サポートページ aero-right コンタクトリスト

メールを配信する前に準備すること

メールを配信する前にアカウントを正しく設定し、受信箱に到達するためのポイントを押さえておくことが重要です。 目次: 会社情報を追加する方法 タイムゾーンを変更する方法 送信元メールアドレスを追加する方法 迷惑メールと判断される理由とその対策 リスト照合について   会社情報を追加する方法 Benchmark EmailはCAN-SPAM法、特定電子メール法(特電法)に遵守したアンチスパムポリシーを導入しているため、メールには住所の記載が必要です。 住所は、会社の郵送先住所または私書箱の住所でなければなりません。 Benchmark Emailアカウントで住所を更新するには、以下の方法に従ってください: 1. Benchmark Emailアカウントにログイン 2. ダッシュボード画面の右上のアカウント名をクリック 3. アカウント設定を選択 4. 会社情報が表示されますので、会社名やウェブサイトのURLが更新されているか確認します。 5. 住所を番地から順に追加し、変更後に右上の「保存」ボタンをクリックします。 トップに戻る   タイムゾーンを変更する方法 初期設定で、タイムゾーンがGreenwich Mean (+0000) (グリニッチ標準時間(GMT))となっている場合がありますので、その場合は下記の方法に従って変更を行なってください。 1. Benchmark Emailアカウントにログイン 2. ダッシュボード画面の右上のアカウント名をクリック 3. アカウント設定を選択 4. メール配信設定までスクロールダウンします。 5. タイムゾーンのドロップダウンメニューから、お使いになりたいタイムゾーンを選択します。 6. ページ右上の「保存」ボタンをクリックして完了です。 重要 夏時間と冬時間で時間が変更される際は、以下のアメリカのタイムゾーンのみ自動で更新されます。それ以外のタイムゾーンは手動で更新を行なってください。 <自動更新されるアメリカのタイムゾーン> ・US Central:中部時間 (CST/UTC-6) ・US Eastern:東部時間(EST/UTC-5)  ・US Mountain:山岳部時間(MST/UTC-7) ・US Pacific:太平洋時間(PST/UTC-8) 利用するタイムゾーンをメール毎に変更したい場合はこちらをご覧ください。  トップに戻る   送信元メールアドレスを追加する方法 複数のメールアドレスからメルマガを配信することは可能ですが、必ずメールアドレスの認証が必要です。 送信元メールアドレスの追加と認証方法は以下の通りです: 1. アカウント名をクリックし、アカウント設定を選択 2. 左側のメニューバーよりメールアドレス認証を選択 3. こちらのページでは、既に認証済み(認証完了)や認証保留中のメールアドレスを確認することができます。こちらでメールアドレスの新規追加を行うことが可能です。 4. 「アドレス追加」ボタンをクリックします。 5. メールアドレス認証のポップアップ画面で、ボックス内に認証したいメールアドレスを入力します。複数のメールアドレスを追加したい場合は、メールアドレスごとに改行してください。 6. 入力後、「確認メールを送る」ボタンをクリックします。 7. 認証したいメールの受信箱に行き、確認メールが届いているかチェックしてください。メールの中にある認証リンクをクリックしてメールアドレスの認証が完了です。 注意:メールアドレスのご使用前に、必ず認証作業が必要です。パーソナルアドレスまたはGmailやYahoo、AOL、Outlookなどの一般的なISPメールアドレスを使用することは到達率に影響するため、会社またはオリジナルドメイン(name@youcompany.com)を使用することを推奨しています。 トップに戻る   迷惑メールと判断される理由とその対策 初回のメルマガが迷惑メールフォルダに入ってしまう原因はたくさんありますが、新しいメール配信システムを試している場合は、それが原因で迷惑メールフォルダに振り分けられていると考えられます。 迷惑メールと判断される理由 ドメインがメール配信システムにとって新しい場合、HotmailやYahooなどのISP(インターネット・サービス・プロバイダー)が高いドメイン評価、高品質なコンタクトリスト、優れたコンテンツを含んだ質の良いメルマガを配信しているかどうかを評価しています。 たとえ、高い評価を得るために自分や数人の同僚に1通だけメルマガを送っても、ISPが振り分けを行うのに十分な情報を得ることが出来ないため、迷惑メールフォルダに入ってしまいます。 自分宛または他の人にテスト用メールを送信する際は、メルマガのデザインが受信者の環境でどのように表示されるかを確認するためのものです。到達率の評価を目的として使用しないでください。 対策 メール配信システムの到達率を向上させる一番の方法は、実際にメルマガをコンタクトリストに配信することです。それで結果が出ない場合、ドメイン認証を追加してください。 SPFレコード:v=spf1 a mx include:bmsend.com ~all CNAMEレコード: [ホスト名 / エントリー名]欄 bmdeda._domainkey.「ドメイン」 [Point to / Value / 値 / 内容]欄 bmdeda._domainkey.bmsend.com 注意:「ドメイン」には、送信元メールアドレスの@以降の部分を挿入してください。 例)news@abc.comの場合は、ホスト名 / エントリー欄にbmdeda._domainkey.abc.comと設定します。 大規模プラン(リストプラン125,000以上)のお客様について ホワイトラベル化:Benchmark Emailからではなくお客様独自のドメインから送信したように見せることができます。 2つのCNAME設定を行っていただくことにより、代理送信の表示が消えます。 CNAME-1: [ホスト名 / エントリー名]欄 rCLIENTID.「ドメイン」 [Point to / Value / 値 / 内容]欄 rCLIENTID.benchclient.com CNAME-2: [ホスト名 / エントリー名]欄 bmdeda._domainkey.「ドメイン」 [Point to / Value / 値 / 内容]欄dkim.CLIENTID.benchclient.com ・「ドメイン」は、送信に使う独自ドメインを指します。(例:news@abc.com) ・CLIENTID(クライアントID)とは、Benchmark Emailアカウント内にある独自のIDを指します。(例:1234567) CLIENTID(クライアントID)を取得する方法は以下の通りです。 1. Benchmark Emailアカウントにログインし、画面の右上のアカウント名をクリック 2. パートナープログラムをクリック 3. ページの上部にパートナーIDが表示されますので、コピーします。(こちらのパートナーIDはクライアントIDと同じものです。) CNAMEレコードが更新されましたら、テクニカルチームでホワイトラベルを有効にする手続きを行う必要がございます。 ホワイトラベルを有効にする方法: 1. 設定が完了しましたら、更新したCNAMEレコードの内容を含めてサポートまでご連絡ください。更新内容を確認させて頂きます。 2. ホワイトラベル化の手続きが完了しましたら、メールでお知らせ致します。 トップに戻る     コンタクトリストの照合について メールマーケターが常にコンタクトリストの情報を最新のものにし、エンゲージメントの高い購読者のみにメールを配信することで高い到達率を実現させることができます。 Benchmark Emailや他のツールからメールを配信する前に、必ずコンタクトリストの照合を行なってください。照合を行うことで、配信評価を下げる可能性のある無効アドレスをコンタクトリストから全て取り除く事ができます。 Benchmark Emailでは、アカウントをお持ちのお客様に簡単で迅速なリスト照合のサービスを有料で提供しております。費用は以下の通りです。 有料アカウントのお客様:1000件の連絡先につき500円 (例:1〜1000件は500円、1001〜2000件は1000円) 無料アカウントのお客様:1〜4000件まで一律2000円 詳しくは以下のFAQでご確認くださいませ。 FAQ:リスト照合サービスって何ですか? ご不明な点がございましたら、こちらまでご連絡ください。   >>「メール作成:設定管理」のまとめページに戻る トップに戻る

初めての方はこちら 2月 22, 2021

Googleドライブから顧客リストをインポートする方法は?

Googleドライブから顧客リスト(コンタクトリスト)へアップロードする方法は、以下の通りです。 Googleドライブからコンタクトリストをインポートする方法 1. Benchmark Emailアカウントにログイン 2. ダッシュボードからコンタクトリストをクリックし、コンタクトリストを選択 3. 右上の「新規リストの作成」をクリック 4. 通常リストを選択し、「次へ」をクリック 5. 外部サービスから登録を選択し、「次へ」をクリック 6. 各種サービス連携画面に遷移しますので、「Google Drive」アイコンをクリック 7. 「連携」ボタンをクリックしてGoogleに接続します。 8. インポートしたいGoogleアカウントを選択 9. アクセスを許可するため、「許可」ボタンをクリック Benchmark Emailページへと自動で戻ります。 10. アップロード元としてGoogleスプレッドシート及びワークシートを選択、アップロード先としてBenchmark Email既存の顧客リスト(コンタクトリスト)を選択、または新規リストを作成してください。 11. 「保存&次へ」をクリックします。 12. フィールドを選択&一致させて「保存&次へ」をクリックします。 注意点 : Googleドライブで作成したファイルのみインポートが可能です。 1つのファイルに複数のシートがある場合は、最初(一番左)のシートのみがインポートされます。 シートの1行目には必ずフィールド項目を入力するようにしてください。(Email、姓、名、誕生日、等) メールアドレス項目については、項目名を「Email」と英語表記で入力するようにお願いします。日本語での表記にすると認識しないため、メールアドレスがインポートされません。 使用していない行に非表示のデータや書式設定が残っている可能性があるので、削除をお願いします。 シートの作成者は連携アカウントと同じである必要があります。作成者の異なるシートをインポートするには、まずデータをコピーし、連携アカウントにて新規シートを作成しコピーしたデータを貼り付ける必要があります。 Googleドライブに外部ファイルをインポートする場合は、xls、.xlsx形式ファイルで行なってください。   フィルタリングにより最終的にアップロードされるコンタクト数はファイルに含まれるコンタクト数より少なくなる場合があります。Benchmark Emailではグループアドレス、重複アドレス、配信停止アドレス、ブロックドメインアドレスを省いて登録を行っています。詳細は以下のFAQでご確認ください。 FAQ:グループアドレスなど、「1件ずつ登録」オプションでのみ登録できるアドレスの一覧   重要:この同期を行うことにより、一回限りのインポートが可能です。今後更にコンタクトリストをインポートする必要がある場合、上記のステップを再度行っていただく必要があります。ただし、再度インポートを行う場合、以前の接続を選択するか、新しく接続することが可能です。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 連携機能 顧客リスト 2月 17, 2021

コンタクトリストの情報を更新・編集する方法は?

コンタクトを追加した後も、必要に応じて顧客情報や設定の変更が可能です。 複数のアドレスをまとめて編集する方法 1件ずつ編集する方法 複数のアドレスをまとめて編集する方法 作成済みのリスト項目は下記手順で、メールアドレスを含め28項目を編集することができます。 ※28項目を超えて追加することはできませんのでご注意ください。 リストをエクセル形式でダウンロード → エクセル上で項目を編集 → 編集データをアップロード 1. Benchmark Emailアカウントにログインします。 2. 画面左のメインメニューから「コンタクトリスト」をクリック→「コンタクトリスト」を選択します。 3. 項目を編集したいコンタクトリストをクリックします。 4. 右上にあるボタンをクリックし、「ダウンロード」を選択します。 5. Excel形式またはCSV形式で出力します。データとして出力したい項目にチェックをつけてください。「編集したい項目」「判別の目印になる項目(名前)」など、作業上必要なものをチェック頂ければ大丈夫です。 6. エクセル等のソフト上で、追加したい項目を入力します。以下の例では、「誕生日」および「会社名」項目を新たに追加しました。項目のネーミングは自由で構いません。 7. ファイルを保存します。 8. Benchmark Email上でアップロードを行います。更新するリストのページへ移動してください。 9. 右上の「リストの追加」ボタンをクリックします。 10. 追加方法を尋ねられますので、インポート機能で一括登録を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。 11. ファイル選択画面が表示されますので、アップロードするファイルとして(6)で作成したファイルを選択します。 12. 横スクロールでアップロードしたい項目まで移動し、ドロップダウンメニューでBenchmark Email上での項目を選択します。この例では、エクセルで「誕生日」として入力した項目は「日付1」とし、会社名は「法人名」としてアップロードします。 13. 「保存&完了」ボタンをクリックします。 14. これで作業は完了です。編集後のリストは、審査後に反映されます。   審査終了・反映が終わったら、結果を確認してみましょう。 1. リスト画面を開き、確認したいコンタクトのアドレスをクリックします。 2. アップロードした項目へスクロールし、確認します。無事「日付1」に誕生日と「法人名」に会社名が反映されています。 フィールド項目名「日付1」や「日付2」を、「誕生日」「メルマガ登録日」など任意の名前へ変更することも可能です。 フィールド項目名を編集する方法は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:コンタクトリストのフィールド項目名を編集する方法は?   1件ずつ編集する方法 1. Benchmark Emailアカウントにログイン 2. コンタクトリストを選択 3. 編集したいコンタクトを含むコンタクトリスト名をクリックします。 4. 該当のコンタクトを検索し、クリックします。 5. 顧客情報の編集ページに遷移し、編集が行えます。 6. 完了後、右上の保存をクリックします。 コンタクトの編集はいつでも可能です。必要に応じて顧客情報をアップデートしていきましょう。 ご不明な点がございましたら、サポートまでお気軽にお問い合わせください。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 2月 9, 2021

一部のメールアドレスがアップロードされないのは、なぜですか?

Benchmark Emailでは不具合を招くメールアドレスへの送信を防ぐ為に、 問題のあるメールアドレスはアップロードされないよう、フィルタリングが設定されております。 本FAQでは以下の解説をいたします。  フィルタリング結果の確認方法  フィルタ(除外理由)の詳細  リストのアップロード自体が拒否された場合は 除外または否認となった方は必ず確認し、どの理由で除外/否認となったかをご理解ください。   1. フィルタリング結果の確認方法 アップロードしたリストのフィルタ別詳細につきましては、以下の手順で確認できます。 (1)ダッシュボード画面左に表示される「コンタクトリスト」をクリック (2)確認したいリストの「詳細結果を見る」をクリック (3)それぞれの条件にフィルタされたアドレス件数が表示されます。アドレス件数をクリックすると該当のメールアドレスを確認できます。 *インポート履歴の詳細は、アップロード後8日間確認可能です。 2. フィルタ(除外理由)の詳細 上記の「除外項目」欄には、フィルタ(除外理由)ごとにコンタクト数が表示されます。以下はそれぞれのフィルタの詳細です。   ・配信停止アドレス:「配信停止リスト(Master Unsubscribe List)」に含まれているアドレス。 配信リストへ登録したい場合は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ: 配信停止中のアドレスを再度配信対象にすることはできますか?   ・不完全なアドレス : RFC規則を満たしていないメールアドレス 例:「.」は「..」などのように連続で使用することや、@マークの直前で使用することはできません。また、「._.」など記号を3つ連続するアドレスはキャリアやドメインが異なると相手側に届かない可能性が高くなる為ご登録出来ない制限をしております。また、「@」マークは全角でご登録するとエラーとなります。ご注意下さいませ。   ・キーワード/ドメイン : スパム、迷惑メールと思われるキーワードや疑わしいドメインを含むメールアドレスや同じ文字/記号を多数連続して使用している場合 例:「@creditcard.com」「@spam.com」や 「jaaaapan@」など キーワード/ドメインとしてフィルタリングされたメールアドレスに対しては、Benchmark Emailからメール配信を行うことは出来ませんのでご了承ください。   ・重複アドレス : アップロードしようとしているアドレスがすでにリストに入っている場合。   ・グループアドレス : 複数の人に管理されているアドレスや部署ごとに割り振られているアドレスのことです。 複数の人がアクセスするメールアカウントでは、誰がメール配信許可をしたか分からないため迷惑メール報告を受ける確率がとても高くなります。 そのため除外の対象となります。このメールアドレスが多い場合は元ファイルから削除し再度アップロードをお試しください。 例:「Admin@」や「privacy@」といったアドレス *小規模店舗などで、グループアドレスしか連絡先のメールアドレスがない、という送信先の場合には「1件ずつ登録する」オプション利用でリストに追加することが出来ます。 しかしながら、「@googlegroups」といったアドレスは、「1件ずつ登録する」オプションを利用しても登録できないので、他のアドレスをご登録頂く必要がございます。 グループアドレスとみなされて否認されるアドレスを一覧にまとめておりますので、以下のFAQをご参照ください。 FAQ:グループアドレスなど、「1件ずつ登録」オプションでのみ登録できるアドレスの一覧 なお、RESTful APIを用いてリストのアップロードを行なった場合は、グループアドレスのエラーに関しては以下のようなメッセージが表示される場合があります。 Code Field Meaning 100 Email Email not added 100 Optin Valid email, but no email permission; (Data.EmailPerm = 0)   3. リストのアップロード自体が拒否された場合は 存在しないアドレスが規定の割合を超えてリストに記載されている場合、リスト自体のアップロードが否認となります。こちらはお客様のドメインの評価低下を防ぐための施策です。 否認となった場合、「詳細結果を見る」をクリックすると下記のような表示となります。 赤文字の部分にて、「有効」「無効」「危険」「不明」アドレスの割合を確認いただけます。 リストが否認となった場合は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ: リストが否認になった場合はどうすればいいですか? ご不明な点がございましたら、サポートまでご連絡ください。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

インポート / 出力 セグメント機能 顧客リスト 9月 1, 2020

無効アドレスリストとはなんですか?

無効アドレスリストとは、Benchmark Emailでメールを送信した際に、「送れない可能性がある」「過去に配信したことがあるけれど届かなかった」等が原因で特定のエラーコードを記録したメールアドレスが登録されるリストとなります。 無効アドレスに向けてのメール配信や、一度無効アドレスと判断されたアドレスに向けて繰り返しメールを配信し続けることによってメール全体の到達率が下がります。 Benchmark Emailではアカウントをお持ちの全ての方が問題なくメール配信できるように、ドメイン評価を常に高い状態に維持することを重要視しています。 ご自身のドメイン評価の状況を知りたい方は、アカウントのダッシュボード右下に表示されているメールマーケティングスコアをご参考下さい。こちらのスコアと無効アドレスリストをうまくご利用頂くことで、送信先ドメインの評価の低下を防ぐことが可能となります。   どのような機能ですか? 実際にメールを配信された後、突然アカウントに無効アドレスリストというリストが作成された場合、今送られた際に使われたリスト内に無効アドレスが存在していた、ということになります。 ISPによって「無効アドレスである」と判断されたアドレスに関してメールが配信されたとシステムが判断した際、アカウント上の無効アドレスリストへとメールアドレスがリスト内に追加されていきます。 一度無効アドレスリストに登録されたアドレスに関しては、システムが自動的にメールの配信対象から除外するシステムとなっています。 このリストが作成されることによって、無効アドレスに今後配信することを防ぐことだけでなく、各リストに点在している無効アドレスをまとめて管理することが可能となります。 無効アドレスリストにアクセスする方法 ダッシュボード左のコンタクトリストをクリックし、サブメニューのコンタクトリストを選択します。 すぐに見つからない場合は、右に表示されるキーワード検索で「無効アドレスリスト」と入力してください。 無効アドレスに入った購読者をリストから削除する方法 ドメイン設定のタイミング等によって有効なアドレスが無効アドレスリストに登録されてしまった場合は、無効アドレスリストから該当するアドレスを個々に削除の上、通常の配信リストへと追加することが可能です。 無効アドレスリストから削除されたアドレスはすぐにアクティブコンタクトリストに戻りますので、今まで通りメールが配信されるようになります。 無効アドレスであるとISPが判断し、その際に表示されるエラーコードの一例 550 Mailbox not found:メールボックスが見つかりませんでした。 550 5.5.0 Requested action not taken: mailbox unavailable:送信先メールサーバに何らかの理由で拒否されました。ユーザーのメールボックスを利用できませんでした。 554 5.7.1: Recipient address rejected: Not found recipient account!:配信が許可されていません。メッセージが拒否されました。 550 5.1.1 550 5.1.1 User unknown:ユーザーが存在しません。 550_Invalid_recipient:メールアドレスが存在しません。 554 delivery error: This user doesn’t have an inbox (Yahoo, Gmail, AOL, etc.) account.:受信箱(Yahoo, Gmail, AOLなど)送信先メールサーバに何らかの理由で拒否されました。メールアドレスに誤りがある可能性があります。 5.7.1 Unable to deliver to:受信側においてブロックまたはドメイン内に該当するメールアドレスが存在しません。   エラーコードをもっと詳しく知りたい方は、下記のブログをご参照下さい。 ブログ:メール配信が失敗した時のエラーコード一覧!エラー内容を把握して配信リストの質を高めよう 無効アドレスリストについて注意すべきこと 無効アドレスリスト自体を削除することは出来ません。リスト内に含まれたアドレスを個々に削除することのみ可能となっています。 配信停止リストに含まれているアドレス及び無効アドレスリスト内のアドレスはアクティブコンタクトとしてカウントされせん。 必要に応じて、無効アドレスリスト内のアドレスのエンゲージメントスコアを元に整理する事も可能です。   ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 4月 8, 2021

大規模プラン(リストプラン125,000以上)をご契約時の留意事項

ここでは、大規模プラン(リストプラン125,000以上)をご契約の際にご留意いただくことについてご説明します。 目次: 専用サーバーへの移行(専用IPアドレスの付与)について SPF/CNAMEレコードについて リストのアップロードおよびリスト照合について 初期送信制限について 専用サーバーへの移行(専用IPアドレスの付与)について Benchmark Emailでは大規模プラン(リストプラン125,000以上、配信数プラン25万通以上)をご契約いただいたお客様のアカウントに、専用サーバーのIP付与を行っております。(こちらはアップグレードに伴い、無償で付与しております) FAQ:専用サーバーとは何ですか? <専用サーバーでの配信速度と付与数について> 専用IP1個につき、2万/hの配信が可能です。専用IPの付与数はプランごとに異なります。 「〇〇件を1時間以内に配信がしたい」といったご希望がある場合は、オプションで専用IPを追加ご購入頂くことが可能です。 *追加IPにつきましては、専用IP1個につき、5000円/月となっております。 <サーバーのウォームアップ期間につきまして> 専用IPへの移行にあたり、ウォームアップ期間が発生いたします。この間は、メール配信速度に制限が発生しますのでご注意ください。 なお、ウォームアップ期間は配信頻度により異なります。サポート担当に下記の情報をご共有いただけますと、お調べすることが可能です。 ・1回あたりの配信量(受信者数) ・配信頻度 SPF/CNAMEレコードについて 専用IPへの移行に伴い、到達率向上のためのSPF/CNAMEレコードの設定をお願いしております。未設定の場合は専用サーバーでの配信前にご設定をお願い致します。 *送信元としてご利用いただくメールアドレスのドメインをご共有いただき、現在の設定状況に応じたレコードをサポートより発行致します。 SPFに関する詳細は以下のFAQをご確認ください: FAQ:SPF認証についての詳しい解説 CNAMEに関する詳細は以下のFAQをご覧ください: FAQ:DKIM(CNAME / ドメインキー認証)の詳しい解説 リストのアップロードおよびリスト照合について 新規コンタクトを5万件以上一括アップロードされる場合は、アップロード後にリスト照合をお願いしております。 リスト照合はメールを送っても届かない「無効アドレス」を事前に取り除くことができ、エラー率を最小限に抑えるのに役立ちます。 エラー率が高くなりますと送信者ドメイン及びサーバー評価が下がり、本来送れるはずの宛先にもメールが届かなくなってしまうためです。 アカウントにコンタクトリストをアップロード頂いた後、以下のFAQページの流れに沿ってリスト照合サービスにお申し込みください。 FAQ:リスト照合サービスって何ですか? 初期送信制限について 無料トライアルプランから大規模プラン(リストプラン125,000以上)にアップグレードいただいた際は、サーバーの安全性を確保する観点より、自動的に初期送信への制限がかかるようになっております。 アップグレード後の初回配信では、プランサイズの10%のみ配信することが可能です。配信後、制限は解除されます。 例)リストプラン150,000にアップグレードをした場合 アップグレード後の初回配信では15,000通のみメールを配信可能となります。15,000通を配信後は、制限なく通常通り配信が可能です。 ご不明な点がございましたら、サポートまでご連絡くださいませ。     >>「アカウント設定」のまとめページに戻る

よくある質問 4月 12, 2021

Zapierを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは?

Zapier(ザピアー)はお好みのワークフローを作成し、日々の業務を自動化できるツールです。プログラミングの知識がなくても簡単に作成できます。 Zapierで使われる"Zaps"は「連携」を意味し、アプリやウェブサービスの双方向のコミュニケーションを実現します。例えば、Benchmark Emailアカウントの情報を他のサービスに送信したり、他のアプリからの情報をBenchmark Emailアカウントが受け取ったりすることができます。このようなサービスを利用することで、リストを最新の状態に保つことが可能になり、メルマガに最も興味を持っている読者を逃さず、到達率の向上に役立ちます。 目次: Benchmark 2.0について Zapierを使ってBenchmark Emailと他のアプリを連携させる方法 アクション:検索および更新機能について トラブルシューティング Benchmark2.0について 2021年3月11日に、Benchmark 2.0をリリース致しました。Zapierを使ってBenchmark Emailと他のアプリの連携を行う際に選択肢が増え、使いやすくなりました。 2021年3月10日以前に作成した全ての連携にはBenchmark1.0を使用しておりますので、新バージョンBenchmark 2.0に移行するにはこれまでの連携を再作成してください。現在稼働中の連携には今のところ影響はございませんが、2022年3月10日付でBenchmark1.0のサポートが終了致します。Zapierより、Benchmark1.0のバージョンをお使いのお客様にはメールでお知らせしておりますので、そちらも併せてご確認くださいませ。 トップに戻る Zapierを使ってBenchmark Emailと他のアプリを連携させる方法 他のアプリと連携するには、Benchmark Emailをトリガー(Trigger)、またはアクション(Action)として使う2つのオプションがございます。トリガーとは、ワークフローを開始させる条件を指します。アクションは、アプリに実行させる行動のことです。 Benchmark Emailをトリガーとして選択した場合、以下のオプションをお選び頂けます: New Contact(新規コンタクト) New List(新規リスト) Email Opened (開封済メール) 新 Link Clicked (リンククリック) 新 New Unsubscriber (新しい配信停止購読者) 新 New Contact in Segment (セグメントの新規コンタクト) Benchmark Emailをアクションとして選択した場合、以下のオプションをお選び頂けます: Add Contact to a List(コンタクトをリストに追加する) Update Contact(コンタクトをアップデートする) 新 Unsubscribe a Contact (コンタクトを配信停止する) 新 Find a Contact (search)(コンタクトを検索する) メールを元にコンタクトを探して見つからなかった場合に「Create a new contact(新規コンタクトを作成する)」オプションがご利用になれます。 ここでは例として、「Google Sheet(Googleシート)とBenchmark Emailを連携させる方法」をご紹介します。この方法は他のアプリとの連携方法と類似しているため、ご参考にお役立てください。 用意するもの: Benchmark EmailのAPIキー(こちらから取得可能) Zapierアカウント(無料で作成可能) Benchmark Emailアカウント Googleアカウント Google Sheet(Googleシート)とBenchmark Emailを連携させる方法 Step 1:Trigger(トリガー)の設定 Zapierアカウントにログインします。アカウントをお持ちでない方はこちらから無料で作成可能です。 1. ログイン後、左のメニュー「MAKE A ZAP」ボタンをクリックします。Zapierでは、連携のことを"Zap"と呼びます。 2. Trigger(トリガー)に使用するアプリを選択します。「Google Sheets(Googleスプレッドシート)」をクリックします。 3. Trigger Event(トリガーイベント)では、New or Updated Spreadsheet Row(Team Drive)を選択し、「Continue」ボタンをクリックします。  ZapierでGoogleアカウントに接続したことがない場合は、「Sign in to Google Sheets」ボタンが表示されます。クリックし、Googleアカウントを選択して下さい。 4. 選択したGoogleアカウントへZapierがアクセスできるように「許可」ボタンをクリックします。 5. アカウントが接続されたらZapierアカウントに戻りますので、「Continue」をクリックします。Google Team Drives(共有ドライブ)についての詳細は、テキストリンクをクリックしてご確認ください。 6. トリガーの詳細設定(Set up trigger):以下の各項目の設定を行います。 Drive:ドロップダウンメニューよりMy Google Driveを選択します。 Spreadsheet:ドロップダウンメニューより任意のスプレッドシートを選択します。 Worksheet:ドロップダウンメニューより任意のワークシートを選択します。 Trigger Column:トリガーとなる列の指定ができますが、シートへの全ての更新や変更がトリガーとなるように any_columnを選択することをお勧めしております。設定完了後、「Continue 」ボタンをクリックします。 7. 「Test trigger(トリガーをテストする)」ボタンをクリックすると、連絡先が正しく取得されたことを確認するための簡単なテストが実行されます。 連絡先の取得に成功した場合は、以下のようなメッセージが表示されます。「Continue」ボタンをクリックします。 テストに失敗した場合は、項目をご確認いただき「 Test & Review」で再度連携をお試しください。また、こちらのトラブルシューティングをご確認くださいませ。 Step 2:Action(アクション)の設定 8. 次にActionでBenchmark Emailを選択します。(パソコンの画面サイズによっては、Actionステップまでスクロールダウンする必要があります。) 9. Action Event (アクションイベント)をクリックし、利用したいアクションを選択します。ここでは、Add Contact to List(コンタクトをリストに追加する)を選択します。選択後、「Continue」ボタンをクリックします。 10. ZapierでBenchmark Emailに初めて接続する場合は、「Sign in to Benchmark Email」ボタンが表示されますのでクリックします。 11. Benchmark EmailのAPIキーをボックス内に入力し、「Yes, Continue」ボタンをクリックします。APIキーの入力は初回接続時のみです。**Benchmark EmailのAPIキーは、こちらから取得できます。 すでに接続されている方は、ドロップダウンメニューより任意のBenchmark Emailアカウントを選択し、「Continue」ボタンをクリックします。 12. アクションの詳細設定(Set up action):各項目の設定を行います。 List:ドロップダウンメニューより、Benchmark Emailのリストを選択します。リストが見つからない場合は、Load Moreオプションをクリックしてリストを探してください。 Email Address: ドロップダウンメニューより、トリガーのアプリ(Googleスプレッドシート)からメールアドレスを1つのみ選択します。複数選択すると、連携が中断する可能性があります。ご注意:メールアドレスの項目でサンプルが表示されます。このサンプルアドレスはBenchmark Emailのリストに新しいコンタクトを作成後、連携テストに使用されます。リストにすでにサンプルアドレスが入っている場合は、テストに失敗する可能性がありますので、空のリストに接続することをお勧めしております。それが難しい場合は、リストから使用するサンプルアドレスの削除をお願い致します。 13. Googleのフィールド項目をBenchmark Emailのフィールド項目に合わせます。各項目のボックスをクリックすると、選択肢が表示されます。できるだけ項目を一致させることで、のちのセグメントやメール内のタグの使用に役に立ちます。完了後、「Continue 」ボタンをクリックします。 14. 設定が正しく作動しているか確認するため、「Test & Continue」ボタンをクリックします。テストが必要ないと思われる方は、「Test & Review」ボタンをクリックすることもできますが、テストを行うことをお勧めしております。 テスト完了に時間を要している場合はページの再読込を行なってください。 テストが成功すると、以下の画面が表示されます。「Turn on Zap」ボタンをクリックして連携を起動させます。 こちらで連携完了です!起動後、以下のようなポップアップ画面が表示されます。ここで、「Copy link」ボタンを押して共有することもできます。詳しくはこちら(英語表記) トップに戻る アクション:検索および更新機能について 上記の連携方法では、アクション「Add Contact to List(コンタクトをリストに追加する)」を使用しました。 ここでは、アクション「Update Contact(コンタクトを更新する)」と「Find Contact(コンタクトを検索する)」について詳しく見ていきます。 「Find Contact」は、コンタクトのメールアドレスを検索するアクションです。この検索結果次第で次のアクションが変化します。 メールアドレスが見つかった場合は、アクション「Update Contact」を使って、コンタクト情報が更新されます。 メールアドレスが見つからなかった場合は、アクション「Create a new contact」を使って、新規コンタクトが追加されます。 Step 2:Action(アクション)の設定 1. 上記の連携ステップ1〜7 まで同じです。ActionのアプリはBenchmark Emailを選択します。 2. Action Event: ボックス内をクリックし、Update Contact(コンタクトを更新する)を選択します。「Continue」ボタンをクリックします。 3. Choose account:ボックス内をクリックし、使用するBenchmark Emailアカウントを選択します。選択後、青くなった「Continue」ボタンをクリックします。 アクションの詳細設定(Set up action):各項目の設定を行います。 4. List:ボックス内をクリックし、Benchmark Emailのコンタクトリストを選択します。トリガーを元に更新されるリストのことです。 5. Contact:ボックス内をクリックして、左上に表示されるCustomタブをクリックします。「Add a search step(検索ステップを追加する)」ボタンを表示されますので、クリックします。 6. ポップアップ画面が表示されますので、「Add Search Step」ボタンをクリックします。連携が起動す

連携機能 顧客リスト 4月 19, 2021

コンタクトリストのフィールド項目名を編集する方法は?

フィールド項目について コンタクトリストで名前、住所、誕生日などの情報を管理することが可能であり、各項目を「フィールド項目」と呼びます。 メールアドレス1件につき、28項目(メールアドレスを含む)まで登録が可能です。エンゲージメントスコアはフィールド項目には含まれません。 ただし、「メールアドレス」「姓」「名」「ミドルネーム」の4項目は編集できませんのでご了承ください。 フィールド項目の詳細は日本語(全角)なら262文字まで、ローマ字(半角)なら2100文字まで入力可能となっています。 登録フォームのフィールド項目の最大文字数は100文字です。 編集可能な項目は以下の通りです。 番地以降住所、市区町村、都道府県、郵便番号、国、海外支社、ファックス番号、携帯電話 法人名、役職名、電話番号(法人)、ファックス番号(法人)、番地以降住所(法人) 市区町村(法人)、都道府県(法人)、郵便番号(法人)、国(法人)、備考 日付1、日付2、その他1、その他2、その他3、その他4   既存の項目名や「日付1」「その他1」などをお好きな項目名に自由に変更することができます。変更方法については以下の通りです。 フィールド項目名を変更する方法 1. Benchmark Emailアカウントにログインします。 2. 画面左のメインメニューから「コンタクト」をクリックします。 3. 項目を編集したいリストをクリックします。 4. 右上にあるボタンの中から、「編集」をクリックします。 注意:画面は全画面表示にして編集を行なってください。そうでなければ「編集」ボタンも含め、右上にあるボタンが表示されなくなります。 5. 「フィールド項目の設定」の四角枠内に、現在登録されているフィールド項目が表示されます。 6. 右にスクロールし、「フィールドタイプ」が未設定で変更可能な項目を探します。 7. 追加したいフィールド項目を選び、その下の「フィールドタイプ」をドロップダウンから選択します。一部のフィールド項目は、任意の名前へ変更可能です。(例:日付1→メルマガ登録日へ変更)フィールドタイプは、「全角半角文字/数字」「数値」「True/False」「日付」から選択します。 8. 右上の「保存」をクリックします。 注意点: ・フィールドタイプは初期設定で、日付1と日付2以外は全て「全角半角文字/数字」となっています。 ・フィールドタイプ「日付」は、システムの仕様上「DD/MM/YYYY」の形式のみ対応しております。「日付」に入力された日を基準にステップメール等を配信したい場合は、日付フォーマットにご注意ください。例:2020年10月7日の場合、「07/10/2020」と入力 ・通常リストをインポートした場合にのみフィールド項目を自由に変更することができます。統合したリストには変更できるフィールド項目は表示されない仕様となっています。 ・Benchmark Email内のリストとアップロードするファイルのフィールド項目を一致させてください。 ・登録フォームにカスタマイズしたリスト(フィールドタイプの変更や追加を行なったリスト)を使用する場合は、必ず登録フォームで選んだフィールド項目がコンタクトリストと一致していることをご確認ください。 コンタクトリストの「更新日」について 以下のようなアクションが起きた際に、コンタクトリストの「更新日」は変更/更新されますのでご注意ください。 ・リストにコンタクトを追加した場合 ・コンタクトがメールのオプトインを確認した際 ・コンタクト情報(顧客情報)を更新した場合 ・コンタクトが登録フォームに入力し購読登録した際 ・配信停止が行われた場合 ・エラーが確認された場合   フィールド項目を追加・編集することでリストがより整理され、分かりやすくなります。フィールド項目を設定したら、各コンタクトの情報を追加します。コンタクト情報を追加した後に、フィールド項目名を変更することも可能です。 セグメント機能については以下のFAQでご確認ください。 FAQ:セグメント機能の使い方は? なお、こちらで設定された日付項目は、ステップメールの基準/パーソナライズ機能の要素としてもご利用いただけます。詳しくは以下のFAQをご覧ください。 FAQ:オートメーション(ステップメール / アクションメール)の作り方は? FAQ:購読者毎の情報をメールや件名に差し込む方法(パーソナライズ機能)  ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 3月 12, 2021

コンタクトリストのスパムトラップとは何ですか?

コンタクトリストの「スパムトラップ」は、スパムトラップへ配信を行ってしまった場合にご利用いただく機能です。スパムトラップの疑いのあるメールアドレスを抽出し、メール配信時に除外することができます。 スパムトラップとは? スパムトラップとは、インターネットサービスプロバイダー(ISP)やスパム防止サービスが、迷惑メール配信者を特定するために用意しているメールアドレスのことです。 スパムトラップへの配信を続けてしまうと、配信元として使用されているドメインの評価が下がり、 配信するメール到達率が低下してしまう恐れがあります。   「スパムトラップ」で抽出可能なメールは以下の通りです。スパムトラップのメールアドレスは「メール未開封コンタクト」に含まれます。 1. エラー確定済み 2. ハードエラー 3. ソフトエラー 4. メール未開封コンタクト 直近5通のメール 直近10通のメール 直近20通のメール 直近30通のメール   スパムトラップの疑いのあるアドレスを抽出し、配信対象から外す手順: 1. ダッシュボードページ左側のメニューよりコンタクトリストをクリック 2. スパムトラップを抽出したいコンタクトリスト名をクリック 3. 画面上部のスパムトラップをクリック 4. 「メール未開封コンタクト 直近」をクリックし、直近何通まで未開封のメールアドレスを抽出するかを選択 5.「新規リストの作成」ボタンをクリック 新しいリストが作成され、選択したコンタクトが保存されます。ただし、元のリストにコンタクトは残ったままになります。このリストを配信設定時、「配信対象外」として頂ければ、 削除せずに配信の対象から除外されます。 これでスパムトラップの疑いのあるアドレスを除外することができます。リストは更新が反映されるまで数分のお時間を頂戴しますのでご了承ください。 重要:「リストから削除」ボタンをクリックすると、選択したコンタクトがコンタクトリストから削除されます。一度削除したアドレスは元に戻すことができませんので、ご注意ください。Benchmark Emailでは、削除ではなくスパムトラップリストを作成し配信対象から除外いただく方法を推奨しております。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 4月 7, 2021

エラー率が高くなってしまう原因は何ですか?

エラーを起こす確率に大きく影響する要因がいくつか挙げられます。高いエラー率の原因を解明するのに役立つ注意したい項目をご紹介します。 リストは正しいフォーマットでアップロードされていますか? Benchmark Emailへのアップロード時にリスト形式がExcel形式または.txtファイルでない場合、ほとんど全てのコンタクトは「エラー」となってしまいます。ドメイン名が正しく表示されているか、またそれぞれのコンタクトのメールアドレスがきちんと分かれているかを確認しましょう。メールアドレスの初めだけに引用符がついている(例:”email@benchmarkemail.com)、ファイルが1つのコラムにすべてを詰め込むよう変更してしまうケースがよくあります。これが原因であれば簡単なオンライン検索でファイルを正常化するヒントを見つけることができます。 注意:.txtファイルは文字化けの可能性がある為、Excelファイルを推奨しています。 同意を得たリストですか? そのリストは以前にも使用したことがありますか?それとも初めてですか?もし初回送信で複数のメールアドレスが「エラー」として表示されるのであれば、メールアドレスの取得方法の問題を疑いましょう。メールアドレスが有効であるかの確認無しに複数の異なる場所から得られたリストである場合、多数のコンタクト情報が偽造であり、売買、貸し出し、また回収されるリストのみに記載されている可能性があります。高いエラー率を防止し、Benchmark Emailのコンタクトリストに関する制限を超えないためにも、同意を得たリストの重要性を今一度ご確認下さい。 いつ獲得したリストですか? エラーが起こる原因の1つとして、メールアドレスがすでに有効でなくなっていることが挙げられます。リスト内のコンタクトが登録したメールアドレスの使用を止め、新たなメールアドレスを作成しているのはよくあることです。この場合、出来ることはそうありません。これらのコンタクトはすでに有効でなく、連絡を取るのは不可能です。これは日頃から購読者とやり取りをすることで防ぐことができます。多量のメールを送信したり関連性の無いコンテンツで不快にさせることなく良い関係を築くことができたならば、購読者はメールアドレスの変更をきちんと知らせてくれるでしょう。 Benchmark Emailにはリストクリーニング機能があり、過去5〜30回のキャンペーンでメールを開かなかった人、ソフト/ハードエラー、エラー確認済みのコンタクトを削除できます。 エンゲージメントの低い購読者を排除することで、エラー率の改善も見られます。 それに加えて、Benchmarkアカウントにリストをアップロードする前に、リスト照会のご利用を強くお勧めします。 無効なメールアドレスがリストから削除されるため、これは高いエラー率の防止に役立ちます。 リストの検証により、正規の電子メールアドレスにキャンペーンが送信される際の開封率とクリック率が向上します。 また、無効メールアドレスを削除することで適切なプランが明確になり、コストを削減するのに役立ちます。 無料ドメインのアドレスを使用していますか? YahooやAOLなどのサービスは、無料ドメインを使用している大量配信メールを受け入れないようにDMARCポリシーを変更しています。 したがって、Benchmark Emailなどの配信サービスを使用していて、@ gmail、@ yahoo、@ hotmail.comなどの電子メールアドレスを使用している場合、電子メールは一部のサービスに到達しません。 残念ながら、これは配信サービス側の努力では回避することができません。 メール配信にはオリジナルドメインを使用し、SPFレコードとDKIM情報を設定することをお勧めします。 Benchmark Emailではメールを正常に届けるため、無料ドメインをオリジナルドメインに変換して送信しています。 この場合、Benchmark Emailのオリジナルドメインを使用しています。   その他ご質問がございましたら、お気軽にサポートチームへご連絡ください。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

到達率 顧客リスト 9月 8, 2020

1 2