サポートページ aero-right コンタクト

コンタクトリストの情報を更新・編集する方法は?

コンタクトを追加した後も、必要に応じて顧客情報や設定の変更が可能です。 複数のアドレスをまとめて編集する方法 1件ずつ編集する方法 複数のアドレスをまとめて編集する方法 作成済みのリスト項目は下記手順で、メールアドレスを含め28項目を編集することができます。 ※28項目を超えて追加することはできませんのでご注意ください。 リストをエクセル形式でダウンロード → エクセル上で項目を編集 → 編集データをアップロード 1. Benchmark Emailアカウントにログインします。 2. 画面左のメインメニューから「コンタクトリスト」をクリック→「コンタクトリスト」を選択します。 3. 項目を編集したいコンタクトリストをクリックします。 4. 右上にあるボタンをクリックし、「ダウンロード」を選択します。 5. Excel形式またはCSV形式で出力します。データとして出力したい項目にチェックをつけてください。「編集したい項目」「判別の目印になる項目(名前)」など、作業上必要なものをチェック頂ければ大丈夫です。 6. エクセル等のソフト上で、追加したい項目を入力します。以下の例では、「誕生日」および「会社名」項目を新たに追加しました。項目のネーミングは自由で構いません。 7. ファイルを保存します。 8. Benchmark Email上でアップロードを行います。更新するリストのページへ移動してください。 9. 右上の「リストの追加」ボタンをクリックします。 10. 追加方法を尋ねられますので、インポート機能で一括登録を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。 11. ファイル選択画面が表示されますので、アップロードするファイルとして(6)で作成したファイルを選択します。 12. 横スクロールでアップロードしたい項目まで移動し、ドロップダウンメニューでBenchmark Email上での項目を選択します。この例では、エクセルで「誕生日」として入力した項目は「日付1」とし、会社名は「法人名」としてアップロードします。 13. 「保存&完了」ボタンをクリックします。 14. これで作業は完了です。編集後のリストは、審査後に反映されます。   審査終了・反映が終わったら、結果を確認してみましょう。 1. リスト画面を開き、確認したいコンタクトのアドレスをクリックします。 2. アップロードした項目へスクロールし、確認します。無事「日付1」に誕生日と「法人名」に会社名が反映されています。 フィールド項目名「日付1」や「日付2」を、「誕生日」「メルマガ登録日」など任意の名前へ変更することも可能です。 フィールド項目名を編集する方法は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ:コンタクトリストのフィールド項目名を編集する方法は?   1件ずつ編集する方法 1. Benchmark Emailアカウントにログイン 2. コンタクトリストを選択 3. 編集したいコンタクトを含むコンタクトリスト名をクリックします。 4. 該当のコンタクトを検索し、クリックします。 5. 顧客情報の編集ページに遷移し、編集が行えます。 6. 完了後、右上の保存をクリックします。 コンタクトの編集はいつでも可能です。必要に応じて顧客情報をアップデートしていきましょう。 ご不明な点がございましたら、サポートまでお気軽にお問い合わせください。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 2月 9, 2021

エラーを起こしたメールアドレスの出力方法は?

「レポート」から個人の保管記録としてエラーを起こしたメールアドレスの出力をしていただけます。 エラーアドレスを出力するには、以下の手順に従ってください: 1. Benchmark Emailアカウントにログインします。 2. ダッシュボードよりレポートをクリックし、メールレポートを選択します。 3. 出力したいメール名をクリックします。 4. 画面左のレポート詳細を選択します。 5. 「開封数」と表示されたドロップダウンメニューより、エラーを選択します。 6. 「全てのエラー」のドロップダウンメニューより、出力可能な3つのオプション(全てのエラー、ソフトエラー、ハードエラー)から1つ選択します。 7. 右に表示されているオプションメニューより、ダウンロードを選択します。 8. 「データを出力する」ポップアップが表示されますので、出力したいフィールドを選択します。全てのフィールドを選択する場合は、「全てを選択」のボックスにチェックを入れます。 9. CSVとしてダウンロード、またはExcelとしてダウンロードを選択します。 ご注意:1度に1つのメールキャンペーンのみ出力が可能となっております。 1つのメールキャンペーンに複数のリストを選択した場合、(そのキャンペーンに対しては)レポート出力中に最初に選択したリストからマップフィールドが抽出されます。 その他、ご質問がございましたらお気軽にサポートチームにご連絡ください。     >>「レポート」のまとめページに戻る

到達率 顧客リスト 4月 9, 2021

Salesforceとの連携はできますか?

2019年1月現在、SalesforceとBenchmarkのプラグイン連携に関しては一時停止となっております。 Salesforceのアカウントをお持ちの方で、Salesforce上にあるコンタクトリストをBenchmark Emailに移したい際には以下のステップをご確認ください。 Salesforceのコンタクトを Benchmark Emailに移すためには、以下のステップを実行してください:    ブラウザを開き、 http://www.salesforce.com にてメールアドレスとパスワードを入力しログインします。  トップメニューの「レポート」タブをクリックします。  取引先をエクスポートするには:「取引先一覧」リンクをクリックします。  取引先責任者をエクスポートするには:「顧客名簿」リンクをクリックします。  ステップ1では、レポートタイプを選択し表形式レポートを選択します。「次へ」をクリックします。  ステップ2では、レポートコラムを選択します。エクスポートしたいコラムを選択したら、「次へ」をクリックします。  ステップ3では、要約する情報を選択し「次へ」をクリックします。  ステップ4では、レポートコラムを整頓し「次へ」をクリックします。  ステップ5では、レポート条件を選択します。すべての取引先が含まれる様に開始日を設定します。 項目の絞り込みをすることで取引先のサブセットのエクスポートも可能です。終了したら「レポートの実行」をクリックします。  レポートが作成され、ページ上には「レポート生成状況:完了」と表示されます。「詳細をエクスポート」ボタンをクリックします。  レポートのエクスポートファイル形式で「カンマ区切り形式(.csv)」を選択し、「エクスポート」をクリックします。  エクスポートしたファイルをパソコンに保存するためのポップアップが画面上に表示されます。 Benchmark Emailアカウントに保存したファイルをインポートします。 インポート方法について詳しくは以下のFAQをご参照ください。 FAQ:顧客リストのファイルをBenchmark Emailへアップロードする方法は?    尚Benchmark Email RESTful APIを利用して独自にシステム構築を行うことで、コンタクト情報のインポートが可能となります。 Benchmark RESTful APIに関しては以下のFAQをご参照ください。 FAQ: Benchmark Email の RESTful API を利用する方法は?   >>「API/連携アプリ」のまとめページに戻る

連携機能 顧客リスト 1月 23, 2020

Zapierを使って、Benchmark Emailと他のアプリを連携させる方法とは?

Zapier(ザピアー)はお好みのワークフローを作成し、日々の業務を自動化できるツールです。プログラミングの知識がなくても簡単に作成できます。 Zapierで使われる"Zaps"は「連携」を意味し、アプリやウェブサービスの双方向のコミュニケーションを実現します。例えば、Benchmark Emailアカウントの情報を他のサービスに送信したり、他のアプリからの情報をBenchmark Emailアカウントが受け取ったりすることができます。このようなサービスを利用することで、リストを最新の状態に保つことが可能になり、メルマガに最も興味を持っている読者を逃さず、到達率の向上に役立ちます。 目次: Benchmark 2.0について Benchmark Emailアカウント内の「Zapier連携テンプレート」について Zapierを使ってBenchmark Emailと他のアプリを連携させる方法 アクション:検索および更新機能について トラブルシューティング Benchmark2.0について 2021年3月11日に、Benchmark 2.0をリリース致しました。Zapierを使ってBenchmark Emailと他のアプリの連携を行う際に選択肢が増え、使いやすくなりました。 2021年3月10日以前に作成した全ての連携にはBenchmark1.0を使用しておりますので、新バージョンBenchmark 2.0に移行するにはこれまでの連携を再度作成し直してください。現在稼働中の連携には今のところ影響はございませんが、2022年3月10日付でBenchmark1.0のサポートが終了致します。Zapierより、Benchmark1.0のバージョンをお使いのお客様にはメールでお知らせしておりますので、そちらも併せてご確認くださいませ。 トップに戻る Benchmark Emailアカウント内の「Zapier連携テンプレート」について Benchmark Emailでは、外部サービスとの連携ができる「Zapier連携テンプレート」をご用意しております。アカウント内でZapier連携テンプレートを選択後、Zapierサイトに遷移しますので必要事項を入力していただき、連携完了となります。 Zapier連携テンプレートへのアクセス方法については以下の通りです。 1. アカウントにログインし、右上に表示されるアカウント名をクリック 2. 連携を選択し、左にメニューが表示されますのでZapier連携オプションを選択 3. 任意の連携テンプレート(アプリのアイコン)を選択し、「連携する」ボタンをクリック ご注意:アカウントでZapierで連携したいアプリを選択すると、Zapierのページに遷移します。その後の作業はZapier内で行なってください。 <Zapier連携テンプレート例> 以下のリンク先は全てZapierページの英語表記での説明となります。 Facebookリード獲得広告とBenchmark Emailを連携 新規FacebookリードをBenchmarkにコンタクトとして追加 UnbounceとBenchmark Emailを連携 Unbounceのフォーム送信者をBenchmarkのリストに追加 SumoMeとBenchmark Emailを連携 SumoMe新規購読者をBenchmark Emailのリストに追加 Benchmark EmailとGoogleシートを連携 メール開封者をGoogleシートへ出力  GoogleフォームとBenchmark Emailを連携  GoogleフォームからのコンタクトをBenchmarkのリストに追加 ZapierでBenchmark Emailとの連携が可能な全アプリについてはこちら(英語表記)をクリックしてください。 トップに戻る   Zapierを使ってBenchmark Emailと他のアプリを連携させる方法 他のアプリと連携するには、Benchmark Emailをトリガー(Trigger)として、またはアクション(Action)として使う2つのオプションがございます。トリガーとは、ワークフローを開始させる条件を指します。アクションは、アプリに実行させる行動のことです。 Benchmark Emailをトリガーとして選択した場合、以下のオプションをお選び頂けます: New Contact(新規コンタクト) New List(新規リスト) Email Opened (開封済メール) 新 Link Clicked (リンククリック) 新 New Unsubscriber (新しい配信停止購読者) 新 New Contact in Segment (セグメントの新規コンタクト) Benchmark Emailをアクションとして選択した場合、以下のオプションをお選び頂けます: Add Contact to a List(コンタクトをリストに追加する) Update Contact(コンタクトをアップデートする) 新 Unsubscribe a Contact (コンタクトを配信停止する) 新 Find a Contact (search)(コンタクトを検索する) メールを元にコンタクトを探して見つからなかった場合に「Create a new contact(新規コンタクトを作成する)」オプションがご利用になれます。 ここでは例として、「Google Sheet(Googleシート)とBenchmark Emailを連携させる方法」をご紹介します。この方法は他のアプリとの連携方法と類似しているため、ご参考にお役立てください。 用意するもの: Benchmark EmailのAPIキー(こちらから取得可能) Zapierアカウント(無料で作成可能) Benchmark Emailアカウント Googleアカウント Google Sheet(Googleシート)とBenchmark Emailを連携させる方法 Step 1:Trigger(トリガー)の設定 Zapierアカウントにログインします。アカウントをお持ちでない方はこちらから無料で作成可能です。 1. ログイン後、左のメニュー「MAKE A ZAP」ボタンをクリックします。Zapierでは、連携のことを"Zap"と呼びます。 2. Trigger(トリガー)に使用するアプリを選択します。「Google Sheets(Googleスプレッドシート)」をクリックします。 3. Trigger Event(トリガーイベント)では、New or Updated Spreadsheet Row(Team Drive)を選択し、「Continue」ボタンをクリックします。  ZapierでGoogleアカウントに接続したことがない場合は、「Sign in to Google Sheets」ボタンが表示されます。クリックし、Googleアカウントを選択して下さい。 4. 選択したGoogleアカウントへZapierがアクセスできるように「許可」ボタンをクリックします。 5. アカウントが接続されたらZapierアカウントに戻りますので、「Continue」をクリックします。Google Team Drives(共有ドライブ)についての詳細は、テキストリンクをクリックしてご確認ください。 6. トリガーの詳細設定(Set up trigger):以下の各項目の設定を行います。 Drive:ドロップダウンメニューよりMy Google Driveを選択します。 Spreadsheet:ドロップダウンメニューより任意のスプレッドシートを選択します。 Worksheet:ドロップダウンメニューより任意のワークシートを選択します。 Trigger Column:トリガーとなる列の指定ができますが、シートへの全ての更新や変更がトリガーとなるように any_columnを選択することをお勧めしております。設定完了後、「Continue 」ボタンをクリックします。 7. 「Test trigger(トリガーをテストする)」ボタンをクリックすると、連絡先が正しく取得されたことを確認するための簡単なテストが実行されます。 連絡先の取得に成功した場合は、以下のようなメッセージが表示されます。「Continue」ボタンをクリックします。 テストに失敗した場合は、項目をご確認いただき「 Test & Review」で再度連携をお試しください。また、こちらのトラブルシューティングをご確認くださいませ。 Step 2:Action(アクション)の設定 8. 次にActionでBenchmark Emailを選択します。(パソコンの画面サイズによっては、Actionステップまでスクロールダウンする必要があります。) 9. Action Event (アクションイベント)をクリックし、利用したいアクションを選択します。ここでは、Add Contact to List(コンタクトをリストに追加する)を選択します。選択後、「Continue」ボタンをクリックします。 10. ZapierでBenchmark Emailに初めて接続する場合は、「Sign in to Benchmark Email」ボタンが表示されますのでクリックします。 11. Benchmark EmailのAPIキーをボックス内に入力し、「Yes, Continue」ボタンをクリックします。APIキーの入力は初回接続時のみです。**Benchmark EmailのAPIキーは、こちらから取得できます。 すでに接続されている方は、ドロップダウンメニューより任意のBenchmark Emailアカウントを選択し、「Continue」ボタンをクリックします。 12. アクションの詳細設定(Set up action):各項目の設定を行います。 List:ドロップダウンメニューより、Benchmark Emailのリストを選択します。リストが見つからない場合は、Load Moreオプションをクリックしてリストを探してください。 Email Address: ドロップダウンメニューより、トリガーのアプリ(Googleスプレッドシート)からメールアドレスを1つのみ選択します。複数選択すると、連携が中断する可能性があります。ご注意:メールアドレスの項目でサンプルが表示されます。このサンプルアドレスはBenchmark Emailのリストに新しいコンタクトを作成後、連携テストに使用されます。リストにすでにサンプルアドレスが入っている場合は、テストに失敗する可能性がありますので、空のリストに接続することをお勧めしております。それが難しい場合は、リストから使用するサンプルアドレスの削除をお願い致します。 13. Googleのフィールド項目をBenchmark Emailのフィールド項目に合わせます。各項目のボックスをクリックすると、選択肢が表示されます。できるだけ項目を一致させることで、のちのセグメントやメール内のタグの使用に役に立ちます。完了後、「Continue 」ボタンをクリックします。 14. 設定が正しく作動しているか確認するため、「Test & Continue」ボタンをクリックします。テストが必要ないと思われる方は、「Test & Review」ボタンをクリックすることもできますが、テストを行うことをお勧めしております。 テスト完了に時間を要している場合はページの再読込を行なってください。 テストが成功すると、以下の画面が表示されます。「Turn on Zap」ボタンをクリックして連携を起動させます。 こちらで連携完了です!起動後、以下のようなポップアップ画面が表示されます。ここで、「Copy link」ボタンを押して共有することもできます。詳しくはこちら(英語表記) トップ

連携機能 顧客リスト 4月 22, 2021

メールを開封してもレポートに反映されないコンタクトがいるのはなぜ?

  メール開封は1px×1pxの透明な画像(ビーコン)が画面に表示されることによって記録されています。またメール内のURLをクリックし、リンクトラッキングで記録する方法もあります。 関連FAQ:メールを開封した顧客をリストとして抽出することはできますか? Benchmark Emailがメール開封を記録できない時: HTML形式メールの画像がブロックされている場合。 ファイアウォールや迷惑メールフィルターによって画像が無効になっている場合。 テキスト形式でメールを受信している場合(ウェブ上でメールを閲覧するリンクをクリックした場合は別)。 ビーコンが内蔵されているフッター部分が表示されていない場合。(メールが長いとメーラーによっては一部非表示となる場合があります。Gmailの場合は、102kb以上だと非表示になります。「全体を表示」をクリックまたはメール内にに挿入しているトラッキング機能付きのリンクがクリックされるとカウントされます)。 テキスト形式のみのメールでは画像が無効になっており、トラッキングすることができません。     >>「レポート」のまとめページに戻る

効果測定レポート&到達率 8月 23, 2019

オートメーション(ステップメール / アクションメール)とは何ですか?

オートメーション機能には、以下の2種類があります。 ステップメール : あらかじめ設定した任意のスケジュールに沿ってメールを配信する。 アクションメール: メールを開封したりクリックをした購読者に対し、次のメールを自動配信する。 *リストへの自動追加・削除はステップメール/アクションメールでは不可となります。 このページでは、この2種類の仕組みをご説明します。 操作方法をお知りになりたい方は、以下のFAQをご覧ください。 FAQ: ステップメール / アクションメールの作り方は?   ステップメール あらかじめ設定した任意のスケジュールに沿ってメールを配信するシステムです。 一般的には複数のメールを定期的に配信するのに利用されます。事前にメール配信日時の設定ができるため、一度作成してしまえばあとは自動でメールを配信できます。 ステップメールではコンタクト情報がリストに追加された日などを基準にメール配信日を計算します。 メールを作成した日は基準となりませんので、ご注意ください。 基準日は、下記の画面で3パターンから選択できます。 通常ステップメール(リスト登録日) / 年次メール / 1回メール 運用例) 登録フォームから新規購読者が登録をし、リストにコンタクト情報が追加されると自動的に「ウェルカムメール」が届くように設定。その3日後に企業紹介のメール、7日後に商品紹介メールが配信されるよう設定。   配信対象とタイミングについては、詳しくは以下の以下のFAQをご参照ください。 FAQ:オートメーション(ステップメール)の配信対象・配信タイミングについて   稼働したのにメールが届かないという場合は、以下のFAQをご参照ください。 FAQ:ステップメールを稼動するには?また稼働したのにメールが届かない原因は?   アクションメール メールを開封したりクリックをした購読者に対し、次のメールを自動配信するシステムです。 アクションメールでは購読者のアクションが行われた日を基準にメール配信日を計算します。 指定するアクションは下記の3パターンから設定できます。 開封 / リンクのクリック / 特定リンクのクリック 運用例) 購読者が特定のメール内で、ある商品をクリックすると自動的にその商品についての紹介メールが届くように設定。 配信設定日を「3日後」にした場合は、購読者がアクションを起こしてから3日後にメールが配信されます。 注意点) オートメーションでは、配信先として選択できるコンタクトリストは1,000件までとなっています。1,000件を超えた分については配信先として選択できないため、リストの数を減らしていただくようお願いいたします。 ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「オートメーション」のまとめページに戻る

オートメーション 3月 8, 2021

メールアドレスを登録する際に利用規約の確認を求められました。これは何ですか?

顧客情報をアップロードする際に求められる利用規約への確認は、あなたが顧客情報をどのように入手したか確認するものとなります。顧客情報をアップロードする前によく確認を行ってください。下記にて内容をご確認ください。   顧客からメール配信の同意を得たリストである お手持ちのリストの全ての皆様があなたからメール経由で連絡が来る事を承諾していることとなります。 購入したリストではない。 お手持ちのリストは購入、譲渡、レンタルにより得たものではない事を宣言いたします。 大量配信を行うメールアドレスを含んでいない お手持ちのリストは全て個人向けであり、メーリングリストなどグループ向けに配信するものは含まれていないことを宣言致します。 勝手に収集されたアドレスではない お手持ちのリストはウェブサイト上から勝手にメールアドレスなどを収集したものではないことを宣言いたします。 こちらの確認項目に全てチェックを付けられない場合は顧客情報をアップロードすることはできません。虚偽の申告を行った場合は、当社のアンチスパムポリシーへ違反すると見なし、発見次第アカウントの利用を停止致します。 お客様にこれらの利用規約を遵守頂くことで、Benchmark Emailから配信するメールの到達率を常に高い水準で維持することが可能となります。   >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 3月 25, 2019

ホットリード機能の「リンク別クリック」リストについて

「リンク別クリック」リストとは、ホットリード機能の一部でメール内に利用されているURLを基準に作成するリストを指します。特定のURLをクリックしたコンタクトだけを抽出できる機能です。 指定したURLの内、どれかをクリックしたメールアドレスを抽出することも可能です。このオプションではメール内に埋め込んだいずれかのリンクURLに対して、積極的にアクションを行っているメールアドレスを見つけることが出来ます。 さらに積極的にメールを開封している購読者を抽出する方法もあります。「すべてのメール」を選択して、リストを作成すると指定したURLをすべてクリックしたメールアドレスだけをリストとして保存が出来ます。 <「リンク別クリック」リストの作成方法> 1. コンタクトリストの「新規リストの作成」よりホットリードリストをクリック、リンク別リストを選択します。   2. 配信から3日以上経過したメールから、リスト作成の基となるメールキャンペーンにチェックを付け次へをクリックします。**A/Bテストを行ったメールキャンペーンにはご利用できない仕様です。 3. 選択したキャンペーン内のURLから、リストの基となるURLを選択し次へをクリックします。 4. リスト抽出の条件設定をします。 1件以上のクリック:選択したURLの内一件でもクリックしたコンタクトを抽出 全てのクリック:選択したURL全てをクリックしたコンタクトを抽出   5. 抽出したリスト名を入力しリスト作成をクリックします。 抽出したリストへカスタマイズしたホットリードメールを配信しましょう。 また開封・クリックリストの作成方法はこちら ご不明な点がございましたらこちらよりサポートへご連絡下さいませ。     >>「コンタクトリスト」のまとめページに戻る

顧客リスト 4月 1, 2021

1 2 3