サポートページ aero-right caracteristicas

エンゲージメントスコアとは?

エンゲージメントスコアはエンゲージメントレベルを確認できる他、評価でセグメントをすることも可能な便利な機能です。0〜5の星がそれぞれのコンタクトのメールに対するエンゲージメントレベルを表しています。   星スコア 0            メール配信履歴なし         最低1件のメールを配信しているかつ、配信数に対し開封・クリックが少ない。または全くない。    最低1件のメールの開封、クリックがある。配信数に対し開封・クリックが多くなるほどスコアが上がる。 エンゲージメントスコアは過去90日の配信履歴によって計算されています。オートメーション、EMAで配信されたメールは含まれません。   セグメント エンゲージメントスコアを使って、高評価(3-5)あるいは低評価(0-2)でリストをセグメントすることが可能です。セグメントはリストの中で特定のターゲットを絞り出すために使用する機能です。 セグメントの作成方法についてはこちらをご確認ください。   上記例は以下の条件を使用しています: 条件 - コンタクト評価 〜以上 - 星4つ エンゲージメントスコアはBenchmarkアカウント内のみで表示されるデータのため受信者の方が閲覧することはありません。 エンゲージメントスコアに関してご不明点などございましたらサポートまでご連絡ください。

顧客リスト 10月 20, 2021

プレヘッダーテキストとは何ですか?

プレヘッダーテキストとは、受信箱において件名の後に表示されるテキストのことです。メールコンテンツの概要を入力するのが一般的です。このテキストはメール本文には表示されません。(例:以下のGmail受信箱で件名の後に表示されているのがプレヘッダーテキストです。) メールを受信する前にどのような内容かをお知らせしたり、興味をそそる文章を入れ込む事で開封率アップが期待できます。件名では伝えきれない部分の補足として使用することをお勧めします。 プレヘッダーテキストオプションは通常の配信メール、RSS配信、オートメーションにてご利用いただけます。ただしドラッグ&ドロップ、HTMLビルダーのみでのオプションとなり、テキスト版ではご利用いただけませんのでご注意ください。 通常配信メールでのご利用方法: 1. Benchmark Emailアカウントにログイン 2. ダッシュボードメニューから「メール」>「メール」を選択 3. 「メール作成」ボタンをクリック 4. 「通常メール配信」を選択し「次へ」をクリック 5. 「ドラッグ&ドロップエディタ」を選択し「次へ」をクリック 6. 「管理用のメール名」を入力し「次へ」をクリック 7. 「件名」内にてプレヘッダーテキストを入力し「保存」をクリック EMAでのご利用方法: 1. ダッシュボードメニューから「オートメーション」>「EMA(β版)」を選択 2. 「新規シナリオ作成」ボタンをクリック 3. シナリオ名を入力し保存 4. 「シナリオをゼロからつくる」テンプレートを選択 5. トリガーを設定し保存 6. 「シナリオを作成する」をクリックし、アクションを選択 7. 「メールを送信する」オプションを選択 8. プレヘッダーテキストオプションをONにする 9. 表示されるテキストボックスに入力 10. 「保存」をクリック ステップメールでのご利用方法: 1. ダッシュボードメニューから「オートメーション」>「オートメーション」を選択 2. 「オートメーション作成」をクリックし「ステップメール」を選択 3. 概要ページの入力を完了 4. 「メールの追加」ボタンをクリック 5. 件名の下に表示されるプレヘッダーテキストオプションをONにする 6. テキストボックスに任意のテキストを入力 7. 「保存&次へ」をクリック 既存のステップメールへプレヘッダーテキスト入りのメールを追加する場合: 1. ダッシュボードメニューから「オートメーション」>「オートメーション」を選択 2. メールを追加するオートメーションメール名をクリック 3. 「メールの追加」ボタンをクリック 4. 件名の下に表示されるプレヘッダーテキストオプションをONにする 5. テキストボックスに任意のテキストを入力 6. 「保存&次へ」をクリック   関連ブログ記事:開封率が上がる件名とは?『ザ・コピーライティング』から学ぶ見出し作成ルール   ご不明点がありましたらサポートまでご連絡ください。     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

メール配信機能 12月 6, 2020

登録フォームでウェブサイトトラッキングする方法は?

登録フォームを出力する際にトラッキング付コードを選択した場合、ウェブサイトトラッキング機能がフォームに埋め込まれます。登録フォームから登録したサイト訪問者をすぐにトラッキングできるようになり、フォームから登録後にどのページへアクセスしたか確認が可能です。ウェブサイトに登録フォームを設置するだけで、EMAでのトラッキングが可能になります。    登録フォームのトラッキング機能は誰が利用出来ますか? ウェブサイトトラッキングは有料プランのお客様のみご利用いただけます。 登録フォームのトラッキング機能の利用方法は? Webページに登録フォームのウェブサイトトラッキングコードをコピーして貼り付けるだけです。トラッキングコードをサイトに追加する方法は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:ウェブサイトにトラッキングコードを設置する方法   トラッキング付き登録フォームコードを取得する方法は、以下の通りです。 左のダッシュボードメニューより「コンタクトリスト」>「登録フォーム」を選択します。 トラッキング機能を開始するフォームを選択(なければ新規作成)します。 登録フォームの編集ページで、「保存&出力」ボタンをクリックし、ポップアップウィンドウにて「次へ」をクリックします。  登録フォームコードが表示されますので、ドロップダウンで「トラッキング付きJavaScript」または「トラッキング付きRaw HTML」を選択し、右下の「コピー」ボタンをクリックします。 コピーしたコードを任意のWebページに貼り付けて完了です。 登録フォームのトラッキングコードはウェブサイトの全てのページで追跡できるように、サイトのヘッダーに設置することを推奨します。 サイトのコード編集権限がない場合、コードを追加するのにウェブマスター(ホームページ管理者)かサービスプロバイダーに連絡をする必要があります。 これで、登録フォームから登録したサイト訪問者はEMAでトラッキングされます。 重要: ・トラッキング付きコードを選択した場合、オリジナルのトラッキングコードを追加する必要はありません。ただし、登録フォームトラッキングコードを追加した全てのページに登録フォームが表示されます。 ・トラッキングしたいページに登録フォームを表示したくない場合は、登録フォームトラッキングコードではなく、オリジナルのトラッキングコードを設置してください。 ・トラッキングコードは <head> タグの間に設置する必要があります。     登録フォームの作成方法については以下のFAQをご確認ください。 FAQ:登録フォームの作り方は? GDPRに遵守した登録フォームを作成する場合は、以下のブログページをご参考ください。 ブログ記事:EUではじまるGDPRって何?日本のマーケターに必要な対応は?   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートまでご連絡くださいませ。     >>「EMA」のまとめページに戻る

EMA 登録フォーム 10月 20, 2020