サポートページ aero-right サブアカウント

サブアカウントとは何ですか?

アカウント内に「サブアカウント」と呼ばれる別のアカウントを作成し、支払いをまとめることができます。   マスターアカウントからサブアカウントへは自由にログインできます。 マスターアカウントのリストプランに基づいて請求されます。 サブアカウントに個別に請求されることはありません。 サブアカウントはマスターアカウントおよび請求関連情報へアクセスできません。 マスターアカウントはサブアカウントに合ったプランを選択してください。 契約プラン内であれば、サブアカウント数の作成に上限はありません。 サブアカウントはマスターアカウントとは別のアカウントです。同一のメールとリストを複数人で管理したい場合は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:アカウントを複数人で管理するにはどのような方法がありますか? 以下の流れでご説明致します。 サブアカウントのリストプランについて マスターアカウントから共有できるデータについて 1. サブアカウントのリストプランについて サブアカウントの開設には、マスターアカウントからプラン数の割り振りを行います。 サブアカウントのプランはアカウント同様、リストプラン500, 1000, 2500(旧リストプラン600, 1000, 1500)といったプランから選択します。 **リストプラン500が選択肢にない場合は、サポートまでご連絡をお願い致します。 このときマスターアカウントで使用できるコンタクト数は以下の通りです。 (マスターアカウントの契約プラン)-(サブアカウントに割り当てたプラン) ただし、サブアカウントに割り当てられるのはマスターアカウントのプランより1段階小さいプランまでとなります。 そのため、マスターアカウントがリストプラン500(旧リストプラン600)の場合はサブアカウントを開設できません。サブアカウントを利用できるのはリストプラン1000以上からとなります。 サブアカウントのリストプランはマスターアカウントから割り振られます。 サブアカウントのプランは500(旧リストプラン600)から選択でき、マスターアカウントの契約数より1段階小さいプランまで割り振り可能です。 マスターアカウントがリストプラン1,000以上の有料のお客様のみサブアカウントを開設できます。 マスターアカウントが配信数プランの場合は、サブアカウントの開設は出来ません。 <注意点> *サブアカウントを稼働するとサブアカウントのプラン数がマスターアカウントの「合計アクティブコンタクト数」に追加されます。 *サブアカウントを「稼働中」から「未稼働」に変更した時点で、サブアカウントに振り分けていたプラン数分がマスターアカウントの「合計アクティブコンタクト数」戻ります。 *サブアカウント非稼働後、サブアカウントに振り分けていたプラン数がマスターアカウントに戻るまでは「サブアカウントでの配信から30日間」かかります。 2. マスターアカウントから共有できるデータについて コンタクトリスト、メールレイアウト、画像をマスターアカウントからサブアカウントへ共有できます。 (1)連絡先リストの共有   マスターアカウントは顧客リストをサブアカウントへ共有することができます。 同一のコンタクトでも、マスターアカウントと各サブアカウントでは別のコンタクトとして計算されます。 共有後、片方のリストに変更を加えても自動反映されません。 FAQ:マスターアカウントからサブアカウントへ顧客リストを共有する方法   (2)メールレイアウトの共有 マスターアカウントからサブアカウントへメールレイアウトを共有することができます。 配信履歴やレポートは共有されません。 FAQ:マスターアカウントからサブアカウントへメールレイアウトを共有する方法 (3)画像の共有 マスターアカウントからサブアカウントへ画像を共有できます。 マスターアカウントで画像ホスティングプラスを購入するとサブアカウントにも適用されます。*サブアカウントでは10MBと表示されますが、無制限となります。 FAQ:マスターアカウントからサブアカウントへ画像・動画の共有をする方法   サブアカウントの作成・管理方法は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:サブアカウントの作成方法は?   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

よくある質問 7月 7, 2021

マスターアカウントからサブアカウントへメールレイアウトを共有する方法

Benchmark Emailでは、マスターアカウントからサブアカウントへ簡単にメールレイアウトを共有することができます。メールの文章、画像、リンクやPDFファイルなど全ての内容がコピーされます。 マスターアカウントの送信済みまたは下書きのメールを既存のサブアカウントへ共有する方法は以下の3通りございます。 メール一覧画面から共有する方法 (下書き・送信済メール) 配信レポートから共有する方法(送信済メールのみ) 過去のメールから共有する方法(下書き・送信済メール)   メール一覧画面から共有する方法: 注意:通常の送信済みメールまたは下書きのみにサブアカウントに共有するオプションが表示されます。ABテストを用いて配信したメールはこのオプションは表示されません。 1. Benchmark Emailアカウントにログインし、左のダッシュボードメニューのメールをクリック 2. 共有したい送信済みメールまたは下書きのメールの右側に表示されるをクリックし「サブアカウントへ共有」を選択 *「送信済み」あるいは「下書き」のメールのみサブアカウントとの共有が可能です。(「未完了」は不可)   配信レポートから共有する方法: 1. Benchmark Emailアカウントにログインし、メールをクリック 2. 共有したいメール名をクリック *「送信済み」あるいは「下書き保存」のメールのみサブアカウントとの共有が可能です。 *ABテストを用いて配信したメールは、レポートからサブアカウントとの共有はできません。 3. レポートページのオプションメニューをクリックし「サブアカウントに共有」を選択 4. メールを共有したいサブアカウントにチェックを入れ、「シェア」ボタンをクリックして完了   過去のメールから共有する方法: 注意:下書き・通常の送信済みメールのみがサブアカウントに共有するオプションとして表示されます。ABテストを用いて配信したメールはこのオプションは表示されません。 1. ドラッグ&ドロップエディタのレイアウト選択画面にて「過去のメール」をクリック 2. シェアしたいメールのオプションメニューをクリックし「サブアカウントに共有」を選択 3. 共有先のサブアカウントにチェックを入れ、「シェア」ボタンをクリックして完了 なお、マスターアカウントのコンタクトリストや画像・動画もサブアカウントへ共有が可能です。共有方法については以下のFAQをご参照ください。 FAQ:マスターアカウントからサブアカウントへコンタクトリストを共有する方法 FAQ:マスターアカウントからサブアカウントへ画像・動画の共有をする方法 ご不明な点がございましたらこちらからサポートチームにお問い合わせください。     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

アカウント関連 よくある質問 7月 7, 2021

ステップメールのレイアウトを再利用する方法は?

Benchmark Emailでは、下書きとして保存したメールのレイアウトを、「過去のメール」から呼び出すことができます。 ただしステップメールのレイアウトは「過去のメール」から呼び出しすことができないので、一旦通常メールの下書きとして保存し直す必要があります。 以下の手順で保存し直すことで、レイアウトの呼び出しとサブアカウントへの共有が可能になります。 目次 おすすめの運用方法 ステップメールのレイアウトを、メールの下書きとして保存する方法 「過去のメール」からレイアウトを呼び出す方法 サブアカウントへ共有する方法   おすすめの運用方法 ステップメールのレイアウトを再利用する予定がある場合は、あらかじめ通常メールとしてレイアウトを作成して、下書きとして保存し、それをステップメールで呼び出して利用することをおすすめします。   ステップメールのレイアウトを、メールの下書きとして保存する方法  オートメーションメール一覧ページにいく 該当のステップメールのより、「コピー作成」を選択する コピーしたステップメールの配信リストを空のリストに変更する ステップメールを稼働させる 「オートメーションレポート」をクリック 該当のメールをクリックし、配信レポートを開く 右上の「メールを確認する」 ボタンをクリック  「このメールを再利用する」をクリックして、保存する。 メール一覧を確認すると、通常のメールとしてコピーされています。ステータスは「未完了」の状態になっています。 「下書き」として保存し直します。この時点で「サブアカウントへ共有」が可能となります。 この方法では、「下書き」状態のままだとレイアウトとして保存がされません。一度メールを送信するか、メールをコピーしてください。 **ステップメールは配信数0の状態でないと再利用オプションが使えないため、2.のコピー作業が必要になります。   「過去のメール」からレイアウトを呼び出す方法 過去に配信したメール・通常の下書き保存したメールは「過去のメール」に保存されます。 メール作成時、「レイアウト」を選択する画面にて「過去のメール」をクリックしてください。 スライド資料(PDF)はこちら(16ページ):   サブアカウントへ共有する方法 以下のFAQをご覧ください。 FAQ:マスターアカウントからサブアカウントへメールレイアウトを共有する方法     >>「オートメーション」のまとめページに戻る

よくある質問 11月 30, 2020

サブアカウントの作成方法は?

Benchmark Emailでは、アカウント内に「サブアカウント」と呼ばれる別のアカウントを作成し、個別に管理・支払いをまとめることができます。 サブアカウントを作成できるのは、マスターアカウントでリストプラン1000以上の有料のお客様のみです。また、配信プランではサブアカウントの作成はできない仕様となっておりますので、予めご了承願います。 無料トライアルから有料プランにアップブレード、またはリストプランを1000以上に変更する方法は以下のFAQをご覧ください。完了後、アカウント内にサブアカウント機能が自動的に追加されます。 FAQ;無料からアップグレードする方法/契約途中でアップグレードする方法 サブアカウントを作成する方法 1. Benchmark Emailアカウントにログイン後、アカウント名をクリックし「サブアカウント管理」を選択 2.  オプションメニューをクリックし「新規サブアカウント作成」を選択 3. アカウント作成の必要項目を入力し「保存」をクリックで完了 「 保存」をクリックした後、サブアカウント管理ページに戻ります。サブアカウントにログインするには、表示されたアカウント名をクリックしてください。   サブアカウントのプランを変更する方法 1.該当のサブアカウント名の右にある「・・・」より「サブアカウントの編集」をクリック 2.下部に表示される「プラン」より変更をご希望のプランを選択   注意点: *ログインID・登録メールアドレスについて: サブアカウントのID及びメールアドレス登録にはマスターアカウントを含むその他のアカウントでご登録の無いものをご利用ください。 *サブアカウントのプランについて: アドレス登録件数の上限を選択します。最大でマスターアカウントのリストプランよりも1段階小さいプランまで設定が可能です。そのため、マスターアカウントがリストプラン500(旧リストプラン600)の場合はサブアカウントは作成できません。 *サブアカウントのアクティブコンタクト数について: マスターアカウントと同一のメールアドレスがサブアカウントにも登録されている場合、それぞれのアカウントでカウントされるため、アクティブコンタクト数のカウントは2となります。 *サブアカウント非稼働後、マスターアカウントにプラン数が戻るまでにかかる日数について: サブアカウントに振り分けていたプラン数がマスターアカウントに戻るまでは、サブアカウントでの配信から30日間かかります。   マスターアカウントと共有できる項目については以下のFAQをご確認ください: FAQ:マスターアカウントとサブアカウントでメールは共有できますか? FAQ: マスターアカウントとサブアカウントでリストの共有はできますか? FAQ: マスターアカウントとサブアカウントで画像・動画の共有はできますか?   ご不明点がありましたらこちらよりサポートまでご連絡ください。     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

アカウント設定 よくある質問 7月 7, 2021

Benchmarkアカウント上で作成可能なリスト件数に制限はありますか?

Benchmarkアカウント上に作成できるリストの数には制限があります。 コンタクトの数(登録メールアドレスの数)は契約により増やすことが可能ですが、リスト制限は一律となりますのでご注意ください。   作成できるリストの数:プランによらず一律4000件まで 登録できるコンタクトの数:ご契約プランに応じた数   ※サブアカウントをお持ちの場合は、メインとサブでそれぞれ4000件ずつリスト登録が可能です。   リスト数を節約するための工夫 「セグメント機能」を活用頂くことで、リスト数を節約することができます。 リスト内のアドレスを条件指定し、リストを作成する機能です。こちらは1つのリストを分割するため、リスト数としてはカウントされません。「一定期日以前に登録された長期顧客リスト」「開封率の高い顧客リスト」など様々な設定が可能ですので、是非ご活用ください。 設定方法は以下のFAQをご覧ください。 FAQ: セグメントの作成方法は?   リストを削除する際のリスク 削除には、お客様のドメイン評価に関するリスクが伴いますのでご注意ください。   リストの削除にはメール配信到達率を下げるリスクが伴います。  こちらの作業をご検討の方は、必ず以下をお読みください。 メール配信の運用を続ける上で、過去に配信したメールの履歴やエラー記録などはとても重要なデータです。それは1回の配信で結果を出すのではなく、複数回のメール配信結果からマーケティングの要素であるPDCAサイクルを効率よく回すことがメールマーケティングでは重要だと考えているからです。 しかし、一度アカウントからリストを削除してしまうと、以前までに記録されていたエラー確定リストも削除されてしまいます。この状態で再度リストをアップロードした場合、エラー確定リストに含まれていたアドレスに再び配信を行うことができてしまいます。 本来エラー確定であるアドレスに再度メールが送られた場合、新たにエラー報告を受けるだけでなく、エラー確定アドレスに複数回メールを送る悪質な送信者と判断され、配信元アドレスの評価が下がり、今後のメール配信到達率を著しく下げるリスクも含んでいます。 上記の背景からBenchmark Emailではリストの削除は推奨しておりません。 到達率低下につながりますので、エラー確認済みコンタクトの削除はされないようお願いします。 ___   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 3月 19, 2019

アカウント設定

Benchmark Emailにおいてのアカウントに関するFAQまとめページです。 アカウントに関するFAQ一覧 サブアカウントに関するFAQ一覧 料金関係のFAQ一覧 アカウントに関するFAQ一覧 ・無料トライアルとは何ですか? ・ログイン名またはパスワードを忘れた場合どうすれば良いですか? ・Benchmark Emailアカウントをキャンセル(解約)する方法・キャンセル後のアカウントについて ・Benchmark Emailにログインできない、または正常に作動しない時の対処方法は? ・毎月配信する予定はありませんが、Benchmark Emailを契約できますか? ・アカウント設定の言語設定(メール内)が適用される部分はどこになりますか? ・BiNDup専用プラン・パッケージ版プランが利用できません ・専用サーバーとは何ですか? ・大規模プラン(リストプラン125,000以上)をご契約時の留意事項 ・Benchmark EmailのセキュリティPINについて サブアカウントに関するFAQ一覧 ・アカウントを複数人で管理するにはどのような方法がありますか? ・サブアカウントとは何ですか? ・サブアカウントの作成方法は? ・マスターアカウントからサブアカウントへメールレイアウトを共有する方法 ・マスターアカウントからサブアカウントへコンタクトリストを共有する方法 ・マスターアカウントからサブアカウントへ画像・動画の共有をする方法     料金関係のFAQ一覧 ・無料からアップグレードする方法/契約途中でアップグレードする方法 ・配信数プランについて ・Benchmark Emailへの支払い方法は? ・クレジットカードの登録方法と注意点 ・銀行振込で支払えますか? ・領収書は発行できますか? ・消費税について ・クレジットカードの請求額について ・NPO等の団体向けに割引制度などはありますか? ・契約期間途中でプランを変更すると、支払い・請求はどうなりますか? ・Benchmarkの返金ポリシーとは?     >>サポートページ(TOP)に戻る

よくある質問 7月 16, 2021

アカウントを複数人で管理するにはどのような方法がありますか?

アカウントを複数人で管理する方法は、2通りございます。 サブアカウント機能を利用し、各々でアカウントを管理する方法(複数のログインID) ログイン情報を共有し、アカウントを複数人(複数台のPC)で管理する方法(1つのログインID) サブアカウント機能を利用し、複数のログインIDを管理する方法 複数人(会社の部署毎など)でアカウントの作成・管理をする場合、サブアカウント機能のご利用をお勧めしております。契約者が取得したアカウント(以下「マスターアカウント」という)内にサブアカウントを作成し、各自それぞれのログインIDを管理することができます。 サブアカウントでは、請求関連情報のページにアクセスすることはできませんが(契約プランの変更など不可)、その他メール配信に必要な機能は全て利用できます。 一度作成したサブアカウントは削除頂けませんが、マスターアカウントからいつでもサブアカウントを非稼働にすることは可能です。マスターアカウントのアカウント名をクリックし、「アカウント設定」内の「サブアカウント管理」ページを開き、稼動・非稼動のステータスを変更してください。 サブアカウントをご利用できるのは有料プランのお客様のみです。 サブアカウントの詳細や作成方法については以下のFAQをご覧ください。 FAQ:サブアカウントとは何ですか? FAQ:サブアカウントの作成方法は? 注意点: リストプラン1000以上のプランでご利用可能となります。そのため、マスターアカウントがリストプラン500(旧リストプラン600)の場合はサブアカウントは作成できません。 サブアカウントはマスターアカウントの契約プランを共有しているため、契約プランを超えるコンタクトのアップロードは不可となります。 配信数プランのお客様はご利用になれません。 マスターアカウント内でサブアカウントの配信レポートの確認はできません。確認するには、各サブアカウントにそれぞれログインする必要がございます。 マスターアカウントと共有できる項目については以下のFAQをご確認ください: FAQ:マスターアカウントとサブアカウントでメールは共有できますか? FAQ: マスターアカウントとサブアカウントでリストの共有はできますか? FAQ: マスターアカウントとサブアカウントで画像・動画の共有はできますか?   ログイン情報を共有し、1つのアカウントで複数人及び複数台のPCで管理する方法 アカウントには、ログインIDとパスワードはそれぞれ1つのみ発行されます。1つのアカウントを複数人で管理する場合は、ログインIDとパスワードを管理者全員で共有してください。 こちらの方法ですと、1つのアカウントで全ての状況を確認できます。同一のメール・レポート・コンタクトリストを管理し、開封率やクリック数を含む配信レポートもメールごとに確認できます。 トラブルシューティング メール作成・配信を外部委託するので、情報制限を行いたい場合はどうしたらいいですか? (A)顧客情報を制限:PIN設定で、顧客リストのエクスポート制限を行う PIN設定を行ったアカウントでは、顧客リストダウンロード時にコード認証が要求されます。この場合PINコードを知らない管理者は顧客リストをダウンロードすることはできません。 (B)支払い情報を制限:顧客管理と配信にサブアカウントを利用する サブアカウントからマスターアカウントの請求関連情報のページにアクセスできないため、外部委託先に支払い情報を表示することなく、メール配信に必要な機能をお使い頂けます。 ご不明点がありましたらこちらよりサポートまでご連絡ください。     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

アカウント設定 よくある質問 2月 3, 2021

マスターアカウントからサブアカウントへコンタクトリストを共有する方法

Benchmark Emailではマスターアカウントから簡単にサブアカウントへコンタクトリストを共有することができます。 共有方法 1.  Benchmark Emailアカウントにログインし「コンタクトリスト」をクリック 2.  共有したいリスト名をクリック 3.  画面右上のオプションメニューをクリックし「サブアカウントに共有」を選択 4.  共有先のサブアカウントにチェックを入れ「シェア」ボタンをクリックして完了     注意点 ・共有後に更新した内容はサブアカウント内のコンタクトリストへは自動反映されません。 ・共有したリスト(同一の連絡先)でも、マスターアカウントと各サブアカウントでは別のユニークコンタクトとして加算されます。 例:150人のリストを2個のサブアカウントと共有した場合 マスターアカウント150+サブアカウントA 150+ サブアカウントB 150 = 450コンタクトとして計算 ・もしサブアカウントの稼働を停止した場合、サブアカウントに振り分けていたプラン数がマスターアカウントに戻るまでは「サブアカウントでの配信から30日間」かかります。 また、メールレイアウトや画像・動画の共有方法については以下のFAQをご参照ください。 FAQ:マスターアカウントからサブアカウントへメールレイアウトを共有する方法 FAQ:マスターアカウントからサブアカウントへ画像・動画の共有をする方法 ご不明な点がございましたらこちらからサポートチームにお問い合わせください。     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

アカウント設定 よくある質問 7月 7, 2021