サポートページ aero-right api

WebhookとBenchmark Emailを連携する方法は?

Webhookアプリケーションを利用することで、リアルタイムでBenchmark Emailにログインすることなく新規購読者や配信停止者などの情報を受け取ることができます。APIと似た機能ですが、Webhookではデータが自動的に送られてきます。初期設定を行ったら個別リクエストをすることなく、情報が更新されていきます。Webhookで銀行のオンラインアカウント情報やインスタからの新規フォロワーやいいね!、プライベートメッセージの通知などを受け取ることができます。 Webhookって何? WebhookとはWebアプリケーションでイベント(アクション)が実行された際に、外部サービスにHTTPで通知する(特定のURLへデータを送る)仕組みのことです。 Webhookの利点とは? Webhookは特定のURLで新しいデータを確認することができるため、Benchmark Emailアカウントに毎回ログインする必要がなくなります。例えば、「特定の配信済のメールで誰が購読停止したか?」といった情報を任意のURLで確認することが可能です。 Webhookで確認可能な情報の例 新規登録 配信停止 プロフィール更新 削除されたメールアドレス メールアドレスの変更 その他はこちらをご確認ください。 Benchmark EmailアカウントでWebhooksを設定する方法: 1. Benchmark Emailアカウントへログイン 2. 「コンタクト」をクリックし、再度「コンタクト」を選択 3. 設定したいリスト名をクリック 4. 画面右上のオプションメニューアイコン「・・・」から「Webhooks」を選択 5. 情報の宛先URLを入力 6. 情報を送るトリガーとなるアップデート情報を設定 7. 「Webhookを追加」ボタンをクリックして完了 追加でWebhookを設定したり、既存の設定を更新・削除することも可能です。 アップデート情報で設定した項目が更新されると、WebhookアプリによりHTTP POSTおいて設定URLへデータが送信されます。データは key/value として表示されます。 オリジナルの Webhook の作成やトラブルシューティングの詳細についてはこちらをクリックしてください。 ご不明点はサポートまでご連絡ください。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

API 1月 13, 2022

API / 連携アプリ

Benchmark Emailでは、ユーザー自身で連携開発を行えるようAPIを公開しています。連携構築を行うことで自社サービスやデータベースとBenchmark Emailアカウントを連携することが出来ます。 また、構築・開発不要でご利用頂けるアプリ連携も、いくつかご用意しております。 「API/連携アプリ」のFAQ一覧 Benchmark Restful APIを利用して連携構築を行う ・API連携を使って何ができますか? ・Benchmark Email RESTful APIとは? ・Benchmark Email の RESTful API を利用する方法は? Benchmark Emailが提供するアプリ連携を利用する *下記以外は、APIでの連携が必要となります。 ・配信メールを自動的にTwitterでツイートする方法は? ・配信メールをFacebookビジネスページに自動投稿する方法とは? ・Salesforceとの連携はできますか? ・WordPressとBenchmark Emailを連携させる方法は? ・PayPalとBenchmark Emailを連携する方法は? ・ShopifyとBenchmark Emailを連携する方法は? ・ShopifyのBenchmark Emailコネクターアプリについて ・TwitterとBenchmark Emailを連携する方法は? ・ZohoとBenchmark Emailを連携する方法は? ・ZendeskとBenchmark Emailを連携する方法は? ・Zapierを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは? ・Zapier連携を使って、他社サービスの顧客リストをBenchmark Emailにインポートする方法とは? ・WooCommerceとBenchmark Emailを連携する方法は? ・JotFormとBenchmark Emailを連携する方法は? ・WebhookとBenchmark Emailを連携する方法は? ・LiveChatとBenchmark Emailを連携する方法は? ・Microsoft Dynamics CRMとBenchmark Emailを連携する方法は? ・KickboxとBenchmark Emailを連携する方法は? ・TableCheckとBenchmark Emailを連携する方法は? ・SurveyMonkeyとBenchmark Emailを連携する方法は? GmailコンタクトやGoogleドライブの顧客リストをBenchmark Emailにインポートする方法は、以下のページをご参照ください。 ・「コンタクトリスト」のまとめページ」>サービスからインポートする >>サポートページ(TOP)に戻る

オートメーション 6月 24, 2022

ShopifyとBenchmark Emailを連携する方法は?

ShopifyとBenchmark Emailを連携することで、Shopifyのコンタクトをインポートでき、Shopify商品をBenchmark Emailのコンタクトに販売することができます。 連携する前に、必ず新規コンタクトの追加に十分なBenchmark Emailのリストプランをお持ちであることをご確認ください。また、Shopifyの有料アカウントをご利用でない場合は連携できない可能性がございますので、有料アカウントをご利用ください。 Benchmark EmailでShopifyを利用するには、まずShopifyでアプリを作成する必要があります。これにより、Benchmark EmailでShopifyの顧客情報にアクセスできるようになります。 目次: Shopifyアカウントでアプリを作成する方法 Shopifyコンタクトをインポートする方法 Shopify商品ブロックについて   Shopifyアカウントでアプリを作成する方法 まず、Shopifyアカウントを作成し、ShopifyのAPIキーとアクセストークンを入手します。この情報はBenchmark Emailと連携する際に必要になります。 1. Shopifyアカウントへと進み、ログインします。 2. 左のメニューより「アプリ管理」を選択します。 3. 右上の「アプリを開発」をクリックします。 4. 以下の画面が表示されますので、「カスタムアプリ開発を許可」ボタンをクリックします。 5. 「アプリを作成」ボタンをクリックします。 6. ポップアップ画面でアプリ名とアプリ開発者(ドロップダウンから選択)を入力し、「アプリを作成」ボタンをクリックします。 こちらの詳細は、アプリの追跡やアプリに直接影響がある変更情報などを取得する際に役立ちます。詳しくはこちら(英語表記)   7. 設定タブをクリックし、管理画面APIの統合の右側に表示される「設定」ボタンをクリックします。     次のステップはBenchmark Emailで使用する連携の種類によって異なります。 Shopify顧客情報をインポートする場合:   8. Admin APIアクセススコープでCustomersまでスクロールダウンし、read_customersにチェックを入れます。 Shopify商品にアクセスする場合:   9. Admin APIアクセススコープでProductsまでスクロールダウンし、read_productsにチェックを入れます。 商品オプションが無効になっている場合は、管理者に確認して商品権限を有効にしてください。Shopifyのスタッフ権限についてはこちら 10. 終わりましたら、「保存」ボタンをクリックします。保存ボタンの押し忘れに気をつけましょう。 11. API資格情報タブをクリックし、アクセストークンで「アプリをインストール」ボタンをクリックします。   12. ポップアップ画面で、「インストール」ボタンをクリックします。 重要:アクセストークンはAdmin APIセクションで生成されます。連携作業を続けるには、トークンを一度開示をクリックしてください。ShopifyのAPIキーとアクセストークンは連携に必要な情報ですので、必ず保管をしてください。 13. スクロールダウンし、API資格情報タブからAPIキーを取得してください。 トップに戻る     Shopifyコンタクトをインポートする方法 Benchmark Emailアカウントで、入手したShopifyのAPIキーとアクセストークンを使って連携させ、Shopifyコンタクトをインポートします。 1. Benchmark Emailアカウントにログインし、画面右上のアカウント名をクリックして「連携」を選択します。 2. 「サービス連携一覧」ボタンをクリックします。 3. スクロールダウンし、「Shopify」アイコンをクリックします。 4. ストア名を入力します。Shopifyドメイン(https://store-name.myshopify.com/)の黄色のハイライト部分のみを入力してください。 重要:Shopifyのストア名にハイフンが含まれている場合は、必ずハイフンを追加してください。そうでなければ、連携されません。   5. 先ほどShopifyアカウントで生成したアクセストークンとAPIキーを入力して「保存&次へ」ボタンを選択します。 過去にアプリを作成しShopify商品ブロックを使用したことがある場合は、それと同じアプリ情報をご利用できます。ただし、顧客管理のアクセスは、読み取りアクセス以上で設定してください。   6. Shopifyからのデータ設定で、インポートオプションとBenchmark顧客リスト(コンタクトリスト)をそれぞれ選択します。 インポートオプションでは、初期設定のShopifyコンタクトリストまたは保存した検索のいずれかをお選びいただけます。Shopifyでは検索を実行または絞り込みを適用した後に管理画面に結果リストが保存されます。絞り込みタブを使用して、お客様をセグメント化します。Shopifyのお客様グループはShopifyで保存した設定によります。マーケティングメールの受信に同意していない顧客は、このドロップダウンリストに表示されません。 すべて メール購読者 新規  NEW リピーター NEW カゴ落ち NEW 7. フィールド項目設定を行い、 「保存&次へ」ボタンをクリックします。 注意点: フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmark Emailではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細はこちらのFAQをご確認ください。 この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。 今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 Shopifyにて新規追加されたコンタクトを随時Benchmark Emailのコンタクトへ連携させたい際には、Zapierをご利用になることで随時同期を行うことが可能となっています。連携については下記FAQをご参照ください。 FAQ:Zapierを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは? 別のShopifyストアからコンタクトをインポートする必要がある場合は、上記の連携ステップを再度行っていただき、新しいShopifyストア、Shopify APIキーおよびアクセストークンを入力してください。 トップに戻る   Shopify商品ブロックについて   Shopify商品ブロックを使って、メールエディタやBenchmark Emailのランディングページから直接Shopifyの商品のプロモーションや販売ができます。 Shopifyストアの商品へアクセスするためには、以下の情報が必要になります:  1. Shopifyストア名 https://store-name.myshopify.com 上記のURL(Shopifyドメイン)の黄色のハイライト(=ストア名)のみを入力してください。 重要:Shopifyのストア名にハイフンが含まれている場合は、必ずハイフンも追加してください。そうでなければ、連携されません!   2. Shopify API キー 3. Shopifyアクセストークン 過去にアプリを作成したことがある場合、同じアプリの情報を使用できます。しかし、商品へのアクセスで少なくとも「読み取りアクセス」を選択する必要があります。   Shopify商品にアクセスする方法は、以下の手順に従ってください: メールエディタ 1. Benchmark Emailのアカウントから、メールの下書き、または未完了のメールを選択します。 2. メールのチェックリストから、本文&デザインの「編集」ボタンをクリックします。 3. Shopifyブロックをクリックし、好きな場所にセクションにドラッグします。 4. ストア名(ハイフンがある場合はハイフンも含める)、Shopify API キーとアクセストークンを入力します。 5. 「保存&次へ」ボタンをクリックします。 6. 連携が完了しましたら、Shopifyの商品リストが表示されるようになります。 7. ブロック内に使用するShopify商品を選択します。 8. 必要に応じてブロックの編集を行い、完了しましたら「保存」ボタンをクリックします。 注意点: お手持ちのShopifyアカウントが管理アカウントでない場合は、商品権限が必要になります。Shopifyのスタッフ権限についてはこちら 一度にアクセスできるShopifyストアは1つのみです。「ストアを変更」オプションを使用すると、過去のすべての商品は削除されます。 Shopify商品の詳細はShopifyで登録された情報が自動的に反映されます。Benchmark Emailで変更した商品詳細はShopifyアカウントでは更新されません。 メールやランディングページで既に選択されている商品が、後にShopifyで更新された場合、商品の詳細はBenchmark Emailでは自動的に更新されません。 アーカイブした商品は利用可能な商品リストに表示されません。 メールエディタ内のShopify商品ブロックのデザインについては、以下のFAQをご確認ください。 FAQ:メールのセクション機能と各ブロックの説明 なお、有料となりますが、ShopifyストアアプリからBenchmark Emailのコネクターアプリをインストールする方法については以下のFAQをご参照ください。 FAQ:ShopifyのBenchmark Emailコネクターアプリについて トップに戻る ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 2月 17, 2022

Benchmark Email RESTful APIとは?

Benchmark EmailではAPIを無料で公開しておりますので、連携開発を行って頂くことが可能です。 APIを使用すればBenchmark Emailにログインせずともデータを扱うことができます。 利用方法については以下のFAQ(日本語)をご参照ください。 FAQ:Benchmark Email の RESTful API を利用する方法は? 本ページでは、RESTful APIの概要をご説明します。   RESTとは? RESTはREpresentational State Transferの略になります。 RESTはHTTPを元にした制約とプロパティを定義するアーキテクチャスタイルです。HTTPが利用された際、最も一般的で利用可能なオペレーションはGET、POST、PATCH、DELETEと事前に定義されたCRUD HTTPメソッドです。 全てのユーザーはBenchmark EmailのRESTful APIを用いて外部サービス連携を構築する事ができます。これらの連携によりリストの詳細入手、リストのアップロード、プラットフォームからBenchmark Emailアカウントへのデータ移行やメールマガジンのアップロードも可能となります。Benchmark EmailのRESTfulページで利用できるHTTPメソッドは次の通りです。     GET POST PATCH DELETE GETメソッドはリソースの値を取得する際に用いられます。 GETリクエストは安全かつ同様のパラメーターで何度繰り返しても結果が不変的(冪等性)であることが求められます。 POSTリクエストは新しいリソースを作成する際に用いられます。POSTは新しいデータを書き込みする際によく利用されますが、データを更新するのにも利用する事が出来ます。 URLにてデータの特定フィールドのみを更新できます。PATCHリクエストもGETリクエスト同様、冪等的になります。 データを削除するリクエストですが、必ずしも直後に削除反映ということではありません。リクエストは長期間、又は事前に送ることも可能です。 API構築のための環境が整っているのであれば、ご活用頂くことを推奨します。そうでない場合には専門知識を持つWeb開発者にご依頼が必要になります。 上記のHTTPメソッドやリクエストはメソッドと併せてページの左側にあるカテゴリー内に記載されてます。 メソッドを選択すると、同じ内容の詳細がパラメーターと併せて投入(追加)され、ページの右側にサンプルコードが提供されます。 コードを入手する際に好きな言語をドロップダウンより選択、またはキーワード検索もご利用可能です。 コードのテスト及び実行をするには右上にある「Run in Postman」ボタンをデベロッパーが利用できます。 詳細に関しては、以下のリンク(英語)をご覧ください。 リンク: Benchmark Email RESTful API     >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

API 4月 28, 2022

Benchmark Email の RESTful API を利用する方法は?

RESTful APIの入手 以下のURLより最新のRESTful APIを入手できます。 https://developer.benchmarkemail.com/?version=latest *現在のバージョンはPOSTMAN環境でのご利用となります。 APIを用いた連携構築について、連携可能範囲に関するご質問、連携開発中に発生したエラーに関するご相談をこちらで受け付けております。 なお、RESTful APIのご利用にはBenchmark EmailのAPIキーが必要になります。 Benchmark EmailのAPIキーを取得する方法 利用するにはBenchmark Emailアカウントが必要です。無料トライアルプランでもアクセス頂けます。 Benchmark EmailのAPIキーは、セキュリティトークンであると同時にアカウントのユニークIDでもあります。APIキーは、他のサービスとの連携やワークフローの自動化に使用することが可能です。アカウントのデータへのアクセスを許可していない限り、APIキー公開したり共有したりしてはいけません。APIキーを取得するには、以下の手順に従ってください。 1. Benchmark Emailアカウントへログイン 2. 画面右上のアカウント名をクリックし、「連携」を選択 3. 画面左手のメニューからAPI キーをクリック 4. Benchmark Email API キーが表示されますので、こちらをコピーしてご利用ください。 注意:APIキーはアカウントによって異なります。「あなたのAPIキーは」の下に表示されたものがAPIキーとなります。       >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

API 連携機能 4月 28, 2022

API連携を使って何ができますか?

Benchmark EmailではRestful APIを公開し、ユーザーが自由に連携構築を行えるようにしています。 APIを使って自社サービスやデータベースとBenchmark Emailアカウントを連携させ、自社サービス内でBenchmark Emailの各機能をお使いいただくことが可能となります。 API連携でできることについては、大きく分けて以下4つのカテゴリに分類されます。 顧客リスト関連 メール作成・配信関連 レポート関連 セキュリティー関連 1. 顧客リスト関連 社内で使用しているシステムで管理している顧客情報を、Benchmark Emailのアカウントに連携させることができます。コンタクトリストの作成、顧客情報のインポート、配信停止の管理、リストの更新、リストの出力などが可能です。 2. メール作成・配信関連 お使いのシステム上で、メルマガの作成、編集、コピー、配信設定、テストメールの送信が可能となります。 3. レポート関連 Benchmark Emailの「メールレポート」で確認できる全てのデータ(開封、エラー、クリックなど)を出力・閲覧することが可能です。 4. セキュリティー関連 トークンの作成・管理が可能です。 セキュリティートークンを使用する事で、Benchmark Emailアカウントにログインせずに上記の操作を行うことが可能となります。 構築にあたり、現在検討中の連携内容が可能か問い合わせたい場合は、こちらよりサポートへご連絡下さいませ。ただし具体的な構築につきましてはサポートを行っておりませんので、開発ご担当者様にご確認ください。 APIを利用する方法はこちらをご覧ください。 FAQ:Benchmark Email の RESTful API を利用する方法は?    構築・開発不要でご利用頂ける連携アプリも、いくつかご用意しています。 最新の連携アプリ一覧はこちらをご覧ください。   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

API 4月 14, 2021