サポートページ aero-right

メールフッター部分のロゴおよびリンクの表示設定

Benchmark Emailより配信されるメールのフッターには様々な情報とリンクが表示されております。 こちらのFAQではそれぞれの変更方法等をご紹介させて頂きます。 配信停止リンクと住所情報に関しては、CAM-spam法(日本でいう特電法)に基づき、非表示ができない仕様となっております。認証マーク、登録情報更新リンク、転送リンク、迷惑メール報告リンク、Benchmark Emailロゴは非表示が可能です。 ①Benchmark Emailロゴの非表示・変更 ②フッターに含まれる文言について ③各フッターリンクについて ④住所情報について ⑤HTMLビルダーでのフッター編集について   ①Benchmark Emailロゴの非表示・変更 ロゴを非表示にする方法 こちらは有料アカウントをご利用のお客様は、Benchmark Emailのロゴの非表示が可能となっております。 ご希望のお客様はこちらよりサポートへご連絡をお願い致します。 デフォルトで設定されているフッターのロゴ変更方法 ドラッグ&ドロップ形式編集ページにて、メール下部のフッタ-に設置されているBenchmarkロゴのデザインをお好みに合わせて変更して頂けます。 1. メール作成にてドラッグ&ドロップ形式を選択 2. チェックリストの「本文&デザイン」を選択しメール作成画面に遷移後、画面右をスクロールし、下部にあるフッタ-セクションをクリック 3. 画面左の編集オプションから「コンテンツ」をクリック 4. フッタ-ブロック下部にある「ロゴ」をクリックし、お好きなロゴを選択・クリック 4. 画面左下にある「保存&閉じる」をクリック ②フッターに含まれる文言について ・「本メールはAアドレスよりBアドレス宛てに送信しております。」の文言について こちらの文言は送信者(Aアドレス)から受信者(Bアドレス)宛てにメールを送信したことを証明しているものです。 送信されたメールが正しい配信者からであることを証明するものであるため、編集することは出来ません。 しかし、画面左の編集オプションで表示、非表示をカスタマイズすることは可能です。 ドラッグ&ドロップ形式メール作成にて上記文言の非表示をカスタマイズする方法: 1. ドラッグ&ドロップエディターのチェックリスト内にある「本文&デザイン」ページにて、画面下にあるフッタ-ブロック(画像赤枠)をクリック 2. 画面左に表示されるフッタ-ブロック編集画面をスクロールし、左下の「購読リンク」項目にある「宛先情報」のチェックボックスからチェックを外す 3. 「保存&閉じる」をクリック ・「認証 購読停止」の文言について こちらの文言はメール編集時、送信されたテストメールにのみ表示され 本配信の際にはフッター最下部の「配信停止」リンクに取って変わるものです。 ③各フッターリンクについて   ・「登録情報更新」「このメールを転送する」「迷惑メールと報告する」リンク 以下の方法で非表示が可能です。 「本文&デザイン」ページにて、画面右をスクロールし、下部にあるフッタ-セクションをクリック 画面左の編集オプションから「コンテンツ」をクリックし、各ボックスのチェックを外す。 ***HTML版にてフッターリンクを表示させる設定をしている場合、テキスト版でも表示される仕様となります。*** ・「配信停止」リンク 特電法に基づき記載が義務付けられているため、いかなる場合もフッターの配信停止リンクは非表示不可となります。 関連ブログ記事:法律違反になる前に!メルマガで宣伝・広告メールを配信する際に押さえておくべき「特定電子メール法」 配信停止リンクは、メール送信時に購読者それぞれの固有URLが生成・挿入されます。 ウェブサイトなどメール以外の場所に設置することは出来ません。 メール内に追加したい場合はタグ[unsubscribeurl] を使います。   以下のFAQをご確認ください。 FAQ:BenchmarkEmailで利用可能なタグ一覧   ・「登録情報更新」「配信停止」リンク先ページのカスタマイズ 以下のFAQをご確認下さい。 FAQ:メールフッターからリンクされる「登録情報更新」「配信停止」ページのカスタマイズ方法は? ④住所情報について 以下のFAQをご確認下さい。 FAQ:メールに記載する住所の編集方法 ⑤HTMLビルダーでのフッター編集について 以下の方法で、各設定の変更が可能です。 「本文&デザイン」ページにて、画面右をスクロールし、下部にあるフッタ-セクションをクリック 2.   画面左の編集オプションから「コンテンツ」をクリックし、各設定の変更をお願いします。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。 >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

ドラッグ&ドロップエディタ 10月 30, 2019

アーカイブページの作り方は?

配信したメールをバックナンバーとして保存するためのウェブページをご用意しており、これをアーカイブページと呼びます。 過去に配信したメールから公開設定を行ったものだけが表示されます。 このFAQでは以下について説明します。 アーカイブページの開設 アーカイブページにコンテンツを追加する アーカイブページのデザインを変更する アーカイブページの URLを取得する   アーカイブページの開設 メール作成タブより「アーカイブ」を選択します。 アーカイブページを未作成の場合は以下の画面が表示されます。「アーカイブURLを作成」をクリックします。 アーカイブページのURLを設定します。赤枠に記入した文字列があなたの個人ページのURLとなります。 「保存」をクリックすると、アーカイブページのURLが決定します。 一度設定を行うと、アカウント上での変更が出来ませんのでご注意ください。 変更を希望される場合、こちらよりサポートへご連絡をお願い致します。   アーカイブページにコンテンツを追加する 過去に配信したメールから、公開するものを選択します。 Benchmark Email上で「アーカイブ」ページへアクセスすると、配信済みのメールが表示されます。 公開したいメール名横の「・・・」アイコンをクリックし「アーカイブページへ追加する」を選択します。 アーカイブへ追加されたメールは「未稼働」から「稼働中」へと表示が変わります。 アーカイブページのデザインを変更する 1.Benchmark Email上で「アーカイブ」ページを開き、右上の「アーカイブページを編集する」をクリックします。 2.「ステップ1 コンテンツ」では記事の公開順などを編集します。 ①サムネイルの表示・非表示を選べます。 ②クリックして灰色に設定すると、該当記事の公開が停止されます。 ③クリックしたまま上下へ動かすことで、記事の順番を変更できます。 3.「ステップ2 詳細」ではページタイトル、紹介文、フッターの情報を編集できます。 4.「ステップ3 デザイン」ではフォントとページ内の色の設定を行います。 以下は例になります。 アーカイブページの URLを取得する トップページのURLはBenchmark Email上のアーカイブ一覧ページに表示されています。 完成したアーカイブページを確認したり、メールやSNSおよびウェブサイトなどからリンクを貼ることができます。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「アーカイブ」のまとめページに戻る

アーカイブ&コミュニティー 10月 3, 2019

コンタクトリストのフィールド項目名を編集する方法は?

コンタクトリストで名前、住所、誕生日などの情報を管理することが可能であり、各項目を「フィールド項目」と呼びます。 既存の項目名から、自由に変更することが可能です。 フィールド項目名を変更する手順  Benchmark アカウントにログインします。  画面左のメインメニューから「コンタクト」をクリックします。  項目を編集したいリストをクリックします。  右上にあるボタンの中から、「編集」をクリックします。 注:画面を全画面にしないと表示されませんのでご注意ください。  「フィールド項目の設定」の四角枠内に、現在登録されているフィールド項目が表示されます。  右にスクロールし、「フィールドタイプ」が未設定の変更可能な項目を探します。   追加したいフィールド項目を選び、その下の「フィールドタイプ」をドロップダウンから選択します。一部のフィールド項目は、任意の名前へ変更可能です。(例:日付1→メルマガ登録日へ変更)フィールドタイプは「全角半角文字/数字」「数値」「True/False」「日付」から選択します。  右上の「保存」をクリックします。 フィールド項目を追加・編集することでリストがより整理され、分かりやすくなります。 注:「メールアドレス」「姓」「名」の3項目は編集不可   フィールド項目を設定したら、各コンタクトの情報を追加します。 コンタクト情報を追加した後でフィールド項目名を変更することも可能です。 なお、こちらで設定された日付項目は、ステップメールの基準/パーソナライズ機能の要素としてもご利用いただけます。 FAQ:オートメーション(ステップメール / アクションメール)の作り方は? FAQ:受信者の名前をメールや件名に差込む方法   (パーソナライズ機能)     ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。 >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 7月 29, 2019

RSSメールが届かない、配信されない原因は?

(1)RSSメールが稼働しているかを確認しましょう (2)RSSの更新があったか確認しましょう 前回配信以降フィード内に新しいコンテンツが加わらない限り、RSSメールは配信されることはありません。 (2)RSSフィード内の "lastBuildDate" "pubDate"タグを確認しましょう。 どちらも最後に配信が行われた日時を示すものとなります。 以下、例となります。 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <rss version="2.0" xmlns:content="http://purl.org/rss/1.0/modules/content/" xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"> <channel> <title>Benchmarkemail Blog</title> <link> http://www.benchmarkemail.com/blog/feed </link> <description>Email Marketing Services - Create and send bulk HTML email campaigns &amp; online surveys w/ Benchmark</description> <pubDate>Mon, 03 May 2010 08:43:09 GMT</pubDate> <item> <title><![CDATA[Pointers for Those Who Prefer to Write Their Own Html Code]]></title> <link>http://www.benchmarkemail.com/blogs/detail/pointers-for-those-who-prefer-to-write-their-own-html-code</link> <pubDate>Mon, 03 May 2010 08:43:09 GMT</pubDate> <description><![CDATA[When you create and send an email, plenty of factors determine whether your email makes it to the inbox.]]></description> <guid isPermaLink="false">http://www.benchmarkemail.com/blogs/detail/120</guid></item> </channel> </rss>     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

RSS 3月 27, 2019

セグメント機能の使い方は?

セグメント機能とは セグメントの作成方法 セグメントの編集方法 セグメントの削除方法 セグメント機能とは 顧客リストの中で、特定の条件(地域や性別など)でグループ分けしたリストをセグメントと呼びます。 セグメントの基準条件を「メールアドレスにyahoo.co.jpを含む」とすると、yahoo.co.jpのメールアドレスのみのリストが作成できる。 「2011年1月1日よりも後に登録」したコンタクト先など、登録日を基準にセグメントを行うこともできる。 例えば、リスト内から特定の日付以前に登録した人のみに特別なサンキューメールを配信したいとします。このような場合にセグメントを利用することで簡単に目的ターゲットへの配信が可能になります。 また、元のリストが変更されると、セグメントリストへも適宜反映されます。例えば、yahoo.co.jpのセグメントを作成しておりyahoo.co.jpのアドレスが元のリストに新しく追加された場合、セグメントへもアドレスが追加されます。 セグメント機能を利用してもアクティブコンタクト数に影響はありません。セグメントの作成は既存のコンタクトリストを元にフィルターを作成する機能になりますので、登録コンタクト数が増える(その結果アップグレードが必要になる)ということはありませんのでご安心ください。   セグメントの作成方法  アカウントにログインします。  ダッシュボードよりコンタクトリストを選択します。  セグメントをクリックします。  画面右上のセグメントの新規作成をクリックします。  セグメントを作成したいリストを選択します。  セグメント名と簡単な説明を追加します。  保存&次へをクリックします。  セグメントのグループ分け条件を設定します。 •   リストのフィールド項目のうちどの項目のデータに基づいて条件設定をするのかを選択します。 •   任意のフィールド項目を組み合わせて条件の設定が可能です。  保存&抽出をクリックして完了です。 コンタクトの情報が多ければ多いほど、より効果的なセグメントを作成できます。 商品コードやトラッキングコードを特定のコンタクトに付与しておけば、後のセグメント作成に役立つかもしれません。 コンタクト情報があまりない場合には、アンケートや投票機能を利用して情報を集めるのも一つの手法です。   セグメントの編集方法 1. 「コンタクトリスト」をクリックします。 2. 「セグメント」をクリックします。 3. 編集したいセグメントをクリックします。 4.「編集」を選択します。 セグメントの元となるコンタクトリストを変更することはできません。異なるコンタクトリストでセグメントを作る場合は新たにセグメントを作成してください。   セグメントの削除方法 1. 「リスト」タブをクリックします。 2. 「セグメント」サブタブをクリックします。 3. 削除したいセグメントタイトルの「・・・」をクリックし「削除」を選択します。 注意:セグメントを削除しても元のコンタクトリストは消去されずに残ります。一つのセグメントに対して10項目までセグメント基準を設定することが可能です。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

セグメント機能 顧客リスト 8月 21, 2019

コンタクトリストの情報を更新・編集する方法は?

コンタクトを追加した後も、必要に応じて顧客情報や設定の変更が可能です。 複数のアドレスをまとめて編集する方法 1件ずつ編集する方法 複数のアドレスをまとめて編集する方法 作成済みのリスト項目は下記手順で、メールアドレスを含め28項目を編集することができます。 ※28項目を超えて追加することはできませんのでご注意ください。 リストをエクセル形式でダウンロード → エクセル上で項目を編集 → 編集データをアップロード Benchmark アカウントにログインします。 画面左のメインメニューから「コンタクト」をクリックします。 項目を編集したいリストをクリックします。 右上にある「・・・」ボタンをクリックし、「ダウンロード」を選択します。 Excel形式またはCSV形式で出力します。データとして出力したい項目にチェックをつけてください。「編集したい項目」「判別の目印になる項目(名前)」など、作業上必要なものをチェック頂ければ大丈夫です。 エクセル等のソフト上で、追加したい項目を入力します。下記の例では、「誕生日」の項目を新たに追加しました。項目のネーミングは自由で構いません。 ファイルを保存します。 Benchmark上でアップロードを行います。更新するリストのページへ移動してください。 右上の「リストの追加」をクリックします。 追加方法を尋ねられますので「リストアップロード」を選択します。 アップロードするファイルとして(6)で作成したファイルを選択します。 アップロードしたい項目へ横スクロールで移動し、Benchmark上でのします。この例では、「誕生日」として入力した項目を「フィールド項目名:日付1」としてアップロードします。 「保存&完了」をクリックします。 これで作業は完了です。編集後のリストは、審査後に反映されます。   審査終了・反映が終わったら、結果を確認してみましょう。 リスト画面を開き、確認したいコンタクトのアドレスをクリックします。 アップロードした項目へスクロールし、確認します。無事「日付1」に誕生日が反映されています。 フィールド項目名「日付1」を、「誕生日」「メルマガ登録日」など任意の名前へ変更することも可能です。 フィールド項目名を編集する方法は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:コンタクトリストのフィールド項目名を編集する方法は?     1件ずつ編集する方法  ベンチマークアカウントにログインします。  コンタクトリストを選択。  編集したいコンタクトを含むコンタクトリスト名をクリックします。  該当のコンタクトを検索し、クリックします。  顧客情報の編集ページに遷移し、編集が行えます。  完了後、右上の保存をクリックします。 コンタクトの編集はいつでも可能です。 ニーズに合うよう顧客情報をアップデートしていきましょう。 ご不明な点がございましたら、メールにてお気軽にサポートチームにお問い合わせください。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 8月 5, 2019

ポップアップ登録フォームの編集方法は?

  ■ポップアップ登録フォームをサイト訪問者に一度だけ表示するように設定する方法 以下の手順で、ページ訪問者に初回のみポップアップを表示することが可能です。 *表示はブラウザのクッキー情報をもとに表示を行います。そのため同じユーザーでもクッキー情報を削除した場合再度表示されます。  ポップアップフォームを作成  ステップ2の「デザイン画面」を選択  「標準設定」をクリック  「表示」>「ページ訪問者に対し初回のみポップアップを表示する」を選択   HTMLコードを編集する場合:  ポップアップ登録フォームのRawHTMLをコピー&ペースト  出力されるHTMLコードから次のコードを検索し、コードの追加行を赤でマークします。削除または変更はせず、コードの追加のみを行ってください。 A、B、C、Dのコードを適用すると、ユーザーがフォームに登録または閉じた場合フォームが再表示されることはなくなります。ユーザーが登録するまでフォームが表示される様に設定する場合は、コードAとDのみを利用してください。 A) document.getElementById('formbox_screen_subscribe').style.display = 'none'; verticalCenter(successScreen); localStorage.setItem("bmePopupFormViewed", "true"); B) signupFormVeil.addEventListener("click", function() { signupFormContainer.style.display = 'none'; localStorage.setItem("bmePopupFormViewed", "true"); }); C) signupFormCloseButton.addEventListener("click", function() { signupFormContainer.style.display = 'none'; localStorage.setItem("bmePopupFormViewed", "true"); }); D) var bmePopupFormViewed = localStorage.getItem("bmePopupFormViewed"); if (bmePopupFormViewed != "true") { setTimeout(function() { verticalCenter(signupFormContainer); }, 3 * 1000);   ■CSSを使ってポップアップ登録フォームを編集する方法 "#formbox_screen_subscribe"は登録フォーム画面のcontainer IDです。 "#formbox_screen_success"は登録完了画面のcontainer IDです。 "#closebtn"は登録フォームの閉じるボタンのIDです。 "#btnSubmit" は登録ボタンのIDです。 *既存のフォームスタイリングを無効とするため"!important" というCSSコードの追加を推奨します。   ■ポップアップ登録フォームの表示時間を変更する方法 ポップアップフォームは、訪問者がウェブサイトやフォームが設置されたページを訪れた時、少し遅れて表示されるように時間の指定ができます。登録フォームを作成する際に設定が可能です。以下の指示に従って、ポップアップ登録フォームへの遅延を適用してください。 1. Benchmark アカウントへログイン 2. ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」>「登録フォーム」をクリック 3. 「登録フォーム作成」ボタンをクリックし「ポップアップフォーム」を選択した状態で「次へ」をクリック 4. 登録フォーム名、保存先リストを選択し「保存&次へ」をクリック 5. 画面左上の「標準設定」をクリックし、「ボックス設定」メニューをクリック 6. 一番下の「配信時間」から適当な設定時間を選択。最大で60秒間、表示までに時間をかけることができます。   ■ポップアップ登録フォームの幅を変更する方法 1. コンタクトにカーソルを合わせ、「登録フォーム」を選択 2. ステップ2デザインで、画面右側の「標準設定」をクリック 3. 「ボックス設定」をクリック 4. 「横幅」の数字を変更し横幅を調整 *ポップアップ登録フォームにおいては、Googleタグマネージャー(GTM)内に埋め込むことが可能です。ポップアップ登録フォームのHTML出力コードをコードについてはJavaScriptにて書き出した上、"https://lb.benchmarkemail.com "より始まるJavaScriptリンクをGoogleタグマネージャーに追加することにより、稼働が可能となります。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「登録フォーム」のまとめページに戻る

登録フォーム 9月 2, 2019

配信設定したメールの送信をキャンセルすることはできますか?

一度送信過程に入ってしまうと、メール配信をキャンセルすることはできません。しかし、送信予定のメールに誤りを発見したならば、購読者の元へ配信される前に訂正することができます。また配信の予定日時を変更することも可能です。 選択した配信方法によってこのプロセスは異なります: すぐに送信 配信スケジュール ◆「すぐに送信」予定のメールを停止する 配信設定ページで「すぐに送信」を選択すると、メールは15分以内に送信されます。回線が込み合う日、または送信するリストが大きいとメールが配信し終わるのに最大60分かかることもあります。この時間内にステータスを「下書き」として保存し直さなければ、メールを停止することは不可能です。 「すぐに送信」のメールのステータスを「下書き」に変更するには:  Benchmark Emailにログインした後、「メール」タブをクリックし、停止したいメールを見つけます。 「メール名」をクリックします。 「メール編集」ページの「配信ステータス」リンクをクリックします。 「配信スケジュール」画面にて、「下書きとして保存」ボタンをクリックしメールを停止します。 注)すでに送信が完了したメールは停止や回収ができません。メールは複数の異なるメールサーピスやプロバイダへと送信されます。そのため一度送信が完了してしまうと回収は不可能です。 ◆配信スケジュールされてるメールを停止する 配信が予定されているメールならば、メールステータスを「スケジュール済み」から「下書き」へと変更するだけで停止が可能です。 メールステータスを「スケジュール済み」から「下書き」へと変更するには:  Benchmark Emailにログインした後、「メール」タブをクリックし、停止したいメールを見つけます。 「メール名」をクリックします。 「メール編集」ページの「配信ステータス」リンクをクリックします。 「配信スケジュール」画面にて、「下書きとして保存」ボタンをクリックしメールを停止します。 *レポート画面から「再送」のオプションを使用しスケジュールした場合、配信キャンセルは出来ませんのでご注意ください。   >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る

メール配信 3月 14, 2019

タグを利用して、QRコードやバーコードをメール内に挿入する方法

メール内にQRコード、バーコードをパーソナライズタグと一緒に利用することが可能です。 QRコードをメールに挿入する方法: [QRCode: url="URL" size="size"] QRコードを表示します。 "URL"にはQRコードに埋め込むURLを入力してください。 "size"=で画像のサイズを設定してください。 例 [QRCode: url="http://www.google.com" size="2"] URL部分をパーソナライズすることも可能です。 [QRCode:url="http://www.google.com?s=[contact_attribute:firstname]" size="3"] Size=画像のサイズ、1~20までの数字が有効な範囲です。デフォルトでは10に設定されています。. バーコードをメールに挿入する方法: [BarCode: url="URL" height="60" width="1"] URL=以下をご参照の上、バーコード内に埋め込むURLペーストしてください。 [BarCode: url="http://www.google.com" height="60" width="1"] パーソナライズ機能をご利用になる際は以下のコードをご利用ください。 [BarCode: url="[contact_attribute:Extra 3]" height="60" width="1"] Height = バーコードの高さを設定します。有効な範囲は20~60となります。デフォルトでは30に設定されています。 Width = バーコードの幅を設定します。有効な範囲は1~2となります。デフォルトでは①に設定されています その他Benchmark Emailでご利用可能なタグについては以下をご参照くださいませ。 FAQ:Benchmark Emailで利用可能なタグ一覧は?     >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

オートメーション 3月 12, 2019

1 2 3