サポートページ aero-right

リストアップロード時にBenchmark Emailでブロックする特定のメールアドレスは何ですか。

グループアドレスはアップロードでの一括登録を行うことができません。 グループアドレスで購読希望を受けている(オプトインを得ている)場合は「一件ずつ登録」オプションからの登録が可能です。 FAQ:顧客情報を1件ずつ登録する方法は? グループアドレスは通常企業や団体により一般的な問い合わせの受付窓口として開設され、複数の担当者や管理者がアクセスします。このようなメールアドレスに商業メールを送信するのは迷惑メール報告を受ける高い危険を伴うため、Benchmarkでは一括アップロードでの登録はできない仕様になっています。 以下は「一括アップロード」「コピー&ペースト」オプションでの登録ができないアドレスの一覧です。これらはアップロードの際、自動でリストから除外されます。一件ずつ登録を行うようにしてください。 abcdefg@ abcde@ abuse@ 
admin@ adult@ all@ 
compliance@ devnull@ dns@ everyone@ ftp@ honeypot@ hostmaster@ 
noc@ ispfeedback@ ispsupport@ jobs@ list-request@ list@ maildaemon@ 
no-reply@ noc@ null@ 
phish@ 
phishing@ postmaster@ prime@ 
privacy@ 
registrar@ 
remove@ 
request@ 
root@ 
security@ 
spam@ subscribe@ 
support@ 
sysadmin@ 
tech@ 
undisclosed-recipients@ unsubscribe@ 
usenet@ users@ 
uucp@ 
webmaster@ www@ unsubscribe@ com.com@ undisclosed-recipients@ uucp@ www@ zserdx@ 以下は、「一件ずつ登録」オプションでも登録ができないアドレスの一覧です。他のアドレスをご登録ください。 @googlegroups 注意:上記は現時点でブロックされるグループアドレスの一覧であり、通告なく変更・追加されることがあります。 メールアドレスの登録についてご質問、ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 1月 9, 2020

一部のメールアドレスがアップロードされないのは、なぜですか?

Benchmark Emailでは不具合を招くメールアドレスへの送信を防ぐ為に、 問題のあるメールアドレスはアップロードされないよう、フィルタリングが設定されております。 本FAQでは以下の解説をいたします。  フィルタリング結果の確認方法  フィルタ(除外理由)の詳細  リストのアップロード自体が拒否された場合は 除外または否認となった方は必ず確認し、どの理由で除外/否認となったかをご理解ください。   1. フィルタリング結果の確認方法 アップロードしたリストのフィルタ別詳細につきましては、以下の手順で確認できます。 (1)ダッシュボード画面左に表示されるリストをクリック (2)確認したいリストの詳細結果を見るをクリック   (3)それぞれの条件にフィルタされたアドレス件数が表示されます。アドレス件数をクリックすると該当のメールアドレスを確認できます。 *インポート履歴の詳細は、アップロード後7日間確認可能です。 2. フィルタ(除外理由)の詳細 上記の「除外項目」欄には、フィルタ(除外理由)ごとにコンタクト数が表示されます。以下はそれぞれのフィルタの詳細です。   配信停止アドレス:「配信停止リスト(Master Unsubscribe List)」に含まれているアドレス。 配信リストへ登録したい場合は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ: 配信停止中のアドレスを再度配信対象にすることはできますか?   不完全なアドレス : RFC規則を満たしていないメールアドレス 例:「.」は「..」などのように連続で使用することや、@マークの直前で使用することはできません。また、「._.」など記号を3つ連続するアドレスはキャリアやドメインが異なると相手側に届かない可能性が高くなる為ご登録出来ない制限をしております。また、「@」マークは全角でご登録するとエラーとなります。ご注意下さいませ。   キーワード/ドメイン : スパム、迷惑メールと思われるキーワードや疑わしいドメインを含むメールアドレスや同じ文字/記号を多数連続して使用している場合 例:「@creditcard.com」「@spam.com」や 「jaaaapan@」など   重複アドレス : アップロードしようとしているアドレスがすでにリストに入っている場合。   グループアドレス : 複数の人に管理されているアドレスや部署ごとに割り振られているアドレスのことです。 複数の人がアクセスするメールアカウントでは、誰がメール配信許可をしたか分からないため迷惑メール報告を受ける確率がとても高くなります。 そのため除外の対象となります。このメールアドレスが多い場合は元ファイルから削除し再度アップロードをお試しください。 例:「Admin@」や「privacy@」といったアドレス *小規模店舗などで、グループアドレスしか連絡先のメールアドレスがない、という送信先の場合には「一件ずつ登録する」オプション利用でリストに追加することが出来ます。 しかしながら、「@googlegroups」といったアドレスは、「一件ずつ登録する」オプションを利用しても登録できないので、他のアドレスをご登録頂く必要がございます。 グループアドレスとみなされて否認されるアドレスを一覧にまとめておりますので、以下のFAQをご参照ください。 FAQ:リスト追加時にBenchmark Emailでブロックする特定のメールアドレスは何ですか。   3. リストのアップロード自体が拒否された場合は 存在しないアドレスが規定の割合を超えてリストに記載されている場合、リスト自体のアップロードが否認となります。こちらはお客様のドメインの評価低下を防ぐための施策です。 否認となった場合、「詳細結果を見る」をクリックすると下記のような表示となります。 赤文字の部分にて、「有効」「無効」「危険」「不明」アドレスの割合を確認いただけます。 リストが否認となった場合は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ: リストが否認になった場合はどうすればいいですか?   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 セグメント機能 顧客リスト 1月 9, 2020

メールにリンクを挿入する方法

画像リンクの方法 ボタンリンクの方法 文章リンクの方法 画像リンクの方法 1.写真を挿入したら、画面左のオプションから「リンクURL」をクリックします。 2.「リンクの挿入」ウィンドウにて、URLを入力し「挿入」ボタンをクリックして完了です。 ハイパーリンクはウェブアドレスだけでなくメールアドレス、電話番号として設置することも可能です。 メールアドレスとして設定されたハイパーリンクは、クリックすることで使用端末のデフォルトメールツールのメール作成画面が開くようになります。 また、電話番号はクリックすることで電話をかけることができるようになります。(受信端末によってこの機能の利用が可能かどうかは異なります) ※メールアドレスと電話番号はトラッキングする事が出来ない事から、レポートへは反映されません。 ボタンリンクの方法 左メニューからボタンブロックをドラッグ&ドロップします。 設置したボタンをダブルクリックします。 「リンクの挿入」ウインドウが現れますので、URLを入力します。   テキストリンクの方法 次の種類のリンクを追加することができます: Webページ メール アンカー アンケート 動画 ドラッグ&ドロップ形式のエディタを開き、リンクを挿入するブロックの編集アイコンをクリックします。URLを貼り付けたいテキストをハイライトします。 ハイライトした状態で、「リンクの挿入」アイコンをクリックします。 「リンクの挿入」ウィンドウにて、URLを入力し「挿入」ボタンをクリックします。 リンクを取り消したい場合は、設置したリンクをクリックしたのち下記の削除アイコンをクリックしてください。     Webページへのリンクの場合 上記(3)で「リンクタイプ:ウェブアドレス」を選択します。 メールリンクの場合 上記(3)で「リンクタイプ:メールアドレス」を選択します。 追加したメールリンクをクリックすると、既定のメールクライアントが開き、リンク先として選択したメールアドレスが送信先フィールドに入力されます。プレビューやテストメール で設定に成功したかをご確認ください。 アンカーリンクの場合 以下のFAQをご覧ください。 FAQ:メール内任意の場所へアンカーリンクを指定することはできますか? アンケートリンクの場合 作成済みのアンケートは、ドラッグ&ドロップエディタ上で回答ページURLの呼び出しができます。 まず、アンケートを作成して有効になっている事を確認します。 アンケートを追加したいブロックに移動し、クリックします。 右上の「メニュー」をクリックします。 「挿入機能」から「アンケート」を選択します。 リンク名にリンク文面を入力します。 リンクしたいアンケートを選択します。 「更新」をクリックします。 ブロックメニューの「保存&閉じる」をクリックします。 動画の場合 詳しくは、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:メールに動画やオーディオファイルを埋め込むことはできますか?   >>「メール作成:編集操作」のまとめページに戻る

テンプレート&メールエディタ 9月 11, 2019

メールアドレスを登録する際に利用規約の確認を求められました。これは何ですか?

顧客情報をアップロードする際に求められる利用規約への確認は、あなたが顧客情報をどのように入手したか確認するものとなります。顧客情報をアップロードする前によく確認を行ってください。下記にて内容をご確認ください。   顧客からメール配信の同意を得たリストである お手持ちのリストの全ての皆様があなたからメール経由で連絡が来る事を承諾していることとなります。 購入したリストではない。 お手持ちのリストは購入、譲渡、レンタルにより得たものではない事を宣言いたします。 大量配信を行うメールアドレスを含んでいない お手持ちのリストは全て個人向けであり、メーリングリストなどグループ向けに配信するものは含まれていないことを宣言致します。 勝手に収集されたアドレスではない お手持ちのリストはウェブサイト上から勝手にメールアドレスなどを収集したものではないことを宣言いたします。 こちらの確認項目に全てチェックを付けられない場合は顧客情報をアップロードすることはできません。虚偽の申告を行った場合は、当社のアンチスパムポリシーへ違反すると見なし、発見次第アカウントの利用を停止致します。 お客様にこれらの利用規約を遵守頂くことで、Benchmark Emailから配信するメールの到達率を常に高い水準で維持することが可能となります。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 3月 25, 2019

「合計アクティブコンタクト数」とは何ですか?

合計アクティブコンタクト数とは 「アクティブコンタクト」とはメール配信先として有効なメールアドレスを指しています。 ・アクティブコンタクト数はご契約プランの根拠となるコンタクト数のことでもあります。 ・アクティブコンタクトには重複アドレス、配信停止アドレス、エラー確定アドレスは含まれません。 アクティブコンタクト数の確認方法 1.ダッシュボードメニューから「コンタクトリスト」>「コンタクトリスト」をクリック 2.リスト表の上に表示される「合計アクティブコンタクト数」を確認   アクティブコンタクト数の計算基準 「アクティブコンタクト数」= (コンタクトリストに登録されている全てのメールアドレス数)−(エラー確定済、オプトイン未完了、配信停止アドレス数、重複アドレス) ※ゴミ箱に残っているリストに含まれるメールアドレスは、アクティブコンタクト数に加算されます。 アクティブコンタクトを減らす目的でリストを削除した場合は、ゴミ箱からのリスト削除を忘れず行ってください。 またゴミ箱からのリスト削除の際には「削除後すぐにユニークコンタクト数を再計算します」にチェックを入れることで即時アクティブコンタクト数に反映されます。チェックを入れない場合、反映まで4時間お待ちいただきます。   ご注意: ・リストの更新は現在ご使用のリストへ上書きが可能です。(重複しているアドレスは追加されません) ・無効アドレスリストは、アカウント内に存在するリスト全てのエラーアドレスをまとめたリストとなっています。こちらのリストに関しては削除することができません。詳細は、下記のFAQをご参照下さい。 関連FAQ:無効アドレスリストとはなんですか?   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 10月 3, 2019

配信停止中のアドレスを再度配信対象にすることはできますか?

メールアドレスが「配信停止リスト」にある場合は、アカウントより配信対象とすることはできません。   再度配信対象とするには、サポートへのご連絡が必要です。 サポートへの連絡はこちらのお問い合わせフォームをご利用頂くか、support@benchmarkemail.comまで直接メールをお送りください。   1. いずれかの方法でサポートまでご連絡ください。 購読者様自身より、登録メールアドレスから弊社のサポートへご連絡頂く必要があります。どの企業のメール配信を希望しているかを判別する為に、お客様がメールキャンペーンに利用しているメールアドレス(もしくは、あなたのBenchmarkのログイン名)を含めてご連絡を頂くようにしています。 購読者様が配信元であるあなたから弊社へご連絡を希望される場合は、上記の限りではありません。弊社サポートまでご連絡ください。ただし、購読者が再配信を希望されている旨がわかるメールを転送して頂く必要があります。 2. サポートチームが「配信停止リスト」から再購読希望者を削除します。作業が完了次第メールでご連絡します。 3. メールを受け取ったら、Benchmarkアカウントへログインします。  コンタクトリストに再購読希望者を追加してください。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 4月 5, 2019

送信元(From)アドレスを切り替える方法

送信元(From)アドレスを複数登録し、切り替えることが可能です。 デフォルトで表示されるのは「マイアカウント」の「マイアカウント設定」部分にて設定されているメールアドレスとなります。あるいはメール作成時の「ステップ1 概要設定」にてメールごとに切り替えることも可能です。   デフォルトで設定されている情報を変更する方法 メール作成時に変更する方法 送信元アドレスを登録する方法   デフォルトで設定されている情報を変更する方法 1. アカウントをクリックし、「アカウント設定」をクリックします。 2. アカウント設定の設定ページをスクロールダウンし、メール配信設定セクションにて「送信元メールアドレス」の変更をします。差出人名の変更も必要に応じて行なってください。   3. 変更したらページ右上の「保存」ボタンをクリックします。   メール作成時に変更する方法 1.ダッシュボードのメインメニューからメールを選択し、「メール作成」ボタンをクリックします。 2.「ステップ1 詳細」ページにて送信元メールアドレスのプルダウンより任意のアドレスを選択できます。   送信元アドレスを登録する方法 新たに送信元アドレスとして使用するメールアドレスがある場合にはメールアドレス認証作業を行います。認証が完了すると送信元アドレスのドロップダウンメニューに追加されご利用可能となります。 追加方法は以下のFAQをご覧ください。 FAQ:送信元メールアドレスの追加と認証方法   >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る  

アカウント関連 メール配信 よくある質問 3月 12, 2019

エラーを起こしたメールアドレスの出力方法は?

「レポート」から個人の保管記録としてエラーを起こしたメールアドレスの出力をしていただけます。 出力は下記の手順で行ってください: Benchmarkアカウントにログインします。 ダッシュボードよりレポートを選択します。 デフォルトではメールレポートが表示されます。 確認したいメール名をクリックします。 画面左のレポート詳細を選択します。 「開封数」とあるドロップダウンメニューよりエラーを選択します。 「全てのエラー」とあるドロップダウンメニューより3つの出力可能なオプションから選択します。 オプションボタンよりダウンロードを選択します。 「データを出力する」ポップアップが表示されますので、出力したいまたは全てのフィールドを選択します。 CSVとしてダウンロード、またはExcelとしてダウンロードを選択します。 注意:1つのメールキャンペーンごとの出力のみ可能となっています。 1つのメールキャンペーンに幾つかのリストを選択した際、(そのキャンペーンに対しては)レポート出力中に一つ目のリストからマップフィールドが抽出されます。 その他、ご質問がございましたらお気軽にサポートチームにご連絡ください。   >>「レポート」のまとめページに戻る

到達率 顧客リスト 11月 22, 2019

1 2