効果測定が可能です。 スライド   >>サポートページ(TOP)に戻る

よくある質問 10月 17, 2019

Benchmark Emailの配信リストにカスタムフィールド項目を追加する方法は?

  メール受信者の情報はリスト項目に保存でき、一部の情報はコンタクトのリスト表示で確認できる仕様です。個人のデータを予めリストに保存しておくことでマーケティング、パーソナライズ等に活用することができます。会社・組織ごとに必要となるデータが異なるため、デフォルトのリスト項目に当てはまるものがない場合にはカスタム項目を設定できるようになっています。 カスタム項目の設定方法はこちら: まずは Benchmark アカウントにログインしてください。 1.    ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」をクリックし、サブメニューから「コンタクトリスト」をクリック 2.    カスタム項目を追加したいリスト名をクリック 3.   「編集」をクリック 4.   フィールド項目の設定にて、右方向にスクロールしその他の項目を確認 5.   カスタム項目の情報をフィールド項目名及びフィールドタイプに入力 6.    入力したらページ右上の保存ボタンをクリックして完了 項目の並び順は自由に変更可能です。カスタム項目はレポート、登録フォームからの登録、アンケートの質問、リストの出力時などにご利用頂けます。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。      

顧客リスト 3月 15, 2019

1 2