何かお困りですか?よくある質問とその回答をまとめました。

サポートページ aero-right メールに記載する住所の編集方法

メールに記載する住所の編集方法

ドラッグ&ドロップエディタ 更新日 9月 19, 2019

Benchmark EmailはCAN-SPAM 法、特定電子メール法(特電法)に遵守したアンチスパムポリシーを導入しているため、メールには住所情報の記載が必要です。

・ご記載いただく住所は実際の事業所・オフィス所在地となります。

・メールにデフォルト入力されているのは、アカウント設定に登録されている住所です。

・デフォルト入力は英語圏表記順のため、日本での表記順へ編集することをおすすめします。

住所を日本語表記順に変更する

1. フッターブロックをクリック

2. 左メニューで「コンテンツ」を選択

3. 住所欄を日本語の表記へ編集する。

 

アカウントに登録した住所情報を変更する

アカウント設定ページから設定を変更することができます。

会社情報内の住所を更新し、ページ下の「保存」をクリックしてください。

注意:一度、住所情報を更新したらそれ以降作成するメールは新しい住所が反映されます。しかし、古い住所情報で配信したメールをコピーして再利用する場合は、古い住所が反映されてしまうので、最初のステップにて住所情報を変更する必要があります。
住所を改行する

改行したい箇所には<br>タグを入力してください。

〒100-0013 <br>

東京都千代田区霞が関1-4-1 <br>

 

関連ブログ記事:法律違反になる前に!メルマガで宣伝・広告メールを配信する際に押さえておくべき「特定電子メール法」

 

 

>>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

FAQの情報は役に立ちましたか?
0 0

Benchmarkから業界トレンド&最新情報をお届けします

ご登録頂きありがとうございます!

登録を完了させるには、認証メールのご確認をお願いします。

質問の回答が見つかりませんか?

サポートへお問い合わせ'

お問い合わせ履歴を閲覧する